目次

  1. 産後の髪の傷みにはどんなケア方法がいいの?
  2. うねりやパサつき、産後の髪の傷みが気になる!
  3. なぜ産後に髪が傷むの?その原因とは
  4. 産後の髪の傷みを改善したい!おすすめのケア方法とは?
  5. 髪の傷みにはシャンプー方法の見直しも大事?
  6. 産後の髪の傷みは頭皮に優しいケアで改善を!

「産後の抜け毛でへこんでいたら、今度は髪の傷みまで…」 そんな悩みはありませんか?

うねりやパサつきといった髪質の変化は、抜け毛とともに出産後の髪の大問題です。 一刻も早く治したいこの傷み、どうすればいいのでしょう。

産後の髪の傷みを治すケアの方法について、一緒に見ていきましょう!

産後の髪の傷み
産後の髪の傷み

正しいケア方法について見ていきましょう!

ゴワゴワ、パサつく、うねる…。 そんな産後の髪の傷みが気になる方。

出産後に髪が大量に抜ける、産後の抜け毛を経験する女性は多くいます。 その産後の抜け毛とともに、上のような髪の傷みが目立つようになることがよくあるのです。

一体なぜ、そのような変化が起こるのでしょう。 実はそこには、ホルモンバランスや栄養の問題などが関係しています。

では、その改善方法とは?

厄介な産後の髪の傷みですが、なぜ起こるのでしょうか? 産後の髪質の変化を引き起こす原因について見ていきましょう。

産後の髪の傷み…

産後の髪の傷み…

その原因は?

産後のホルモンバランスの変化で髪が傷むって本当?

産後の髪の傷みを引き起こす原因として挙げられるのが、ホルモンバランスの変化です。

エストロゲンという女性ホルモンには、体つきなど女性らしい特徴を形成するとともに髪の成長期を保ち、抜けにくく健康な髪にするという働きもあるのですね。 実はこのエストロゲンは妊娠中大量に分泌されるのですが、出産後は一転して減少するのです。

つまり、髪の性質に影響のあるエストロゲンが産後急に減少することで、髪質に変化を及ぼすことが考えられるわけです。

ホルモンバランスの変化で傷んだ髪は元に戻るの?

産後の髪の傷みに悩んでいる人にとって最も知りたいのが「髪質は元に戻るの?」ということでしょう。 産後のエストロゲンの分泌量低下が髪の傷みの原因なわけですが、ではこの分泌量は元に戻らないのでしょうか。

そんなことはありません。 ホルモンの分泌は徐々に妊娠前に戻っていきます。 一般的に言って、数ヶ月ほどでホルモンバランスが戻ると言われていますね。* ですから髪質についても、徐々に元に戻ると考えられます。

髪のうねりやパサつきを早く直すには?

そうは言っても、一刻も早く髪の傷みを治したいと思うのが正直なところ。

そのために必要な方法は、まず栄養をしっかり摂ること。 健康な髪は、健康な体から作られます。 また髪質にとっても栄養バランスは大切な要素。

そして生活習慣を整えることです。 睡眠不足や喫煙などは髪を傷める原因になります。 しっかり睡眠を取ることでホルモンのバランスも戻りやすくなりますよ。

一刻も早く治したい産後の髪の傷み。 では、具体的にどうすれば髪の傷みを治すことができるのでしょうか?

ここでは髪のダメージ回復に効果的なケア方法をご紹介していきましょう。

産後の髪の傷みを治すには…?

産後の髪の傷みを治すには…?

おすすめのケア方法をご紹介します!

頭皮マッサージやブラッシングで頭皮の血行を良くする

産後の髪の傷み改善におすすめのケア方法・その1は、頭皮マッサージやブラッシングで血行を良くすることです。

頭皮の血行が髪の成長に欠かせないことはご存知だと思います。 血行を良くする方法として、頭皮マッサージやブラッシングが効果的なんですね。

頭皮マッサージは1日5分程度でOK。 血行促進と共に、リラックス効果もあります。 またブラッシングは、髪のツヤとともに頭皮に適度な刺激を与えてくれるんです。

積極的に行うことで血行を改善し、髪のダメージをへらしてくれますよ!

大豆や海藻など髪の栄養になるものを摂り入れる

髪にとって栄養になるものを摂るのも、産後の髪の傷み改善には効果的。

大豆に含まれるイソフラボンは、エストロゲンと似た働きをします。 またタンパク質も多く含み、髪にとっても体にとっても優秀な食材なのです。

海藻類も髪にとって大事な栄養源ですね。 わかめやひじきといった食材には、ビタミンやミネラルが豊富に含まれます。 これらは髪にとってはもちろん、やはり体にも欠かせない栄養なのです。

傷んだ髪に紫外線が当たらないように外出時は帽子をかぶる

紫外線対策も、産後の髪の傷み改善には欠かせないポイントです。

紫外線を長時間浴びると、枝毛や切れ毛といった髪のダメージの他に、頭皮にも悪影響を及ぼすのです。 紫外線が肌にシミをつくるように、頭皮もまた紫外線によって細胞が破壊されてしまうのですね。 特に頭皮は人体で一番太陽に近い部分なので、その影響を最も受けやすいのです。

外出時には帽子を被ったりするなど、紫外線対策をしっかり行いましょう。

上の項では産後の髪の傷みに対するケアの方法について見ました。

しかし髪の傷み改善にはそれだけでなく、シャンプーについても見直しが必要なのです。 髪質改善に有効なシャンプーの方法について見ていきましょう。

産後の髪の傷み改善には

産後の髪の傷み改善には

シャンプーも大事なポイントです

どんなシャンプーを選ぶべき?

まず、どんなシャンプーを選ぶべきなのでしょう?

ポイントとしては、頭皮に優しいものであること。 産後は肌も敏感になっていますし、頭皮も荒れがちですから、刺激の強い高級アルコール系のシャンプーはNGですね。 やはり肌に優しいアミノ酸系のシャンプーがベストでしょう。

さらに、天然由来の成分が使われていることが望ましいですね。 化学成分が使われていると、授乳中のママにとってはやはり心配です。 無添加・無香料の安全なものを選びましょう。

シャンプー剤をそのまま髪につけるのはNG!正しいシャンプー方法とは?

シャンプーのやり方についても注意が必要です。

シャンプーの目的は、髪よりも頭皮を洗うことなのですね。 ですから、シャンプーは髪ではなく頭皮につけるのが正解なんです。

まず体温ぐらいのお湯で髪をしっかり濡らし、シャンプーを軽く泡立てて頭皮につけます。 そして指の腹で軽くマッサージするように、頭皮をもみ洗い。 ゴシゴシこすったりせず、あくまで優しくするのがポイントですね。

最後にシャンプーをしっかりすすいで落とすのを忘れずに!

洗髪後の髪の毛のケアは?ドライヤーの使い方

髪を洗った後、ドライヤーをかける際も気をつけましょう。

最初に髪の水分をしっかり取っておくことが大切です。 ポンポンと押さえるように、タオルで優しく水気を吸い取りましょう。

そして、ドライヤーの熱を直接当てるのもNG。 頭にタオルを被り、その上からドライヤーをかけるタオルサンド法なら、短時間で髪を乾かせて熱のダメージも受けませんよ。

いかがでしたか?

産後の髪の傷みはなかなか治らない場合もあり、女性にとってはつらいところですよね。 しかし、いつまでも傷んだままということはありません。

頭皮に優しいケアによって、1日も早い髪質の改善を目指しましょう!


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。詳しくはこちらをご覧ください。