目次

  1. 薄毛とDHT(ジヒドロテストステロン)の関係
  2. そもそも薄毛の原因とは?
  3. 結局はげないためには何をすればいいの?
  4. DHT(ジヒドロテストステロン)を抑制する方法【4選】
  5. DHTを増やしてしまう可能性がある行動まとめ
  6. さらに詳しいDHT抑制の方法は動画を見るのもありかも
  7. 医薬部外品の育毛剤はこちら
  8. DHT抑制の方法を正確に把握!

AGAによる薄毛の原因の一つとして挙げられるのがDHT(ジヒドロテストステロン)という、男性ホルモンの一種です。

DHTが増加することで脱毛を引き起こすのですが、DHTはどうやって生成されているのでしょうか。

DHTの生成を防げれば、薄毛を改善することができるはずですから、DHT生成のメカニズムや抑制方法などを見ていきましょう。

AGAによる薄毛の原因と言われているのは「男性ホルモン」ですが、男性ホルモン自体が抜け毛を引き起こしているわけではありません。

では、なぜ髪が抜けてしまうのでしょうか。

男性ホルモンである「テストステロン」は、直接抜け毛を引き起こすものではありません。

毛乳頭にある5αリダクターゼという因子が、テストステロンと結びつくことで「ジヒドロテストステロン」というホルモンに変化します。

このジヒドロテストステロンが、抜け毛を起こす原因となっているのです。

薄毛の原因はDHTだった
薄毛の原因はDHTだった

男性ホルモンがDHTに変化することで髪が抜けてしまいます

薄毛の原因がDHT(ジヒドロテストステロン)であることから、単純にDHTを抑制できれば、薄毛が改善していくと考えられています。

直接薄毛の原因とはならないテストステロンを減らしてしまうことは、体の不調の原因にもなってしまいますから、DHTを減らすためには5αリダクターゼとの結合を阻止する必要があります

では、どうやって阻止すればいいのでしょう。

DHTを減らすための方法を紹介していきます。

DHTのメカニズム
DHTのメカニズム

DHTのメカニズムを知って対処していこう

DHTを抑制するための方法はいろいろありますが、高額な費用がかかったり、副作用の危険がある医薬品などの使用はちょっと抵抗がありますよね。

そこで、日常で無理なくできる「DHT抑制方法」を5つ選んでみました。

今日からすぐに実践していきましょう!

①食事

ジヒドロテストステロンを抑制するには、亜鉛イソフラボンが有効だと言われています。

大豆製品や、亜鉛が豊富に含まれている牡蠣などを摂取するようにしていきましょう。

亜鉛は髪の毛を構成するケラチンタンパク質の合成にも必要な物質ですから、ジヒドロテストステロンを抑制しつつ、健康な髪の毛を育てることも期待できます。

DHTを抑える成分は食事から
DHTを抑える成分は食事から

食べ物でDHTを抑制しよう

②生活習慣

ホルモンバランスが崩れることで、DHTが増加してしまう危険があります。

睡眠不足ストレスなどの生活習慣の乱れは、薄毛になる要因の一つですから、しっかり睡眠をとり、過度なストレスを溜め込まないようにしましょう。

とくに、髪の毛が生成される時間帯に眠ることはとても大切なことですから、22時から2時の間は眠るようにするのが効果的です。

睡眠不足に気をつけて
睡眠不足に気をつけて

睡眠不足はあらゆる不調の原因にもなります

③有酸素運動

有酸素運動をすると、DHTの元であるテストステロンの量が全体的に下がります。

テストステロンはタンパク質と結合しているものとそうでない単独ものの2種類に分かれています。

DHTに変わるのは単独のものですが、有酸素運動をすると結合蛋白が増えるので単独のテストステロンが減ることになります。

最終的にDHTの量が減るということです。

できるだけ毎日続けられるように、ウォーキングやサイクリングなど、無理のないものにしましょう。

有酸素運動も効果的
有酸素運動も効果的

毎日続けられる簡単な運動にしましょう

④育毛剤

育毛剤には、頭皮環境を健やかに保ち、毛髪や頭皮に潤いを与えるはたらきがあります。

血行促進や、毛の成長期を長く保つ成分など、薄毛予防のために必要なものが配合されていますから、育毛剤を使用することで、育毛促進の効果が期待できるでしょう。

DHTを減らす方法をご紹介しましたが、逆にDHTを増やしてしまう可能性がある行動があります。

DHTが増えると薄毛が進行してしまう可能性があるので、次の行動は控えるように注意しましょう。

①過度の飲酒

アルコールは、肝臓に運ばれて分解されるとアセトアルデヒドという物質に変わります。

アセトアルデヒドは血中のテストステロンをDHTに変える働きがあるのです!

ちなみに、お酒を飲むと血行が良くなると思われていますが、血行がよくなるのは酒を飲んだ直後だけで、その後は血管が収縮していきますので、その点でも頭皮には良くないですね。

②過度な筋力トレーニング

筋肉を鍛えると、テストステロンが増加します

テストステロンだけなら問題ありませんが、体質的に5αリダクターゼと結合しやすい人は、DHTの増加につながり、薄毛を進行させてしまいます。

薄毛が気になる人は、筋力トレーニングはほどほどにしておいたほうがいいかもしれません。

DHT抑制に効果のある成分の摂取や、DHTを増やす危険のあると言われている筋力トレーニングとの関係を、動画で詳しく解説しています。

DHTの抑制方法

食品やサプリメントで手軽にDHTを抑制しましょう。

筋トレでハゲますか?AGA体質ならハゲます! #AGA #ハゲ

筋力トレーニングと薄毛の関係を解説している動画がありました。

これから薄毛の対策を始める方で、最初はあまり金銭的な負担がかからない方法で対策を始めたいかたもいるのではないでしょうか?

育毛剤であれば、月1万円以下で頭皮環境を健やかに保ち、育毛を促進する効果が期待できますよ。

DHTを抑制するために、日常からできることはたくさんありました。

毎日少し気を付けていくだけでDHTの生成を抑えることができますから、今日からぜひ実践してみて下さい!

「しっかり育毛していきたい!」という人は、育毛剤を使っていくこともおすすめです。


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。詳しくはこちらをご覧ください。