目次

  1. AGAでつむじハゲ→気付きにくい。
  2. AGAってそもそもなに?
  3. AGAによってつむじがハゲてしまう原因は?
  4. AGAによってつむじハゲがでやすいのはこんな人
  5. AGAによるつむじハゲの対策方法はこちら
  6. AGAのつむじには、焦らず確実に対策をしましょう
  7. 薄毛治療を行っているクリニック
  8. AGAの関連記事はこちら

こんにちは!ハゲラボ編集部です。

AGAの典型的な症状として知られるつむじハゲは、一度気になり出すと気になってしょうがないものですよね。

AGAの症状によりつむじが薄いのか、ただ単につむじが大きいだけなのか、判断が難しい場合もあります。

でも、迷いながら放っておくと手遅れになってしまうかもしれませんよね。

AGAの典型的な症状であるつむじハゲを少しでも早く改善させるために、つむじハゲの原因と対策を見て行きましょうね!

これはどっち??
これはどっち??

普段じっくり見ないつむじなだけに、変化に気付きにくいですよね。 薄毛なのか、生まれつきなのか、どっちなのかの判断が難しいのが困り者。

そもそもAGAとは男性型脱毛症のことで、生え際や頭頂部の髪の毛が薄くなる症状をいいます。

AGAの症状は、一般的に思春期以降に現れると言われています。

症状の現れ方は、生え際や頭頂部のどちらか一方が薄くなっていく人もいれば、両方同時に薄くなっていく人もいるんだそうです。

女性によくみられる薄毛の症状として広範囲に毛が薄くなる[びまん性脱毛症]がありますが、AGAは広範囲ではなく部分的に進行していく点に特徴があるんです。

そんなAGAの代表的な症状として知られるのが、つむじはげなんですね。

男性特有の薄毛症状
男性特有の薄毛症状

AGAは治療名でも薄毛一般を意味するものでもなく、男性型脱毛症という特定の症状を意味します。

AGAによるつむじハゲの原因は、ずばり男性ホルモンにあります。

といっても、AGAによってつむじハゲになってしまうまでの過程には、いくつかのステップがあります。

そこで、その過程を大きく3つのステップに分けてみました。

つむじハゲの原因をステップごとに詳しく見て行きましょうね。

⑴ステップ1:男性ホルモンの変換

男性らしさを形成する男性ホルモンにテストステロンというものがあります。

このテストステロンが5αリダクターゼという酵素と結合することで、ジヒドロテストステロン(DHT)という別の男性ホルモンに変換されます。

ジヒドロテストステロンは薄毛の世界ではとてもよく知られている男性ホルモンで、脱毛の根源ともいえる厄介なもの。

AGAと言われる薄毛のほとんどが、このジヒドロテストステロンが原因であるとも言われているほど、薄毛に悩む人にとっては憎きホルモンなんですよ。

薄毛の主な原因は男性ホルモン!
薄毛の主な原因は男性ホルモン!

男性なら誰もが持ってる男性ホルモン。 男性ホルモンが多い人ほど薄毛のリスクは高いのです。

⑵ステップ2:毛母細胞への攻撃

毛乳頭にはアンドロゲンレセプターというホルモン感知気管が存在します。

このアンドロゲンレセプターが、先ほど説明したジヒドロテストステロン(DHT)に反応すると、髪の毛を生やすために必要な毛母細胞の分裂を妨害するんだそうです。

最悪の場合は、毛母細胞を死なせてしまうこともあるとのこと。

⑶ステップ3:ヘアサイクルの乱れ

アンドロゲンレセプターがDHTと結びつくことで、毛母細胞の働きが弱まる、ヘアサイクルが乱れてしまいます。

正しいヘアサイクルにおいては、一定の周期で成長期に入ったり休止期に入ったりを繰り返し、髪の毛を生え替わらせています。

このヘアサイクルが乱れると、休止期に突入したままになってしまい、髪の毛が抜けても新しい髪の毛が生えてこなくなってしまうんだそうです。 それだけでなく、新しく髪が生えてきても、とても弱々しく、すぐに抜けてしまう髪になってしまうんだとか。

こうして、髪の毛が抜けやすく生えにくい状態になる結果、AGAによるつむじはげ・頭頂部の薄毛を発症してしまう、というわけなんです。

絶対に崩したくない!
絶対に崩したくない!

普通に生活していると全く気にしないヘアサイクルですが、乱れてしまうと、つむじはげの原因になってしまう可能性も。

(4)でもなんでつむじ?

薄毛になってしまう原因とそのステップについては分かりましたが、なぜAGAによってつむじ部分だけ薄毛になってしまうのでしょうか?

それは、つむじ部分には他の部分と比べて血管が少ないうえに、5αリダクターゼが多いからだと言われています。

髪の毛に必要な栄養は血液を通じて毛根へ運ばれていくのですが、血管が少ないとその部分の毛根だけ得られる栄養は必然的に少なくなってしまいます。

それなのに、5αリダクターゼの量は多いので、つむじはジヒドロテストステロンが生成されやすい部分だと言えます。

つむじはげが非常に多いAGAによる薄毛のタイプだというのも納得ですね。

AGAによるつむじハゲの原因についてみてきましたが、この原因を作り出しやすい人の特徴というものがあります。

いくつかご紹介しますので、当てはまるなと思う人は、後でご紹介する対策を参考にしてみてください。

⑴男性ホルモンが多い人

さきほど、薄毛の大きな原因は男性ホルモンだと言いました。

男性ホルモンの分泌が過剰ということは、その分ジヒドロテストステロンに変換され得るテストステロンが多いということになります。

そのため、5αリダクターゼが多く存在するつむじ部分で結合が起きやすくなるので、脱毛のリスクは高まります。

男性ホルモンの分泌が過剰かどうかの判断は容易ではありませんが、頭髪はそんなに多くないのにまゆげを始めとする体毛が濃い人は一般的に男性ホルモンが多いと言われています。

⑵ストレスがたまっている人

AGAの原因である男性ホルモンとは少し関係がなくなりますが... ストレスは血行を悪くすると言われています。

血行が悪くなると、ただでさえ血管が少ないつむじ部分の栄養は更に不足してしまうことになります。

ストレスは生きている限りつきまとうものなのですが、自分なりのガス抜きの方法を見つけておかないと、ストレスはたまる一方になってしまいます。

⑶暴飲暴食をする人

食べ物や飲み物が胃に入ると、胃はそれを消化するために多くのエネルギーを使います。

胃に入る量が多ければ多いほど必要なエネルギーも多くなるので、消化のためだけに多くの栄養が使われてしまい、髪の毛を生やすために使うべき栄養までも消化に使われてしまうんだそうです。

しかも、栄養は心臓や臓器のような、生きることに直接必要なものから使われていくので、髪の毛は後回しにされると言われています。

だとすると、暴飲暴食を頻繁にする人は、エネルギーが頭皮まで行き届かない状態が続くので、頭皮が栄養不足に陥って髪の毛が生えにくくなってしまうことになります。

ついついやってませんか?
ついついやってませんか?

仕事の付き合い、プライベートでの息抜きで外食が続き、ついつい食べすぎ・飲み過ぎの日が続いてしまっていませんか? あまりに続くと危険です!

どうでしたか?

AGAによるつむじハゲになりやすい人の特徴に心当たりはありましたか?

つむじハゲに限らず、薄毛の改善には早めの対策が肝心です。

これからご紹介する対策方法をぜひ参考にしてみてください。

⑴対策方法1:生活習慣の改善

AGAによるつむじハゲの改善には、生活習慣の改善が大前提です。

生活習慣を改善するだけでつむじハゲが治る!なんてことは難しいですが、規則正しい生活習慣を心がけながら他の対策方法をとると、しっかりした改善を見込めます。

食事については、脂肪分を多く含むジャンクフードやレトルト食品はなるべく避けて、血液の循環を良い状態に保ちましょう。

暴飲暴食が続いている人は、予定の入っていない日は量を減らして内臓を休ませると良いですよ。

他にも、適度に体を動かしてストレスを溜めこまないようにすることも大切です。

特別なことは不要です!
特別なことは不要です!

張り切ってガラリと生活を変える必要はありません。 睡眠時間を30分増やしたり、食事に野菜をプラスしたり、30分だけウォーキングやジョギングをするだけでもOKなんです!

⑵対策方法2:クリニックでのAGA治療

AGAによるつむじハゲ・頭頂部の薄毛の診断を行うクリニックは、薄毛治療を行う医療機関です。

そのため、カウンセリングを通じてあなたのためにAGA治療を施してもらうことが可能です。

しかもAGAを扱うクリニックでは、つむじハゲの進行を止めるだけでなく、発毛を目的とする治療が受けられるメリットがあります。

自分に合った治療を見つけましょう。

⑶対策方法3:育毛剤を使う

これからAGA予防や対策を始めたい方もいらっしゃいますよね。

そんな方は育毛剤の利用を考えてみてはいかがでしょうか。

頭皮環境を健やかに保ち、育毛を促進する効果が期待できます。

毎日ほんのちょっとの時間で簡単にできるAGA対策方法なので、忙しい方にもおすすめですよ。

ネットでも買えるので、店頭での購入に抵抗がある人でも始めることができますよ。

今回おすすめするのはハゲラボでも人気の医薬部外品の育毛剤チャップアップ

血行の促進や抗炎症作用があるセンブリエキス・グリチルリチン酸・ジフェンドラミンHCの有効成分を配合しています。

気になる方は公式サイトをご確認くださいね。

つむじの薄毛が気になりだしたら早めの対策が必要です。

生活習慣に気をつけながら毎日しっかり育毛剤でケアをしていけば、つむじハゲの改善は期待できます。

なので焦らず、「今気付けてよかった」という気持ちで正しくケアをしていきましょうね。

髪に悩みをもっている方は多いですよね。

特に、「髪が薄くなってきたな」と感じる時は、人の目が気になってしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか?

育毛剤や発毛剤など治療法はいくつかありますが、まずはクリニックなどで医師に相談してから治療を始めたい方もいらっしゃいますよね。

ヘアメディカルでは、発毛治療を行っています。これは、自由診療となります。

診療申し込み方法ですが、予約診療が可能のようです。 また、無料カウンセリングを行っているので、まずは相談してみるのがいいかもしれません。


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。詳しくはこちらをご覧ください。