目次

  1. できれば生活習慣の改善だけでAGAを治したいけれど…
  2. 生活習慣の改善でAGAは治るの?
  3. そもそもAGAとは?
  4. 生活習慣の乱れとAGAとの関わり
  5. 生活習慣を整えることはAGAの改善につながりますが…
  6. 症状が進んだAGAの改善には、育毛剤の使用が効果的?
  7. 育毛剤でのケアと生活習慣の改善でAGAを対策しましょう

男性の薄毛といえば、AGA(男性型脱毛症)であることが多いと言われています。

抜け毛や薄毛の予防・改善には生活習慣の乱れを整えることが効果的と言われていますが、AGAも生活習慣の改善だけで良くなるのでしょうか?

今回はAGAと生活習慣の関わりについてまとめました。

AGAにも生活習慣が関係あり?!
AGAにも生活習慣が関係あり?!

AGAは治せるのでしょうか?

生活習慣を改善することでAGAが快方に向かうことは期待できます。

この後AGAについて詳しく説明しますが、AGAが起こる原因に生活習慣が関わっていると言われています。

そのため、最近薄くなってきたかな?と感じた時に早めに生活習慣を見直すことで、AGAを改善する効果はあると思いますよ!

薄毛・抜け毛が気になりだしたら…
薄毛・抜け毛が気になりだしたら…

早めの対策でAGAを治したいですね!

それではまず、AGAとはそもそもどのような薄毛なのか、把握しましょう。

特徴的な症状や考えられるAGAの原因について紹介します。

症状の特徴

AGAは男性型脱毛症とも呼ばれ、思春期を過ぎた成人男性に多くみられます。

主な症状として、髪のハリやコシがなくなったり、入浴時や起床時の枕元などに抜け毛が気になるようになってきたりします。

薄毛になりやすい箇所はおでこの生え際(M字)や頭頂部、つむじ周り(O字)など。 ゆっくり進行する場合もあり、気のせいだと思っていたら気付くのが遅れてしまった、ということも多いようですよ。

AGAの原因について

AGAの大きな原因と言われるのが男性ホルモンの影響です。 男性ホルモンに還元酵素が結びつき脱毛の原因となる物質に変換され、髪の成長が抑制されるため、細く不健康な毛や抜けやすくなってしまします。

しかし、AGAが引き起こされる原因はこの男性ホルモンの影響だけではありません。

前述しましたが、生活習慣やストレスといった要因もAGAを進行させる原因になり得ると言われています。

原因は1つだけでないことも!
原因は1つだけでないことも!

様々な要因が重なってAGAを発症することも

AGAを進行を加速させる要因として生活習慣も関わりがあるとお伝えしましたね。

ここでは具体的に、どのような生活習慣がAGAと関わっているのか、詳しくお伝えします。

当てはまるものがあるな、と感じた方は要注意ですよ!

食生活の乱れ

食事内容は頭皮環境や髪の成長に影響するようです。

髪の成長をサポートする栄養素は食事から摂取する必要があります。 過度なダイエットや偏食など偏った食生活など栄養素が不足すると、髪へも栄養が届かず成長を妨げるそうです。

また近年、食の欧米化が進み、脂っこい食事や高カロリーな食事が多くなっていますよね。 頭皮の皮脂が過剰に分泌されたり、動物性の食事が増えることで男性ホルモンの分泌が活発になるためAGAを引き起こす原因になり得ると言われています。

睡眠不足

睡眠不足は髪の成長を妨げる原因となり、AGAを引き起こす要因になることもあります。

髪の成長に関わる成長ホルモンは22時から深夜2時に分泌が活発になると言われています。 しかしこの時間帯に深い眠りについていないと分泌されません。

また、日中受けた刺激による髪へのダメージも寝ている間に補修されています。

睡眠不足が続くと髪の成長が妨げられ、メンテナンスも行われないため弱く抜けやすい髪になってしまい、AGAになる恐れがありますよ。

睡眠不足はNG
睡眠不足はNG

健康に良くないようですね

喫煙

喫煙もまた、AGAの原因になり得ると言われています。

アメリカで行われた調査では、たばこを吸う人は吸わない人に比べて男性ホルモンDHTジヒドロテストステロン)の量が10%以上も増加していることがわかったそうです。 DHTとは、AGAの原因で述べた脱毛物質のことです。

AGAを引き起こす物質が増加するとなれば、喫煙が薄毛に影響があることは明らかですね。

また、たばこに含まれるニコチンには血管を収縮させる作用があるため、血行不良を引き起こし、頭皮に栄養が行き渡らなくなってしまうことも薄毛の原因となってしまうようです。

アルコールの過剰摂取

百薬の長とも言われるお酒も、飲みすぎは髪に良くありません。

アルコールを摂取すると、体内で分解しようと肝臓が働くのですが、その時にアミノ酸をたくさん消費してしまうそうです。 アミノ酸は髪をつくるのに必要な栄養素ですので、アルコール分解で多くを消費してしまうと髪は栄養不足に陥ります。

また、お酒には糖分も含まれているため、摂取しすぎると毛穴に皮脂の詰まりが起こる可能性も。

適量であれば、血行を促進させたりストレス解消、リラックスして眠れるなどのメリットもあるお酒。 上手に付き合いたいですね。

お酒はほどほどに…
お酒はほどほどに…

適量を楽しむようにしましょう

生活習慣とAGA、関わりがあることがわかりましたね。 こうした生活習慣を見直し、整えることでAGAの改善につながります。

しかし、AGAが進行し、抜け毛・薄毛の症状が進んでしまっている場合は、生活習慣だけでAGAを改善するのは困難です。

生活習慣の改善は髪の健康のためには有意義なことですので、心がけることは大切です。 そのうえでさらにできることをしていきたいですね。

症状が進んだAGAでは難しい
症状が進んだAGAでは難しい

早めに対策できると良いですね!

進行したAGAには生活習慣だけでは改善は難しい… といってもできることもありますよ。

それは育毛剤の使用です。

髪に必要な栄養素は食事からとお伝えしましたが、体の一部である髪に栄養が行き渡るのは後回しになってしまうそうです。

育毛剤なら直接頭皮に栄養を届けることができますので、生活習慣の見直しと同時に育毛剤によるケアがおすすめです。

AGA改善におすすめできる育毛剤の特徴

育毛剤なら何でも良い、というわけではありません。

AGAの原因には男性ホルモンの影響があるとお伝えしましたね。 原因となる脱毛物質の生成を阻害する効果のある成分を配合している育毛剤があります。

また、髪をつくる毛母細胞の働きを活性化させる効果のある成分を配合していると、健康な髪を育たせる期待できます。

このように、AGAの原因や症状に期待できる育毛剤を使うことがおすすめですよ。

いかがでしたか?

AGAの改善には、生活習慣を整え、さらに育毛剤によるケアが効果的です。

体の中からも外からもしっかりとケアをして薄毛や抜け毛の悩みを解消しましょう!