目次

  1. 日本人のAGAの割合が凄まじいことに…
  2. AGAってなに?
  3. AGA人口の割合を徹底分析!
  4. あなたは大丈夫?AGAになる確率をチェック!
  5. チェック基準からAGAになってしまう確率を見てみよう!
  6. AGA人口の割合は他人事ではありません。

薄毛の原因となるAGAは男性にとっては大きな問題です。 そして、気になるのがAGAに悩んでいる男性の割合ですよね。

そこで、今回はAGAに悩む人の割合に焦点を当てて解説していきます。 世の中の男性はAGA・若ハゲになりやすいのか、あなたの髪の毛は大丈夫なのか、気になるあれこれを一緒に確認していきましょう!

AGAの人は意外と多い?

AGAの人は意外と多い?

AGAの割合が多いか少ないか気になりますよね。

では、そもそもAGAとはどんなことを指すのでしょうか?

AGAは男性型脱毛症のことを指しています。 生え際頭頂部の毛髪が薄くなる男性特有の薄毛の症状が現れることで知られていますね。

AGAに原因となっているのがジヒドロテストステロンという男性ホルモンです。 このホルモンの効果により抜け毛が進行し、全体的に髪の毛が薄くなってしまうと言われています。

生え際が気になり始めたら…

生え際が気になり始めたら…

生え際に違和感を感じたら、それがAGAのサインかもしれません。

男性特有の薄毛症状であるAGA、一体どれくらいの割合で発症しているのか気になりますよね? 割合が高ければ自分にも関係するので不安になり、割合が低ければ自分は大丈夫だと安心できます。

そこで、現在AGAで悩んでいる人の割合を徹底的に分析していきます。 AGAと割合の意外な関係を一緒に確認していきましょう!

AGA人口の割合はズバリ10%!

現在AGAで悩んでいる人の割合はズバリ10%だといわれています。 つまり、10人に1人がAGAになる可能性があるということです。

もう少し具体的な人数を見ていきましょう。

現在のAGA人口は全国で1260万人だといわれています。 そのため、日本の人口と対比させて考えると、およそ10人に1人=10%という計算になるのです。

30年前と現在のAGAの割合の変化

では、AGAの割合は時代によって増えているのか気になりますよね? そこで、気になるAGAの割合を30年前と比べてみましょう。

皆さんは昔よりも増えていると思いますか?減っていると思いますか?

実は、統計を取ってみると30年前と現在のAGAの割合はほとんど変わらないという調査結果が出ているのです。

さまざまな原因で…

さまざまな原因で…

時代によって原因は変化していますが、全体の割合は変わっていいないのです。

現在のAGA人口の割合は多い?それとも、少ない?

ここで、この割合を別の角度から見ていきましょう。 現在のAGA人口である1260万人をすべて男性だと仮定してみましょう。

するとその割合は男性5人に1人という割合になります。 さらに20歳以上の男性だけと特定すると4人に1人となります。

さて、あなたは10%のAGA人口の割合を多いと感じますか?少ないと感じますか?

AGA人口の割合が分かったところで、あなたのAGA確率をチェックしていきましょう。 この項目を確認していくと、あなたがAGAになりやすいのか分かってしまう…かもしれませんよ。

あなたの日頃の行動を振り返りながらしっかり確認していきましょう。 普段やってしまう意外な行動がAGAに繋がっているかも…?

①偏った食生活で満足している

AGAになりやすい人は偏った食生活を送っていることが分かっています。 特に男性は、脂っこいもの味の濃いものを好む傾向にあるため、心当たりがある人も多いのではないですか?

また、野菜をあまり食べないのも男性の食事の特徴です。 外食にいってもサラダを食べない人も多いですよね。

野菜を食べずファーストフードなどを好んで食べているとAGAになりやすいといわれていますよ。

②喫煙や過度な飲酒をしている

髪の毛に悪影響を与えてしまうのがタバコお酒です。

特にタバコは、喫煙しているだけでAGAの原因となります。 そのため、少しでもでも吸っている人は気をつけた方が良いかもしれません。

お酒の場合は、適度な量やおつまみに注意すれば問題ありません。 しかし、記憶が無くなるまで飲むなどの過度な飲酒は問題ですよ。

タバコにいいことはありません

タバコにいいことはありません

年配の男性ほど喫煙者は増えていきますが、タバコにいい効果はありません。 真剣に禁煙を考えましょう。

③間違ったヘアケアをしている

男性の多くが気にしていないヘアケアの方法もAGAに近付く大きな原因となっています。

適当にシャンプーを選んでいる人爪を立ててゴシゴシ洗っている人などは要注意ですよ。 特に、シャンプーは頭皮を痛める大きな原因になるのでしっかり成分表を確認して選んだ方がいいでしょう。

上記のチェック項目に当てはまる項目はありましたか? 実は、当てはまった項目からあなたがAGAになってしまうかもしれない確率が分かってしまいます!

あなたの確率は一体どれくらいなのでしょうか? AGAになりやすいのかなりにくいのか、しっかり確認していきましょう!

3つとも当てはまった人がAGAになる確率は80%!

上記のチェック項目に全て当てはまった人は80%の確率でAGAになってしまうでしょう。

実は、チェック項目は全て毎日のあなたの行動に関係するものです。 そのため、日を重ねるごとにあなたの髪の毛はAGAに近付いていきます。

もしかしたら、すでにAGAになっているかもしれません。 早急に髪の毛をチェックしましょう!

2つ当てはまった人がAGAになる確率は50%!

どれか2つに当てはまった人の確率は50%です。 しかし、項目の中には人によっては全く当てはまらないものがあるため、まだまだ安心できませんよ。

あなたの行動は日に日に髪の毛頭皮へ負担をかけています。 上記よりも発症する確立は低いですが、長期間続けているとAGAのリスクが高くなっていく可能性も。

分岐点がここに!

分岐点がここに!

あなたがAGAになる可能性は50%です。 つまり、ココが運命の分かれ道なのですよ!

1つしか当てはまらなかった人がAGAになる確率は30%!

1つしか当てはまらなかった人の確率は30%です。

上記に比べると安心できますが、安心しきっているとAGAが発症してしまうかもしれません。 そこで、当てはまった残りの1つの項目を改善していきましょう。

油断せずにしっかり対策をしていきましょう!

1つも当てはまらなかった人がAGAになる確率は10%!

全て当てはまらなかった人は0%…にはなりません。 残念ながら10%の確率でAGAが発症する可能性があります。

そもそも、AGAは男性ホルモンによる影響であるため、男性である以上0%にはならないのです。 ただ、しっかり予防法を行えば発症する確率を押さえることが期待できますので、忘れずに実践していきましょう!

AGA人口の割合は意外に低いと思った人も多いかもしれません。 しかし、男性である以上AGAの確率は0%になりません。

割合が低いからと安心せずにAGAの危機感を持って過ごしていくことが大切です。 気づいたときに手遅れにならないように今日から生活を見直して、髪の毛のための生活へ改善していきましょう!


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。詳しくはこちらをご覧ください。