目次

  1. AGA治療に保険はきかないって本当...!?
  2. なぜAGAの治療に保険は適用されないの?
  3. ただ、こういった場合は保険が使える!?
  4. 一般的なAGA治療の費用ってどのくらい?
  5. 比較的安価にできるAGA治療法とは?
  6. AGA対策で迷っている方へ
  7. 保険がきかないAGAには、安価な治療法でお得に改善させましょう
  8. AGA治療の関連記事はこちら

薄毛に悩む皆様。

AGAの治療には時間も費用もかかるイメージがありませんか? どんな方法で治療をしたとしてもやはり長丁場で費用がかさんでしまうことが多いAGA治療。

せめて健康保険が使えたら・・・と思いますよね。

結論から申し上げますと、AGA治療に健康保険は効きません厚生労働省が認める健康保険適用の対象に、AGAの治療が入っていないのです。 AGAの治療はなぜ健康保険適用の対象として認められないのでしょうか。 また、なるべく費用を抑えて治療するにはどうすればよいのでしょうか

本記事ではそんな疑問について解説します。

健康保険が使えないと・・・
健康保険が使えないと・・・

時間がかかるであろうAGA治療。 お金もかかって保険が効かないとなると なかなか治療に踏み切れません。 よい方法はないのでしょうか。

お伝えした通り、残念ながらAGAの治療には健康保険が適用されません。

AGAの治療には、飲み薬を用いるもの、育毛剤を用いるもの、植毛などがありますが、 厚生労働省が定める健康保険適用対象の治療にはそのどれもが含まれません

どうしてAGAの治療は健康保険適用対象外とされているのでしょうか。 詳しく見ていきましょう。

①AGAは病気ではないから

健康保険が使える対象となるのは、基本的には病気怪我の治療です。 AGAをはじめとする薄毛は、加齢などによる生理現象であり、病気や怪我ではないというのが厚生労働省の見解なのでしょう。

病気でも怪我でもないAGAの治療なので、たとえ治療であっても健康保険適用の対象としてみなされないのです。

②AGA治療は容姿を美化する行為

繰り返しになりますが、健康保険は病気や怪我をした時の治療が適用対象。 このため、日常生活に支障がないのに受ける診療に対しては健康保険は使えません

厚生労働省が定める「健康保険が使えないケース」として、 - 人間ドックや健康診断 - 予防接種 - 正常な妊娠・出産

などの他、美容を目的とする整形手術もあげられています。AGA治療はこの美容整形と同じように「容姿を美化する行為」とみなされている*のです。

AGA治療は容姿を美化する行為
AGA治療は容姿を美化する行為

AGA治療は現時点では、 容姿を美化するための行為であるとされ 命に関わることではないため 健康保険適用対象外なのです。

以上で見てきたように、AGA治療に健康保険は使えませんが、例外もあります!

それは、精神的な理由や他の病気が原因で脱毛に至り、結果的にAGA治療を受けることになった場合です。 この場合は例外的に医療費控除の対象となる場合があります。

もちろん税務署や税務署職員が認める必要がありますので、心当たりの方は税務署で相談してみてくださいね。

それではAGA治療には一般的にどのくらいの費用がかかるのでしょうか?

一般的なAGA治療費用を、治療方法別にまとめました。 治療の長さには個人差がありますが、最低数ヶ月はかかると言われています。 治療期間によって総額での差が多きので、ここでは1ヶ月にかかる費用をご紹介していきます。

①AGA専門クリニックでの治療費用

AGA治療法の一つに、専門クリニックでの治療があります。

繰り返しになりますが、AGA治療には保険が効かないので基本的に全額自己負担。 クリニックによりますが、一般的には月に2万円から3万円ほどかかると言われています。

専門クリニックは発毛を目的としており、 カウンセリングや細かい検査もありますし、個人にあわせた細やかな処方をしてもらえるのが特徴的。

処方も、複数の治療薬の他飲み薬やビタミンやミネラルなど、必要と思われるものが含まれます。

高くはなりますが、今よりも増やしたいと思っている方にはお勧めです。

カウンセリングもあり丁寧
カウンセリングもあり丁寧

AGA専門クリニックでは カウンセリングや検査もあるので 安心して進めることが可能。 でも保険が効かない分 費用はかさんでしまいます。

②一般病院での治療費用

AGA治療法には、専門クリニックではなく一般病院皮膚科で治療出来る場合もあります。

こちらも当然保険適用外で全額自己負担ですが、一般的には月に1万円から1万5000円程度と、専門クリニックより多少安価だと言われています。

ただし、発毛ではなく現状維持や発毛進行遅延を目的としているので要注意。検査も特にない場合が多く、治療薬の処方が目的となります。

処方される治療薬も基本的にはプロペシアというもの一種類です。

薬をもらうための診察
薬をもらうための診察

一般病院ではカウンセリングや検査もなく 処方される薬もプロペシア一種類のみ。

薬をもらうために診察を受けるという イメージです。

保険がきかないのでそれだけでも それなりに費用はかかります。

③育毛剤や治療薬を独自入手しての治療費用

AGA治療には、病院にかからず育毛剤治療薬を入手する方法もあります。

当然育毛剤や治療薬にかかる費用のみとなります。育毛剤は通販や薬局などで手に入れることができますが、 医薬品である治療薬は医師による処方で入手できます。また、医師を通さず、個人輸入するという方法もあります。

医師を介さず育毛剤や治療薬を使用した場合、一般的には月に5000円から1万円程度と言われています。 ただし、医薬品には副作用もあるので、受診したうえで処方してもらうことをお勧めします!

個人輸入は代行業者を
個人輸入は代行業者を

偽物が出回る危険性もある個人輸入。 日本の代行業者を使うのが無難です。

AGAの治療方法にはいくつかパターンがあることがわかりました。

どの治療方法を選ぶかについては、AGAの進行具合現実的に通える適切なクリニックや病院の有無、だけでなく値段も重要なポイントになってくると思います。

では、比較的安価にすませられるAGA治療法にはどのようなものがあるでしょうか?

育毛剤を使用する

AGA治療では、独自入手した育毛剤を使用するのも一般的です。

育毛剤は通販や薬局などで比較的安価に手に入れることが出来ます。 当然ですが診察代や検査代、処方箋代がかかりませんが、その分全て自己判断になります。

成分口コミなどの情報を利用して自分にあったものを探すことが出来れば、経済的でお得な方法といえます。

返金制度の整った物もたくさんあるので、うまく利用したいですね。

格安クリニックを探す

何度も言いますが、病院でのAGA治療には保険が適用されませんよね。

AGA治療は、自由診療という扱いになり、治療の価格は病院側が独自に設定しています。つまり、選ぶクリニックによって同じ治療法でも価格が大きく異なるのです!

当然治療内容にも差があり、精密な検査などはない場合もあります。 専門病院では、初回カウンセリング無料というところも多いので、詳しい治療内容と価格をきちんと検討し、自分の納得できる価格のクリニックを探してみてくださいね。

AGAの治療は、安くても効果がなければ意味がないし、自分にとって高額すぎてはそもそも試すことができず、効果の有無すら分かりませんよね…。

そこで比較的安価人気の薄毛対策としておすすめしたいのは、育毛剤の使用です!!

返金制度が整っているものや医薬部外品で人体への影響が緩和なものもたくさんあります。

ハゲラボで人気のチャップアップをおすすめします。

AGAの治療法を費用とともにご紹介してきました。

AGAの治療には今のところ保険がききません。 現実的に長く治療を続けていくためには、安価効果が期待できる方法を試したいですよね。

治療には、ずっと続けていけるという安心感も重要です。 お得な治療法を知って、自分にあったスタイルで改善していきましょう!