目次

  1. 飲む発毛剤(育毛薬)の副作用が気になる…
  2. そもそも飲む発毛剤って? 飲む育毛剤とは違うの?
  3. 飲む発毛剤ってどんなものがあるの?
  4. 飲む発毛剤の副作用まとめ
  5. 発毛剤には、副作用以外にも注意点が…!?
  6. 発毛剤の副作用を理解し、正しく服用しよう

薄毛の悩みを解消すべく、内服する発毛剤、いわゆる飲む発毛剤を検討している人はいませんか?

ですが、「効果があるなら試してみたいけど、副作用が怖い…」という人が多いと思います。

そこで今回は、飲む発毛剤(育毛剤)について徹底解説!

具体的な商品から、副作用のリスクまでご紹介していきますよ。

まずは、そもそも飲む発毛剤とはどのようなものなのか?について説明しますね。

発毛剤とはその名の通り、新しい髪の毛を生やすことに一定の効果が認められた医薬品のこと。

発毛剤には、以下の2つのタイプがあります。

  • 外用薬
    頭皮に直接塗って成分を皮膚に浸透させる薬

  • 内服薬
    錠剤を飲んで体内から成分を吸収させる薬

飲む発毛剤というのは、2つ目の内服薬のことです。

外用薬は頭皮の状態(注1)によって吸収にムラがあります。

一方で、内服薬は成分が血液に吸収されてムラなく頭皮に届けられるので、比較的高い効果が期待できるといわれているんですよ。


注1:頭皮が炎症を起こしてかさぶたになっている時など。

飲む育毛剤はない

飲む発毛剤のことは分かったけど、これって飲む育毛剤と何が違うの?という方も中にはいらっしゃると思います。

実は、そもそも飲む育毛剤というものは存在しません。

発毛剤と育毛剤の違いは簡単に以下のようになります。

  • 発毛剤
    効果:発毛
    特徴:身体の構造・機能に影響を及ぼす可能性がある

  • 育毛剤
    効果:育毛・発毛促進・抜け毛の予防
    特徴:人体への刺激が緩和されている

これが2つの違いなのですが、育毛剤に該当する内服薬は、現状作られていません。

なので、一般的に言われる飲む育毛剤は、おそらく飲む発毛剤のことだと考えられます。

薄毛対策をこれから始める方にとって、発毛剤と育毛剤の違いは分かりにくいので、どこかで生まれた勘違いが広がり、飲む育毛剤の噂も広まったのでしょう。

では、飲む発毛剤にはどのようなものが挙げられるのでしょうか?

続いて見ていきましょう。

日本で認可を受けている飲む発毛剤は、以下の2つです。

  • プロペシア
  • ザガーロ

それぞれどのようなものなのか、順番に解説しますね。

プロペシア

プロペシアとは日本で認可されている、飲むタイプのAGA(男性型脱毛症)治療薬です。

AGAとは、思春期を過ぎた男性に現れる薄毛の症状で、前頭部・頭頂部から薄毛が進行するのが特徴。

プロペシアの主成分、フィナステリドは、AGAの原因となる5αリダクターゼ(注2)の働きを妨げることによって、薄毛の進行を防ぐ効果があります。

5αリダクターゼには1型と2型があり、プロペシアが作用するのは前頭部と頭頂部に多く存在する2型のみとなっています。


注2:毛根部分に存在する酵素。テストステロンと呼ばれる男性ホルモンと結びつくことによって、脱毛ホルモンと呼ばれるジヒドロテストステロンを生み出す。

ザガーロ

ザガーロも、プロペシアと同じく日本で認可されている飲むタイプのAGA治療薬です。

主成分のデュタステリドには、AGAの原因である5αリダクターゼの働きを妨げることで、薄毛の進行を止める効果を持っています。

ザガーロは後頭部・側頭部に多く存在する1型5αリダクターゼと、前頭部・頭頂部に多い2型5αリダクターゼの両方に作用するのが特徴。

ここまでお読みいただいて、薄毛を食い止められるなら今すぐにでも発毛剤に手を伸ばしたい!と思った方もいらっしゃるのではないでしょうか?

しかし、発毛剤には副作用の恐れがあるので、注意が必要です。

大切なことなので、続いて詳しく解説しますね。

それでは、日本で認可されている飲む発毛剤の、代表的な副作用を見てみましょう。

代表的な副作用は以下の通りです。

  • 肝機能障害
  • 性欲減退
  • 勃起不全 
  • 抑うつ (参照1)

どれも深刻な副作用ですね。

特に、飲む発毛剤は、どれも肝臓への負担が大きいと言われています。

なので、肝臓を治療中の人・肝機能が弱い人の服用はおすすめできません。

それ以外にも、現在進行中の治療がある・服用している薬があるという人は、そのことを医師に伝えた上で、発毛剤の服用について相談するようにしてくださいね。


参照1:プロペシア錠0.2mg/ プロペシア錠1mg
ザガーロカプセル0.1mg ザガーロカプセル0.5mg


もし副作用が出てしまった時はどうすればいい?

万が一副作用と思われる症状が見受けられた場合、即座に服用を中止し、医師に相談してください

無理に服用を続けると、取り返しのつかないことになる可能性もあります。

些細なことでも、異変を感じたら服用は中止・休止が原則です。

実は、飲む発毛剤を服用するにあたって、副作用以外の注意点もあるんです。

副作用以上の害を体に与えてしまう恐れもありますので、必ず目を通していただくようお願いいたします。

女性や未成年は注意!

女性がプロペシアやザガーロを服用することは、禁忌とされています。

妊娠中・授乳中の女性が誤って服用した場合、子供に影響が出る可能性も…。

触れるだけでも皮膚から成分が浸透し、何かしらの影響を受けてしまうことがあるので、家族に使用している人がいる場合は注意が必要です。

また、未成年に対しても安全性・有効性が保障されていないので、使用しないようにしてください。

個人輸入の危険性

飲む発毛薬について問題になっているのが、個人輸入です。

医師の処方を受けず、インターネット上で安く購入できるため、個人輸入を選択してしまう人が少なくないんですね。

ですが、個人輸入には重大な2つのリスクがあります。

  • 偽造品
  • 自己責任

まず、個人輸入のリスクとして偽造品が挙げられます。

ED治療薬をインターネットで購入すると、40%がニセモノという鑑定結果が出ました。

医薬品等を海外から購入しようとされる方へ - リスクが潜む個人輸入 - あやしいヤクブツ連絡ネット

こちらはED治療薬の話ですが、40%が偽造品って恐ろしいですよね。

発毛剤においても、偽造品を手にしてしまうリスクは充分に考えられます。

偽造品をつかまされてしまっては、効果がないどころか、重篤な副作用に見舞われる可能性も…。

個人輸入で偽造品をつかまされて、副作用にまで悩まされたら、まさに踏んだり蹴ったりです。

ですので、ヘアラボのポリシーとして、個人輸入はおすすめしていません。

メリットばかりに気を取られず、リスクも念頭に置いて冷静に判断しましょう。

今回は、飲む発毛剤について解説いたしました。

発毛の効果が認められている一方で、副作用のリスクは誰にでもあることがわかりましたね。

ですので、今回ご紹介した副作用のリスクを考慮した上で、必ず医師との相談のもと服用をするようにしてください。

本記事が、発毛剤の使用を検討している方のお役に立てば幸いです。