目次

  1. AGA発症が低年齢化している・・!?
  2. そもそもAGAの特徴とは?
  3. AGAになりやすい年齢は何歳ぐらい?
  4. なぜこの年齢の人はAGAになりやすいのか?
  5. 年齢に当てはまらなくても、こんな人はAGAに要注意!
  6. 年齢に関わらずAGAの人はこの対策方法を!
  7. AGAは年齢にかかわらず早めの対策を!

AGAっていくつぐらいの年齢から始まるのかな? 中年になるまでは大丈夫だろう。 いや、まだ10代だから関係無いよ。

そう思っているあなた!

早い方なら10代から兆候が見える人もいるんです。

気になります? では読んでみて下さい。

AGA?いやまだ若いから・・・
AGA?いやまだ若いから・・・

発症年齢は低下中!?

AGA(男性型脱毛症)は成人男性に見られる、生え際や頭頂部もしくは両方ともに薄くなる症状です

本来は中年以降の男性に起こる症状ですが、近年は若年層にも患者が急増している「ハゲ」という男性にとっては切実な事象・・・

遺伝男性ホルモンが主な原因ですが、最近はストレスや生活習慣も影響をおよぼしているようです

M字・U字・A字・O字・・・ハゲ?

M字・U字・A字・O字・・・ハゲ?

色々なタイプがあります

AGAを発症しやすい年齢は? 何歳くらいから気を付ければいい?

一般に30歳前後から薄いのが気になってくる人が多いようです。 ということは既に25歳くらいから抜け毛が多くなるなどの兆候はあったのではないでしょうか?

もちろん早い方なら20歳、あるいは10代の内から髪が細くなるなど予兆があります。

まさか・・・AGA?

まさか・・・AGA?

ちょっと前から抜け毛が?!

ではなぜ30歳前後にAGAの徴候があらわれやすいのか? しかも、人によって発症する年齢がまちまちなのはどうして?

まだまだAGAの全てが解明されたわけではないので分からないことが多いのが現状です。

そういった状況でもいくつか予想できる理由があります。

遺伝による個人差

AGAの原因の一つである「遺伝」。

DHT(ジヒドロテストステロン)がAGAに深く関わっているのは周知の事実ですが、このDHTを産生する男性ホルモンと5aリダクターゼが結合しやすいというのが遺伝するようなのです。

結合しやすい遺伝子を持った方はそうでない方よりAGA の発症は早くなるのではないでしょうか?

また、男性ホルモン分泌のピークは20代半ばが平均的な年齢ですが、この男性ホルモンの分泌の時期も遺伝するのかも知れません。 親族の男性のパターンも知っておくといいですね。

もちろん、それ以外にも年齢を経るに連れて体質などが変化することで、男性ホルモンの感受性が変わるなどの要因もあるのかもしれません。

環境の変化

20代後半から30代といえば社会人となり、結婚して家庭を持つ方も多いと思います。 学生だった頃とは環境も大きく変わりますよね。

仕事や人間関係のストレス、食生活の変化、飲酒・喫煙、不規則な生活・・・ どれもAGAにとっては良くないといわれることです。

また、暴飲暴食や脂っこい食事や睡眠不足はある程度の年数がたってから影響を及ぼすこともあるので、若いころのツケが回ってきた・・・そういうことかも知れません。

髪に良くない生活って・・・?
髪に良くない生活って・・・?

摂生が必要です

もしあなたが20代前半、あるいは10代だったら「AGA?まだまだ関係ないよ」そう思っている方もいるかと思います。 本当にそうでしょうか?

例えAGAになり易い年齢よりも若いとしても、気を付けたい・注意して欲しいといった特徴があります。

食生活や私的・公的な生活環境、性格などひょっとすると若くてもAGAになり易いかも・・といった人のタイプを大きく3つに分けてご紹介します。

10代・20代のあなたも是非チェックして下さい。

親族にAGAの人がいる

お父さん、お祖父さん、おじさん、お兄さん・・・・ あなたの身近に薄毛の方はいませんか? もしかして若ハゲだったりしませんか?

AGAは遺伝的要素が強いと言われます。 男性ホルモンの保持量やDHTの産生されやすさといったレセプターは遺伝するようです。

確かにお父さんがハゲている人ってやっぱり薄くなってますよね? しかも同じようなパターンで・・・

もしあなたの親族にAGAの症状が見られる人がいるなら、たとえ若くても抜け毛や髪の細さを注意してチェックしてみて下さい。

生活環境が悪化している人

仕事が忙しく起床・睡眠時間がバラバラ・・・ そもそも睡眠時間がほとんど取れない・・・ 食事時間もまちまち・・・ 外食で済ますことが多い・・・

30代~40代の男性は働き盛りで、仕事が忙しく生活のリズムが不規則な方も多いと思います

それに伴って食生活も不規則になりがちです。

規則正しい生活に栄養バランスの取れた食事が髪にとっては理想です。 なかなか理想通りにはいきませんが、出来る限り心がけましょう。

ストレスがかかる人

毎日残業で疲れ気味・・・ 仕事のノルマが気になって眠れない・・・ 上司のパワハラがひどい・・・ 人間関係がうまくいかない・・・

現代社会はストレスがいっぱい!

楽天的な人やポジティブな人なら心配ないのかも知れませんが、生真面目な人や神経質な人は誰でも何かしらストレスを感じているかも・・・

ストレスも血流悪化を招くことでAGAの原因になります。

AGAの原因や気を付けたい人の特徴を踏まえた上で、例えまだ若くても薄毛対策は必要だと思います

AGA対策は早ければ早いほど効果的と言われています。 気になる方は早めの対策をしましょう!

生活・食環境の改善

不規則な生活や、偏った食事、睡眠不足などは髪の成長に必要な栄養を運ぶ「血流」を滞らせます。 その結果、頭皮環境が悪化し抜け毛・細毛・薄毛を、招きます。

また、ストレスも血流悪化の大きな要因です。

こういったAGAの原因となる生活環境や食生活の乱れは、数年後に悪影響があらわれます。 そうならないために規則正しい生活を心がけ、出来るだけストレスを解消するようにしましょう

育毛剤を使用する

もうすでに髪が細くなってきている、抜け毛が気になるといった症状が出ているなら対策が必要です。

積極的に対策を始めないとAGAはどんどん進行していきます

生活の見直しと併せて行いたいのが、育毛剤を使う対策です。

発毛促進効果のある医薬部外品を選ぶのはおすすめです。

病院を受診する

治療するならやっぱりAGA治療を行っているクリニックに相談するのがいいかも・・・ そういう方もいらっしゃるでしょう。

薄毛や抜け毛に対する実績のあるクリニックで、まずは相談してみてはいかがですか?

若くても安心は禁物です!

AGAに成り易い人の特徴に当てはまる方や、既に症状が出始めている人は年齢に関わらず今すぐ対策を始めましょう。

早く始めた方が治療の効果は期待できるそうですよ!


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。詳しくはこちらをご覧ください。