目次

  1. 性欲が強いとはげるって本当なの?
  2. 【結論】「はげ=性欲が強い」とは言えない
  3. 【噂1】男性ホルモンが多い人は性欲が強くはげる?
  4. 【噂2】射精とはげは関係している?
  5. 性欲とはげに関して正しい知識を持とう!
本当にはげ=性欲強いなの?
本当にはげ=性欲強いなの?

詳しく説明していきます!

みなさんは、「はげてる男性は性欲が強い」という噂を聞いたことはありませんか?

たしかに、はげてるお笑い芸人や俳優で、性欲が強そうなイメージがある人っていますよね。

ですが、この噂、真実なのでしょうか?

性欲と薄毛が関係しているとなると、普段の性生活にも影響が出てくると思います。

そこで今回は、本当にはげている人は性欲が強いのか、について詳しくご説明していきます。

結論からいうと、一概に「はげ=性欲が強い」とは言えません。
ただ、さまざまな観点から見ると、一切関係がないとも断言できないのは事実です。

煮え切らない結論ですが、詳しい説明が必要なので、

  • 男性ホルモン
  • 射精

よく耳にする、この2点とはげの関係について触れていきたいと思います。

それではまず、男性ホルモンについてご説明していきます!

男性ホルモンとはげの関係は?
男性ホルモンとはげの関係は?

たしかに男性ホルモンって、はげのイメージですよね…

男性ホルモンが多いとはげる、というのは、正しくはありませんが、あながち間違いでもありません。

また、男性ホルモンが多いと性欲が強いというのも、正しくはありませんが、必ずしも間違いとはいえないのです。

男性ホルモンと性欲とはげの関係性を見ていくとき、重要になってくるのはテストステロンジヒドロテストステロンという2種類の男性ホルモン。

まずは、男性ホルモンの中で性欲に関係するテストステロンについて詳しくみていきましょう。

【性欲の元】テストステロンとは?

人間の性欲をつかさどっているのはテストステロンという男性ホルモン。

けれど、ここで注意していただきたいのは、テストステロンが多いからといって、性欲が強いわけではない、ということです。

性欲の強さについては詳しく解明されていないため、性欲が強い人=はげという論理はここで破綻してしまいます。

ですが、テストステロンの減少は性欲の減退と関係するのは事実。

テストステロンは30代頃から減少し始めます。 そのため、40代50代になっても一定の性欲を保っている人は、テストステロンの量が多く、性欲が衰えにくい人、といえます。

実は、この性欲が衰えにくい人は、男性ホルモンの影響を受けて、薄毛になる可能性があるといえるのです。

そこに関係してくるのが、もう一つの男性ホルモンジヒドロテストロン

このジヒドロテストステロンとは何なのか?
ご説明していきます!

【はげの原因】ジヒドロテストステロンとは?

ジヒドロテストステロンとは、テストステロン5αリダクターゼという酵素が結合することによって生成される、男性ホルモンの一種です。

ジヒドロテストステロンは、性欲をつかさどるテストステロンが元で出来上がるため、テストステロンが常に多い方の場合、活発に生成されるといえます。

また一方で、加齢などでテストステロンが減少した際にも、それを補うため分泌量が増えます。

つまり、男性ホルモンテストステロンの量が多くても少なくても生成されるということ。
これは性欲とはげの繋がりを否定する根拠といえそうですよね。

ジヒドロテストロン役割としては、以下のものがあります。

  • 男性器の発達
  • 前立腺肥大
  • ニキビ
  • 薄毛

あまりうれしいものではありませんね。

それでは、ジヒドロテストステロンがどのようにして薄毛を引き起こすのか、ご説明していきます。

ジヒドロテストステロンによるはげのメカニズム

ジヒドロテストステロンは毛乳頭(発毛と成長をつかさどる機関)にある男性ホルモン受容体と結びつき、TGF-βというものに変化します。

このTGF-βとは、髪の毛の成長を止めるよう毛乳頭に命令を出す脱毛因子

つまり、TGF-βが増えると、どんどんはげが進行してしまうんですね。

先ほど挙げた5αリダクターゼや男性ホルモン受容体の結合しやすさ、5αリダクターゼの量には、個人差があり、この個人差というのは遺伝によって決まります。

つまり、生まれた時からはげやすいか、はげにくいかは決まっているということ。

もちろんジヒドロテストロンが生成されなければ、はげは進行しませんが、実際にはげを進めるのはTGF-β。

そのため、男性ホルモンが多いかどうかというのは、はげとさほど関係がないといえるのです。

まとめると、体質によっては男性ホルモンがはげの原因になる、ということです。

では続いて2つ目の噂、射精とはげの関係に触れていきましょう。

射精とはげの関係とは?
射精とはげの関係とは?

射精も髪の毛によくなさそう…

性欲の強い人はよく射精をしそうなので、こちらも重大ですね。

射精がはげの原因になるという噂には、以下の理由が考えられます。

  • 性的な行為により男性ホルモンが分泌されるため
  • 精液に含まれる亜鉛が髪の毛に必要なため

1つ目の男性ホルモンは、先ほど説明した通りです。

2つ目の亜鉛は、髪の毛に対し重要な役割を持っているため、不足するとはげの原因になります。
亜鉛の役割は以下の2つ。

  • タンパク質を髪の毛に変える
  • 5αリダクターゼの働きを抑制するかもしれない

亜鉛はタンパク質を髪の毛に変える役割を担っているため、不足するとはげの原因になります。

また、5αリダクターゼの働きを抑制するという研究もあります。
しかし、まだ人体での実験には至っていないので、確実な情報ではありません。
抑制するかもしれない、程度で考えておきましょう。

これらの役割を持つ亜鉛。
精液で放出したら、髪の毛に必要な分がなくなってしまうのでは?
というのが、射精=はげが唱えられる理由です。

ですが、あまりにも射精の回数が多すぎない限り、大きな影響はないようです。

また、禁欲によって育毛・発毛が促進されるという根拠もないので、常識的な範囲であれば、射精によるはげは起こりえないといっていいでしょう。

結論からお伝えすると、常識の範囲内の射精では、はげにはなりません

射精がはげの原因になるという噂には、以下の理由が考えられます。

  • 性的な行為により男性ホルモンが分泌されるため
  • 精液に含まれる亜鉛が髪の毛に必要なため

1つ目の男性ホルモンは、先ほど説明した通りです。

2つ目の亜鉛は、髪の毛に対し重要な役割を持っているため、不足するとはげの原因になります。
亜鉛の役割は以下の2つ。

  • タンパク質を髪の毛に変える
  • 5αリダクターゼの働きを抑制するかもしれない

亜鉛はタンパク質を髪の毛に変える役割を担っているため、不足するとはげの原因になります。

また、5αリダクターゼの働きを抑制するという研究もあります。
しかし、まだ人体での実験には至っていないので、確実な情報ではありません。
抑制するかもしれない、程度で考えておきましょう。

これらの役割を持つ亜鉛。
精液で放出したら、髪の毛に必要な分がなくなってしまうのでは?
というのが、射精=はげが唱えられる理由です。

ですが、あまりにも射精の回数が多すぎない限り、大きな影響はないようです。

また、禁欲によって育毛・発毛が促進されるという根拠もないので、常識的な範囲であれば、射精によるはげは起こりえないといっていいでしょう。

下記の記事に亜鉛がDHTにどう働きかけるのか、詳しく載っています!
ぜひ参考にしてみてください!

正しい知識を持とう!
正しい知識を持とう!

性欲とはげは直接ではありませんが、関係あるんですね。

いかがでしたか?
はげてる人は性欲が強いのか、についてご説明してきました。

はげているからといって、一概に性欲が強いとは言い切れませんし、性欲が強いからといってはげると決まっているわけでもないんですね。

射精がはげの原因になることはほとんどないようですが、ほどほどの処理にしておいたほうがいいかも…

正しい知識で楽しい性生活を送りましょう!