目次

  1. 要チェック!育毛効果で話題の栄養素、アルギニン
  2. アルギニンって、そもそも何?
  3. アルギニンに育毛効果はないけれど、髪には良い!その理由とは
  4. 【摂取方法①】アルギニンを多く含む食品から摂る
  5. 【摂取方法②】サプリメントを利用する
  6. 食事やサプリでアルギニンをしっかり摂って、育毛に役立てましょう!
アルギニンで育毛?
アルギニンで育毛?

アルギニンによる育毛効果について、わかりやすくご紹介していきますね

アルギニンと聞いて、どんなイメージが思い浮かびますか?

「栄養ドリンクに入っている成分でしょ?」という方は多いかもしれませんね。

「聞いたことはあるけど、詳しく知らない」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

育毛情報をインターネットサイトで調べていると、アルギニンは体にとって重要な栄養素で、育毛効果があるのではという話題が出ています。

それって本当なんでしょうか?

ヘアラボがそんな疑問に分かりやすくお答えします!

アルギニンはアミノ酸の一種です
アルギニンはアミノ酸の一種です

食事から摂取することができるんですよ

アルギニンとは、私たち人間の体にも存在しているアミノ酸の一種

乳製品、肉、魚、殻類、豆、ナッツなど、さまざまな食材に含まれています。

このアルギニンは体内でも作られますが、その生成量は十分ではなく、不足分は食べ物から摂取する必要があるんです。

そのため栄養ドリンクのほか、アルギニンを含むサプリメントなども多く販売されています。

そんなアルギニンには、成長ホルモンの分泌を促す、免疫機能の向上など、さまざまな作用が。

多くの作用をもち、食事やサプリメントで手軽に摂取できるアルギニンに、育毛効果があるのだとしたら嬉しいですが、実際はどうなのでしょうか?

アルギニンに育毛効果はない!
アルギニンに育毛効果はない!

結論からお伝えすると、アルギニンという栄養素そのものに、直接的な育毛効果はありません!

ただ、アルギニンは髪の成長や頭皮環境に深く関わっています。

これはアルギニンの働きとして、成長ホルモンの分泌や、免疫力アップの作用があるため。

では、これらの作用がどのように髪の成長や頭皮環境に関わっているのか、続いてご説明していきますね。

理由1:成長ホルモンの分泌を促す

アルギニンによって分泌が促される成長ホルモンは、髪の成長に深く関わっています。

成長ホルモンには、細胞を活性化させる力があるため、元気な髪を作り出す、頭皮のダメージを修復するなど、髪の成長プロセスで重要な役割を果たします。

頭皮は日頃、紫外線やシャンプー時の刺激などで、さまざまなダメージを受けています。

それが成長ホルモンによって修復されるので、育毛に適した頭皮環境を整えることができるといえるのです。

アルギニンは、直接的な育毛効果は持たなくても、頭皮や髪にとって大切な役割を果たしてくれているのですね。

理由2:免疫力アップ

もうひとつ、アルギニンの見逃せないポイントとして、免疫細胞を活性化する働きがあります。

免疫機能が低下すると、その影響を受けて頭皮の頭皮環境は乱れがちに…。

頭皮環境の悪化は、ひどくなると抜け毛にもつながりかねません。

アルギニンの持つ免疫細胞活性力は、髪の将来を左右する重要な機能と言えるでしょう。


このようなアルギニンの優れた機能が分かってくると、どうやったら効率よく摂れるのか、気になりますよね。

アルギニン摂取の目安量は、一般的には1日あたり2000mg〜5000mgとされています。

この量を摂取するには、

の2つの方法があります。

まずは、食品からチェックしていきましょう。

アルギニンはアミノ酸の一種なので、たんぱく質が豊富な食品に多く含まれています

その中でも、含有量が多く、毎日摂りやすい食材をピックアップしてみました。

1. 大豆食品

大豆食品はアルギニンの宝庫!
大豆食品はアルギニンの宝庫!

食材や調味料として上手に取り入れて育毛対策をしましょう

大豆は食品の中でもアルギニン含有量が群を抜いて豊富。 なんと100gあたり2800mgものアルギニンを含有しているんですよ。

とはいえ、乾燥状態で100gもの大豆を日常的に調理して食べるのは至難の業…。

でも、豆腐や納豆といった加工食品や、味噌などの調味料を積極的に食べるだけでも十分な量のアルギニンを摂取できます。

きなこや豆乳をデザートや飲み物にプラスして摂るのもおすすめです。

2. 肉類

肉料理を堪能しながら育毛対策
肉料理を堪能しながら育毛対策

ゼラチン質の多い部位には、特にアルギニンが豊富です

たんぱく質と言えば、真っ先にお肉を思い浮かべる人も多いのでは?

期待に違わず、肉類にはアルギニンが豊富に含まれています。

赤身部分で比べると牛、豚、鶏、それぞれ含有量に大差はありませんが、鶏の皮などゼラチン質が豊富な部分には特にアルギニンもたっぷりです。

とはいえ、鶏皮にこだわらなくても、お肉には可食部100gあたり1000mg前後ものアルギニンが含まれているので、好みに合わせて毎日の食事で摂っていってくださいね。

3. 魚介類

調理法も色々!魚介類でアルギニンを摂りましょう
調理法も色々!魚介類でアルギニンを摂りましょう

生食もできる魚介類なら色々な食べ方を楽しみながら育毛対策ができますね

日本の食卓になじみの深い魚介類も、アルギニンを多く含む食材です。

特にエビは、肉類の1.5倍ものアルギニン含有量を誇ります。

それ以外にも魚介類は全体的に、肉類と同程度のアルギニンを含んでいる上、種類が豊富なので、イカはダメでもマグロはOKといった具合に、好き嫌いがあっても対応できるのがうれしいところ。

生でも加熱してもおいしく食べられるので、楽しみながら育毛対策が続けられますね。

4. その他

ナッツ類や卵もおすすめです
ナッツ類や卵もおすすめです

その他にアルギニンを含む食材としては、

  • ナッツ類

があります。

アーモンドやカシューナッツ、ごま、落花生などの種子類にはアルギニンが豊富に含まれています。

種子類はそうたくさん食べられるものではありませんが、おやつやおつまみのレパートリーに加えてみてはいかがでしょうか。

卵もアルギニンが豊富な食材です。 そのままでも食べられるので、いつもの食事に生卵を添えるだけで育毛対策ができますね。

栄養補給するならサプリメントもおすすめ!
栄養補給するならサプリメントもおすすめ!

サプリメントなら、手軽にアルギニンを摂れます

アルギニンは栄養素のひとつなので、できれば毎日の食事から摂取するのが理想的です。

でも、例えばアルギニン5000mgを食品から摂ろうとすると、お肉や魚を500g前後食べなくてはならず、毎日となるとなかなか大変…。

カロリーの摂り過ぎも気になってくるところです。

一方、サプリメントなら簡単&お手軽

価格も2000〜4000円程度(1カ月分)なので、食事だけで摂るのが難しい人は試してみてはいかがでしょうか。

ただし、育毛のために摂るのであれば、アルギニンだけを摂ってもメリットはあまり期待できません。

アルギニンはいわば育毛の助っ人役。

髪の毛を作る材料となる他のアミノ酸やミネラル・ビタミン類もちゃんと摂った上で、アルギニンをしっかり補うのがポイントです。

アルギニンの摂取の仕方についてご紹介してきました。

今までアルギニンを充分に摂取できていなかったかも…という人も、今日から少しずつ意識していけば大丈夫

毎日の食事でもある程度摂取できるアルギニンですが、サプリメントも活用するとより効率よく育毛対策ができますよ。

日々の食習慣にアルギニンを上手に取り入れて、楽しみながら育毛していきましょう!