目次

  1. おでこの広さに基準はあるの?
  2. おでこの広さに基準はない…ただしハゲには基準はある
  3. どこからハゲ? ハゲの基準とは?
  4. 【参考】育毛剤でハゲ対策を!
  5. さらにおでこハゲが進行した場合の対策は…
  6. おでこが広い=ハゲ、ではないけれど……
おでこが広い?
おでこが広い?

おでこの広さには明確な基準があるのでしょうか

「おでこの広さが気になる」

「もしかしてハゲてきた? いや、おでこの広さが目立つだけだよな……」

自分のおでこの広さは普通の広さなのだろうか、そもそもおでこの広さには基準があるのだろうか、と気になったことはありませんか?

この記事では、おでこの広さには基準はあるのかどうかを検証していきます。

ハゲの対策方法もご紹介していますので、ぜひ最後まで読んでくださいね!

おでこの広さに基準はあるの?
おでこの広さに基準はあるの?

おでこの広さの基準とは? ハゲの基準とは?

結論から言うと、おでこの広さに明確な基準はありません!

何cm以上だと広い、何cm以下だと狭い、というような客観的な基準はないのです。
そもそも顔の大きさは人によって違うので、おでこの広さに同じ基準をあてはめることはできません。

あくまでも、「広い」「狭い」というのは印象の問題にすぎないわけですね。

ただし、ハゲには基準があります。

その基準に当てはまっていなければ、少なくともハゲではなく、単におでこが広いだけ、ということに。

というわけで、ハゲの基準について詳しく見ていきましょう。

ハゲの基準とは?
ハゲの基準とは?

医学的なものと感覚的なものがある

ハゲの基準には、医学的なもの感覚的なものとがあります。

医学的な基準とは、クリニックで用いられているものです。
感覚的な基準とは、「あ、あの人ハゲている」と思われるライン。

具体的には、どんな基準があるのでしょうか?
詳しく見ていきましょう。

① 医学的な基準 : AGAの診断基準

医学的な基準とは、クリニックで用いられているAGA(男性型脱毛症)の基準です。

AGAでは、おでこの端が剃りこみを入れたようにハゲていきます。
ですから、おでこの端がこれ以上ハゲるとAGA、という基準が決まっているわけですね。

その基準とは、まず耳の上端と頭頂部を線で結び、その線とおでこの端の生え際との距離を測ってみて2cm以下であればAGA、というもの。

その場合にはAGAの治療を受けることが推奨されます。

自宅でも簡単に測ることができますから、おでこの広さが気になる方はいちど測ってみてはいかがでしょう。
2cm以下ならクリニックを受診してみてもいいかもしれません。
また、2cmを超えていれば、おでこの広さが目立つとしても、ひとまずハゲではない、ということになりますよ。

ちなみに、つむじも確認してみましょう。
おでこの端とつむじが同時にハゲていくのがAGAの特徴です。

② 感覚的な基準 : アンファー株式会社による実態調査

感覚的なハゲの基準もあります。

つまりこれ以上おでこが広いと、そのおでこの広さは他人からハゲと思われてしまう、という基準。

たとえばアンファー株式会社の行った、「男性の薄毛」に関する実態調査から、その基準を推測することができるでしょう。

「おでこの広さが何cm以上になると、薄毛だと思いますか?」という質問に対して、男女ともに最も多かったのは「おでこの広さが7cm以上」でした。

もちろん客観的な基準とはいえませんが、おでこの広さを判断するうえでひとつの目安にはなるのでは。

詳しく知りたいかたは、こちらのリンクからご覧ください。

髪 薄くなってきた?薄毛の境界線 l 髪のせんせい

育毛剤とは…?

医学的なハゲの基準と感覚的なハゲの基準、どちらかに当てはまった方には、なんらかの対策をとることをおすすめします。

具体的には、クリニックを受診するか、育毛剤を使うことが対策になりますよ。

特に育毛剤は、自宅で手軽に用いることができるので、誰にも知られずにハゲ対策をしたい方におすすめ。

というわけで、ここではおすすめの育毛剤をご紹介します。

併せて、ハゲがさらに進行した場合にはどんな対策をとればいいのかもお伝えしていきますね。

おすすめの育毛剤とは、毎日数万人以上が訪れるヘアラボでも人気の高い、チャップアップ

代表的な特徴としては、

  • 3つの育毛有効成分
  • 価格が1本7,000円代
  • 育毛剤初の永久全額返金保証

といった点が挙げられます。

チャップアップの効果効能は、育毛・発毛促進・毛生促進・かゆみ・フケ・脱毛予防・養毛など。

その他、有効成分以外に、頭皮環境の改善を目的とした、数多くの天然成分が配合されています。

また、返金保証が"永久"なのも注目ポイント。
効果や成分だけでなく、サポートも魅力的で、ヘアラボで一番売れている育毛剤です。

チャップアップに興味を持たれた方は、ぜひ一度公式サイトをチェックしてみてくださいね。

さらにハゲが進行した場合の対策方法① 発毛剤

さらにハゲが進行した場合には、発毛剤をおすすめします。

正式に国内で認可されている発毛剤といえば、「リアップ」が代表的。 

発毛効果が認められた有効成分ミノキシジルが配合されています。

ただし副作用がおこる可能性がありますので十分にご注意を。

合わない人もいるので、お医者さんや薬剤師に事前に相談するのも賢い手です。

さらにハゲが進行した場合の対策方法② 内服薬

発毛剤には、内服薬、つまり飲み薬のものもあります。

日本で内服薬、もう少しくだけて表現すると「飲む発毛薬」として認可されているのは、「プロペシア」と「ザガーロ」の2つ

個人によって効果の具合が異なること、また、副作用が起こる可能性があることは念頭に置いてください。

どちらも、医師による処方でしか入手できないものです。

※ヘアラボでは医師を介さない内服薬の個人輸入は、推奨しておりません。

さらにハゲが進行した場合の対策方法③ 自毛植毛

かなりハゲが進行してしまった場合には、自毛植毛をおすすめします。

自毛植毛とは、髪の毛が生えている後頭部や側頭部などから、毛根ごと毛髪を採取して、毛がなくなった部分の皮膚に移植するというというもの。

自毛植毛後にしっかりと生着さえすれば、以降は特別なメンテナンスは必要なく、時間が経てば自然な見た目になるのが嬉しいポイントですね。

ハゲ対策は適切に
ハゲ対策は適切に

段階に応じたハゲ対策を講じましょう

この記事でみてきたように、おでこの広さには客観的な基準はありません。

一方で、ハゲには医学的な基準と感覚的な基準がありました。

おでこの広さに悩んでいた方は、それらの基準に当てはまらなければ、自分のおでこの広さはハゲではないと安心できますね。

もし当てはまっていた場合は、育毛剤でハゲ対策をとることをおすすめします。

ハゲ対策に「遅い」ということはありません!