目次

  1. 何でこんなに髪が傷みやすいの…?その原因が知りたい!
  2. 傷みやすい髪の特徴とは?
  3. 髪が傷みやすい原因【気をつけるべき悪習慣】
  4. すでに傷んでしまった髪の毛の“対処法”を詳しく知りたい!
  5. しっかりダメージ対策をして、傷みやすい髪の毛をカバーしよう!
傷みやすい原因は髪質?気をつけるべき悪習慣がきになる!
傷みやすい原因は髪質?気をつけるべき悪習慣がきになる!

手触りがゴワゴワで、一部分だけ髪色が明るくなっちゃう。 最近、髪が傷みやすい気がする…。 そんな髪の毛の傷みに頭を抱えていませんか?

傷みやすくなった髪の毛は、見る度触れる度に本当に気になりますよね。

そこで、「どうすれば傷みやすい原因を解消できるの?」と悩んでいる方のために、傷みやすい髪の特徴気をつけるべき悪習慣を詳しくご紹介していきます。  

髪の毛の構造を知ろう!

髪の毛の3層構造
髪の毛の3層構造

実は、髪の毛が傷みやすい原因は髪質にあります。

傷みやすい髪質についてお話するためにも、まず髪の毛の構造についてご説明させていただきますね!

髪の毛は、

  • キューティクル
  • コルテックス
  • メデュラ

という3つの層に分かれています。

髪の毛の中心にあるのがメデュラで、髪の毛のコシやハリに影響するのです。

コルテックスは毛髪の大部分を占めており、タンパク質メラニン色素などを含む繊維質でできています。
潤いや髪色など、髪質の状態に一番大きく作用する部分なんですよ。

そして、髪の毛の一番外側にあるのがキューティクル。
髪の毛のツヤを保ったり、外から受ける刺激から守ってくれる役割を担っています。

このキューティクルがダメージを受けて剥がれてしまうと、髪の毛の傷みが一気に加速してしまうのです。


キューティクルやコルテックス、メデュラの役割や特徴についてもっと詳しく知りたい方は、髪の毛の3層構造の詳細をチェックしてみてくださいね!

傷みやすいのは“髪質”が要因

髪の毛はダメージを受けるとキューティクルが剥がれてしまう…
髪の毛はダメージを受けるとキューティクルが剥がれてしまう…

傷みやすい髪の毛の特徴は髪の毛の柔らかさや細さにあります。

柔らかさや太さなど、毛質は髪の毛を守るキューティクルと髪内部の約9割を占めるコルテックスによって差が出ると言われています。

ですので、このコルテックスの密度が高い方やキューティクルが厚い方、つまり毛髪が硬く太い方は、髪の毛が傷みにくくなるようです。

逆に、毛髪が柔らかく細い方はコルテックスの密度が低くキューティクルも薄いので、外からの刺激を受けしまい傷みやすいということ。

ここからは、髪の毛が傷みやすい原因を作っている「悪習慣」をご紹介していきます!

先ほど毛髪の柔らかい方がダメージを受けやすいと説明しましたが、気をつけるべき悪い習慣は軟毛・硬毛関係なく髪の毛を傷みやすい状態にしてしまう可能性があるので、気になる方はぜひ確認してみてください。

絶対NG!気をつけるべき悪習慣はこれ

まず、確認すべき悪習慣はこちらの4つ

  • シャンプーをする前にお湯で頭皮を洗い流していない
  • 髪の毛をちゃんと乾かさないで寝ている
  • ドライヤーを毛先からかけている
  • 朝シャンをして髪をしっかり乾かさずに出かける

いかがでしたか? 一つでも当てはまる項目があったら、髪の毛が傷みやすい原因を作ってしまっている可能性がありますよ…!


まず、お風呂に入った際に、お湯でささっと髪を濡らしてからシャンプーをしているという方。
このままだとしっかりと頭皮の汚れを落としきれず、美しい髪の毛を育てるために欠かせない健康的な頭皮環境を整えられなくなってしまうかも。 

さらに、髪の根本からドライヤーをかけないことも生乾きを誘発し雑菌を繁殖させることにつながるので、健康的な頭皮づくりを妨げることになってしまいます。

また、大前提として髪は濡れると大変ダメージを受けやすくなるので、寝る前や外出前に髪の毛を洗った場合はしっかりと乾かすようにしましょう。

女性が気をつけるべき悪習慣

アイロンやコテでのヘアアレンジは髪の毛にとっては悪習慣...!
アイロンやコテでのヘアアレンジは髪の毛にとっては悪習慣...!

次に、もしかしたら多くの女性がやっているかもしれない悪習慣についてご説明していきますね!

女性が気をつけるべき習慣はこの3つ

  • 顔が突っ張るくらい髪の毛を引っ張って結んでいる
  • 最後に髪を切ったのは4か月前
  • 週に3回以上、コテを使ってセットしている


髪の毛は強い負荷がかかることや、紫外線のダメージを受けて傷んでしまいます。

だからこそ、髪の毛が突っ張るほど強い負荷をかけて髪を結んだり、毎日のようにヘアアイロンなどで熱を加えてヘアアレンジしたりするのは控えるのがベスト。

また、特別ダメージを加えるような行動をしていなくても、髪の毛は日頃の生活で徐々に傷みやすい状態になってしまいます。
長い間髪の毛を伸ばしていると毛先から自然と髪の毛は傷んできてしまうので、手触りが悪くなったり見栄えが悪くなったりしてきたと感じた段階でこまめにメンテナンスするのがおすすめです!

ただし、自分で髪の毛を切ってしまうと切り口が汚なくなり、キレイだった部分がむしろ傷みやすい状態になってしまうので、極力自分でカットのお手入れをするのは控えた方がいいでしょう。

男性が気をつけるべき悪習慣

一つでも当てはまれば、ダメージヘア予備軍です… 
一つでも当てはまれば、ダメージヘア予備軍です… 

最後は、男性が何気なくやってしまっているかもしれない悪習慣をご紹介します。

この3つに心当たりがある方は気をつけてくださいね!

  • スプレーやワックスをしっかり洗い流せていない
  • 爪などで力強く頭皮を洗っている
  • 日中5時間以上は外に出ている


先ほども話に出てきましたが、健康的な毛髪を育てるためには健康的で清潔な頭皮である必要があります。

毎日ワックスなどでセットをしているのに、毎回しっかりスタイリング剤の汚れを落としきるまで洗髪ができている自信がない方は、健やかな頭皮環境を整えられていない可能性が高いのです…。

かといって、キレイにしようと力任せにゴシゴシ洗うのも頭皮を傷つけてしまうのでNG。

また、日中の外回りや外作業が多い方は、紫外線によるダメージが蓄積されてしまい傷みやすい状態になるのでUV対策を念入りに行うのがいいでしょう。
何の対策もせずに日に当たっていては、髪の毛だけではなく頭皮も傷めてしまいますよ…!

ここまで、傷みやすい髪質ついついやってしまっている悪習慣についてご紹介してきましたが、もうすでに髪の毛が傷んでしまっている方はケア方法やこれ以上ダメージを進行させない予防法を知りたいですよね?

ご安心ください!基本的な傷んだ頭髪の対処法も解説していきますね。 対処法は以下の4つの原因によって変わるのです。

  • 物理的なダメージ
  • 熱によるダメージ
  • 紫外線によるダメージ
  • 薬剤によるダメージ

そこで、原因別に傷んだ髪の毛をどうにかケアしたい、傷みやすい髪の毛のダメージ予防をしたい。
そんな方は、もっと詳しく傷んだ毛髪の原因別対処法を紹介している記事がありますので、ぜひチェックしてみてくださいね!

これから生えてくる髪の毛を綺麗にキープしよう!
これから生えてくる髪の毛を綺麗にキープしよう!

いかがでしたか?
髪の毛が傷みやすい髪質の特徴や悪習慣と改善方法についてご紹介してきました。

毛髪は一度ダメージを受けてしまうと、どんなにケアをしても美しい元の状態には戻りません

しかし、自分の髪の毛がなぜ傷みやすいのかを理解できれば、これから生えてくる髪の毛が傷みやすい状態になる前に予防することができます

髪の毛の受けたダメージが傷みとなって毛髪に出てきてしまう前に、ちゃんと対策をして髪の毛を守りましょう


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。詳しくはこちらをご覧ください。