目次

  1. 若ハゲの原因は、多くがAGAだった...?
  2. AGAっていったいなに?
  3. あなただけではない!?多くの男性を悩ませるAGA
  4. AGA以外の脱毛もある
  5. AGAの症状は?
  6. AGAの原因は?
  7. AGAはこんな人がなりやすい!
  8. AGAを進行させる原因とは?
  9. AGAは自然に治らないって本当?
  10. AGAの対策方法はこちら
  11. AGA対策はなぜ早い方がいいのか
  12. AGAの専門クリニックで行う治療とは?
  13. AGAは予防も大切
  14. AGAの原因に効く!正しいシャンプーの方法!
  15. AGAの原因と対策をしっかりと把握し、正しく改善させましょう
  16. AGAの関連記事はこちら

朝起きた時の枕カバーに付いている抜け毛が多くなった、髪をとかすと櫛に付いている抜け毛が多くなった、洗髪して流すと抜け毛がたくさん流れている...

鏡をみると髪の毛の生え際が後退しているような、分け目や頭頂部の髪の毛が薄くなってきているような気がする...

まだ年は若いのに、抜け毛や薄毛が気になりませんか? 実はそれ、AGAかもしれません。

ひょっとして若ハゲかも?
ひょっとして若ハゲかも?

抜け毛がやけに多い。 気がついた時点ではすでに黄色信号です! 赤信号が灯る前に、何とかしなければ!

AGAとは”androgenetic alopecia”の略で、男性型脱毛症と呼ばれています。

実はAGAに年齢は関係ありません。 つまり若い人でもAGAになることがあります

AGAは円形脱毛症のように、特定の部分だけハゲるということはありません。 また完全にツルツルまでにハゲあがるということは稀です。

AGAは年齢に関係ありません
AGAは年齢に関係ありません

抜け毛の増加、 生え際の後退(M字ハゲ) これが始まりのサインです!

日本人の成人男性の約4人に一人は薄毛に悩んでいると言われています。 そして、男性の薄毛の約9割はAGAだとも言われています。 つまり、AGAの悩みというのは特別なものではなく、 むしろかなり多くの男性が共通して持っている悩みでもあるのです。

今薄毛に悩み始めている方も安心してください。 その悩みを持っているのはあなただけではありません。

そして、AGAは治すことができます。 本記事で、AGAについて、原因進行メカニズムなどをしっかりと理解し、 適切な対処法を学びましょう。 明るい未来が待っていますよ。

ただし、割合的には少数ではあるものの、AGA以外の脱毛症も存在します。 薄毛=AGAと決めつけてしまうことで、適切な対処ができず、 結果的に薄毛をさらに進行させてしまう危険性もあります。

今現在薄毛に悩んでいる、薄毛が気になる、という方は、 AGA以外が原因の薄毛についての知識も持つことで、総合的に判断しましょう。

そこで、まずはAGA以外の脱毛症についてご紹介いたします。

髪が薄くなるとすぐに「AGAかも!」と思いがちですが、抜け毛の原因は他にもあります。

・脂漏性脱毛症

皮脂が過剰に分泌することによって皮脂が酸化して頭皮に刺激を与え、かゆみや炎症などが原因で抜け毛を引き起こしています。

・ひこう性脱毛症

こちらは頭皮の乾燥によって抜け毛が起きています。 主に洗いすぎが原因で、フケが多く見られます。

・内分泌疾患

下垂体・甲状腺・副腎などの内分泌疾患に伴い、脱毛が引き起こされる場合があります。

・円形脱毛症

円形脱毛症は、範囲的ではなく部分的に起こります。

1箇所だけが脱毛する場合には、円形脱毛症の可能性が高いです。

このように、髪の毛が抜ける原因は様々です。

上記のような自覚症状があれば、まずは皮膚科や内科で診てもらいましょう。

AGAにはAGAの症状がありますから、自分でも大まかな判断はできると思います。

次で、AGAの特徴的な症状を詳しく見ていきましょう。

AGAの症状は全体が薄くなるわけではなく、額の生え際や頭頂部の髪がだんだん薄くなっていきます

AGAの進行の仕方は人によって違い、額の生え際か頭頂部のどちらかから進行するパターンと双方から進行するパターンがあります。

いずれも髪のボリュームが低下し、地肌が見えやすくなってくるのが特徴的です。

それ以外のAGAの主な症状は下記の通りです。 - 抜け毛が多くなった - 今までよりも髪の毛が細くなった - 地肌が見えやすくなってきた - 髪の毛が伸びにくくなった - 頭皮が脂っぽく感じるようになった - 髪の毛のセットがしづらくなった

AGAの症状は額の生え際や頭頂部から

AGAの症状は額の生え際や頭頂部から

AGAの症状を感じる人は注意が必要です!

ではそもそもなぜAGAは起こってしまうのでしょうか?

その理由は大きく3つに分けることができるようです。

1つ1つ詳しく説明しますので、AGAの原因についてしっかりと把握していきましょう!

原因1:男性ホルモンDHT

AGAの直接的な原因は、DHTと呼ばれる男性ホルモンが引き起こす抜け毛です。 DHTは[ジヒドロテストステロン](dihydrotestosterone)の頭文字を取った名称です。

DHTは男性ホルモンの遊離テストステロンが、酵素の5αリダクターゼによって変化されて生成されます。 DHTが生成されると、ヘアサイクルが乱れて髪の成長期が終了してしまうのです。

その結果太く長い髪に成長する前に抜け毛を引き起こしたり、短い毛髪が多くなるため全体的に薄毛が目立つようになると言われています。

原因2:遺伝

AGAは遺伝すると言われています。

AGAの直接の原因はDHTでしたが、DHTが作用するアンドロゲンレセプターと呼ばれる男性ホルモン受容体遺伝子はX染色体上にあります。

遺伝的にハゲやすい人は、このアンドロゲンレセプターがDHTとくっつきやすくなっているため、DHTの影響を受けやすいのです。

ですので、遺伝的にハゲやすいかどうかは髪の毛のX染色体上のアンドロゲンレセプターの状態(DNA)を調べることでわかります。

ちなみに、このアンドロゲンレセプターは後頭部や側頭部の毛根には存在していないので、AGAの症状が出ても後頭部や側頭部の毛はなくならないのです!

AGAは遺伝する!?
AGAは遺伝する!?

AGAに関係する染色体の性質から、特に母方からの遺伝の影響があると考えている研究者は多いようです。

原因3:生活環境

直接的原因ではありませんが、生活環境もまたAGAの発症の要因の一つになります。 髪の毛も体の一部ですから、頭皮の健康のためには体が健康であることが大切なのです。

  • 睡眠時間の乱れは、髪の毛の成長ホルモンの分泌を乱します。
  • 喫煙は、ホルモンバランスを崩しますし、血管を収縮させ頭皮の血流を妨げます。
  • アルコールの取り過ぎは、髪の毛を作る栄養がアルコールの分解に取られてしまいます。
  • 過度のストレスは体内代謝や血流、ホルモンバランスを乱し抜け毛の原因になります。

こうした様々な頭皮の環境の悪化がDHTの暗躍を許してしまいます。

AGAの原因からみると、発症してしまう可能性が高い人には以下の3つの特徴があります。

  • 不規則な生活をおくっている人
  • ストレスが多い人、ストレスを溜め込んでいる人
  • 祖先にハゲている人が多い人

それでは順番に詳しく説明していきます!

⑴不規則な生活をおくっている人

AGAの原因の一つに不規則な生活があることがわかりました。 健康な髪を育てるためには、栄養バランスの摂れた食事や適度な運動が必要です。それらが不足している人は、頭皮の状態が健康な髪が育ちづらい環境というわけですね。

ですから毎日の生活習慣が、AGAを発症しやすいかしにくいかの違いにも直接関わるのです。

具体的にAGAには以下のことが関係しているので注意しましょう!

就寝、起床の時間:特に成長ホルモンが分泌される深夜から2時頃に寝ていない人

喫煙、飲酒の習慣:タバコを吸う人、アルコールを飲みすぎる人

食事の栄養バランス:栄養の偏り、不足がおきている人

⑵ストレスが多い人、ストレスを溜め込んでいる人

ストレスがかかると健康面や精神面上よくないのは当然のことですが、AGAを引き起こす可能性も高めてしまいます。 過度のストレスはホルモンバランスを崩しますので、頭皮にDHTが大量発生して抜け毛を引き起こすのです。

他にもストレスがかかることで血管が収縮します。血管が収縮して血流が減少すると、頭皮に栄養分が届かなくなってしまいます。頭皮はただでさえ血行不良になりやすいので、注意が必要なのです。

ストレスがかかる結果としてDHTの影響をもろに受けて抜け毛が増え、しかも代わりの毛は育たないという状態になります。 また抜け毛が増えることでさらにストレスを感じる人が多いので、悪循環が起こるというわけです。

過度のストレスは要注意!
過度のストレスは要注意!

ストレスは精神的なものですが、実際に髪の毛に影響が出ますので要注意です。

⑶祖先にハゲている人が多い人

祖先の写真は要チェックです。

先程紹介したように、AGAの原因の一つは遺伝です。 AGAの原因となるDHTの影響を受けやすいアンドロゲンレセプターはX染色体にあります。 X染色体は主に母方から遺伝しますので、母方の祖先の髪の毛の様子をよく確認しましょう。

ただ、もし仮に遺伝が原因であったとしても、直接の原因となるDHTの働きを抑えることでAGAは改善していくので、家系に薄毛の方が多かったとしても諦める必要は全くありません!

むしろAGAの原因がはっきりとわかるのでラッキーです。今すぐ適切な対策を始めましょう。

AGAになりやすい方の原因をみてきましたが、ここではAGAを進行させてしまいがちな生活習慣についての特徴を解説していきます。

(1)間違ったヘアケアをしている

シャンプーをする時にゴシゴシと爪を立てて力をいれてシャンプーをしていませんか? 頭皮に傷がついて抜け毛を進行させてしまう可能性があります。 シャンプーをする時には指の腹を使ってマッサージをするように洗いましょう。

(2)目を酷使している

現代社会ではパソコン、テレビなど長時間画面を見続ける方もいらっしゃるでしょう。 眼精疲労頭皮にもストレスがかかってきます。 仕事上パソコンに向かう時間が長い方は慢性的に頭皮が血行不良になっている可能性があります。

(3)湯舟に浸からない

毎日お風呂でシャンプーをして育毛剤を使っていても、シャワーだけで済ませてませんか? リラックスタイムであり全身の血行を良くしてくれる湯舟で体を温めることが大事です。 夏でも冷房で冷えた体を湯舟で温めて全身の血行を良くしましょう。

上記に少なからず当てはまる方も多いと思います。 AGAの直接な原因ではありませんがAGAを進行させてしまう原因の可能性があります。

AGAを進行させないためにも生活習慣を見直しましょう

AGAは早い人であれば20代から始まり、30代~40代にかけて徐々に薄くなっていきます。 薄毛にも色々種類はありますが、自然治癒する円形脱毛症と違いAGAは一度発症すると自然に治ることはありません

ですので、AGAかも?と思ったら早めの対策が重要になってくるのです。放っておくと、AGAはどんどん進行して治療にも時間がかかるようになってしまいます。

少しでもAGAの可能性を感じるという人は、早めの対策を考えておきましょう。 詳しい対策に関しては、このあとご紹介します!

AGAになってしまう要因から発症しやすい人の特徴を踏まえ、その対策方法について3つにまとめてみました。

まだ抜け毛が気になるほどではない人でも、AGAの対策は早ければ早いほど良いので参考にしてください。 すでにAGAを発症している人はこれからと言わず、たった今から対策開始です!

⑴規則正しい生活をする

規則正しい生活は健康な体を作ってくれます。 健康な体を作ることで頭皮にも栄養がしっかりと行きわたるので、AGAの対策にも繋がるのです。

以下に個別にあげますので、さっそく規則正しい生活を実践しましょう!

早寝早起き:特に深夜から2時の間は寝ていること ・バランスのとれた食事:特に亜鉛を含むミネラルの摂取を忘れずに ・ストレス解消:リラックスタイムを取る、気分転換する、お風呂でゆったりする、など ・禁煙:タバコは減らすだけでなく、やめましょう! ・適量の飲酒:物足りないくらいでちょうど良いです。

体が健康だと髪の毛も健康に
体が健康だと髪の毛も健康に

規則正しい生活で体も髪も健康になる!一石二鳥ですね!

⑵AGA治療を行っている医療機関へ行く

今すぐに発毛を本格的に行いたいのであれば、AGAを専門に治療を行っている医療機関へ行くことをお勧めします。

専門のお医者さんが自分の薄毛の状態や特性をしっかり診断してくれますし、AGAの症状に合わせて適切な治療もしてもらえます。最も効果的な治療を始められるというのは、専門機関だからこそのメリットと言えるでしょう。

さらに、フィナステリドミノキシジルといった、薄毛治療のグローバルスタンダードで治療してもらうことも可能です。

⑶医薬部外品の育毛剤を使う

最後に、AGAの対策としておすすめしたいのが育毛剤です。

育毛剤には頭皮環境を整える成分や血行を促進する成分が含まれていますので、AGA対策に効果が期待できます。

これから薄毛対策を始める方で、まずは自宅での治療から始めたい方は医薬部外品育毛剤の使用を検討されてはいかがでしょうか?

医薬部外品のため、体への影響が緩和であるという特徴があります。

今回はハゲラボでも人気の育毛剤チャップアップをご紹介いたします。

チャップアップはセンブリエキス・グリチルリチン酸・ジフェンドラミンHCの有効成分を配合しています。

血行促進や抗炎症作用があり、頭皮環境を健やかに保つか働きをしてくれます。

気になる方は公式サイトをチェックしてみてくださいね。

一方、 - AGA治療の予算がある方 - 近くに信頼出来るクリニックがある方 - 発毛したい方 にはクリニックがオススメです。

専門のお医者さんがあなたの状態や症状をしっかりと見極めて適切な治療をしてくれますよ。 是非、一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

AGA対策はなぜ早い方が効果的なのか。

それは、毛髪を生成している毛母細胞が機能しなくなってしまうと、もう髪の毛は生えてこないからです。

AGAの治療は、まだ残っている毛母細胞の延命治療だと考えるとわかりやすいかもしれません。

一度死んでしまった毛母細胞を蘇らせることはできないのです。

ヒトの体は、一部の生殖系細胞を除いて約40~50回の細胞分裂をしたら終了と言われています。

これは毛髪を生成する毛母細胞も同じです。

正常なヘアサイクルは1回が約2~6年ですので、毛母細胞の寿命は約80年ということになります。

しかし、AGAによってヘアサイクルが0.5~1年と短くなってしまった場合、単純に計算しても25年で毛母細胞は寿命を迎えます。

毛母細胞が分裂できなくなれば、通常のAGA治療では毛髪が生えず、植毛などの手術によってしか対処できません。

ですから、AGAに気付いたらすぐに対処することが必要になのです。

AGAの専門クリニックではどんな治療が行われているのでしょうか? その人の症状によっても治療法は異なってきますが、専門クリニックでの主な治療についてご紹介します!

クリニックを検討している人はぜひ参考にしてみてください。

内服薬の服用

AGA治療薬にはAGAの原因となるDHTが与える影響を抑えたり、頭部の血行促進や成長ホルモンの分泌を促す効果があります。 ですので、AGAの進行を抑えつつ改善を進める効果があるというわけですね。

ただAGAの治療薬には副作用があると言われているものもあります。 そのため、いくらAGAの治療薬を個人で輸入することができるとしても専門機関でしっかりと見てもらうのをオススメします。

AGAの治療薬は効果が表れるまでに、6カ月以上は必要と言われていますので長期的に服用する必要があります。

メソセラピーによる治療

HARG治療など、注射器を使って直接気になる部分に成長因子を投与する方法です。

直接投与するため、効果が早く実感できる治療法です。 ただ、その分費用はかかりますので事前に受ける回数を踏まえて最終的にいくらかかるか?というのを確認した上で決めるのが良いかもしれません。

専門クリニックだからこそできる治療

専門クリニックだからこそできる治療

自分ではできない治療ができるのは専門クリニックならではと言えます。

植毛

内服薬などでは効果が見られないという人に提案される外科手術治療です。 残っている毛髪を毛根ごと薄毛部分に移植する治療なので、最も確実に生える方法とも言えるでしょう。

先程のメソセラピー治療と同様に、費用が高額になるため予算に余裕がある人にオススメの方法です。

以上みてきましたようにAGAは男性ホルモンが原因で対策には規則正しい生活、クリニックと育毛剤が有効でしたね。

より理解を深めるためにクリニックの体験談の動画がありますのでみてみましょう。 AGA対策で「発毛を狙う」というクリニックがしている処置内容がわかります。

【薄毛速報】え?3か月でこんなに?ゴリラクリニックのAGA治療薬の効果が凄い(芸人 S×L酒井)

AGAの根本原因、AGAを進行させてしまう生活習慣、AGAの対処法など たくさんご紹介してきました。

どの対処法が最適なのかということは、あなたのAGAの原因や進行具合、 どのような方法を好むかや、現実的な金銭面などを 総合的に判断する必要があるため、ここで述べることはできません。

ただし、AGAがそこまで進んでいなければ、 生活習慣を少し見直すレベルでも良いかもしれませんが、 すでにかなり進行していて、地肌が完全に見えてしまっている場合には、 医療機関へ行くのが一番近道かもしれません。

出来ることならば、金銭的にも生活面でも手軽にすませたいですよね。

そこで、まだ薄毛がそこまで気になっていない方には、これからの予防がポイントです。

脱毛の原因となっている(タバコ、睡眠不足などの)悪い習慣はなるべく排除し、 発毛を促すような(運動する、栄養をとるなどの)良い習慣を積極的に取り入れましょう

本記事でご紹介した対処法は、予防にもつながりますので、 思い当たるところがあれば生活を改善し、 なるべくAGAを進行させないようにすることが一番ですよ。

AGAにはチャップアップを始めとする育毛剤も効果がありますが、更に効果を上げるために 育毛シャンプーがあります。

ヘアケアの基本はシャンプーです。 毎日のヘアケアに取り入れやすいし、育毛シャンプーにはAGAの原因に合わせた成分が配合されているものもあります。

毎日のシャンプーで頭皮を清潔にして頭皮環境を整えることで、AGAの予防にもなりますし、すでに対策をしている人にとっては、育毛剤の使用による発毛促進効果を上げることにもつながります。

上記の項目で、AGAの対策として、育毛シャンプーにも効果があることを説明しました。

AGAの対策で治療を行ったり、育毛剤を使用する際、 まずは頭皮を良い環境に整えておくことは大切なことです

育毛シャンプーと一般のシャンプーの違いは、 その名のとおり、育毛効果を期待できることです。

育毛成分は、頭皮に栄養を与える頭皮を保護する育毛を促すなどの成分です。

日常のシャンプーで、育毛シャンプーを使用することは、 AGA対策の基盤となる頭皮環境を作るうえで大切なことですが、 その洗い方で更に効果を高めることが期待できます。

ここでは、正しいシャンプー方法を解説していきます。

(1) ブラッシングをする

まず初めにブラッシングをしましょう。

シャンプー前にブラッシングを行う目的は、 髪の表面についた汚れやほこりを落としたり、頭皮の汚れを浮かせるためです。

髪の毛に強いテンションをかけないように、優しくブラッシングしましょう。

(2) シャンプーをつける前に予備洗いをする

シャンプーをつける前に、38℃程度のぬるま湯で予備洗いをしましょう。

先にブラッシングをして浮かせた汚れを洗い流すイメージで、 しっかり予備洗いをします。

お湯の温度にも注意しましょう。 高温のお湯は、頭皮の乾燥に繋がってしまいます

(3) シャンプーをつけて洗う

シャンプーをつけて洗う際に、まず気を付けたいことが、 シャンプーは頭皮ではなく、髪につけるということです。

直接頭皮につけて泡立てる際に、ゴシゴシと擦ってしまうと、 頭皮を傷つける原因になってしまいます。

シャンプーは髪につけ、十分泡立てたあと、 その泡で頭皮を優しく洗うようにしましょう。

頭皮を洗うときは、絶対に爪を立てず、指の腹で優しく洗います。

(4) しっかりとすすぐ

すすぐ過程もとても重要です。

充分すぎるくらいに、しっかりとお湯で洗い流しましょう。

シャンプーするときと同様に、優しく頭皮を触りながら、 しっかりと洗い流します。 毛穴からシャンプーを洗い流すイメージをするといいでしょう。

この後、リンスやコンディショナーなどを使用する際は、 頭皮につかないよう、髪の毛だけにつけるようにし、 シャンプー同様にしっかりと洗い流します。

頭皮にシャンプー成分が残ってしまうと、 頭皮トラブルの原因となってしまうので注意が必要です。

若ハゲの原因はAGAである場合がほとんどでした。

そのAGAの直接の原因は男性ホルモンで、対策として効果が期待できるものは規則正しい生活をおくる医療機関へ行く、そして育毛剤の使用です。

きちんと準備をして、AGA対策をしていきましょう!


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。詳しくはこちらをご覧ください。