目次

  1. AGAになりやすかどうか、検査する方法がある...!?
  2. AGAの検査方法にはどんなものがあるの?
  3. AGAの検査方法1:自宅での検査キットによる検査
  4. AGAの検査方法2:病院での遺伝子検査
  5. AGAの検査方法3:病院での血液検査
  6. 検査で自分のAGAの状態を把握したら…
  7. AGAの検査方法はメリット・デメリットを参考にして選びましょう
  8. AGAの関連記事はこちら

自分がAGAになる可能性、リスクが事前にわかっていれば安心です。

早めにAGAの対策を取ることができるからです。

またAGAのリスクが低ければ、頭皮の環境を整えたり、マッサージなどのケアに重点を置くこともできます。

でも、本当にAGAになるリスクを検査することはできるのでしょうか?

自分はAGAになるのか、ならないのか気になる
自分はAGAになるのか、ならないのか気になる

検査することができるなら、検査してみるか。

その方が気が楽だし、早めに対策を取るぞ!

AGAの検査とは、自分がどのくらいAGAになりやすいかのリスクを遺伝子の検査から診断する方法です。

AGAの原因となるのは男性ホルモンですが、実際には毛根細胞内の男性ホルモン受容体が作用することでAGAが引き起こされます。

その男性ホルモン受容体には、遺伝子のDNA配列に特徴があるため、遺伝子を検査することでAGAにつながるリスクを診断します。

具体的にはCAGGGCという塩基配列が繰り返される領域の長さから、AGAのリスクを診断します。

(CAG繰返し数) + (GGC繰返し数) ≦ 38の場合は、AGAのリスクが高く、フィナステリドによる治療が必要です。

検査方法は、遺伝子の採取の仕方で分かれ、ほほの内側の粘膜や血液から採取する方法があります。

自宅で手軽にできる検査キットです。

以下の手順でAGAのリスクがどうかを調べて結果を得ることができます。

①:AGAドックという検査キットを購入します。

②:両ほほの内側をキットの採取綿棒で強く20回ずつ擦り付けて粘膜を採取します。

③:指定されている送付先へ、同封の書類と一緒に送ります。

④:遺伝子検査結果が送られてきます。

検査は株式会社ジェネシスヘルスケアが行います。

※これらの口コミはあくまで個人的な感想であり、効果または副作用を保証するものでは一切ありませんので、それをご了承の上お読みください。

自分がAGAであるか確認したくて検査キットを購入された方の口コミです。

お二方とも結果はAGAのリスクが低いという結果で、安心したような、意外のような感想をお持ちでした。

次の育毛対策に進む際の手段選択の参考情報になることは間違いありませんね。

AGAの検査キットのメリット

一言で言うととにかく手軽です。

ほほの粘膜を採取して送るだけで、結果が返送されてきますので手間がかかりません。

もう1つのメリットとして、早い段階で自分のAGAに関する遺伝的要素について知ることがでます。

今後、若はげ対策をする際に効果の出せる方法を選択できるようになります。

AGAの検査キットのデメリット

お手軽に検査結果がわかりますが、 その結果を踏まえて自分で判断して行動しなければなりません。

もし医師に相談することになれば、最初から医師のところで検査してもらえば良かったということにもなりかねません。

AGAの検査キットは時間のない人におすすめ

AGAの検査キットによる検査は、とにかく時間のない人、毎日忙しい人におすすめです。

通販で検査キットを購入すれば、時間も手間もかけずに結果まで知ることができます。

病院やクリニックへ出かける必要がないというのは大きなメリットです。

また、AGAの検査ができる病院やクリニックが近くにない人にもおすすめです。

忙しいくて時間がない
忙しいくて時間がない

病院やクリニックにかかるなら、予約を取り、出かけて行って、時間をかけて診察してもらう必要があります。

検査キットなら、自宅で時間をかけず検査できます。

病院やクリニックでの遺伝子検査も、多くの場合AGAドックまたは同等品で、ほほの粘膜を採取して遺伝子の検査をします。

中には、毛髪の根元に付着している毛包の遺伝子を検査する病院やクリニックもあります。

遺伝子の検査ですので、どこの細胞でも同じ結果になるような気がする一方、毛包で検査した結果はもっと信頼できそうな気もしてきますね。

また結果についても、医師が説明をしてくれますし、そのまま続けて検査結果に即した治療を施してもらうことができます。

※これらの口コミはあくまで個人的な感想であり、効果または副作用を保証するものでは一切ありませんので、それをご了承の上お読みください。

この間AGAの遺伝子検査を受けました。数値はCAG22 GGC18 合計リピート数40でリスクとしては低めでした。先生曰くリピート数40以下がプロペシアの効果がでや すく私の数値では飲んで見ないと分からないが効果は出にくいかもと言われました。

AGAの遺伝子検査についての質問です。この間AGAの遺伝子検査を受け... - Yahoo!知恵袋

AGAの検査を病院やクリニックで実施すると、結果について医師に相談できるので安心です。

また医師も多くの患者さんを診てきた経験と実績から、自己検査では思いつかなかったような指摘やアドバイスをしてもらえることが多いようです。

検査結果について、医師の話をよく聞きましょう!
検査結果について、医師の話をよく聞きましょう!

AGAのリスクはどうなのか?

今後はどういった対策が有効なのか、医師の経験も踏まえたアドバイスをしてもらいましょう!

病院での遺伝子検査のメリット

やはり医師に診断してもらうので、安心です。

医師も多くの患者の症例を診てきていますので、ツボをついた診断を下してくれます。

そして、その結果に最も合った治療を継続してして実施してもらえることもメリットです。

病院での遺伝子検査のデメリット

やはり金銭面での負担がデメリットとなります。

加えて、検査結果が中途半端な結果であれば、ここまで検査しなくとも良かったかな、と感じてしまいます。

ただ、そう感じたとしても、検査して初めてそう考えることができた訳なので、やはり検査はしておいたほうが良いでしょう。

AGAの検査用に予算は多めに必要です。
AGAの検査用に予算は多めに必要です。

病院での遺伝子検査には、それなりの費用がかかります。

ほとんどの病院やクリニックで、オプションメニューになっています。

病院での遺伝子検査は心配症な人におすすめ

遺伝子検査をするなら、髪の毛の毛包の遺伝子で検査するのが最も安心だ。

と、考える人が多いようです。

心配症といえば言い過ぎになるかもしれませんが、本人の希望であるので、その通り検査できれば一番です。

幸い、そうした人の要望を受けてのことだと思いますが、病院やクリニックによっては、毛包で遺伝子検査を実施しています。

一般的な血液検査と同じで、左右どちらかの腕から静脈血を採取して遺伝子のDNA塩基配列を検査します。

検査する内容は、ほほの内側の粘膜や髪の毛の毛包から検査するのと同じCAGとGGCの塩基配列の繰り返し数から、AGAのリスクを診断します。

※これらの口コミはあくまで個人的な感想であり、効果または副作用を保証するものでは一切ありませんので、それをご了承の上お読みください。

AGAの場合はプロペシアがメインの治療法になります。

なので、プロペシアが使えるかどうかを判断するために、血液検査は有効かなと思います。

ただ、男性の場合はAGA以外での薄毛というのは非常に稀なので、そういう意味では、血液検査をしなくても問題ないかもしれません。

最近薄毛で悩んでる20代です。AGAの血液検査?遺伝子検査?を、しようとしてる... - Yahoo!知恵袋

先ず、普通に初診料がかかります。

検査としては肝機能の検査もしますから血液検査をします。

あとは問診です。

ここまで5000円くらい。

よくセットで初診料込で10000円〜とかありますがかかりつけなら5000円くらいです。

検査結果で問題なければ処方されます。

皮膚科でのAGA治療って、費用はいくらくらいかかるんですか? - まずA... - Yahoo!知恵袋

病院やクリニックで血液を採取して遺伝子検査をすることは、確実だと信頼感を持てます。

おそらく健康診断等で、血液検査をやり慣れているという面があるのでしょう。

ただ注意すべきは、薬の処方確認のために肝機能の検査をする場合、血液中のホルモンの状態を見る場合、等の目的でも血液検査をします。

AGAのリスクを確認するための血液検査は、別にオプションとなっている場合がありますので、医師によく確認をしましょう。

病院での血液検査のメリット

血液から遺伝子の検査をします
血液から遺伝子の検査をします

一般的な健康診断の血液検査と同様な診療となります。

血液を用いての検査は、検査装置が比較的整備されているので、検査費用も若干ではありますが安く済ませることができます。

粘膜や毛包から遺伝子を抽出する訳ではありませんので、遺伝子検査をする前処理を大幅に短縮できるからです。

地方にお住まいの方でも、血液検査であれば比較的医療機関を探しやすく、検査を受けやすいです。

病院での血液検査のデメリット

血液を採取する検査は、いかなる目的の検査であっても避けたい方はいらっしゃいます。

痛いですし、精神的に苦痛を感じてしまいます。

血管が細かったり、皮下脂肪に隠れていたり、血液採取に不適な方も意外に大勢いらっしゃいます。

無理をせずに、別な検査方法を選ばれるのも良いでしょう。

病院での血液検査は簡単に安く済ませたい人におすすめ

血液による検査は、比較的検査してもらえる病院やクリニックを探しやすいです。

また検査をできる機関が多いので、結果も早めにわかります。

しかも価格的にも安く済ませることができます。

以上から血液検査は、簡単に安く済ませたい人にはぴったりの検査方法です。

AGAの状態を把握したら、DHTの抑制が必要なのか、不要なのかの指針が得られます。

ただし、その遺伝子検査の結果は、あくまで参考で考えておく必要があります。

AGAのリスクが高いという結果の人でも髪の毛がフサフサであることがありますし、逆にリスクが少ないという結果の人でも薄毛に悩む人が大勢います。

いずれにしても、早めに育毛剤で対策しておくことが良さそうです!

ハゲラボでは、育毛効果の確認されていて、刺激が少ないチャップアップをおすすめしています。

AGAのリスクを遺伝子から診断できる時代になりました。

しかも通販で検査キットを購入して、自宅に居ながらにして結果を得ることまでできます。

また、病院に出向き、毛包や血液から遺伝子検査をして、医師に診断してもらうこともできます。

せっかくの3つの検査方法を選ぶことができるのですから、是非ご自分の遺伝子の検査をされることをおすすめします。

若はげのリスクを把握して、事前対策をすることができるのです。

データに裏打ちされた自信をもってAGA対策を進めましょう!

治療方法を知りたい!そんな方はこちらの記事ももおすすめです。 薄毛治療の最新はコレ!最先端技術でハゲ治療をしよう