目次

  1. 産後で抜け毛が気になるけれど、 カラーやパーマがしたいなあ…
  2. 産後の抜け毛、どうして起きるの?
  3. 産後の抜け毛中にヘアカラーやパーマをしても大丈夫?
  4. 産後、ヘアサロンに行く際に気をつけるポイント
  5. カラーやパーマ無しでも素敵!産後の抜け毛中にこそおすすめしたいヘアアレンジ
  6. 産後の抜け毛、いち早く対処したいなら…
  7. カラーやパーマは避けた方がいいけれど、産後だからこそ美容室へGO!

産後に妊娠中はできなかったヘアアレンジで髪の毛にパーマやヘアカラーをしたいなぁというママがいると思います。 妊娠中はおしゃれもできなかったし、産後に少しでもおしゃれをしたい!という気持ちもむくむくと湧いてくるでしょう。 でも中には「なんか抜け毛が増えてきた」なんてママもいるでしょう。 でも、やっていいのか?気になるママもいるかもしれませんね。そんなママに向けた記事です。

女性が出産後なぜ抜け毛が増えてしまうのか? それにはいくつか理由があります。 その理由を挙げていきたいと思います。

女性ホルモンの量が減少

出産後はエストロゲンと言われる女性ホルモンの分泌量が大きく減少して抜け毛が増えてきます。 これは妊娠中は大幅に増加した女性ホルモンが徐々に元の量に戻ろうとしている働きになります。 その時に今まで女性ホルモンの働きで今まで抜けていなかった髪の毛が抜けていって抜け毛となります。

ストレスがたまって・・・

産後は育児によるストレスが多くなり、そのストレスで抜け毛が増えてしまうと言われています。 ストレスは身体を緊張状態にしてしまい、血行が悪くなり、血行が悪くなることで髪の毛に栄養が行き届かず抜け毛が増えてしまうというメカニズムです。 健康な髪が生えるためには頭皮には栄養が必要ですので、栄養が髪の毛に行き渡らなければ髪の毛はやせ細ってしまい抜け毛になってしまうのです。

睡眠時間の不足

出産したばかりの赤ちゃんは頻繁に授乳をしないといけません。 その授乳によって睡眠時間が取れなくなって抜け毛になってしまいます。 人間は寝ている間に成長ホルモンが最も盛んに分泌され、髪の毛もその時一緒に成長をします。 成長ホルモンは睡眠が深い時に分泌されると言われています。 睡眠時間が足りなかったり、眠りが浅いと成長ホルモンと髪の毛が成長できなくなってしまうのです。

そんな原因だったのね
そんな原因だったのね

そうなんです。産後の生活で起きたりします。

産後の抜け毛の時にヘアカラーやパーマをして髪の毛を益々痛めてしまわないか?と不安になっている方もいると思います。 その不安は実は正解です。 ヘアカラーやパーマは避けたほうがいいでしょう。

肌が敏感になっている

産後は先ほども述べたように女性ホルモンの量が徐々に戻っていく時期です。 ホルモンバランスが崩れてる時期ですので、その影響で肌が敏感になります。 頭皮ももちろん肌と同じです。 パーマ液やヘアカラーに使うカラーリング剤によって頭皮がかぶれてしまうことがあります。 特に産後今まで使えていた化粧品が合わなくなったという人は肌が敏感になっているかもしれませんので避けてください。

授乳への影響

産後はホルモンバランスが崩れることで抜け毛以外にも髪の毛がパサつくことがあります。 髪の毛がパサつくとヘアカラーやパーマをする時に使う薬剤の量が増えてしまいます。 その薬剤が少量ですが頭皮から身体の中に入り込んで赤ちゃんへの授乳で影響を与えてしまうかもしれません。 完全母乳のママの場合は避けたほうが無難ですし、どうしてもといった場合は美容師さんに相談しましょう。

そんな理由があったのね
そんな理由があったのね

産後はまだ身体が元に戻っていない時期なのです。

妊娠中はおしゃれができなかったので、おしゃれをしたい!というママも多いでしょう。 ヘアカラーやパーマは避けたほうがいいけどヘアカットなら美容室に行くのは勿論OKです。 その際に注意してほしいことがあります。

赤ちゃんの預け先を確保する

これは当然と言えば当然です。 美容室は長い時間かかりますので、美容室でヘアカットやスタイリングをしている時に赤ちゃんが気になって・・・などあるといけませんし、美容院に連れていくわけにもいきません。 家族にお願いしたり、行政サービスで一時預かってくれる人や場所を確保してからにしましょう。 最近は託児サービスをしている美容室もあるそうなのでそうした美容室を選ぶのもいいかもしれません。

長時間の施術を避ける

これは赤ちゃんを長時間他人に預けるのはけしからん!という意味ではありません。 産後はお産で開いた骨盤が戻り切ってない場合があります。 その時に赤ちゃんを1日中抱っこやおんぶをしていて肩こりや腰痛がひどくなってきて長時間同じ姿勢で座っていると身体が辛くなってきます。

また、授乳中のママは施術中におっぱいが張ってくることがあります。 予約の際に産後であるのを伝えておく**のがいいでしょう。

今日美容室に行っていい?
今日美容室に行っていい?

気を付けて行ってきてください

ヘアカラーやパーマを使わないで黒髪でもきれいに見えるヘアアレンジというのはたくさんありますし、ご存知の方もいると思いますがいくつかご紹介します。

ヘアアレンジ
ヘアアレンジ

簡単にできるヘアアレンジの代表格を紹介

ポンパドール

前髪やおでこをあげて元気な印象を与えるポンパドールは黒髪でもできますし、ロングヘアからショートヘアの方までできるヘアアレンジの代表格です。 簡単に誰でもできて、普段の服から浴衣姿まで幅広い服装に合わせやすいヘアアレンジですので気軽に試してみてほしいです。 やり方は下記のリンクをご参照ください。

くるりんぱ

髪の毛がロングの人はこんな感じで後ろにくるりんぱにしてまとめてしまうのもいいかもしれません。 テレビでもよく取り上げられるアレンジで、一つにまとめた髪をくるりんぱしてリボンをつけるだけです。 華やかさと手抜き感がないヘアアレンジになります。

ベリーショート

美容室にいきたいけど中々時間が取れないという方は、思い切ってベリーショートにしてみるというのも一つの手です。

産後の女性の抜け毛の対策は特に何も必要がないのですが、気になる人は気になると思います。 そこでいち早く対処するならば、育毛に必要なカルシウムやたんぱく質を食事から摂るというのがおススメです。

高齢出産の場合は抜け毛の戻りが遅くなることもありますので、プラスで育毛シャンプーや育毛剤を使うのもいいかもしれません。

産後にカラーやパーマをするのは避けたほうがいいですが、美容室に行ってはいけないということではありません。 むしろ行ける時間が取れるなら行ったほうがいいです。

赤ちゃんの世話に追われてストレスをため込んてしまう方が悪影響ですし、髪の毛に関しては美容師さんはプロですから自分の現在の髪の状態を見てもらえます。 それに自分だけの時間を作ることは子育てにとっても大事な時間ですので行ける時に美容室などに行ってストレス発散をしましょう!


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。詳しくはこちらをご覧ください。