目次

  1. キノリンイエローフリーのフィンペシアがある…?
  2. フィンペシアの基礎知識①:成分・特徴について
  3. フィンペシアの基礎知識②:入手方法について
  4. フィンペシアの基礎知識③:キノリンイエローについて
  5. ついに登場!キノリンイエローフリーのフィンペシア
  6. ただ、キノリンイエローフリー=安全とは言いきれないかも…
  7. フィンペシアが安全と言いきれない理由

頭皮をすこやかにすることが期待できると言われ、また比較的安価なことから人気のあるフィンペシア。 しかし、フィンペシアには気をつけなくてはいけない添加物が使用されていることでも知られていました。

待望の新しいフィンペシアが発売されているとのことで、気になるのは安全性。

新しいバージョン、キノリンイエローフリーのフィンペシアと以前のタイプとの違いを含めて検証しました!

フィンペシア
フィンペシア

キノリンイエローフリーって何?

それではまず、フィンペシアがどういった商品なのか、知りましょう。

フィンペシアに含まれる成分やその特徴について説明します。

特徴について

フィンペシアインドの製薬会社が製造・販売している商品です。

プロペシアという有名な発毛治療薬のジェネリック薬品ですが、日本では認められていません。 プロペシアと同じフィナステリドという成分を配合しています。

成分について

フィンペシアの服用で期待される効果ととしてはまず、抜け毛の減少です。

それはフィンペシアの主成分フィナステリドには、AGAの原因と言われるDHTを作り出す作用がある酵素Ⅱ型5-αリダクターゼの働きを抑える効果があると言われているため。

また、これまでサイクルが崩れて脱毛していた毛髪の周期が正常に導かれることで、抜け毛の減少だけでなく髪も強く健康に育つことが期待できます。

フィンペシアの効果!
フィンペシアの効果!

抜け毛を減らし健康な髪を育てたいですね

実はフィンペシアは、国内では処方されることができない商品です。 入手するには個人輸入をする必要があるんです。

しかし、フィンペシアは医薬品とされる国もあり、期待される効果が高くなる分、ゼロではないリスクの可能性もあります。 ですので、ヘアラボのポリシーにより個人輸入は推奨していません。 ヘアラボのポリシーはこちら

もし、どうしても入手したいと思われた場合は、クリニックのお医者さんに相談することをおすすめします。

数あるクリニックの中でも、ヘアラボとしては口コミでも人気のヘアメディカルをオススメしております。 是非一度チェックしてみてください。

続いて、これまでのフィンペシアに使用されていたキノリンイエローという物質について説明します。

キノリンイエローとはどういった物質なのか、その安全性について学びましょう。

キノリンイエローとは

キノリンイエローとは、添加物の一種です。

タール色素という分類に入り、食品や医薬品に着色料として使用されており、フィンペシアにもコーティング剤として使われていました。

キノリンイエローは、日本では化粧品への使用は認められていますが、安全性が完全に認められないとの理由から食品への添加は禁止されています

2014年から日本の個人輸入代行店では「キノリンイエローフリー」のフィンペシアが販売されるようになりました。

日本の消費者からキノリンイエローへの反発の声が強くあったため、日本仕様のフィナステリド製剤が販売されていたこともあったそうです。 その後、欧米などでもキノリンイエローフリーの需要が高まったためフィンペシアからも新しいバージョンとしてキノリンイエローフリーが登場する形となりました。

キノリンイエローフリーのフィンペシア!
キノリンイエローフリーのフィンペシア!

これで安全…なのでしょうか?

待望のキノリンイエローフリーフィンペシアが登場したわけですが、これですべて安全、何も心配ありません!と言い切ることは難しいようです。

キノリンイエローフリーでも、フィンペシアにはほかにも安全とは言い切れない、不安な要素があると考えられます。

どういったものがあるか、気になりますね。

キノリンイエローフリーでも安全ではない?
キノリンイエローフリーでも安全ではない?

なぜだか気になりますね!

フィンペシアがキノリンイエローフリーだとしても、安全であると言いきれない理由について紹介します。

薬品であるということ、日本での使用における保証など、3つの理由を詳しくお伝えします。

フィンペシアそのものの副作用は存在する

キノリンイエローフリーであることとは別に、フィンペシアそのものの理由として、副作用のリスクが挙げられます。

フィンペシアの副作用の主な症状として、性欲減退男性機能障害といった症状が報告されています。

もちろん副作用を感じない人もいるようですが、薬である以上副作用のリスクがあることは考えておきたいですね。

副作用が出ても保証の対象外である

フィンペシアはキノリンイエローフリータイプも日本国内では未承認の薬品です。 臨床試験も行われていません。

日本で認められていない薬ですから、服用はいわば自己責任。 副作用があったとしても保証の対象外なんです。

上記の様な副作用の恐れがあるにもかかわらず万が一起きたとしても保証されないとは… 服用には十分に気をつけた方が良いですね。

全ては自己責任のもとで…
全ては自己責任のもとで…

そう考えると、安全とは言いがたいですね

そもそも偽物や粗悪品の可能性がある

前述しましたが、フィンペシアは日本では未承認の薬品のため薬局では販売できませんし皮膚科などでも基本的に取り扱いがありません。

そのため入手する方法として個人輸入という形になるのですが、これがトラブル等が多く報告されています。

偽物粗悪品が流通していることもあるようですので、キノリンイエローフリーということだけでなく信頼のおける所から購入することが重要です。