目次

  1. AGAは睡眠の質の低下で起こることもある⁉︎
  2. 睡眠不足でAGAが起きてしまうメカニズムとは?
  3. AGAになる恐れあり!睡眠の質を下げてしまう悪い習慣はこちら
  4. AGA予防になる!睡眠の質を上げる方法をチェックしよう
  5. 睡眠の質を高める上で押さえておきたいポイントは?
  6. AGA予防のために、さらに睡眠の質を上げる方法をこの動画から
  7. どうしても睡眠の質が確保できない。という人へ…
  8. 睡眠の質を上げてAGAを予防しよう!

体に様々な不調を引き起こす原因と言われている「睡眠不足」ですが、AGAも例外ではありません。

睡眠不足になると、血流の悪化ストレスの増加につながり、AGAを進行させてしまうことがあるのです。

具体的には、睡眠不足とAGAの関係はどのようなものなのでしょうか。

まずは、睡眠不足がAGAを引き起こしてしまうメカニズムを見ていきましょう。

睡眠不足は慢性疲労倦怠感など、体のあらゆるところに影響を及ぼす可能性があります。

しかし、なぜ睡眠不足が髪の成長を妨げてしまうのでしょうか。

睡眠不足によって体にどんな変化があるのか。 それがAGAの発症や進行とどう関わっているのか。

睡眠不足がAGAの原因になるメカニズムを詳しく解説していきます。

①成長ホルモンの減少

髪の毛を成長させる役割を持つ「成長ホルモン」は、睡眠中に分泌されると言われています。

特に、22時~2時までを「ゴールデンタイム」と呼び、成長ホルモンの分泌が一番活発になる時間帯です。

睡眠不足が続くと、この成長ホルモンが分泌されにくくなってしまいますから、髪の毛が健康的に育つことも難しい状態になります。

また、成長ホルモンは深い眠りである「ノンレム睡眠」の間に分泌されるので、布団に入っている時間が長くても眠りの浅い人も睡眠不足と言えます。

②体のメンテナンスが間に合わない

髪の毛を成長させる「成長ホルモン」ですが、睡眠中には髪の毛以外にも体全体のメンテナンスを行っています。

睡眠不足の状態では分泌される成長ホルモンの量が少ないですから、体の重要な部分を優先してメンテナンスを行います。

髪の毛は生命に関わるような部分ではありませんので後回しにされてしまい、AGAにつながってしまうといわれているのです。

頭皮が回復できないと・・・
頭皮が回復できないと・・・

髪の毛が弱ってAGAになりやすくなってしまう可能性がある。

③慢性疲労・ストレスにつながる

睡眠不足や熟睡できない状態だと、脳がストレスを感じます。

時々なら問題ありませんが、毎日続くことで慢性的なストレスとなり、血流の悪化を招くと言われています。

髪の毛を成長させるための栄養分は血液から運ばれますから、血流の悪化は髪の成長を妨げ、AGAにつながってしまう可能性があります

AGAを引き起こす原因の一つである睡眠不足ですが、単純に寝る時間が短いというだけではありません。

深い眠りにつけないというような、睡眠の質を下げてしまっている要因は他にもあります。

運動不足 眠るためのメラトニンを分泌させるためには日中のセロトニンの分泌が必要になります。 運動不足の場合、セロトニンの分泌が減少し、睡眠不足につながると言われています。

寝る前の飲酒 寝る前にお酒を飲むことも、睡眠不足の原因です。 本来、眠りについてから1時間で深い眠りに入りますが、アルコールを摂取した場合には、1時間後の睡眠が浅くなってしまうといわれています。

これらを踏まえて、次の睡眠の質を上げていく方法を見ていきましょう。

寝る前の飲酒はNG!
寝る前の飲酒はNG!

眠るための飲酒は逆効果です。

AGA予防として、睡眠の質を高める必要があることがわかりました。 でも寝ようと思っても眠れなかったり、仕事で忙しくて睡眠時間が十分に確保できない場合もありますよね。

でも安心してください。 睡眠時間が短くても、睡眠の質が良くする方法を解説していきます。

では、その睡眠の質を上げるためには何をしたらいいのでしょうか。

次で、睡眠の質を高める方法をご紹介します。

日常のちょっとした工夫ですから、難しいことはありません。

AGAを予防するために、今日から試してみましょう。

①就寝時間を一定にする

毎日眠る時間を一定にすることで、深い眠りにつきやすくなりますが、「寝よう」と思ってすぐに寝れる人はあまりいませんね。

布団に入ってもなかなか眠れないという人は、まずは起きる時間を決めましょう。

毎日同じ時間に起きることで、夜眠くなる時間も自然に一定になってきます。

朝起きるのが苦手な人は、起きてからやるべきことを決めておくといいかもしれません。

②朝太陽の光を浴びる

朝、太陽の光を浴びることで、セロトニンが分泌されて体が目覚めます。

日中に分泌されたセロトニンは、夜にはメラトニンに変化して眠りを誘導します。

また、セロトニンにはストレスの軽減などの効果もあるので、朝起きたらカーテンを開けるなど、できるだけ太陽の光を浴びるようにしましょう。

セロトニンは、体を動かすことでも分泌されますから、起きたらストレッチをするというのも効果的です。

太陽の光を浴びよう!
太陽の光を浴びよう!

太陽の光と運動で体を目覚めさせましょう。

③寝る前のブルーライトを避ける

ブルーライトには、眠りに入るためのメラトニンを分解してしまう作用があります。

そのまま脳が覚醒してしまい、なかなか眠れない・寝てもすぐに起きてしまうなど、深い眠りにつきにくくなると言われています。

メールチェックは寝る3時間前くらいに済ませるなど、寝る直前のPC操作や、布団に入ってからのスマホなどは控えるように心がけましょう。

④目の緊張をほぐす

日中、気付かないうちに一番酷使しているのは「」です。

特にPCを使うような仕事の人は、目の疲れは想像以上でしょう。

目薬をさす程度では疲労はとれませんので、眼球のストレッチをして緊張をほぐしてあげるのが効果的です。

眼球だけを左右上下に動かし、そのまま10秒程度静止するだけで、眼球の筋肉がほぐれてきます。

1分もあればできますから、毎日続けることをおすすめします。

目、疲れていませんか?
目、疲れていませんか?

目が疲れていると、眠りが浅くなってしまいます。

⑤枕の高さを調節する

枕は素材や機能で選びがちですが、重要なのは高さです。

枕が高すぎると首に負担がかかり肩こりなどの症状が出てくる事が。 また、首が持ち上がることで呼吸がしにくくなり、眠っていても疲れがとれないということもあります。

できれば、枕のアドバイザーがいる店舗で自分に合った枕を探してみましょう。

難しい場合は、タオルなどを重ねながら一番リラックスできる高さを見つけてみて下さい。

AGA対策で睡眠をとる上で重要なのは、睡眠時間や寝る時間帯よりも、「睡眠の質」です。

どれだけ深い眠りにつけるかで、疲労回復や新陳代謝の向上につながり、髪の成長にも差が出てくるといわれています。

「たくさん寝たのに疲れがとれない」という人は、常に眠りが浅い状態だと考えられますので、熟睡できるように対策をしていきましょう。

「8時間の浅い睡眠」よりも、「5時間の深い眠り」の方が、髪の成長には効果的といわれているのです。

AGA対策としても健康のためにも、睡眠の質をあげる事は大切とご説明してきました。

さらに、動画でわかりやすく「睡眠の質をあげる」方法を学びましょう!

質の良い睡眠方法

睡眠の質を上げるための雑学を集めてみました。日常のほんのちょっとしたことですから、すぐできます。

快眠へ導く方法、寝る前の30秒にこれだけはやってほしい【山岡愛のメディカルリンパ30秒ストレッチvol.7】

快眠に導くストレッチもあるのですね!

夜きちんと眠ることが重要だと伝えましたが、中には仕事などの関係でそれができないという人もいるでしょう。

睡眠で得られるものが得られない場合、それを補う対策が必要となってきます。

AGA予防という点では、育毛のことを考えて作られた育毛剤も効果が期待できます。

チャップアップは、血行促進抗炎症作用も期待できますから、睡眠が確保できない場合には、育毛剤の使用も一つの方法となるでしょう。

睡眠とAGAの関係は密接したものでした。

AGAやハゲを予防するために、今日から睡眠の質を上げる工夫をしていきましょう。

とはいえ、あまり気にしすぎてストレスになっても逆効果ですから、 負担にならないように無理なく行ってみて下さい。