目次

  1. エフペシアの効果が現れるまでにかかる期間とは…?
  2. そもそもエフペシアって何?
  3. エフペシアには副作用の心配が....
  4. エフペシアの効果がでるまでに最低6カ月は必要?
  5. 意外と間違えやすい!?エフペシアの正しい飲み方とは
  6. エフペシアの効果が出るまではおよそ半年かかる

あのプロペシアと同等の効果があり、尚且つプロペシアよりも安く手に入るエフペシア

個人輸入代行サイトなどで購入して使用されている人も多いのではないでしょうか?

そんなエフペシアはどのくらいの期間服用すれば薄毛改善の効果が実感できるのか?

そんな切実な疑問にお答えします。

いつになったら…
いつになったら…

ある程度の期間が必要です

エフペシアは、インドのシプラ社が製造・販売するプロペシアのジェネリック薬(厳密に言うと違うのですが)です。

プロペシアと同じフィナステリドを有効成分とするフィンペシア(シプラ社製)の、着色料「キノリンイエロー」を含まないバージョンとして人気を博していました。

そのフィンペシアがリニューアルされキノリンイエローフリーとなったので、エフペシアは現在製造中止だと思われます。

ただ、在庫があるのか個人輸入代行サイトなどでは販売されているようですね。

プロペシアと同等の効果
プロペシアと同等の効果

でも低価格

エフペシアってどんな治療薬なの?

元々、フィンペシアというヒット商品があったシプラ社ですが、このフィンペシアのコーティングに使われていた着色料「キノリンイエロー」に発がん性があるのでは?といった情報が日本で流れました。

厚生省がキノリンイエローをはじめとするタール色素の使用を自主規制を促すといった事態にまで発展。

これを受けて、シプラ社では日本向けにキノリンイエローを含まないエフぺシアを発売しました。

つまり、エフぺシアは内容としてはほぼフィンペシアと同じものだと言えます。

エフペシアの主な成分フィナステリドとは?

エフペシアはプロペシアと同じフィナステリドを1mg含有しています。 これはメルク社が定めた1日の摂取上限量です。

エフペシアの有効成分「フィナステリド」は、前立腺がんや前立腺肥大症の治療薬として開発された薬で、DHTの生成に関与する5aリダクターゼを阻害する効果があります。

このDHTは抜け毛を促進し、AGA(男性型脱毛症)の原因になるもの。 そのため、フィナステリドで抑える事がAGAの治療につながるのですね。

エフぺシアは医薬品です。 効果は期待できますが、そのかわり副作用のリスクもあります。

エフぺシアの有効成分「フィナステリド」の副作用は、むくみや性欲減退などがあります。

もちろん副作用の発現率は高いわけではないのですが、絶対に出ない保証はありません。

そんな厄介な副作用に関して、こんな口コミもありました。

先に副作用だけが…
先に副作用だけが…

効果が出る前に副作用が出てしまう場合もあります

※発毛剤の副作用に関しては諸説あり、ヘアラボでは「具体的な症状に関する保証はできないが、副作用が起こりうる可能性は十分にある」というスタンスを取っています。利用の判断を行う場合は、まず専門のお医者様に相談しましょう。

エフペシアによる薄毛改善効果が実感できるようになるまでは、どのくらいの期間が必要なのでしょうか?

もちろん、この効果の発現には個人差が大きく関わってきます。 スグに効果を感じられる人もいれば、長期間服用しても全く効果を実感できずにやめてしまう方までさまざま。

しかし、たくさんの人の口コミや体験談などから最低6ヵ月くらいの期間が必要なのではないかと思われます。

半年くらいは服用を続けなければ効果は見込めないかも知れません。

続けてみる!
続けてみる!

半年くらいは必要かも…

何度も言いますが、エフペシアは医薬品です。 用法・用量を守って使用するのが大切になります。

しかし、意外に間違った服用の仕方をしている人がいらっしゃるようですよ。

エフペシアの正しい飲み方と、注意点をご紹介します。

その飲み方は気をつけて!
その飲み方は気をつけて!

効果が無いばかりか危険なこともあります

エフペシアは1日1錠が基本!飲み忘れても2錠飲むのは危険!

エフペシアの服用は1日1錠が基本です。 これはフィナステリドの摂取上限の1mgとなります。

たくさん摂ったからといって効果が上がるわけではありません。 そればかりか、長期間の服用で副作用の危険性だけが高くなってしまうので、過剰摂取は絶対やめておきましょう。

昨日飲み忘れたからといって、2錠1度に飲んだりする方もいらっしゃるようですが、絶対にやめましょう。

他の薬との併用はしてもいいの?

よく薬には飲み併せが悪く、併用すると不都合がある「併用禁忌薬」というものがあります。

しかし、エフペシアにはそういった併用禁忌薬はありません。 同じAGA治療薬のミノタブなどを併用する人も少なくないようです。

とはいっても長期間服用するわけですから、もし体調が悪い時などはアレルギー反応が出たり、胃腸が荒れたりといったことが起こることもありますので、できれば併用は避けた方がいいかも知れません。

飲み続けるのが大事?服用を中止するとリバウンドが起こる可能性がある

AGA治療薬のほとんどは、すぐに効果が現れるといった即効性はありません。 数か月~数年単位の長期間の服用で効果が実感できる治療方法です。

つまり、飲み続けることが大切なのです。

効果が感じられないから服用をやめちゃった…

当然AGAの進行が復活します。 ひょっとしてエフペシアの効果で、AGAの進行が緩やかになっていたなら、服用をやめることで進行に拍車がかかってしまうかも知れません。

こんな人は使用を控えた方がいいかも…!

エフペシアの有効成分「フィナステリド」は5aリダクターゼを阻害しますが、5aリダクターゼには1型と2型があり、フィナステリドは2型にしか効きません。

もし、1型5aリダクターゼが多い人なら効果があまり感じられないかも知れませんね。

しかも、エフペシアは生え際にはあまり効果が無いそうですよ。 これは、前頭部に血管が少なくエフペシアが行き届きにくいからだと言われています。

医師への相談は必須!

エフペシアのご購入を検討するときは、お近くの皮膚科、もしくは発毛専門クリニックで しっかりとご相談の上、お求めください。

万が一、個人輸入でエフペシアを入手した場合、 実際にここであげられたような症状に見舞われたら一人ではどうにもなりません。 何らかの副作用が出たときは、必ず専門医に診てもらう必要があります。 以上の理由も含め、ヘアラボは【ヘアラボのポリシー】により個人輸入はおすすめできません。

プロペシアと同等の効果があって低価格なエフペシア。

その効果は少なくとも半年くらいの長い期間、継続して服用しなければ実感できそうにありません。 副作用のリスクがあることも考慮し、頭皮の様子など注意深く観察しながら使う事を忘れないようにしましょうね。