目次

  1. アートネイチャーの増毛って…どう?
  2. 話題のヘアフォーライフ、気になっている人も多いよう…
  3. アートネイチャーのヘアフォーライフとは?
  4. ヘアフォーライフの特徴
  5. アートネイチャーのヘアフォーライフ、気になる価格は?
  6. ヘアフォーライフ使用時の注意点やデメリット
  7. メリットとデメリットを見極めるなら・・・
  8. 薄毛対策法は人それぞれ…自分に合う方法を見つけましょう

薄毛に悩む人にとって気になる対策法である増毛

中でも、全国に多くのサロンを構えるアートネイチャーではどのような増毛法を受けられるのでしょうか。 サロンを訪れる前に特徴や価格、注意点などを知っておきたくないですか?

今回はアートネイチャーの増毛製品の1つ、ヘアフォーライフについてまとめました。

多くの有名人が出演しているCMでおなじみのアートネイチャー。 ユニークなCMは一度見たら気になってしまう人も多いのでは? 引っ張っても外れない、周りの人にばれにくく増毛ができるというのは魅力的ですよね!

ヘアフォーライフとは一体どのような増毛法なのでしょうか。 人気の理由や価格など、知りたいことがたくさんありますね。

それでは早速、アートネイチャーのヘアフォーライフとはどんなものか見ていきましょう。

アートネイチャーという会社、その中のヘアフォーライフについて紹介します。

アートネイチャーはこんな会社です

アートネイチャーは、各種毛髪製品の製造・販売を行っているサロンです。

創業は1965年と非常に歴史のある会社で、知名度、シェア共にトップクラス。 増毛やかつらだけでなく、今ある髪を育てる育毛システムも展開しています。

さらに社会貢献活動にも力を入れており、事故や病気などを理由に脱毛に苦しむ子どもたちに無償でウィッグを提供するなどの支援も行っています。

アートネイチャーの増毛製品の一つ、ヘアフォーライフ

ヘアフォーライフは、アートネイチャーの増毛製品の1つです。

髪を腕につけて引っ張るCM、といえばわかる人も多いのではないでしょうか。

アートネイチャーの増毛製品には、自分の髪を生かした増毛法もありますが、ヘアフォーライフはどちらかというとウィッグに近い増毛法と言えます。

特徴など、ヘアフォーライフの詳しい情報は後ほど説明しますね。

ウィッグ
ウィッグ

ふつうのウィッグだととれたりずれたりしないか不安ですよね

ヘアフォーライフ、どんな製品か気になりますね。

かつら、というとズレが気になったり、周りにばれやすかったり… ヘアフォーライフはどうでしょうか?

ここで詳しく見ていきましょう。

頭皮に接着するタイプの新しいカツラ

ヘアフォーライフは、人工毛を人工皮膜に植え付け、薄毛部分に貼り付けるという接着式の増毛法です。

ピンなどで固定するカツラでは、風やスポーツなどの激しい動きをするとずれてしまうのではないかという不安を持っていた人も、ヘアフォーライフでは心配いりません。

シャワーやシャンプー、就寝時といったあらゆる日常生活で不便を感じることのない、新しいタイプのカツラなんです。

軽く、柔軟性と通気性にも優れている

ヘアフォーライフの人工毛を植え付けるベースネットはわずか0.13mmと極薄。

軽く、頑丈な特殊な素材を使用しているため頭部に長時間、密着保持が可能となります。

頭の曲線にピッタリと合うように、柔軟性にも優れておりさらに通気性にも配慮されているのも嬉しいポイント。 ムレにくく清潔な状態で、まるで地肌のように感じることができると好評ですよ。

接着式のカツラ!?
接着式のカツラ!?

運動して汗をかいても大丈夫!!

通常のカツラでは難しい短髪の人でも使える

ヘアフォーライフは短髪のスタイルも自然にきまります。

従来のカツラは、角刈りやベリーショートといった短い髪のスタイルは難しいと言われていました。 短髪だとカツラのベース部分のふちが見えやすく、不自然な仕上がりとなってしまうためです。

ヘアフォーライフは極薄ベースの接着式カツラですので、生え際も気にならないほど自然に、ヘアスタイルやスタイリングを楽しめます。

つむじの作成から自然な毛の流れまで再現可能

アートネイチャーは高いリアリティを実現するために、うぶ毛の技術にこだわりました。

生え際には0.04mmのうぶげを中心に植毛し、頭頂部に向かって徐々に太く濃くグラデーションをつけてどの角度から見ても自然に見える生え際を作り出します。

さらにこのうぶ毛の技術をつむじにも応用。 熟練の職人による手作業で、渦巻のようなつむじの毛流れの再現を可能にしました。

フルオーダーメイドで作成するため、自毛の色や太さに合わせられる

1人1人のライフスタイルに合った、きめ細やかな対応をしてもらえるのも特徴の1つ。

周りの人にばれないように段階的に増やしたい、自毛の色や太さと合わせたい、毛量を年相応に見せたいなど、それぞれの希望に沿えるようにフルオーダーメイドで作られます。

細部へのこだわり、ていねいな技術によって理想のヘアスタイルが手に入る製品なんですね。

フルオーダーメイドだから
フルオーダーメイドだから

自分の髪の色やスタイルにあわせてくれます

ヘアフォーライフの特徴について見てきました。自然な仕上がり、とても魅力的ですね。

しかし気になるのはその価格。 アートネイチャーのホームページに詳しい価格は記載されていません。

体験者の情報などによる相場は、ヘアフォーライフの製品が4枚セットで50万円台後半~70万円台前半といったところのようです。 ※正確な金額に関しては、アートネーチャーまで直接お問い合わせください

さらに、後ほど説明しますがメンテナンス代として1回5,000円ほどかかるそうです。 決して安くないもの、慎重に検討したいですね。

安くはないけど・・・
安くはないけど・・・

後悔のないようにしっかり考えましょう!

とても魅力的なアートネイチャーのヘアーフォーライフですが、メリットだけでなく、デメリット、注意点もいくつかあります。

ここではいくつかのデメリットを紹介しますので、しっかり確認してくださいね。

定期メンテナンスが必要

ヘアフォーライフは、定期的にメンテナンスを受ける必要があります。

耐久性に優れたベース部分も、いつまでも接着したばかりの状態ではありません。

また、貼り付けた部分やその周りの自毛が伸びてくると不自然になってしまいますので、カットで自毛をそろえるなどしなくてはならないのです。

基本的に3週間に1度ほどの定期メンテナンスが必要となり、もちろんメンテナンス料もかかるので、経済的にも時間的にも負担がありますね。

接着剤が肌に合わない人も

ヘアフォーライフを張り付けるのはアートネイチャー開発の医療用接着剤です。

極薄のベース部分をしっかりと接着するために独自に開発をした特殊粘着剤は安全性テストを何度も繰り返し、問題があると考えらえた物質は排除されたものです。

しかし、必ずすべての人に安全であるとは言いきれません。 特に敏感肌の人や、アレルギー体質の人の中には、頭皮に直接接着剤が触れることで湿疹などのトラブルを抱えてしまう可能性も否定できないので注意しましょう。

自分で着脱ができない

ピンなどで固定する通常のカツラは、ずれが気になるといったデメリットがありますが、それは裏を返せば自分で着脱できセットしなおすことができるということ。

ヘアフォーライフは当然ですが強く接着されているので、簡単に着脱することができません。

無理にはがそうとすると頭皮や自毛を傷つけかねません。 気になる点が出てきても、サロンに出向かなければならないため、面倒に感じる人には向いていないかもしれないですね。

こまめなメンテナンスが必要
こまめなメンテナンスが必要

デメリットも確認してから考えたいですね

ヘアフォーライフについて、メリットとデメリットを紹介してきましたが、自分に合っているかどうか見極めるためには、アートネイチャーのお試し体験を受けることをおすすめします。

カウンセラーによる頭皮・毛髪チェックや薄毛へのアドバイス、ヘアフォーライフの試着やカットなどのスタイリング、それがなんと無料で受けられます。

ぜひ一度、気軽に申し込んでみてはいかがでしょうか。

無料でお試し体験!
無料でお試し体験!

実際に体験してみないとわからないこともありますよね

いかがでしたか?

今回紹介したヘアフォーライフ等、薄毛対策以外にも…自分に合う方法を見極めることが薄毛改善への一歩です。

あなたにぴったりの方法が見つかりますように!


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。詳しくはこちらをご覧ください。