目次

  1. 気になる都市伝説「毛深いとハゲる」はウソ?本当?
  2. “毛深い=ハゲる”という噂は、一概に否定できない…
  3. 「毛深いと必ずハゲる」なんてことはない!
  4. できるだけハゲたくない!そんな方におすすめの《薄毛対策》
  5. 「毛深いとハゲる」という噂を鵜呑みにせず、しっかり対策を!

「毛深いとハゲる!」

誰もが一度はこのような噂を耳にしたことがあるのではないでしょうか。

毛深いのでいつかはハゲてしまうのでは…と、噂を聞いたために、一層毛深さに悩んでいる男性は多いと思います。

この記事では「体毛の濃さと薄毛の関係性」や「薄毛のメカニズム」について説明しながら、「毛深いとハゲるのか」の謎を解き明かしていきます。

ぜひ、最後までチェックしてみてくださいね!

結論から言うと毛深いとハゲるという噂は、あながち間違いではありません。

ここでは、なぜ毛深いとハゲると言われるのかについて、「毛深さと男性ホルモンの関係」や「薄毛になるメカニズム」を説明しながら、その“理由”について紐解いていきたいと思います。

毛深さと男性ホルモンの関係

体毛は、以下の通り、部位によって影響するホルモンが異なります。

  • 女性ホルモンの影響を強く受ける毛(髪の毛など)
  • 男性ホルモンの影響を強く受ける毛(すね毛・ヒゲなど)

ですが、おおよその体毛は男性ホルモンによって成長が促されるため、「体毛が濃い・毛深い=男性ホルモン(テストステロン)の分泌が多い」と言われています。

つまり、体毛が濃いということは、それだけ男性ホルモンであるテストステロンの影響力が強い体質であると考えられるのです。

ちなみに、眉毛やまつげなどの毛は、テストステロンと呼ばれる男性ホルモンの影響を受けないそう。

薄毛になるメカニズム

毛深いということは、「男性ホルモンの影響を強く受けている体質である」ということがわかったところで…。
なぜ、そんな体質が“薄毛につながるのか”を説明していきます。


男性の薄毛・ハゲの原因は、主に「AGA(男性型脱毛症)」と呼ばれる脱毛症です。

AGAとは、男性ホルモン(テストステロン)が5αリダクターゼという酵素と結びつき、DHT(ジヒドロテストステロン)に変化してヘアサイクル(注1)を乱すことで、抜け毛が増えてしまう脱毛症のこと。

男性ホルモンは誰しもの体内に存在するものですが、単純に男性ホルモンが多いと、5αリダクターゼと結びつき薄毛に繋がる確率は高いというわけです。

こういったことから、薄毛と男性ホルモンは決して切り離せないほど深い関係性があるのです。


こうして、体毛が濃いことと男性ホルモンの関係や薄毛になる理由を一つずつ解説していくと、毛深い人は「薄毛になりやすいのでは?」という噂も、あながち否定しきれない事実であることが分かります。

注1:髪が生えてから抜けるまでのサイクル。髪の毛は、2〜6年をかけて、生えては抜けるサイクルを繰り返している。

前の段落では、結論として「毛深い=ハゲやすい」のはあながち間違いではないというお話をしました。

しかし、毛深い人は「必ず」ハゲるのかというと、そうではありません。

確かに、毛深い人は男性ホルモンの分泌が多いため、確率的に言えば体毛の薄い人よりはハゲになりやすい要素を持っているかもしれません。

しかし、あなたの周りにいる方を思い出してみてください。
毛深いけれど髪の毛がフッサフサの方もいれば、体毛なんてないに等しいのにハゲている方もいるのではないでしょうか?

実は、AGAの発端である、テストステロンと5αリダクターゼの結合は、男性ホルモンのバランスが崩れることから起こるもの。

このホルモンバランスの変化は、体質などの“遺伝的な影響”だけでなく、生活習慣の悪化や過度なストレスからも引き起こされる可能性があります。
そのため、もともとAGAになりやすい要素を多く持っている方でも、ホルモンバランスが安定しているためハゲないというケースはたくさんあるのです。

「毛深いから絶対ハゲるんだ…」なんて、不安に思う必要はありません。

ここまでの説明で、毛深い人でも必ずハゲになるわけではないと、お分りいただけたと思います。

とはいえ、薄毛になるような要素はできるだけ取り除いておきたいですよね。

ここでは、可能な限り薄毛の要因となる危険因子を避けるために、ホルモンバランスを保つ3つの対策をご紹介します。

  • ①ストレスを溜め込まない

  • ②栄養バランスのとれた食事

  • ③規則正しい生活を送る

それぞれ、具体的にどのように対策すべきなのか解説していきます。

①ストレスを溜め込まない

ストレスは、まず溜め込まないことが大切です。

もちろん、ストレスは受けないのが一番。
しかし、現実的に考えてストレスを全く受けなくすることは難しいので、ストレスを適度に発散をするのがおすすめです。

例えば、ランニング・ジョギングなどの軽い運動はいかがでしょうか?

出勤前、会社終わりなどにひと駅分歩くようにする癖をつける、休日だけでもジムに行ってみるなど、日頃の生活リズムの中で無理なくできることからはじめていけば、気軽にストレス解消ができるのではないでしょうか。

また、運動が苦手な方は趣味などに没頭するのも良いでしょう。
例えば、楽器を触って練習したり、本を読んだりと、インドアな趣味を楽しむのもストレス発散になりますよ。

ご自身が満足感を感じられるものであれば、何でも構いません。
ぜひ、リフレッシュしながら日頃の心の疲れを癒してください!

②栄養バランスのとれた食事

ホルモンバランスを正しく保つためには、栄養バランスのとれた食事は欠かせません。
毛深いか否か以前に、不規則な食事や偏食はハゲる要因になってしまいます。

特に、以下のような食事を多くとっているという方…

  • ジャンクフード・ファストフードを頻繁に食べる
  • 脂っこい食べ物・食事をたくさん食べている
  • 外食が中心
  • 毎日晩酌してしまう
  • 寝る前に何かを食べてしまう

このような食生活が習慣づいていると、髪の毛に必要な栄養素が十分に取れないだけでなく、体にも悪い影響を及ぼすので、気をつけましょう。

髪の毛の健やかな成長には、「タンパク質」「ビタミン」「ミネラル類」などの栄養素が欠かせません。
これらの栄養素が多く含まれる食材を中心に、食生活を見直してみるのはいかがでしょう?

以下の記事で、健やかな髪を育むために必要な栄養素が摂れる食材を紹介していますので、参考にしてみてください!

③規則正しい生活を送る

かなり基本的なことではありますが、規則正しい生活を送ることも薄毛対策には効果的です。

生活リズムを整えることで、先述した「ストレス」が軽減、「食生活の乱れ」も起こりにくくなります。

規則正しい生活を送るために、肝心なのが睡眠です。
充分な睡眠時間や睡眠の質に配慮すれば、毎日心身ともに良いコンディションを保ちやすくなりますし、睡眠不足によるイライラも起こりにくくなるので、おすすめですよ。


睡眠時間については、髪の毛の成長を促す成長ホルモンが分泌されると言われる夜22時から深夜2時にかけての時間帯を含めて、6〜8時間ほど睡眠をとれるのが理想的

また、いつまでもスマホやパソコンを使っていると脳が活性化してしまうので、寝る前はスマホやパソコンの使用を控えるのがおすすめです。

質の良い睡眠が取れるように意識すれば、自然と薄毛・ハゲ対策に必要な“規則正しい生活”を送れるようになるので、ぜひ実践してみてください。

ここまで、毛深いとハゲるという噂の真相についてお伝えしてきました。

紹介したとおり、「毛深いとハゲる」という噂はあながち間違いではありません。

しかし、ハゲるかどうかは、結局のところその人の行動や生活習慣による影響もあるため、気にしすぎる必要はないのです。

それでも「やっぱり不安…」という方は、紹介した3つの対策を参考にしてみてください。

万が一の事態に陥ってしまう可能性を考えたら、噂を鵜呑みにして諦めるよりも、早めに薄毛・ハゲ対策をはじめておく方が安心ですよね。
毛深いからハゲるかも…と、これまで悩んでいた方は、ぜひ積極的に薄毛対策を取り入れてみてください!