目次

  1. その薄毛、AGAかもしれない!
  2. 大学生がAGAになってしまう原因は?
  3. こんな症状なら大学生でもAGAかも…
  4. 大学生からやっておきたいAGA対策方法まとめ!
  5. AGA治療を行ないたい方は
  6. 大学生のAGAの原因と対策をしっかりと把握しましょう
  7. AGAの関連記事はこちら

まだ大学生なのに、最近髪が薄くなってきたと感じていませんか?

最近では10代から髪が薄くなってしまうことも珍しくありません。

円形脱毛症などの一時的な抜け毛なら自然に治ることもありますが、 AGAだったら、正しい対策をしなければどんどん進行していってしまいます。

AGAは、男性ホルモンが強いために起こってしまう男性型脱毛症と呼ばれるもので、主に頭頂部や前頭部から薄毛が進行していくのが特徴です。

最近髪の生え際が広くなっている気がする・・・ 久しぶりに見たらつむじのあたりが薄くなってるかも?と思ったらそれはAGAかもしれません。

対処が遅くなると改善にも時間がかかってしまいますから、なるべく早く対策するのが一番です。

手遅れになる前に、ここでAGA対策を学んでいきましょう。

若いからといって油断は禁物
若いからといって油断は禁物

気づかないうちにAGAを発症しているかも!?

年齢的にもまだ若い大学生がAGAになるなんて、意外ですよね。

AGA原因は、年齢に関係なく、男性ホルモンのテストステロンの分泌量が増加するために起こります。 テストステロンは、毛根にある5αリダクターゼと結合し、DHT(ジヒドロテストステロン)に変化します。

そのAGAの進行を早めてしまう外的要因もあります。 AGA対策を考えるなら、そういった要因にも注意しなければいけません。

主なものを(1)から(3)にまとめましたので、心当たりがないか考えてみてください!

⑴整髪料やカラーリング・パーマなどの強い薬剤の使用

大学生になると、高校では禁止されていた自由な髪型をやってみたくなりますよね。

カラーリングやパーマなどで、かっこよくオシャレにしたい。

そんな気持ちもわかりますが、カラーリングやパーマなどの強い薬剤が頭皮に付くことで、ダメージを与えている可能性があります。

オシャレをするなとは言いませんが、カラーリングやパーマはほどほどにしておいたほうがいいかもしれません。

また、髪をセットするための整髪料も、頭皮に付いてしまうと炎症を起こすきっかけとなってしまうかもしれません。

⑵喫煙・飲酒

飲み会などで、つい無茶な飲み方をする大学生も少なくないでしょう。

過度のアルコール摂取は、AGAの原因となるDHT(デヒドテストステロン)を増加させてしまい、AGAを進行させてしまいます。

また、喫煙は血流を悪化させるなどの影響があることはご存知かと思います。

血流の悪化は、髪や頭皮に栄養を届ける妨げになりますから、それもAGAを進めてしまう原因になると言われているのです。

飲酒・喫煙はほどほどに
飲酒・喫煙はほどほどに

喫煙は悪影響しかありません

⑶偏った食事・不規則な生活

不規則な生活は、人間の持っている体内時計を狂わせてしまいます。

それによって髪の毛が衰弱し、AGAを進める原因となってしまいます。

また、食事の栄養の偏りは髪の毛や頭皮の栄養不足を招くだけでなく、コンビニ食品やインスタント食品からは着色料や防腐剤などの添加物を取り入れることになり、頭皮に悪い影響を与えてしまうことがあるそうです。

AGAは、年齢によるものではありません。

AGAの脱毛部分にはDHTというホルモンが高濃度になっており、これがヘアサイクルの成長期を短くし、まだ育っていない細く短い髪の毛が多くなり、薄毛が目立ってくるようになります。

細くて短い髪の毛が抜ける場合は、AGAを疑った方がいいでしょう。

AGAの特徴としては、前頭部または頭頂部から薄毛が進行していきます。

額が広くなってきたり、つむじから薄くなってきている人はAGAが進行している可能性があります。

  1. 成長しきっていない細くて短い髪が抜ける
  2. 額の生え際が後退してきた
  3. つむじのあたりの頭皮が目立つようになってきた

これらはAGAの特徴的な症状ですから、思い当たる人はすぐにAGA対策を始めましょう。

その薄毛、AGAかもしれません
その薄毛、AGAかもしれません

前頭部や頭頂部の抜け毛はAGAの特徴です

AGAの対策はできるだけ早く行うのがおすすめです。

まだ若いからと油断しているとAGAはどんどん進行してしまいますから、できるだけ早めに対処したいところです。

では、AGAの対処とは具体的に何をしていけばいいのでしょうか。

AGAの対策として、明日からできるものを集めてみました。

(1)正しい方法でシャンプーする

AGA対策として大切なのは頭皮の環境を整えてあげることです。

その一つとして、シャンプーを正しく行うという方法があります。

シャンプーをするときに注意深く丁寧に洗っている人は少ないのではないでしょうか。

髪はほぼ毎日洗うものですから、正しいシャンプーの仕方をマスターしておきましょう。

①ぬるま湯(38度くらい)のお湯で髪の汚れを優しく落とす ②シャンプーを手にとり、泡立ててから頭皮につける ③頭皮をこすらないように、指の腹で優しく洗う ④ぬるま湯で十分にすすぐ

これだけで、頭皮の皮脂がしっかり落ちるようになります。

また、使うシャンプーはノンシリコンシャンプーにしましょう。

たくさんの種類がありますが、アミノ酸系の刺激の弱いものがおすすめです。 自分の肌に合ったシャンプーを探してみて下さい。

シャンプーの仕方
シャンプーの仕方

正しいシャンプーの仕方で頭皮ケアを

⑵PCやスマホは休憩しながら

現在ではほとんどの時間をPCやスマホの操作で過ごしている人も多いのではないでしょうか。

長時間画面を見ていることによって、眼精疲労が起きてしまいます。

眼精疲労が起きると、血行不良による肩こりや手足のしびれなど、様々な症状が現れますが、その中にAGAの進行を促進してしまうというものもあります。

PCやスマホを使わないというのは無理でしょうから、1時間につき10分程度の休憩をとるなど、こまめに休むように心がけましょう。

眼精疲労に注意
眼精疲労に注意

PCやスマホの操作は集中しすぎないように!

⑶栄養バランスのとれた食事を心がける

強く太い髪を育てるためには、食事から摂取する栄養が大切になってきます。

しかし、勉強や友達付き合いなどで忙しいうえに、一人暮らしで自炊は難しいかもしれません。

コンビニや外食でも、少し気をつけるだけで格段に栄養バランスが良くなります。

例えば、コンビニでお弁当を買うときはサラダフルーツも一緒に。

外食は、ラーメンや丼などの単品よりも定食を選ぶなど、少し工夫するだけで栄養バランスがとれますので、意識してみましょう。

栄養バランスのとれた食事
栄養バランスのとれた食事

サラダやフルーツを足して、栄養のバランスを取りましょう

⑷規則正しい生活

夜更かしや朝寝坊、たまにはいいかもしれませんが、連日続いてしまうと自律神経が乱れ、頭皮の状態が悪くなると言われています。

特に睡眠不足はよくありません。

睡眠中は免疫細胞やホルモンによって日中受けたダメージを修復する大切な時間です。それがなくなってしまうと、当然髪や頭皮のダメージもそのままです。

忙しくても、きちんと夜寝る生活を心がけて下さい。

規則正しい生活を
規則正しい生活を

睡眠不足は髪の毛にもダメージ

⑸ストレスの軽減

人生において、ストレスを全く受けないということはないでしょう。

しかし、過度の強いストレスは、血管を収縮させて血流を悪くし、AGAを悪化させてしまう可能性があります。

ストレスを溜め込まないよう、自分なりのストレス発散方法を探してみて下さい。

スポーツなど体を動かすことでストレスを発散すると、運動により血行も良くなりますのでおすすめです。

ストレスの解消を
ストレスの解消を

軽い運動は血行促進にもなって一石二鳥

⑹カラー・パーマ・整髪料を控える

カラーリングやパーマなどの強い薬剤は、髪の組織を人工的に変えることですので、当然ダメージはありますよね。

カラーリングのあとは髪がパサついたりしますよね。

髪にダメージを与えるだけでなく、薬剤が頭皮に付くことによって頭皮にもダメージを与えてしまうことがあるのです。

弱った髪や頭皮を更に痛めつけることになりますから、できるだけ控えた方がいいでしょう。

カラーやパーマは髪にダメージ
カラーやパーマは髪にダメージ

髪だけでなく頭皮も痛める原因に

⑺飲酒を控える

大学生も20歳を超えれば、飲み会やコンパなどでお酒を飲む機会が増えてくるでしょう。

酒は百薬の長と言われるように、適量のアルコールは血行を促進したり、ストレスの解消にもつながることもあります。しかし、あくまで「適量」の場合です。

髪の毛を作り出す栄養素にシスティンやメチオニンというアミノ酸がありますが、この成分は、肝臓でアルコールを分解する働きもあります。

アルコールを過剰に摂取してしまうと、システィンやメチオニンが髪の毛の生成にまで行き届かなくなってしまうのです。

お酒はほどほどにし、最低でも週に1.2日は飲まない日を作りましょう。

アルコールはほどほどに
アルコールはほどほどに

飲みすぎはAGAを悪化させてしまう可能性も

⑻喫煙をやめる

喫煙による悪影響は、説明するまでもなくご存知かと思います。

タバコに含まれるニコチンは血管を収縮させる作用があるので、体の末端である頭皮や髪の毛にまで栄養が届かなくなってしまいます。

栄養が届かないだけでなく、ビタミンなどの重要な栄養素を壊してしまう働きもあると言われているので、可能な人はすぐに禁煙することをおすすめします。

無理な禁煙でストレスを抱えてしまうのも逆効果ですから、禁煙外来などで相談し、無理のない禁煙ができることがベストですね。

ぜひ禁煙を
ぜひ禁煙を

喫煙で得られるものは何もありません

⑼頭皮マッサージ

AGA対策の補助的な役割として、頭皮マッサージも効果的です。

しかし、ただ揉めばいいというわけではなく、正しく行わないと逆に頭皮を痛めることになりますから注意が必要です。

過度に力を入れすぎてしまうと、頭皮を傷つけてしまいますし、不衛生な手で行うと雑菌が頭皮についてしまい、そこから炎症を起こすリスクもあります。

また、長時間続けすぎて頭皮にストレスがかかってしまうと逆効果になってしまいます。

頭皮マッサージは、清潔な手で優しく、数分程度行うといいでしょう。

頭皮マッサージも効果的
頭皮マッサージも効果的

優しく清潔に行い、血行を促進しましょう

(10)育毛剤を使用する

AGAの対策としては、育毛剤を使用することもできます。

今回は医薬部外品の育毛剤チャップアップをご紹介いたします。

チャップアップはセンブリエキス、グリチルリチン酸、ジフェンドラミンHCの有効成分を配合しており、血行を促進し、頭皮環境を健やかに保つ効果が期待できます。

気になる方は公式サイトをご確認くださいね。

AGA治療を行っているクリニックがあることをご存知でしょうか?

薄毛やAGAの治療をしたい方で、まずはクリニックなどで医師に相談してから治療を始めたい方もいらっしゃいますよね。

ヘアメディカルグループは、東京・名古屋・大阪・福岡で頭髪治療を行なっているグループです。

ヘアメディカルでは、無料カウンセリングで、疑問や悩みを相談したり、事前にかかる費用をきちんと把握したうえで治療をはじめることができますよ。

AGAを進行させる原因は、日常のあらゆるところにありますね。

一つ一つ注意して頭皮の健康状態を守っていくと共に、育毛剤で髪の毛を育てていけば、これからの長い人生をまだまだ楽しめるはずです。

AGAの対策は早ければ早いほど、予防に効果が期待できますから、ちょっと気になる程度の人も、今から対策することをおすすめします。