目次

  1. AGAを早く、効果的に治すために大切なこと
  2. AGAになってしまう人の特徴、5つ
  3. AGAを20代で治すためには、何が必要なの?
  4. 20代でAGAを克服した人・できなかった人
  5. 20代のAGAに関する動画もチェック
  6. 20代のAGA克服はできる!

20代にしてAGAを発症するなんて、夢にも思わなかった。 早くAGAを治したい。

そう思っている方は、AGAや若ハゲが発生する原因を探ってみましょう。 普段何気なく行っていることが、 知らないうちにAGAを招いているのかもしれません。

20代という若さでAGAを発症してしまった原因とは? あらゆる角度から、探ってみましょう。

まさか自分がAGAになるなんて?!
まさか自分がAGAになるなんて?!

20代でAGAになってしまう、その理由は?

同じ20代でも、AGAになる人とならない人がいます。 両者の違いはどこにあるのでしょうか。

遺伝?それとも生活習慣? あの人はならなかったのに、どうして自分だけAGAになったの?

AGAになってしまう人の特徴を、調べてみました。 すると、ある共通点が浮かび上がってきたのです。

1:遺伝によるもの

両親、あるいはどちらかの親に薄毛の遺伝子があると、 子供がAGAになりやすい傾向があると言われています。

必ずしもAGAが発症するというわけではありませんが、 親に薄毛の遺伝子がない場合と比べれば、発生する可能性があります。

特に母方の遺伝の影響を受けやすく、 祖父や伯父に薄毛の人がいる場合、AGAを発症する可能性があります。

2:不規則な生活

偏った栄養の食事や睡眠不足など、 乱れた生活習慣はAGAの早期発症に繋がります。

髪の成長に必要な栄養が不足してしまい、 毛包細胞が弱体化することで、 AGAを発症してしまう可能性があるのです。

20代でありがちな生活習慣という点では、 アルコールの過剰摂取や喫煙にも注意が必要です。

前者は過剰な皮脂分泌で毛根を詰まらせ、 後者は血行を停滞させて髪の成長を妨げる可能性があるからです。

3:ストレス

AGAに直接つながっているわけではありませんが、 ストレスがたまった状態が続くと、薄毛になる場合も考えられます。

遺伝や睡眠不足、血行不良といった、AGAの直接的な要因があるうえ、 ストレスによって薄毛を引き起こされれば、若ハゲが加速する可能性があります。

20代は環境の変化が激しい年代であり、 ストレスを感じやすい年代でもあります。

肉体や精神が十分に休めない状態が続くと、 体に不調をきたしてAGAの発症を早めてしまうこともあるようです。

いつもの行動が、AGAを招いている?
いつもの行動が、AGAを招いている?

20代のAGAは、身近なところで起こっていた!

20代でAGAを発症してしまったとしても、きちんと治療をすれば改善できます。 近年はAGAの治療も多様化していて、 自分に合っている方法を選ぶことができます。

どんな治療法があるのか、見ていきましょう。

⑴生活習慣を改善する

AGA治療の前提として、日々の生活習慣を改善することが求められます。 睡眠時間をきちんと確保し、食事も栄養が偏らないように気を付けましょう。

現代の食生活で不足しがちなビタミン・ミネラルを中心に、 髪の成長に欠かせないたんぱく質を合わせて摂取することが有効と言われています。

一方、脂肪分の多い食事は皮脂の過剰分泌を進めてしまうので控えた方が良いようです。

⑵育毛シャンプーを使う

AGAの進行を食い止め、髪が生えやすい環境を整える処置として有効です。

市販されている育毛シャンプーはたくさんありますが、 ラウレル硫酸ナトリウム・ラウリス硫酸ナトリウムが含まれているものは、 使わないようにしましょう。

これらの成分は「界面活性剤」と呼ばれ、 頭皮や髪の汚れを落とす代わりに、肌に強い刺激を与えてしまいます。

⑶育毛剤を使う

生活習慣の改善と育毛シャンプーで髪が生えやすい環境を整えた後は、 育毛剤を使って髪を増やしていきましょう。

クリニックで治療を受けるよりも安く済みますし、 手軽に購入できるのも利点です。

通院にかける時間を短縮できるため、 継続しやすいのも育毛剤の良い所。

効果が出るまではある程度期間が必要ですので、 最低3か月〜6か月は1つの育毛剤を継続使用してください。

⑷クリニックで治療を受ける

セルフケアでも効果が出なかったときは、 AGA治療を扱うクリニックを利用してみましょう。

豊富な専門知識を持つ医師の指導の下、 AGAの原因を根本から探り、アプローチしていきます。

皮膚科でもAGA治療は扱っていますが、 専門性という点ではクリニックの方が上かもしれません。

継続して通うことが必須なので、 自宅や職場から近いクリニックを選ぶようにしてください。

⑸植毛を利用する

クリニックで治療を受けても改善できなかったら、最後の手段。 植毛を利用してみましょう。

もともと生えている髪を利用し、 新たな髪を増やしていくことで定着を促します。 仕上がりも自然ですし、一度髪が定着すれば抜ける心配もありません。

植毛の場合、クリニックと違って継続通院の必要がありません。 働き盛りの20代にも、利用しやすい治療法だと思います。

AGA治療はセルフケアから!
AGA治療はセルフケアから!

それでも効果がなければ病院で治療を!

20代でAGAを発症した人は、どうやって克服したのでしょう。 実際に克服できた人とできなかった人、両方の声を集めてみました。

ポジティブな反応・口コミ(20代で克服できた人)

AGAの治療効果は、表れているようです。
AGAの治療効果は、表れているようです。

根気強く続けましょう。

始めは治療の効果を実感できなかったり、 本当に効果があるのか不安に思っていた人も、 AGA治療を続けていくうちに効果が得られたようです。

思い切って治療を初めてよかった。 髪が生えることが嬉しい。 そんな声が多く集まりました。

ネガティブな反応・口コミ(20代では克服できなかった人の声)

せっかくお金をかけたのに…。
せっかくお金をかけたのに…。

効果がなければ、意味がないです…。

高いお金を払ったり、効果があると言われている育毛剤を使っても、 結局髪の生え方は変わらなかった。 そんな声が多く聞こえます。

期待していた分、効果が出なかったことのショックは大きいようです。

20代でAGAを発症するのはなぜか、どんな治療法があるのか。 解説した動画です。

AGAのことについて基礎から知りたい方は、ぜひご覧ください。

20代~30代の若年性脱毛症(若ハゲ)とは?

AGAのことを知りたい、20代の皆さんへ

20代のAGA克服は、AGAに対する知識と正しい治療法があれば、できないことはありません。

まずは身近なところからAGAの原因を見直し、 治療につなげていきましょう。