目次

  1. うちの赤ちゃん、おでこが広すぎる!
  2. 赤ちゃんのおでこが広いのは、脳が大きいから!
  3. 脳が急成長するのはいつまで?
  4. 赤ちゃんの個人差も考慮して
  5. 赤ちゃんのおでこが広いのは治る?
  6. 実際に体験した人の声は…?
  7. 赤ちゃんは日々成長します。優しく見守ってあげてね
おでこが広すぎる!?
おでこが広すぎる!?

出産を終えて、かわいい赤ちゃんに癒される日々。

でも…よく見るとうちの子何だか異常におでこが広いんじゃ…?

このままだと将来変な顔になってしまうかも…などと不安に思っているママはいませんか?

実はそんなに心配しなくても大丈夫!

赤ちゃんのおでこが広いのにはちゃんと理由があるんです。

これから、赤ちゃんのおでこが広い理由をわかりやすく説明していきます。よく読んで気持ちを落ち着けてくださいね。

赤ちゃんのおでこが広い理由。

それはズバリ、赤ちゃんの体の中で脳がもっとも早く発達する部位であるために、脳が占める割合が大きくなるからです。

実際、赤ちゃんの年月齢が小さければ小さいほど身体を占める頭部の割合が大きく、新生児ともなれば顔の上半部の割合が顔の下半部よりも大きいのが通常。

つまり赤ちゃんは、相対的におでこ部分がとても広く見えるものなのです。

だから頭やおでこが「どんどん大きくなってる!」と不安になってしまう人もいるかもしれませんが、正常な発達なので気にしなくても平気なんですよ。

顔の半分以上をおでこが占める?
顔の半分以上をおでこが占める?

赤ちゃんの頭蓋骨はきれいに一枚でつながっておらず、数枚が組み合わさってできていることをご存じでしょうか。

そんな頭蓋骨を持っている理由は、主に二つあります。

一つ目はお産の際、この数枚の骨を重なりあわせて頭を小さくし、狭い産道を通り抜けるため。

もう一つは、ひとつながりの頭蓋骨で脳を覆ってしまうと、脳が大きくなる余裕がなくなってしまうからです。

この数枚の頭蓋骨は生まれた後もぴったりとくっつくわけではなく、実はそのつなぎめに大泉門と呼ばれるすき間が存在しています。

そしてこの大泉門は、生後10ヶ月頃までは大きくなることが分かっています。

つまり、赤ちゃんの脳の成長スピードが著しいため、すき間がどんどん開いていくという訳ですね。

この時期はただでさえ広いおでこが広がっていくと心配になりますが、焦らなくて大丈夫。

大泉門はその後次第に閉じ始め、2歳頃には完全に閉じると言われています。

赤ちゃんのおでこが広いのは正常な発達をしていれば当然だということがわかっていただけたと思います。

でも待って。それはわかった上で、他の赤ちゃんと比べて、我が子のおでこが大きいのが気になる…という方もいらっしゃると思います。

当然ですが、赤ちゃんの髪の毛の濃さやおでこの広さには個人差があります。そして、その状態のまま大人になるわけではありません

髪の毛は、ツルツルの子もいればフサフサの子もいますよね。

おでこの広さも同じです

もともとおでこが広い赤ちゃん。

個人差の範疇で、平均よりも広めのおでこの赤ちゃんだったら、ものすごくおでこが広く見えても不思議ありません

もしもおでこの広さに注意すべきところがあったら、お医者さんから指摘があるはず。

何も言われていないなら、あまり気にしなくても大丈夫なんですよ。

ちゃんと治るのかな?
ちゃんと治るのかな?

赤ちゃんの脳が一定の時期、体の中に占める割合が大きいということはお分かりいただけたと思います。

でも、頭の大きさというより、あくまでおでこ生え際が気になっているママもいますよね。

生えていたはずの前髪の生え際の毛が抜けていっている、というパターンも。

今からその不安を解消するためのお話をしていきますね。

赤ちゃんの髪の毛は1度抜けて生え変わる

ただでさえ赤ちゃんのおでこが広いのに、髪の毛まで抜けちゃってる!と不安に思っているママも多いのではないでしょうか。

実は生まれたばかりの赤ちゃんの髪の毛は「産毛」。

そして、この赤ちゃんの産毛は生後3ヶ月ぐらいからどんどん抜けていくものなんです!

この現象は、新生児生理的脱毛とも呼ばれ、前頭部から頭頂部にかけて抜けていくので、おでこが広がったように見えることもあります。

そして、一旦抜けたあとに髪の毛が生えそろってくる時期は個人差が大きく、中には3歳頃までかかる子もいるようです。

しばらく生えてくる気配が感じられなくても、「もう生えてこないのでは…」などと心配しなくて大丈夫なんですよ!

日にちが経つにつれ相対的におでこが狭くなる

赤ちゃんの体は、日々どんどん成長しています。

昨日までは小さかったのに、朝起きてみたら何だか一回り大きくなっている…?

そんな経験のあるママも多いのではないでしょうか。

毎日見ていると気が付きにくいですが、赤ちゃんの顔つきもどんどん変化しています。

まれに、赤ちゃんの頃から顔つきがほとんど変わらない人もいますが、面影すら感じない人も多いですよね!

そう、今の広いおでこの状態がこのまま続くわけではないのです

少なくとも、顔の他の部分が成長してくるにつれて、相対的に見たときにおでこは狭くなっていくものですので、成長を待ちましょう。

日々めまぐるしい成長を見せるのが赤ちゃん
日々めまぐるしい成長を見せるのが赤ちゃん

赤ちゃんのおでこが広い理由を説明してきました。

「頭ではわかった。でもそうは言っても、目の前の赤ちゃんを見ているとまだまだ不安…」という人もいますよね。

そこで、先輩ママからの「不安かもしれないけど大丈夫だよ」という体験談を集めてみました。
ぜひ参考にしてくださいね。

時間が経つにつれおでこの広さが狭くなった

長男は普通だったんですが、頭がえなりかずき型で恥ずかしかったです。 病院で頭の形が悪いんですが…とか相談した事もありました。 でも、今ではスッカリ良い形になって、成長と共に色々変わっていくんですね♪

頭の大きな赤ちゃん子育ての広場|不妊・妊娠・出産・育児-女性の為の健康生活ガイド『ジネコ』 みちさん

身体が成長すると、だんだん目立たなくなります。 今は10歳ですが、まったく問題なしですね。 当時の逆三角形の頭の写真を見ると、うっそぉ!と思うくらいに変わりました。

頭のデカイ娘…でこっぱちは凹むのか!? : 妊娠・出産・育児 : 発言小町 : YOMIURI ONLINE(読売新聞) まゆたろうさん

時間が経つとおでこの広さは気にならなくなりますよ、という嬉しい体験談です。

赤ちゃんの成長に従って脳の急成長もおさまってきますし、赤ちゃんが立ち上がるようになるともっと落ち着いてくるというお話も。

でも、どうしても不安な人は一度お医者さんに相談してみると安心できるかもしれませんね。

お医者さんもママの不安はわかっていると思いますので、優しく説明してくれると思いますよ。

不安ならお医者さんに相談を
不安ならお医者さんに相談を

日頃から相談しやすいお医者さんを見つけておくのをおすすめします!

髪が伸びて気にならなくなった!

だんだん髪の毛がのびれば気にならないと思います。大丈夫ですよ。

赤ちゃんのおでこが広いのは改善されますか? - うちの田舎ではおでこ広い... - Yahoo!知恵袋 fantomopienaさん

頭の形の変化だけでなく、髪の毛が伸びてくることによっておでこの広さが気にならなくなった!という体験談です。

赤ちゃんは髪の毛が短いのでどうしても広いおでこが気になっちゃいますよね。

でも前髪ができればおでこは隠れますし、おでこが広いのも気にならなくなる様子。

そもそもおでこだと思っていた部分に髪の毛が生えてきて、生え際ラインが前にくる赤ちゃんもいますよ。

1歳くらいから気にならなくなる場合が多いみたいですが、髪の生え方や伸び方も個人差が大きいです。

気長に待ってあげてくださいね。

ゆとりを持って楽しい日々を
ゆとりを持って楽しい日々を

赤ちゃんの広いおでこ。

心配しすぎなくても大丈夫で、それでも気になることがあればお医者さんに相談すれば良いことがわかりましたよね。

初めての育児で不安なことも多いかもしれませんが、一度深呼吸。 先輩ママのアドバイスも参考に、気持ちを落ち着けてくださいね。

赤ちゃんは日々成長しますので、ゆったりとした気持ちで見守ってあげてください!