目次

  1. 血液検査でAGAをチェック!
  2. AGAの血液検査の特徴とは?
  3. AGAの血液検査ってどうやって行うの?
  4. AGAの血液検査にかかる費用はどれくらい?
  5. 血液検査がおすすめなのはこんな人!
  6. AGAの血液検査と遺伝子検査の違いはこちら
  7. 血液検査の前に、育毛剤での対策もいかがですか?
  8. 血液検査でAGAへの不安を解消しよう!

AGA治療を始める前に、医師と問診するのは当然ですが、 クリニックによっては血液検査を勧められることがあります。

血液検査で得られる情報は、 AGA治療にどのように生かされるのでしょうか? どうやらAGA原因を推測出来たり、 今後の治療方法を決めたりするために、 有効な情報が得られるようです。

AGAの血液検査
AGAの血液検査

AGAの血液検査とは?

まず、AGAの血液検査では何を調べているのか、 精度はどの程度なのかを見てみましょう。 一般の血液検査とは何が違うのでしょうか?

血液検査では何を調べているの?

健康診断などで行う血液検査と同様に、 AGAの血液検査でも、全身の栄養状態肝機能などに異常はないかなどが チェックされます。

薄毛の原因は、必ずしもAGAだけとは限らず、 他の病気が隠れている可能性もあるのです。 血液検査をして全身状態を知ることで、 薄毛の原因がAGA以外にないのかを探っておくことはとても大切なことです。 血中のテストステロン(男性ホルモン)の量もチェックすることで、 よりAGAの可能性が高いのかを判断することもできます。

また、AGA治療薬は人体への影響もあるので、 治療を始めるにあたって、 薬を飲める状態であるのかをチェックする意味もあります。

また、現在AGA治療薬などの医薬品を個人輸入することで入手することもできますが、危険が伴うためハゲラボのポリシーとしてもクリニックに行くことをオススメしております。 ハゲラボのポリシーはこちら

血液検査の精度はどれくらい?

血液検査をすることでわかるのは、 脂肪をとり過ぎて血流が悪くなっていないかなど、 普段の食生活の影響や、* 全身の栄養状態や異常の有無についてです。

薄毛の原因となる疾患の可能性がなく、 血中のテストステロンの値が高ければ、AGAである可能性が高まりますが、 「AGAである」ということを確実に診断できる検査というわけではありません。

「診断や今後の治療方針を決める際の有用な情報を得られる検査」という 位置付けが適切でしょう。

AGA血液検査の精度
AGA血液検査の精度

精度はどの程度?

実際にAGAの血液検査はどのように行われるのか、 その手順を順番に見ていきましょう。

まずはカウンセリング

AGA治療を目的にクリニックに受診すると、 まず最初に看護師などのスタッフとのカウンセリングで、 現状の把握や患者さんからの希望などの聞き取りがあります。

薄毛の症状が気になるようになったのはいつ頃からか、 現在の薄毛の状態、AGA治療に関する不安はないかを聞かれることが多く、 治療費の予算などの相談もできます。

医師の問診

AGAの血液検査
AGAの血液検査

採血は初診時に行われることが多いようです。

カウンセリングの後は医師との問診があり、 頭皮の状態をチェックしたり、選択し得る治療方法の説明などがあります。

問診でAGAの特徴である前頭部のM字ハゲや頭頂部のてっぺんハゲ、 髪が細く弱くなっているなど髪質の変化があるのかを医師がチェックすることで、 薄毛の原因はAGAの可能性が高いのか、それとも他にも原因がありそうなのか、 大まかな診断がつくでしょう。

採血と分析

血液検査は初回の問診と同時に行われることが多いようです。 採血で調べる項目は、一般の血液検査と重なるものが多く、 血糖値やコレステロール値など普段の食事環境を反映する項目や、 肝機能の項目が重視されるそうです。

また、全てのクリニックが行っているわけではありませんが、 テストステロンの値をチェックして、AGAの進行具合を予測することもできます。

血液検査にかかる費用は、クリニックによって差があります。 公式サイトを見るか、カウンセリング時によく確認することが大切です。

AGA血液検査にかかる費用は…
AGA血液検査にかかる費用は…

費用はクリニックによって違います。

AGA対策を始めようと思ったら、 まずは自分の身体の状態を知っておくのは大切です。

血液検査からわかることをふまえて、 特に血液検査がおすすめ!というのはどんな人なのか、 3つのタイプをあげてみました。

①食生活に自信がない人

普段忙しくて、ファストフードやコンビニ弁当を食べることが多かったり、 外食ばかりだという人は、全身の栄養状態に不安がありますよね。 明らかな症状が出ていない内は、これじゃ良くないと思いつつも、 なかなか食生活は変えることはできませんよね。

血液検査で血糖値やコレステロール値が高いなどの情報が得られれば、 食生活を見直す必要性が感じられるでしょう。

食生活に自信がない人
食生活に自信がない人

普段好きなものを好きなだけ 食べてしまっているという人は、 栄養状態が悪い可能性があります。

②アルコールをよく飲むなど肝機能に不安がある人

普段からお酒をよく飲むという人は、 ひょっとすると肝機能が低下している可能性があります。

肝機能低下は自覚症状では出にくいので、 血液検査でしっかり調べてもらうことが大切です。

③前頭部や頭頂部の薄毛が進行している人

AGAの薄毛は、前頭部のM字はげや頭頂部のてっぺんハゲが 徐々に進行していくという特徴があります。

そのような症状がある場合は、たぶんAGAだろうと判断はつきますが、 血液検査で男性ホルモンの値を調べたり、全身状態を知ることで、 より正確な診断が可能となり、治療方法の選択もしやすくなります。

AGAの血液検査は、栄養状態肝機能などに問題がなく、 これからAGA治療薬を使用しても大丈夫なのかを チェックするために行います。

一方の遺伝子検査では、AGAの治療薬が 効くタイプかどうか*を調べることができます。 効くタイプだとわかれば、 AGA治療薬での治療が勧められることになるわけです。

また、遺伝子情報から将来AGAになる可能性が 高いかどうかもわかるそうです。

遺伝子検査がおすすめなのはこんな人!

父親も祖父もハゲていたから、 いずれ自分もそうなるんじゃないかと不安に思っている人、 既にAGAが始まっていて、AGA治療薬を飲んでみようか 迷っている人にとっては、遺伝子検査は有効だと言えます。

遺伝子検査でわかるのは、あくまでも確率ですが、 受けることで心構えはできるかもしれませんね。

血液検査の前に、まずは自分でできるAGA対策から始めるのはいかがでしょうか。

今ある髪の毛を育ててくれる育毛剤は、 まだAGAがそうひどくない初期の段階から始めることが大切です。

ハゲやAGA治療を始める前の血液検査について、 詳しく見てきました。

血液の状態から、今のあなたの栄養状態生活習慣ストレスの程度などがわかり、 何を改善すれば良いかも見えてきます。

AGAの血液検査でわかることを参考にして、 前向きにAGA対策に取り組んでいきましょう!