目次

  1. 産後4ヶ月の今、抜け毛がひどい…!
  2. 産後の体の中では劇的な変化が!産後に抜け毛が増える理由
  3. 産後4ヶ月経っても抜け毛が続いて心配…これって大丈夫?
  4. 【体験談を知りたい!】産後の抜け毛、どのくらいで治まりましたか?
  5. 少しでも早く治したいあなたに…産後の抜け毛対策のポイント
  6. 気にしすぎない、頑張りすぎないを合言葉に!産後の抜け毛対策を

赤ちゃんとの生活が始まって、やっと少し慣れてきたかな?という産後4ヶ月ごろ。

でも、産後4ヶ月も経ったのにまだ抜け毛がひどい…と悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

必ず治るとは言っても、一体いつ治まるの? ケアをするにもどうしたらいいかわからない!

今回はそんな悩めるママのために、産後の抜け毛がどれくらいで治まるのかどういうケアをしたらいいのか、体験談を交えて詳しくご紹介していきます!

産後4ヶ月経っても抜け毛が酷い…
産後4ヶ月経っても抜け毛が酷い…

体験談やケアについて詳しくご紹介していきますね

産後4ヶ月経っても収まらない抜け毛… どうして産後は抜け毛が増えてしまうのでしょうか?

産後の体の中では大きな変化が起こっているんですよ。 産後に抜け毛が増えてしまう理由、ひとつずつご説明していきますね。

理由1:ホルモンバランスの変化

産後に抜け毛が増えてしまう理由のひとつは、ホルモンバランスの変化です。

妊娠中は母胎を支えるために女性ホルモンが多く分泌されます。 でも出産を終えてしまうと母胎を支える必要がなくなりますから、女性ホルモンが減少してしまうんですね。 場合によっては元の量よりも少なくなってしまうことも…

それが抜け毛に繋がってしまうというわけなんですね。

理由2:育児などによるストレス

そして産後4ヶ月あたりは特に抜け毛が増える時期と言われています。

その理由は、育児などによるストレスだと考えられます。

産後の体力がまだ戻り切らない時期に赤ちゃんのお世話をしながら家事をしたり、人によってはお仕事にも復帰したり… こういったことが重なって産後4ヶ月ごろは非常にストレスが溜まりやすい時期なんですね。

色々なストレスが抜け毛に繋がっている可能性があるんですね。

理由3:睡眠不足

産後の抜け毛は睡眠不足も大きな理由の一つです。

元気な髪の毛のためには良質な睡眠が必要不可欠。 睡眠不足が続いてしまうと抜け毛が増えてしまうことにも繋がってしまうんです。

産後は授乳や夜泣きのためにママはあまり寝られない時期ですよね。 ホルモンバランスの変化やストレスの上、睡眠不足と色々な理由が重なって、抜け毛に繋がってしまっているというわけなんです。

新米ママは大忙し!

新米ママは大忙し!

ホルモンバランスの変化やストレスなど、髪の毛に影響を与えてしまう時期なんです

産後4ヶ月は特に抜け毛が多い時期。 理由はわかっても、さすがにちょっと不安になってしまうという人も多いですよね。

実は産後の抜け毛は大体半年くらいでピークを迎えるケースが多いんです。 でもこの期間は人によって様々。

そして産後の抜け毛は体の自然な変化なので、時間が経てば治るもの。 そんなに心配しなくても大丈夫なんですよ。

ちょっと長い期間続くので不安になっちゃいますが、戻るのを気長に待ちましょう!

産後の抜け毛は必ず治ります!

産後の抜け毛は必ず治ります!

不安はわかりますが、治りますので気長に待ちましょう!

産後の抜け毛、治るとはわかっていてもやっぱり一人で考えていると不安になっちゃいますよね。 それに産後4ヶ月たっても治らないなんて…もしかしたらもう治らないのでは?と考えてしまう人もいるはず。

そんな人のために、先輩ママが産後どれくらいの期間で抜け毛が治まったかという体験談をまとめてみました。

ぜひ参考にしてみて下さいね。

産後半年ごろ

産後2、3ヶ月で抜け毛が酷くなり6ヶ月を境に抜け毛が少なくなりました。

産後の抜け毛について。産後6ヶ月になります。2人目なので、今回も産後... - Yahoo!知恵袋 kkkkdkykさん

産後の抜け毛がどれくらいで治まったかを聞くと、大体半年くらいという人が一番早いケースみたいです。

ということは産後4ヶ月で抜け毛に悩んでいる人は、最短あと2ヶ月くらい耐えれば治るかも…?

ストレスを溜めないように、回復を待ちましょう!

産後1年くらい

産後6ヶ月頃がピークでもとのようにもどったのは1年過ぎてからで やっと前髪が作れると言われました。

産後の抜け毛について。産後6ヶ月になります。2人目なので、今回も産後... - Yahoo!知恵袋 ppppppiiiiikkkkさん

6ヶ月くらいをピークに10ヶ月くらい経ってもまだかなりの量が抜けてました。 1年がたった今、そういえば落ち着きました。

産後の抜け毛について。産後6ヶ月になります。2人目なので、今回も産後...(2ページ目) - Yahoo!知恵袋 rascal_necoさん

多い意見は産後1年経ったくらいという体験談。

抜け毛が治まり始めるのは大体産後半年過ぎてからと言われていますので、完全に治まるのは産後1年くらいになってしまうのかもしれません。

でも必ず戻るという心強い体験談ですね。

産後1年半~3年くらい

ゆーっくりですが抜け毛の数も減り、生えてきてるんじゃないかと産後一年半の現在は感じてます。

産後の抜け毛がひどすぎます : 妊娠・出産・育児 : 発言小町 : 大手小町 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)あたるさん

こちらはちょっと長めで、1年を過ぎてから~3年くらいで治ったというお話です。

さすがに産後3年も…というと長く感じる人もいると思いますが、それでも治るということですよね。

もし今産後1年を過ぎて薄毛に悩んでいる人も、ケアをしながら回復を待ってみて下さいね。

産後4ヶ月経っても治らない抜け毛、いつ治る?

産後4ヶ月経っても治らない抜け毛、いつ治る?

ちょっと長い期間はかかりますが、必ず治りますので安心して!

産後4ヶ月経っても治らない抜け毛。 自然に回復しますがちょっと長い期間かかってしまうことがわかりましたよね。

でも、ケアによっては回復までの期間を早めることもできるんですよ。

ここでは産後の抜け毛を早く治すためのポイントをご紹介しますね。

栄養たっぷりな食事は抜け毛にも有効!

産後に気になってしまう抜け毛はホルモンバランスの変化によるものです。 でも、栄養をたっぷり摂ることで抜け毛を少しでも減らすことができるんですよ。

髪の毛に必要な亜鉛やタンパク質、ビタミンなどはもちろんですが、もう一つ大事な栄養素なのが大豆イソフラボン大豆イソフラボンは女性ホルモンに似た働きをしますので、女性ホルモンが不足した状態にはぴったりの栄養素なんですよ。

ぜひ栄養たっぷりなバランスの良い食事で、少しでも早く抜け毛が治まるようにしましょう!

ストレスは大敵です、頑張りすぎないのも大切

産後4ヶ月ごろに抜け毛が増えてしまう理由のひとつは、ストレスが溜まってしまっていること。

産後の体力がない時期に、育児や家事、お仕事など頑張りすぎてしまうとストレスが溜まり、抜け毛が更に増えてしまう可能性も。

ストレスは髪の毛の大敵。 旦那さんや託児所など頼れる人にお願いして、少しでも息抜きができるようにしてみて下さいね。

ストレスは髪の毛の大敵!

ストレスは髪の毛の大敵!

産後4ヶ月くらいは忙しい時期ですが、うまくストレス解消できるようにしてみて下さいね

血行不良を解消しましょう

基本的なことですが、血行不良を解消することも抜け毛を減らすためには大事な要素。

産後のストレスや睡眠不足などはそれ自体も抜け毛の原因になりますが、そこから血行不良も起こしてしまうと更に抜け毛が多くなってしまうことにもなりますよね。

朝晩2回の頭皮マッサージを取り入れることで、血行を良くして抜け毛解消につなげましょう!

成長ホルモンを味方に!

産後4ヶ月あたりはどうしても睡眠不足になってしまう時期ですよね。 でも、長い睡眠時間を確保することが難しくてもできることがあるんです。

それは、成長ホルモンを味方につけること! 夜10時~夜中の2時まではゴールデンタイムと呼ばれていて、この時間帯に睡眠を取ると成長ホルモンが多く分泌されると言われています。

成長ホルモンは髪の毛を作ることにも良い影響を与えますから、できるだけこの時間帯に睡眠を取るようにして、早く抜け毛が治まるようにしましょう!

成長ホルモンを味方につけて抜け毛解消!

成長ホルモンを味方につけて抜け毛解消!

夜10時~夜中2時までの間に睡眠を取るようにしましょう

育毛剤でケアしましょう

産後4ヶ月くらいに気になる抜け毛の対策、最後は育毛剤でケアをすること!

栄養を摂ったりストレス解消をすることももちろん大事なのですが、育毛剤で外側からもケアすることで更に抜け毛解消までの期間を早めることが期待できます。

今まで育毛剤なんて使ったことがないという人も、抜け毛が治まるまでの間ですから一度試してみて下さいね。

産後4ヶ月経っても収まらない抜け毛。 でも、少し時間はかかっても抜け毛は必ず治まることがわかりましたよね。

あまり気にしすぎず、地道に毎日ケアしていけば抜け毛期間も短縮できるはず!

ちょっと頑張りすぎそうになったら一度落ち着いて深呼吸。 ぜひゆったりした気持ちで、産後の抜け毛対策をしてみて下さいね。


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。詳しくはこちらをご覧ください。