目次

  1. 抜け毛が出る前
  2. まさかの抜け毛
  3. 抜け毛対策によるからだとこころの変化
  4. 大丈夫と信じて!

私は28歳看護師をしている女性です。

昨年12月末に第1子を出産し、現在育児休暇中です。

もともと私の髪の毛は太くて多く、ポニーテールにするとしめ縄のように見えるほどで、ヘアサロンに行く際には「もう少し軽くして下さい」とお願いするのが常でした。

産後に抜け毛が増えることは出産前から知っていましたが、もともと髪の毛が多い私は「私の髪は強いし、抜けなさそう。

髪の毛の量が多くて困ってるくらいだからだ、少しくらい抜けても問題ないだろう」と安易に思っていました。

育児雑誌には平均で産後2から3か月くらいから抜け毛が増えると書いてありましたが、その頃の私の髪の毛は全く抜けませんでした。

産後抜け毛が増えない人もいるそうなので、自分もそのタイプかと思っていました。

産後4か月になってすぐのころ、シャンプーをした後にふと排水溝を見たところ、抜け毛で排水溝がつまっていることに気が付きました。

はじめは何が起きたのか分からずに、とても驚きました。そんな多かった抜け毛を見ても「昨日の夜に疲れて髪の毛を洗えず、朝洗ったせいかもしれない。

どうせ今日だけの抜け毛の量だろう」と気楽に考えていました。

でも、次の日もその次の日も、掃除をしてきれいなはずの排水溝が抜け毛でつまっていました。

それを見てようやく「ついに私にも(産後の髪の毛が抜ける時期が)来てしまったんだな」と思い、異常な抜け毛の多さにショックを隠しきれませんでした。

抜け毛が増え始めてから3日くらい経ったところで、髪を洗った後の排水溝以外にも抜け毛の多さが目につくようになりました。床や櫛など、自分の髪の毛が抜け落ちているのを見つけるたびにとても悲しい気持ちになっていきました。

抜け毛に悩み始めた当初は気付かなかったのですが、次第に自分の生え際辺りが薄くなっていることに気付いてしまいました。このときに受けたショックは、今も忘れることができません。

生え際が薄くなってから、私は外に出る時は帽子を被るようになりました。もともとあまり帽子を被るタイプではなかったのですが、とにかく薄くなった生え際が隠せれば良いと思い、帽子を買いに行きました。

また、美容室に駆け込んでいつも担当してくださる美容師さんに泣きついて生え際を上手く隠せるようにして欲しいと頼みました。いつも軽く見えるようにと切って貰っている私が、「厚めに」「重めで」とお願いする日が来るとは思いもしませんでした。

今まで横に流していた前髪を眉下で重めに切り、それでも気になるので太めのヘアバンドで生え際が目立たないようにして必死に髪の毛を隠していました。夫にも抜け毛が増えたことを言われたくなくて、お風呂に入った後は念入りに掃除をして、家でもヘアバンドをして過ごしました。

今思えばこの時は夫が休みの日も外出をしたがらずに家で過ごすようにしていました。普段アウトドア派な私も、この時はインドアになっていました。

「髪の毛は女の命」と昔の人はよく言ったものですが、抜け毛のせいでこんなにも自分が後ろ向きな性格になっていることに驚かされました。夫に話せなかった抜け毛の悩みは、同じ悩みを共有・共感できるであろうママ友にもできませんでした。

定期的に会っているママ友はいつもきれいでおしゃれなので、自分が恥ずかしくなって抜け毛の話はできなかったのです。

抜け毛が酷くなって2週間たった頃に、定期的に通っている母乳外来の担当の助産師さんに抜け毛のことで悩んでいる旨を伝えました。助産師さんには、産後の抜け毛はホルモンバランスの崩れが大きいそうなのである程度は仕方ないことだと言われてしまいました。

ですが、しっかり体を休ませてあげることでホルモンバランスは早めに戻ることと、髪に栄養を与えてあげられる海藻類を積極的に食べるようにすれば、これから生えてくる髪の毛もはりのあるものになると教えて頂きました。

そこから私は子供がお昼寝をしている時にしていた家事をやめました。幸い子供は少しずつ一人でおもちゃで遊べている時期だったので、その間に家事を済ませるようにしました。

また、わかめやひじきを積極的にとるように心がけ、栄養が偏らないように1日にとる食材の品目を増やすようにしました。そして、ネットでみて気になっていた柑気楼を使い始めました。

対策をとり始めてすぐに抜け毛が減った訳ではありませんでした。でも、子供とお昼寝をすることで体力的にも以前より自分に余裕が出てきました。これまでは夫が不在のときは食事も粗食になっていましたが、ヘルシーなものを増やしてたくさん食べるようになったことでストレスが減り、そのあと1か月くらいから抜け毛が減った気がしました。

髪を洗ってつまってしまった排水溝を見るのは嫌でしたが、抜け毛が少し減ったことで本当にほっとしました。減ったといえどその後も抜け毛は続いていましたが、産後5か月頃から新しい髪の毛が生え始めてきました。

新しく生えてきた髪も、今は5cmくらいの長さになりました。新しい髪の毛はつんつんとしており、ワックス等で抑えてもすぐに出て来てしまうので、セットに時間がかかります。でも、その髪の毛を見るたびに「生えてきて良かった。生え際も目立たなくなってきたな」と思う自分がいます。

今は1日中付けていましたヘアバンドを外して、帽子も被らずに出掛けるようになりました。休みの日は家族でお出掛けを楽しんでいます。 髪の毛はまだ以前のような状態にはなっていませんが、抜け毛に悩んでいた時よりも自信が持てるようになったのが1番の変化だと思います。

女性にとって髪の毛が抜けるのはとても悲しいことで、できるならば避けたいものです。産後の抜け毛は「ホルモンのせい」と言われれば理解はできるものの、納得はできないのが現実だと思います。

私は助産師さんに相談できたことで、知識を得るだけでなく悩みを分かって貰えたことでとても気持ちが救われました。なので、もし悩んでいる方がいたら、まずは誰かに相談してみること・無理せずゆっくり休むようにと伝えたいと思います。

一人で抱え込んでネットで抜け毛対策を考えるのも良いですが、誰かに自分という存在を肯定・共感して貰うことはとても大切だと思います。

今思えば抜け毛が多かった時は、少しの無理をして育児や家事をしていました。悩んでいた私でも悩みは解決できました。今悩んでいるあなたも、きっと大丈夫ですよ。


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。詳しくはこちらをご覧ください。