目次

  1. 産後抜け毛が止まらない場合の見直すべきポイントは?
  2. なぜ産後は抜け毛が増えるの?
  3. なぜ産後に抜け毛が起こるの?産後の抜け毛の原因
  4. 産後の抜け毛が止まらない!見直すべき3つのポイント
  5. 止まらない産後の抜け毛は女性ホルモンに関係が!
  6. 産後の抜け毛に悩みすぎる前に

産後に起こる大量の抜け毛。 量や期間には個人差があるので、いつまでも止まらない気がする…と気にする人も多いようですね。

産後はただでさえストレスや不安を感じる時だと思います。 そういったママ達のために産後の抜け毛が止まらない場合の見直すべきポイントについてまとめてみました。 産後の不安解消に役立てていただければ幸いです!

産後は不安が尽きません…
産後は不安が尽きません…

特に産後の抜け毛が止まらないことは多くの人の悩みです。

産後の抜け毛は、出産経験のある女性の多くが経験しています。

妊娠中は抜けなかったのに、出産後に抜け毛が増えるのはどうしてでしょう。 抜け毛が止まらないと悩む前に、まずは詳しく知ることから始めましょう!

産後抜け毛が止まらない原因は?
産後抜け毛が止まらない原因は?

原因と対策を理解していきましょう!

女性のほとんどが産後に抜け毛の経験をするって本当?

産後の抜け毛は産後脱毛症と呼ばれていて、出産された女性の7〜8割が経験しているほどよくある事なんです。 ネット上でも体重増加などと共に産後の悩みとして多く挙げられていますよ。

そのため個人差はありますが、自分だけに起きていることだと不安になる必要はまったくありません。 抜け毛が止まらないと心配している方も、安心してくださいね。

あ〜産後の 抜け毛season が始まってて毎日毎日抜ける量がすごい。 いつかハゲるんじゃないかってレベル。 また生え際がツンツンなるのか 旦那にまたハゲるって笑われるけど、それほどお産は命懸けってこと

Twitter 産後の抜け毛 anju♡さんのツイート

産後の抜け毛本格的になってきた。 頭洗うと流しそうめん化してる

Twitter 産後の抜け毛 小池真友さんのツイート

どのくらいの期間で抜け毛はおさまる?

産後の抜け毛が起こるのはよくある事と分かりましたが、ではどのくらいの期間で治まって元の毛髪サイクルに戻るのでしょうか?

こちらも個人差はありますが、産後2~3ヶ月頃から抜け毛の症状が出始めることが多いようです。治まるのは早い人で約半年、遅い人で1年くらいが平均的だと言われていますよ。

ただし体質や栄養状態などにもよって変わりますので、当てはまらなくても心配する必要はありません。

産後のドン引きするレベルの抜け毛期間は終わったんだけど、今はその抜けた分が生えてきて、アホ毛がすっっっっごい。アホ毛ばっさばさ。

Twitter 産後の抜け毛 百瀬@1歳1ヵ月♂育児中さんのツイート

産後の抜け毛について調べた!妊娠中はホルモンの影響で急激に髪が増え伸びるが抜けにくくなるそうで、妊娠期間中に抜けなかった髪が産後3~6ヶ月で一気に抜けるから髪の量が元通りになるだけなんだとか!!

Twitter 産後の抜け毛 yu-chanさんのツイート

半年以上抜け毛が続いている場合に注意するべきことは?

基本的には、自然に治るため心配する必要がない産後の抜け毛。 でも、ちょっと長く続いているかな?と思ったら念のために注意したい事もあります。

抜け毛がなかなか止まらない場合には、後に述べますが疲れやストレス、栄養不足など他に原因があることが考えられます。 その場合は単なる産後の抜け毛とは原因が異なりますので、何らかの対策をする必要がでてくる場合もありますよ。

では、どうして産後に抜け毛が起こるのかという原因について詳しく知っていきましょう! 複数の原因がありますので、自分自身に当てはまるかも確認してみてください。

抜け毛が止まらない原因は何でしょうか?
抜け毛が止まらない原因は何でしょうか?

当てはまる原因があるか見てみましょう!

エストロゲン、プロゲステロンといった女性ホルモンの減少

産後の抜け毛が起こるのは、ホルモンバランスの変化が大きな原因です。

妊娠中はエストロゲンとプロゲステロンという女性ホルモンが増加していくため、髪の毛が抜けにくくなり毛髪や体毛が増えていきます。 しかし産後は女性ホルモンが一気に減ってしまうため、妊娠中に増加した毛が一斉に抜け出し、これが産後の抜け毛となるのですね。

ストレスによるもの

ホルモンバランスの変化は妊娠・出産を通して自然に起こる事ですが、それ以外にもストレスが原因で抜け毛が起こる場合もあります。 産後は子育てのストレス、睡眠時間がとれないストレスなどに直面することも多いものですよね。この場合ストレスによって血行不良となり、頭皮に栄養が行き届かなくなることで抜け毛が起こっている可能性も。 ストレスが続くとなかなか抜け毛が止まらない原因にもなりかねません。

では、産後の抜け毛が止まらない場合には具体的にどのような対策をしていけばいいのでしょうか? 改善するために見直すべきポイントを3つまとめましたので、確認していきましょう。

3つの見直すべきポイントとは?
3つの見直すべきポイントとは?

当てはまる場合は、しっかり改善していきましょう!

①婦人科でホルモン検査を行ってみる

産後の抜け毛が止まらない期間が1年以上続いたり、抜ける本数が異常に多いなど治まる気配がない場合には、上記の甲状腺機能低下症やホルモン関連の病気を疑うことも必要になってきます。 その場合は婦人科でホルモン検査を受けるなど、医師に相談することをオススメします。 不安を抱えたままでいるとストレスも溜まってしまいますので、きちんと診断してもらって安心するだけでも抜け毛が治まってくるかもしれませんよ。

②カルシウムやタンパク質をきちんととる

子育てで忙しい最中は、自分自身のケアまで手が回らないものですよね。 でも抜け毛改善には健康的な食事が欠かせないんです!

特にカルシウムやタンパク質は髪を作る重要な栄養素。 カルシウムは産後に不足することが多い上、髪のツヤやコシを保つ栄養素なので牛乳や乳製品を積極的に取りたいものです。 タンパク質は髪の元となり毛髪の成長促進効果がある栄養素なので、大豆や卵からしっかり摂取しましょう。

子育てで忙しい最中は、自分自身のケアまで手が回らないものですよね。 でも抜け毛改善には健康的な食事が欠かせないんです!

特にカルシウムやタンパク質は髪を作る重要な栄養素。 カルシウムは産後に不足することが多い上、髪のツヤやコシを保つ栄養素なので牛乳や乳製品を積極的に取りたいものです。 タンパク質は髪の元となり毛髪の成長促進効果があるので、大豆や卵から摂取することをオススメします。

③しっかりと睡眠をとれているか

ホルモンバランスを整えるのに睡眠は非常に大切です。 また髪は寝ている時に成長しているため、睡眠不足が抜け毛の一因になっていることが多いんですよ。

赤ちゃんの夜泣きや授乳でなかなか睡眠時間を確保できないものですが、一緒にお昼寝するなど、抜け毛改善と疲労回復のために工夫をしていきましょう!

ここまで産後の抜け毛が止まらないことについて見てきた中で、大きな要因として女性ホルモンが影響していることがわかってきました。 では実際に抜け毛を改善・進行させないためにはどういうことが効果的なのでしょうか? 詳しく見ていきましょう!

女性ホルモンが原因!
女性ホルモンが原因!

対策方法はどうしたらいいのか…

女性ホルモンを正常に戻すには?

乱れたホルモンバランスを正常に戻すにはどうしたらいいのでしょうか? ストレスを溜めないことや過剰なダイエットをしないこと、サプリを活用するなどの手段があります。

忙しい子育てで疲れが溜まりがちになりますが、家族に協力してもらって休んだり、家事の手を抜いてみたりと出来るだけ休んでくださいね!

ストレスを溜めないようにする

ストレスが溜まることとホルモンバランスの乱れは大きく関係しています。 そのため短い時間でも休む時間を作ったり、ウォーキングやストレッチなど軽い運動をするなどリラックスすること心掛けていくことが必要となります。 1人でゆっくりお風呂に入るなども良いかもしれません。

ホルモンバランスを整える食事を摂る

ホルモンバランスを整えるために食事は大いに役に立ちます。 特に大豆イソフラボンを豊富に含む豆腐や納豆などの食品は積極的に摂っていきましょう。 大豆イソフラボンは女性ホルモンと同じ働きをするため、ホルモンバランスを整えてくれる欠かせない栄養素なのです。 是非、今日からでもバランスの良い食事をするように心掛けていきましょう。

育毛剤の使用もオススメ!

止まらない抜け毛を放置しているのも辛いことですし、ストレスの原因にもなりますね。 そのような時に脱毛対策として育毛剤を使用してみるのもオススメです! ただし産後の頭皮はデリケートなので、女性専用のものや「産後も使える」と謳っているものを選択する事が大切ですよ。

産後の抜け毛が止まらないと不安になりますが、あまり悩みすぎない事も大切です。 必要なら医療機関へ相談したり育毛剤を使ったりと対策してみてくださいね!

育毛剤なら健やかな頭皮環境を保ち、育毛促進の効果が期待できますよ。

抜け毛を早く解決するためにも元気なママでいるためにも、休みつつ自身を労わっていきましょう!


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。詳しくはこちらをご覧ください。