目次

  1. フィンペシアって飲み合わせはどうなの?
  2. フィンペシアはどんな薬とも併用できるって本当?
  3. フィンペシアを服用する際の注意点
  4. 正しい飲み合わせの知識をつけてフィンペシアを使用しよう
フィンペシアの飲み合わせ
フィンペシアの飲み合わせ

気になるポイントですよね

AGAの治療薬として知られるフィンペシア

AGAの悩みを解決しようと、服用を検討している人もいるのでは?

そんなときに気になるのが、薬の飲み合わせですよね。

AGAを直したいとはいえ、それを理由に健康を害してしまっては意味がありませんし、事前に知っておくことが大切です。

そこで今回は、フィンペシアの飲み合わせ注意点についてご説明していきます。


こちらはAGAに関する記事です。
AGAについて詳しく知りたい人はこちらも参考にしてみてくださいね。

そもそもフィンペシアって?

フィンペシアは、AGA治療薬の1つです。

先発のAGA治療薬であるプロペシアジェネリック医薬品(注1)という扱いですが、プロペシアの国際特許はまだ切れていないので、正確にはコピー品です。

AGAの原因となる成分の生成を妨げることで、AGAの進行を遅らせる効果があります。


注1:既存の薬の特許が切れたあとに販売される、同じ有効成分・同じ効き目で価格の安い薬

※フィンペシアは未承認医薬品です

ここからフィンペシアについてご説明していきますが、1つ念頭に置いておいていただきたいことがあります。

それは、フィンペシアは国内では認可されていない「未承認医薬品」であること。

認可されていないのには、安全面などの問題が原因として存在します。

国内でも合法的に入手することはできますが、ハゲラボではフィンペシアの服用はおすすめしていません。

服用を検討している人は、そのリスクを十分に考えた上で判断してください。

フィンペシアの飲み合わせとは…?
フィンペシアの飲み合わせとは…?

何と併用しても問題ないようです

結論からいうと、現状、飲み合わせの面でフィンペシアと相性の悪い薬は存在しないと言われています。

存在しないなんてことあるの?と思う人も多いと思いますが、これはクリニックに確認した事実です。

使用頻度の高い風邪薬や常備薬と併用しても、問題はありませんし、発毛薬であるミノキシジルなどと併用しても、飲み合わせによる健康被害はなく、効果がなくなることもありません。

また、飲み合わせの悪い薬はないといっても、医師やクリニックから処方された薬を飲んでいる人は、一度相談してから服用を判断しましょう。

飲み合わせとしては問題ありませんが、フィンペシアと同じ効果を持つザガーロやデュタスといった治療薬は併用しても効果がありません。

医薬品は少なからず肝臓に負担をかけるので、併用は避けたほうがいいでしょう。

また、飲み合わせに関して相性の悪い薬はありませんが、フィンペシアを服用する際は、さまざまなことに注意しなければなりません。

ここからは、フィンペシアに関する注意点についてご説明していきましょう。

フィンペシアに関する注意点は大きく以下の3つです。

  • 偽造品
  • 副作用
  • 成人男性しか服用できない

順番に見ていきましょう。

(1)偽造品

偽造品
偽造品

偽造かどうかなんてわかりませんよね…

まず1つ目は偽造品です。

そもそもフィンペシアというのは、国内では認可されていません。
先述した通り、プロペシアのコピー商品で、法的にもグレーな存在です。

成分こそプロペシアと同じですが、国内では正規の購入ルートがないため、その多くは個人輸入によって取引されています。

個人輸入でフィンペシアを買うと、プロペシアの1/10ほどの価格で手に入れることができるため、気軽に手を出してしまう人がいますが、こういった現状の中で問題になっているのが偽造品の流通です。

最近ではフィンペシアを処方しているクリニックもありますが、そのフィンペシアすら偽造品の可能性がある、という意見も出てくるほどです。

インターネットを通じて購入したED治療薬の55.4%,184製品中102品目が偽造品であったという結果が示されている.

偽造医薬品問題―日本と海外―

これはEDの治療薬ですが、半数以上が偽造品なんてこともあるんですね。
フィンペシアやミノキシジルに関しても、こういったリスクが十分にあります。

安いからといって偽造品をつかまされてしまっては意味がありませんし、飲み合わせや副作用など、重篤な健康被害の可能性もあります。

副作用が起きても自己責任になってしまいますし、安易に個人輸入を選択するのは危険ですよね。


フィンペシアやミノキシジルの個人輸入は、ハゲラボのポリシーからおすすめしていません。

フィンペシアの購入を検討している人は、信頼できる病院やクリニックを見つけて処方してもらいましょう。

(2)副作用

2つ目は副作用

フィンペシアは他の薬との飲み合わせに問題はありませんが、他の医薬品と同様に副作用はあります。

主に下記の副作用が確認されています。

  • 肝機能の低下
  • 性欲の減退
  • 勃起機能不全

もちろん、服用した全員にこれらの症状がみられるわけではありませんが、常にこれらのリスクがあるということは年頭において服用しましょう。

すでに肝臓を治療している人や肝機能の低い人の服用はおすすめしていません。

それ以外にも不安な点がある人は、病院やクリニックに相談したうえで、慎重に服用を判断してください。

(3)成人男性しか服用できない

使ってはいけない人もいます
使ってはいけない人もいます

女性や未成年の人は気をつけましょう

3つ目の注意点は、成人男性しか服用できない点です。

フィンペシアは、飲み合わせについての問題ないのですが、成人男性しか服用してはいけないようです。

つまり、女性や未成年の服用は厳禁ということですね。

女性が妊娠中・授乳期間中にフィンペシアを服用してしまうと、胎児や乳児の生殖器官などの正常発育に悪影響を与える可能性があります。

フィンペシアの主成分は肌から吸収されることも確認されているので、妊娠中・授乳中の女性は、服用しないだけでなく、触れないように注意する必要があります。

また、子どもの使用も前提にしていないので、未成年の使用も危険です。

これらの理由から、フィンペシアを服用中の人は献血に行ってはいけません。 提供した血液は誰に使用されるかわかりませんからね。

服用をやめてから1ヶ月ほど経つと、体内の成分がなくなり、献血に行けるようになります。

いかがでしたか?

フィンペシアの飲み合わせと注意点についてご説明してきました。

飲み合わせ自体は問題ありませんが、気をつけなければならないことは少なくありません。

医薬品ですし、正しい知識と安全への配慮が必要です。

正しく使ってAGA対策していきましょう!