目次

  1. フィンペシアとミノキシジルの併用にはどんな効果が…?
  2. そもそもフィンペシアとミノキシジルって併用していいの?
  3. フィンペシアとミノキシジル、それぞれの特徴
  4. フィンペシア・ミノキシジル併用の注意点
  5. リスクを理解したうえで服用を判断しよう
フィンペシアとミノキシジルの併用
フィンペシアとミノキシジルの併用

気になりますよね

AGA治療薬として有名なフィンペシアミノキシジル

併用するとさらに効果があるかも…なんて意見をよく見かけませんか?

ですが、医薬品の併用は、飲み合わせや副作用もありますし怖いですよね。

AGAは深刻な悩みとはいえ、健康を害してしまっては意味がありません。

そこで今回は、フィンペシアとミノキシジルは併用できるのか併用することでどんな効果があるのか、についてご説明していきます。

また、考えられる副作用についても説明するので、ぜひ最後までお読みくださいね!


AGAとは?という人のために、AGAについて詳しく書いた記事をご紹介します。
気になった人はぜひ読んでみてください。

※フィンペシア・ミノキシジルタブレットは未承認医薬品です

今回ご説明していく、フィンペシアとミノキシジルタブレットは国内で認可されていない、「未承認医薬品」です。

認可されていないのには、安全面などの問題が原因として存在します。

国内でも合法的に入手することはできますが、ヘアラボではフィンペシア・ミノキシジルタブレットの服用はおすすめしていません。

服用を検討している人は、そのリスクを十分に考えた上で判断してください。

そもそも、フィンペシアとミノキシジルの併用は問題ないのか、というのは気になるポイントだと思います。

結論からいうと、フィンペシアとミノキシジルの併用に問題はありません。

これらの飲み合わせによる健康被害はないといわれており、また、併用することでそれぞれの効果がなくなるといったことも確認されていません。

もちろん、どちらも医薬品なので併用によって副作用のリスクは高くなります。

あくまで、””併用によって””生じる問題はない、という認識ですので、ご注意ください。

それでは、フィンペシアとミノキシジルの特徴についてご説明していきますね。

まずはフィンペシアの作用と副作用を見ていきましょう。

フィンペシアの効果

フィンペシアの効果と副作用
フィンペシアの効果と副作用

ご説明していきます

フィンペシアはAGAの治療薬です。

先発のAGA治療薬、プロペシアのジェネリック医薬品(注1)という位置づけですが、プロペシアの国際特許はまだ切れていないため、厳密にはジェネリック医薬品ではなくコピー商品。

AGAの原因は男性ホルモンの一種であるDHTといわれており、このDHTは、同じく男性ホルモンであるテストステロン5αリダクターゼという酵素が結合することで生成されます。

フィンペシアの有効成分、フィナステリドはこの5αリダクターゼの働きを抑制することで、DHTの生成を妨げ、AGAの進行を防ぐ効果があります。

簡単にまとめると、AGAの原因を減らしてAGAをケアする薬ということですね。


注1:既存の薬の特許が切れたあとに販売される、同じ有効成分を同じ分量配合していて価格の安い薬

フィンペシアの副作用

フィンペシアには以下の副作用が認められています。

  • 肝機能障害
  • 性欲減退

どれも深刻な副作用ですね。

また、アレルギー症状によってかゆみなどが起こることもあります。
いずれにしても、これらの症状が確認された場合は、すぐに医師に相談しましょう。

ミノキシジルの効果

ミノキシジルの効果と副作用
ミノキシジルの効果と副作用

ミノキシジルは国内でも効果が認められている発毛成分です。

外用薬は厚生労働省より認可されていますが、飲むタブレットタイプは認可が下りていません。

ミノキシジルは、フィンペシアとは違い血行を促進の効果があります。

さらに髪の毛の生成や成長に携わる細胞を活性化させ、ヘアサイクルに働きかけることで発毛効果を発揮します。

ヘアサイクルというのは、簡単にいうと髪の毛が成長し、抜けていく周期のことです。

  • 髪が成長する成長期(2~6年)
  • 成長が鈍くなる退行期(2週間)
  • 成長が止まり抜け落ちるのを待つ休止期(3~4ヶ月)

ヘアサイクルは以上の3つに分けられます。

これが乱されると、成長期が短くなり、退行期・休止期が長くなってしまうんですね。

すると、髪が十分に成長しないまま抜け落ちてしまうので、薄毛へとつながります。

ミノキシジルはこのヘアサイクルを改善することで、発毛を促進する効果を持っています。

ミノキシジルの副作用

ミノキシジルの副作用には以下のものが認められています。

  • 体毛が濃くなる
  • 血圧低下
  • むくみ

などが代表的です。

こちらもフィンペシアと同様、アレルギー症状のリスクがあります。

副作用が気になる人は、医師に相談して判断しましょう。

併用による効果とは?

フィンペシアとミノキシジルと併用することによって、お互いに効果を高め合うことはありません

ただ、先ほどご紹介したように、フィンペシアとミノキシジルにはそれぞれ、異なる作用があります。

そのため、それぞれの効果を、別々に得られるというメリットはあります。

とはいえ一方、副作用のリスクが高まるなどのデメリットも無視はできません。

ここからは、フィンペシアとミノキシジルを併用する際の注意点をご説明していきます。

ここからは、フィンペシアやミノキシジルに関する注意点をご説明していきます。

  • 個人輸入のリスク
  • 肝臓への負担

順番にみていきましょう。

個人輸入のリスク

個人輸入
個人輸入

おすすめしません

フィンペシアやミノキシジルのタブレットは国内で認可されていないため、処方されるクリニックは少なく、個人輸入によって入手している人が多いのが現状です。

個人輸入では安価で手に入りますし、ネットで簡単に注文できます。

しかし、個人輸入には大きなリスクが2つあります。

  • 偽造品
  • 自己責任

まず、AGA治療薬に限らず、個人輸入で流通している医薬品の中には偽造品が大量に混ざっているといわれています。

ED治療薬をインターネットで購入すると、40%がニセモノという鑑定結果が出ました。

医薬品等を海外から購入しようとされる方へ - リスクが潜む個人輸入 - あやしいヤクブツ連絡ネット

これはEDの治療薬の話ですが、40%って恐ろしい数字ですよね。

偽造品をつかまされてしまうと、金銭的にも損ですが、重篤な副作用のリスクもあります。

AGAの治療にならないばかりか、健康を害してしまう可能性があると考えると、安易に個人輸入を選択するのはやめたほうがいいでしょう。

さらに、個人輸入で購入してしまうと、偽造品による副作用であっても医薬品副作用被害救済制度の対象から外れてしまいます。

これが2つ目の自己責任ですね。

医薬品副作用被害救済制度というのは、簡単にいうと副作用による医療費などを給付してくれる制度です。

こういった制度からも漏れてしまうので、個人輸入はヘアラボのポリシーからおすすめしていません。

肝臓への負担

肝臓への負担も…
肝臓への負担も…

気になる人は医師に相談しましょう

フィンペシアの副作用でも触れましたが、どちらも肝臓に負担をかけます。

これはこの2つの医薬品に限った話ではないのですが、肝臓で代謝される医薬品というのは、肝臓に大きな負担をかけます。

薬物による肝臓への負担は、脂肪肝や腫瘍の原因になることもあります。

なので、肝機能の低い人肝臓を治療中の人フィンペシア・ミノキシジルの服用をおすすめできません。

服用を検討している場合は医師に相談し、慎重に判断しましょう。

また、肝臓を治療中ではなくても、フィンペシアとミノキシジルの併用で負担があることに変わりません。

服用中はアルコールの飲みすぎなどは控え、肝臓に気を使いましょう。

リスクを理解しましょう
リスクを理解しましょう

併用自体は効果的なようですね

いかがでしたか?

フィンペシアとミノキシジルの併用についてご説明してきました。

フィンペシアとミノキシジルは併用できますし、併用することで単体で服用するより高い効果が期待できるのも事実ですが、副作用のリスクもあります。

再三になりますが、服用を検討している人は、一度クリニックなどで相談することをおすすめします。

リスクを理解したうえで、自分にあった治療をしていきましょう。