目次

  1. AGAの自分は病気なの…?
  2. AGAは病気か否か…
  3. 【病気かも?】AGAの原因をおさらい!
  4. AGAは病気ではない!その理由とは
  5. 病気でなくても治したい!AGA対策法はこちら
  6. こんな人は病気による薄毛かも
  7. AGAは病気ではありませんがしっかり対策を

自分はAGAという病気で抜け毛が増えてきたと感じている方も多いと思います。 抜け毛が気になるからハゲラボをネットで検索して記事を読んでいる方も いらっしゃるでしょう。

ここでAGAが病気かどうか検証していきますので、貴方の抜け毛が病気が原因 なのか正しい知識を身につけていきましょう。

AGAの悩みを解決します。
AGAの悩みを解決します。

AGAは病気かどうか気になりますね。 ここで疑問を解決しましょう!

AGAが病気かどうか情報が色々と錯綜しています。 そんな中で正しい情報を学んで、AGA対策をしましょう。 - AGAには内服薬があるから病気だ・・・ - AGAは体毛が伸びたからといって治療しないから病気ではない・・・

様々な意見がインターネット上でありますので、いくつかご紹介します。

AGAは病気?
AGAは病気?

AGAは病気ではなく体質や生理現象であるという説が有力です。

AGAとは男性型脱毛症のことで思春期を過ぎた頃から始まる方もいます。 AGAになる原因は遺伝が要因でなる場合もありますが、 男性ホルモンが深く関わっています。

男性ホルモンのテストステロンは男性らしい体格を作ることや性的欲求などに関係しています。 男性であることの象徴というべきテストステロンが還元酵素である5-αリダクターゼと結合することで、悪玉男性ホルモンであるジヒドロテストステロン(DHT)を発生させます。 ジヒドロテストステロンは毛根にダメージを与えて、正常な発毛サイクルを乱します。 その結果、成長する前の毛髪が抜け細く弱い毛が多くなり薄毛の原因となります。

AGAは医学的には病気ではないとされています。 男性ホルモンによる生理現象だと考えられています。 CMや広告では盛んにAGAがさも病気であることを謳っていますが、 誤った情報に惑わされずに正しい知識を学びましょう。

ここでは、詳しくAGAが病気ではないことを解説していきます。

①理由1 加齢による自然な生理現象です

男性は年齢と共に少なからず前頭部、後頭部の脱毛が見られます。 老人性脱毛症といって多少なりとも脱毛していくので、自然な生理現象です。 老人性脱毛症とAGAを併発する場合もあります。 男性の老化現象なので病気ではないと考えられています。

②理由2 AGAは遺伝も関係しています

AGAは遺伝でも起こります。 AGAを引き起こす遺伝は優性遺伝なので、父親が脱毛していたら 子供にも遺伝子が受け継がれます。 女性もこの遺伝子を持っているので、母親の家系で脱毛症の男性がいたら AGAになる可能性があります。

③理由3 AGAは生活習慣も関係しています

AGAは早い方で10代後半から脱毛が始まります。 40代以降になるとAGAの方が増加します。 生活習慣の乱れ・ストレス・睡眠不足などでもAGAが進行する可能性があります。 不摂生な生活習慣で身体的な症状が出たら病気ですが、脱毛するのは病気ではないと 考えられています。

AGAは個性の一つです
AGAは個性の一つです

体毛が濃いのは病気ではないように、AGAはその人の体質です。

AGAが病気でもなくても、脱毛していくことは悩みの原因になりますよね。 他の人の目が気になる方もいらっしゃるでしょう。

ここでは、AGAに対して効果を期待できる方法を紹介しますので、 貴方のAGA対策の参考にして下さい。

⑴対策1 ライフスタイルを見直す

規則正しい生活習慣を送っていないと脱毛の原因になります。 - 過度の飲酒 - 喫煙 - 睡眠不足 - 乱れた食生活

これらに当てはまる方はAGAで脱毛する可能性があります。 飲酒や喫煙は体内の血行不足を招き、頭皮まで栄養素が行き渡らない可能性があります。 一日3食で必要な栄養素を取ることもAGA予防に効果が期待できます。

⑵対策2 洗髪方法を見直す

育毛の基本はシャンプー選びから始まります。 - 安価な洗浄力の強いシャンプーを使用している - 力をいれて爪を立ててシャンプーをしている - すすぎ残しや過度に洗髪している

上記の洗髪方法はAGA対策には逆効果です。 アミノ酸系のシャンプーに変えたり、毎晩寝る前にシャンプーをしてきちんとすすいで、 ドライヤーで乾かすことが頭皮には大切です。

⑶対策3 育毛剤を使用する

AGA対策はいくつかありますが何が効果があるのか、悩まれると思います。 - 医薬品だと副作用が心配・・・ - AGAの病院に通院する時間がない・・・ - 自身の既存の毛髪を育てることで薄毛対策をしたい・・・

上記に当てはまる方には育毛剤という選択もあります。 定期コースを購入すれば毎月決まった日に届きますので、 頼み忘れがないでしょう。

AGA対策にはシャンプー選びも大切です。
AGA対策にはシャンプー選びも大切です。

自分の体質にあったシャンプー、育毛剤を探してAGA対策をしましょう!

病気による薄毛、脱毛の原因について解説していきます。

円形脱毛症 円形脱毛症は俗にいう十円ハゲのことで、最近では自己免疫疾患と考えられています。 自己免疫であるリンパ球が毛母細胞を攻撃し、髪の成長サイクルを止めてしまいます。 何故、自己免疫機能が異常を起こすのか解明されていません。

甲状腺機能低下症 一般的に橋本病と言われ甲状腺ホルモンは毛母細胞の働き*に深く関わっています。 甲状腺ホルモンは毛髪を作る毛母細胞を活性化させ、髪の正常な成長を促しています。 このホルモンが減少すると抜け毛の原因となります。

AGAで悩んでいた方もここまで読んでAGAと病気に関連性はないと理解されたと思います。 - 病気ではないなら、どうAGA対策したらいいの・・・ - 自分はAGA・ハゲなのか、どうなのかわからない・・・

迷っている方もAGAは病気ではなく、正しい知識を学んで早めの脱毛予防の対策を しましょう!