目次

  1. フィンペシアは実は効果なし…!?
  2. まずはフィンペシアの基礎知識をおさらい
  3. フィンペシアで効果を感じにくいのにはいくつかの理由が
  4. フィンペシアで効果が出にくい場合に考えられる理由
  5. そもそもフィンペシアで効果が出にくいこともある?!
  6. フィンペシアで効果がないときの対策方法
  7. 効果をしっかり見極めて、自分に合う薄毛対策方法を探しましょう!

体の中から発毛に効果を発揮してくれると言われるフィンペシア。 プロペシアのジェネリック版として安く手に入るので人気がありますよね。

でも、フィンペシアを飲んでも発毛に効果なしだった…と思っている人も少なからずいる様子。 これはどうしてなのでしょうか?

今回はフィンペシアが効果なしだった場合に考えられる理由や対策についてご紹介していきます。

ここを見ている人の中には、フィンペシアって何だったっけ?と思う人もいるかもしれませんよね。

まずはフィンペシアについて、基礎知識をおさらいしましょう。 どういう主成分が発毛に効果があるのかについて、確認しておいて下さいね。

フィンペシアの主成分、フィナステリド

フィンペシア自体は日本では医薬品として認められていない未承認医薬品という立ち位置です。

海外では医薬品として使用されている国もあります。

フィンペシアが発毛剤として効果があるのと言われるのは、主成分「フィナステリド」のおかげ。

このフィナステリド、男性ホルモンが薄毛を促進する成分に変化するのを食い止めてくれるという効果があるんです。

元々は前立腺のお薬として開発されたフィナステリド。 後になって発毛効果が認められ、今では世界中で多くの薄毛に悩む人を救っているんですよ。

フィナステリドの働き

男性ホルモンが薄毛を促進する成分に変化する、というお話をしました。 これってどういうこと?と思う人のためにもう少し詳しくお話ししましょう。

そもそも、男性ホルモンはそれ自体が薄毛に作用することはありません。 しかし男性ホルモンに2型5-α還元酵素という物質が関わることによって、DHT(ジヒドロテストステロン)という成分が作られます。

このDHTこそが薄毛の原因とされています。 フィナステリドは男性ホルモンがDHTに変化することを防ぐ期待が持てます。 だから薄毛対策に効果があるんですね。

フィンペシアはどうして薄毛に効果がある?
フィンペシアはどうして薄毛に効果がある?

主成分のフィナステリドが薄毛に関わる物質を作ることを阻止します!

フィンペシアは、主成分フィナステリドのおかげで発毛に効果が期待できます。

でも、どうして効果なしと感じてしまう人がいるのでしょうか。 それにはいくつかの理由が考えられます。

まずは単純に、体に合っていない場合。 フィンペシアは高い効果のある発毛剤として知られていますが、やっぱり体に合わない人というのはいます。

そして、まだ効果が出る時期ではないという場合。 フィンペシアの効果が出るには半年くらいかかると言われています。 まずはそれまで待つ必要があるんですよ。

このふたつの理由が当てはまらないという場合は… 詳しくは次に続きます。

フィンペシアは効果なし?
フィンペシアは効果なし?

考えられる理由とは…

フィンぺシアが体に合っていないということもなさそうだし、飲み始めてから半年以上経っている。

それでも効果なしと感じている場合は、他の理由が考えられます。 いくつか候補を挙げてみましたので、自分に当てはまらないかどうか見てみて下さい。

頭皮の血流不足

フィンペシアを飲み続けても育毛に効果なしとなった場合の考えられる理由の一つとして、頭皮に問題があるのかもしれません。

そのひとつが血流不足

髪の毛は頭皮に流れる血液から作られますので、血行が悪くなると髪の毛の材料が頭皮に行きわたらないとされているため、いくらフィンペシアを飲んでも効果なしという結果になる恐れがあります。

頭皮の色が青白い状態が血流の良い状態。 逆に赤っぽい色をしている人は要注意とされています。

頭皮の皮脂の過剰分泌

フィンペシアが効果なしと感じる場合として、皮脂の過剰分泌も考えられます。

皮脂が過剰に分泌されると毛穴を詰まらせます。 そうなると元気な髪の毛を作る力が弱まってしまうので、育毛成分を体内に取り込んでも効果なしという状態になってしまう可能性があるのです。

脂性肌の人は頭皮の皮脂も多い傾向にあるので、注意してみて下さい。

育毛・発毛に必要な栄養素が足りていない

育毛や発毛には栄養が必要とされています。

でも、髪の毛は命に関わる部位ではないですよね。 ということは全身の栄養が十分にない場合、髪の毛以外の命に関わる部分に優先的に栄養が行ってしまいます。

全身の栄養バランスを保つことは、髪の毛の健康にも繋がっていきます。 髪の毛に元気がないという人は栄養のことを少し考える必要があるかもしれませんよ。

髪の毛にも栄養が必要です
髪の毛にも栄養が必要です

全身の栄養バランスが髪の毛の健康にも繋がりますよ。

フィンペシアが効果を発揮できない理由をご説明してきました。

血流が不足していたり栄養が慢性的に不足していたり… 自分に当てはまると思った人も多いかもしれませんね。

そういった人は、そもそもフィンペシアを飲んでも効果が出にくい可能性があります。 そのままでは、飲み続けても効果は期待できないかもしれません。

そうならないためにも、どう改善したらいいかをご説明していきますね。 フィンペシアでしっかり効果を実感できるように、出来ることはやっていきましょう!

フィンペシアが効果を発揮するために
フィンペシアが効果を発揮するために

できることをやっていきましょう。

フィンペシアは発毛に効果なしと思っていたけれど、原因は自分の体にあったかもしれない。 そういう人のために、ここではフィンペシアが効果を発揮しやすくなるためにはどうすればいいかをご紹介します。

どれも今日からできることばかりですので、ぜひ試してみてくださいね。

方法1:頭皮マッサージ

フィンペシアが効果を発揮しづらい理由のひとつは、頭皮の血流が不足していることでした。

ということは、頭皮マッサージによって血流を良くしてあげることでフィンペシアが効いてくる可能性があります。

やり方は簡単です。 両手で頭皮を包むようにして、下から上へ頭皮を持ち上げるイメージで。 これを朝晩1回ずつ毎日やってみてください。

方法2:睡眠時間の見直し

睡眠時間が短すぎたり不規則だったりする人は、フィンペシアが効果なしという以前に頭皮にとって良くない体の状態になっている可能性があります。

髪に必要な成長ホルモン夜10時~夜中2時までの間に分泌されると言われているので、この時間帯に睡眠を取るのが大事なんですよ。 睡眠時間を長くとることができないという人でも、なるべくこの時間帯に寝るようにしてみてくださいね。

方法3:栄養バランスに気を付ける

全身の栄養が不足すると髪の毛にまで栄養が回ってきません。 ですから全身の栄養に気を付けることも、フィンペシアの効果を発揮するためにはとても大事なんです。

肉、魚、野菜をバランスよく食卓に取り入れて、ぜひ栄養のバランスを良い状態に保つようにしてみてください。 髪の毛だけでなく全身が元気になるのを感じることができると思いますよ。

全身の健康は髪の毛にも大事
全身の健康は髪の毛にも大事

フィンペシアが効果なしと感じたら、体からのSOSかもしれませんよ。

方法4:他の薄毛対策方法に切り替える

ここまでやってもやっぱり効果なしという場合は、やっぱりフィンペシアが体に合っていないという可能性があります。

フィナステリドは発毛に高い効果を期待できる成分ではありますが、そもそもこの成分を受け付けない体質の場合、いくら続けても効果なしという人もいるんですよ。

そういう場合はぜひ、他の薄毛対策方法に切り替えることを検討してみてください。 効果の高い薄毛対策成分は他にもたくさんありますので、フィンペシアが効かなくても他にきっと合うものがありますよ。

どうしても効果なしという場合は?
どうしても効果なしという場合は?

他の薄毛対策方法に変えることも考えてみましょう。

フィンペシアが効果なしだった場合の対策、如何だったでしょうか。

フィンペシアが合わなかったとしても、他にも効果的な薄毛対策方法はたくさんあります。 まずは自分に合う薄毛対策方法を探すこと。 これが健康な髪を手に入れる第一歩ですよ。

色々なものを試しながら、自分にとってベストの薄毛対策を探しましょう!