目次

  1. 髪の毛がすぐ抜ける…これって大丈夫?
  2. 髪の毛が抜けるのは自然なこと
  3. 髪の毛がすぐ抜ける原因とは?
  4. 髪の毛がすぐ抜けるときの対策
  5. すぐ抜ける髪を対策しよう
髪の毛がすぐ抜ける…
髪の毛がすぐ抜ける…

不安ですよね

「なんだか最近髪がよく抜けるなぁ…大丈夫かな?」

ブラッシングの時、シャンプーの時、髪の毛がすぐ抜ける…なんてことありませんか?

ちょっとしたことで髪の毛が抜けると「何かの病気かも?」と不安になりますよね。

髪がすぐに抜けるのは病気なのか、だとしたらどうしたらいいのか…

そこで今回は、髪の毛がすぐ抜ける原因と対策についてご紹介していきます。

そもそも、髪の毛が抜けること自体は自然なことです。

髪が抜ける原因を探るためには、まずヘアサイクルを理解する必要があります。

ではヘアサイクルとは何なのでしょうか?

ヘアサイクルとは?

ヘアサイクル
ヘアサイクル

髪が生えては抜ける周期のことです

人の髪の毛は、周期的に生えては抜けを繰り返していて、この周期のことをヘアサイクルといいます。

ヘアサイクルは、成長期・後退期・休止期の3つの期間にわけられます。

●成長期(2~6年)
成長期は新しい毛が生え、成長する期間。

●退行期(2週間)
退行期は毛根がだんだんと小さくなっていき、髪を成長させる活動が鈍くなっていく期間です。

●休止期(3~4ヶ月)
休止期は髪の毛の成長がとまり、毛根が眠っている期間。
休止期の髪は成長期で新しく生えてきた髪に押されたり、シャンプーや髪をとかすなどの日常生活の中で自然に抜け落ちていきます。

この周期によって、1日に50~100本の髪の毛が自然に抜けるといわれています。

ヘアサイクルは髪の毛1本1本で違うため、一気に抜けることなく、日々少しずつ生え変わっているんですね。

これらのことから、ある程度髪の毛が抜けるのは自然なことだということは分かっていただけたと思います。

ですが、抜け毛の原因がすべてヘアサイクルによる自然脱毛というわけではありません。

では、どうやって自然に抜けた毛かどうか見分けるのでしょうか?

抜け毛の状態を見て、自然脱毛かどうか見分けられる場合があるのです!

こんな抜け毛は要注意

まず、正常なヘアサイクルによって自然に抜けた髪の毛は、上の画像のようなマッチ棒状の毛根になっていることが多いです。

一方で、下記のような特徴の髪が抜ける場合、それぞれ別の原因が考えられます。

  • 髪が細く毛根がない:栄養不足・血行不良
  • 毛根が黒い:栄養不足・血行不良
  • 毛根が細くとがっている:円形脱毛症
  • 毛根が白い(皮脂):脂漏性脱毛症

抜けた毛の毛根部にこういった特徴がある場合、自然脱毛ではない可能性があります

あくまで目安ですが、不安を感じる人はクリニックや皮膚科で診てもらいましょう。

こちらの記事では、抜け毛の種類と特徴について詳しく書かれています。
気になる方はぜひ読んでみてください。

それでは、髪の毛がすぐ抜ける原因についてご説明していきますね。

ここからは、髪の毛がすぐ抜ける原因についてご説明していきます。

  • 生活習慣の乱れ
  • 間違ったヘアケア
  • ストレス
  • 出産
  • 加齢
  • AGA ・FAGA

順番に見ていきましょう。

(1)生活習慣の乱れ

睡眠も大切
睡眠も大切

睡眠と髪の毛も関係しているんですね

1つ目は生活習慣の乱れです。

生活習慣と抜け毛は一見関係なさそうですが、実は密接に関わっているんです。

中でも特に重要なのが、食事睡眠

まず、食事ですが、髪の毛の主成分となるタンパク質、タンパク質を髪の毛に変える役割を持つ亜鉛(ミネラル)やビタミン類など、髪に必要な栄養は食事から摂取されています。

今あげたものが欠乏すると、髪の毛の健康が損なわれて細くなり、結果的に抜けやすくなってしまいます。

さらに、睡眠もは健康な髪の毛を育てる成長ホルモンと関係しています。

成長ホルモンは、人が寝ている間に分泌されるので、睡眠が不足したり、睡眠の質が著しく下がったりすると、髪の毛の健康を害する可能性があるのです。

(2)間違ったヘアケア

ヘアケアもしっかりと!
ヘアケアもしっかりと!

間違ったケアは逆効果です

2つ目は、間違ったヘアケア。

  • 頻繁にパーマ・カラーリングをしている
  • いつも髪を結んでいる
  • 分け目がずっと同じ
  • 洗髪の仕方に気を使っていない

これらの特徴に当てはまる人は気をつけてください。

パーマやカラーリングは、髪が抜ける直接的な原因にはなりませんが、髪へのダメージとなる他、薬剤が頭皮につくと薬剤の強い刺激で頭皮環境が悪化してしまいます。

そのため、頻繁にしていると頭皮環境の悪化で、髪が育つ土壌が荒れることで髪が抜ける原因となることがあります。

また、頻繁に髪を結んでいたり、分け目がずっと同じ人は、同じ箇所にばかり負担がかかるため、部分的に髪が抜ける原因になります。

また、誤った洗髪の仕方や自分の頭皮・髪に合わないシャンプーを使用していると、頭皮のダメージになります。

髪の毛が育つ土壌となる頭皮環境が悪化していると、健康な髪が生成できなくなってしまいます。

(3)ストレス

3つ目はストレス。

ストレスは心身に大きな影響を与えますが、髪の毛も例外ではありません。

ストレスは自律神経を乱し、血行を悪くします。
当然、頭皮を流れる血流にも影響が出ますよね。
髪の毛は頭皮を流れる毛細血管から栄養を運んで成長しているので、頭皮の血行が悪くなると髪が健康に育たなくなってしまうんです。

また、ホルモンバランスを乱す原因にもなるので、後述するFAGAの原因などにもなります。

(4)出産

産後の抜け毛…
産後の抜け毛…

産後に髪の毛が抜ける女性は多いようです

4つ目は出産です。

出産と髪の毛が抜けることなんて、まったく関係ないように思えますよね。

ですが、実は大きく関係しています。

産後の抜け毛は「産後脱毛症」「分娩後脱毛症」と呼ばれ、出産後の女性の約7割が経験していると言われています。

抜け毛の原因(産後・出産、病気、体質)|東京ビューティークリニック

産後脱毛症というんですね。

では、なぜ産後に髪が抜けるのでしょうか?

産後の女性は、ホルモンバランスが著しく乱れます。

女性ホルモンの一種であるエストロゲンには、髪の毛の成長を促す効果があるため、ホルモンバランスが乱れるとヘアサイクルも乱れてしまうんですね。

その結果、成長期が早い段階で終わってしまい、髪の毛が抜けてしまうんです。

産後脱毛症は誰にでも起こる可能性がありますが、一時的なものなのでご安心ください。

規則正しい生活を送っていれば、3か月ほどでヘアサイクルも正常に戻り、半年~1年ほどで元の状態に戻る人が多いようです。(参照1)


参照1:東京ビューティークリニック

(5)加齢

5つ目は加齢です。

人は年齢を重ねると同時に、身体も徐々に老化していきます。

老化は細胞の働きを低下させるため、細胞分裂によって成長する髪の毛は、老化とともに健康を失ってしまうんです。

個人差はあれど、老化を避けることはできませんよね。
しかし、健康的な生活を送っていれば、ある程度遅らせることはできるかもしれません。

(6)AGA・FAGA

AGA・FAGAとは
AGA・FAGAとは

薄毛の大きな原因です

6つ目はAGA・FAGAです。

最近では有名になってきたので、ご存知の方も多いのではないでしょうか?

AGAは男性型脱毛症とも呼ばれ、男性の薄毛の原因の多くがこれです。

AGAは男性ホルモンの一種であるDHT(ジヒドロテストステロン)が主な原因。 このDHTによってヘアサイクル(注1)が乱れ、髪が十分に成長しないまま抜けてしまう、ということが続き、薄毛が進行します。

思春期を過ぎた男性に発症する脱毛症で、頭頂部(O字)前頭部(M字)が薄毛になり、ゆっくりながらも進行するのが特徴です。


FAGAは聞いたことがない人も多いかもしれません。

こちらは女性男性型脱毛症と呼ばれる、いわゆる女性のAGA

AGAはほとんどの場合、DHTによって引き起こされるのに対して、FAGAはホルモンバランスの乱れが最大の原因といわれています。(参照2)

先ほどご説明した通り、ホルモンバランスの乱れはヘアサイクルの乱れにもつながるので、そこから薄毛が進行してしまうんですね。


注1:毛にはヘアサイクル(毛周期)という成長周期があり、成長と抜けることを繰り返しています。

参照2:ガーデンクリニック

ここからは、髪の毛がすぐ抜けるときの対策をご紹介していきます。

  • 皮膚科・クリニックに行く
  • 生活習慣の改善
  • ヘアケアの改善
  • ストレス解消
  • 育毛剤を使う

お手軽なものもあるのでぜひ試してみてくださいね!

(1)皮膚科・クリニックに行く

まず1つ目の対策は、皮膚科・クリニックの受診。

最初に挙げたように、すぐに髪の毛が抜けるのには、さまざまな原因が考えられます。

そのため、自分で対策できるものもあれば、 AGAのように投薬が必要なものもあります。

毛根の特徴で区別できることもありますが、正確にはわかりませんよね。

もし、AGAやFAGAなのに判断を見誤り、放置しているとどんどん進行してしまうので、早期に対策をしたいところ。

そのため、髪の毛が抜けるけど原因が分からない、対策をしても改善されない、という人はまず皮膚科やクリニックに行くことをおすすめします。

皮膚科やクリニックであれば、髪の毛が抜ける原因や、一人一人に合った対策法を教えてくれますよ。

(2)生活習慣の改善

食事も改善しよう
食事も改善しよう

栄養バランスが大切

2つ目は生活習慣の改善。
これはシンプルです。

  • バランスの良い食事を心がける
  • 質の高い睡眠を十分とる

この2つがポイント。

食事に関しては、先ほど挙げたタンパク質・亜鉛・ビタミン類など、バランスの取れた食事をとることが大切です。

こちらは髪の毛に必要な栄養をまとめた記事です。
気になった人はぜひ読んでみてください。

睡眠についてですが、成長ホルモンは、睡眠に入ってから最初の3時間に活発に分泌されます。
つまり、最初の3時間にどれだけ深い眠りにつけるかが課題ということですね。

基本的に深夜の3~5時頃を過ぎると、深い眠りにはつきにくい傾向があるようなので、遅くとも12時までには眠りにつきたいですね。

また、以下のことを寝る直前にすると、質の高い眠りの妨げになるのでお気をつけください。

  • 熱い風呂やサウナに入る
  • 食事や飲酒をする
  • スマホやタブレットを操作する
  • 仕事をする

睡眠の質を高めるためにはアロマがおすすめです。
アロマには心身ともにリラックスさせる効果があるので、暮らしの中に取り入れてみてはいかがでしょうか。

(3)ヘアケアの改善

ヘアケアを改善しよう
ヘアケアを改善しよう

3つ目はヘアケアの改善。

健康な髪を育てるには、頭皮環境を改善して髪が育つ土壌を整える必要があります。

そのためには下記のような点に注意することがポイント!

  • パーマ・カラーリングの頻度を減らす

  • 髪を結ばない日を作る

  • 分け目を定期的に変える

  • 洗髪の仕方に気を使う

上の3つは意識をするだけで今日からでも実践できますね。

4つ目の洗髪に関しては以下が【正しい洗髪の手順】です。

  • 1.髪を濡らす前にブラッシング
  • 2.お湯だけで素洗い
  • 3.シャンプーをしっかり泡立てる
  • 4.マッサージするように頭皮を洗う
  • 5.しっかりとすすぎ流す

髪の毛というよりは、頭皮をきれいにする、というイメージをもって洗いましょう。
これらの手順を守ることが、頭皮環境が清潔に保たれ、健康な髪を守ることにもつながります。

【洗髪時のポイント】

  • お湯は38度くらいがおすすめ(熱すぎると必要な皮脂まで落ちてしまう)
  • 爪を立てない、指の腹で洗う(頭皮が傷つくのを防ぐ)
  • 髪を洗うのではなく、頭皮を洗うイメージ(しっかりと汚れた皮脂を落とす)
  • しっかりとすすぐ(すすぎ残しはフケやかゆみなど頭皮トラブルの原因に)

先ほどもお伝えしたように、健康な髪の毛は健康な頭皮からしか生えません。

頭皮にやさしい洗い方やケアを意識しましょう!

(4)ストレス解消

ストレスを解消しよう
ストレスを解消しよう

スポーツがおすすめ

4つ目はストレス解消です。

当然ながら、ストレスを溜めないに越したことはないです。

しかし、家庭のことや会社のことなど、ストレスの原因は日常のあらゆるところに潜んでいます。

そのため、ストレスのない環境に身を置くというのは現実的ではないですよね。

ですが、ストレスを溜め込むことは、髪の毛が抜けるだけでなく心身ともに悪影響を及ぼします。

スポーツや趣味など、意識的にストレスを解消していくことが大切です。

(5)育毛剤を使う

5つ目は育毛剤

ここまでさまざまな対策をご紹介してきましたが、髪の毛がすぐ抜ける原因と密接な頭皮環境を整えるには、育毛剤がおすすめ。

育毛剤の種類によって、成分が違うため効果も若干異なりますが、 毛根を刺激することで発毛を促したり、血行促進や皮膚の炎症を抑えるなど、脱毛を防止する効果が期待できます

そのため、健康な髪の毛が育ちやすい土壌を作ることができるので、すぐ抜ける髪の毛を対策するのにも、育毛剤は効果的なのです。

こちらはヘアラボ一押しの育毛剤、チャップアップ

口コミでも人気ですし、返金保証など、サポートも充実しています。

気になった方はぜひ公式サイトを見てみてください!

抜け毛を対策していきましょう!
抜け毛を対策していきましょう!

すぐ始められるものもありましたね

髪の毛がすぐ抜ける原因と対策について詳しくご説明してきました。

いかがでしたか?

髪の毛が抜けるのは深刻な悩みなので、まず自分の抜け毛の原因を知って原因に合う対策をしていくことが大切です。

今回ご紹介した対策法の中には、すぐに始められるものも少なくありません。

正しい対策をして、髪の毛がすぐ抜ける悩みとおさらばしましょう!