目次

  1. 頭皮にできる痛い吹き出物の原因はこれだった!?
  2. 原因を見る前に!そもそも吹き出物って?
  3. 頭皮にできる痛い吹き出物の原因とは?
  4. 潰すのはNG!?頭皮にできる痛い吹き出物の対処方法は?
  5. 頭皮の吹き出物を作らないようにするには?
  6. 原因をよく知って頭皮の吹き出物をなくそう!

髪の毛や頭皮を綺麗に保つため、毎日せっせとシャンプーしている人きっと沢山いますよね。 でもそれ、正しいシャンプーの仕方ですか?成分は肌に合っていますか? 良かれと思ってしてきた事が吹き出物の原因かもしれないのです。

その他にも頭皮に出来る痛い吹き出物には原因がいくつかありますので見て行きましょう。

シャンプーのやりすぎは良くない?

シャンプーのやりすぎは良くない?

髪の毛や頭皮の為に一日に何度もシャンプーしている人は要注意です。

吹き出物とは小さな発疹化膿している皮膚病の俗称になります。 代表的なのはニキビですが、毛嚢炎(もうのうえん)なども吹き出物と呼ばれます。

吹き出物とは大人ニキビを指すだけではありません

吹き出物とは大人ニキビを指すだけではありません

よく思春期に出来るのはニキビで、大人になって出来るのは吹き出物と言われますが、どちらも吹き出物になります。

吹き出物ってどういうの?

吹き出物の代表ニキビのようにポツンと皮膚に飛び出ているものを指します。 赤く腫れてしまったもの、化膿して黄色くなったもの、黒いもの、様々な物があります。

吹き出物はかゆみより痛みを伴います。 吹き出物を触ったり、洋服などが当たった時に痛いな、感じるので、背中や頭皮など自分の目で見にくい個所は知らない間に出来て治っていることもあります。

皮脂や汗がよく出る部位は身体のどこであろうと吹き出物が出来る可能性があります。

吹き出物ができる仕組みは?

吹き出物は毛穴に皮脂や汚れが詰まることで皮膚が盛り上がってしまったり、毛穴に詰まった皮脂などをエサとして、雑菌が繁殖しそれが炎症となり皮膚に現れます。

毛穴が詰まる原因は様々ですが、毛穴が詰まる事で吹き出物が出来ます。

毛穴が詰まっただけであればさほど気にならない吹き出物ですが、その吹き出物を刺激してしまうと赤く腫れたり、黄色く膿が溜まったりしてしまいます。

なぜ痛みを伴うの?

吹き出物が顔に出来た時も痛みを感じる時ありますよね。 吹き出物は皮膚が炎症を起こしているので痛みも伴います。

頭皮の場合、特に皮下脂肪が少なくダイレクトに痛みを感じやすいのが特徴です。 同じ吹き出物でも頭皮に出来た方が痛いのはその為です。

あまりに痛いのでただの吹き出物ではないかも?と不安になることもあるかもしれませんが、基本的には顔や体に出来る吹き出物と同じです。

顔にできるものと頭皮にできるものの違いは?

顔に出来る吹き出物も頭皮に出来る吹き出物も、毛穴詰まりで炎症を起こして出来るという点では同じですが、吹き出物の大きさ痛みが違います。

顔に出来るものより頭皮に出来る吹き出物が大きく、毛穴のサイズが関係しています。 一つの毛穴から数本の毛が生えていることからも分かるように頭皮の毛穴は顔より大きく、その分皮脂も多く分泌されています。 その為、顔に出来るものより大きくなり頭皮に出来る吹き出物の方が痛い事が多いです。

頭皮に出来る吹き出物は他の部位に出来るものより痛い気がしますね。

頭皮に出来る痛い吹き出物には特別な原因があるのでしょうか?

痛い吹き出物、出来れば作りたくない

痛い吹き出物、出来れば作りたくない

頭皮に出来ると吹き出物の原因は意外なものでした。

頭皮にできる痛い吹き出物の原因①シャンプー

シャンプーは頭皮をきれいに洗う為に使うアイテムですが、安いシャンプーを使っていたり、洗い方が雑だったりすると、毛穴詰まりの原因になります。

安いシャンプーには化学物質が使われており、しっかり洗い流さない事でその物質が皮膚に残り、洗いカスをエサに雑菌が繁殖しやすくなります。

同じく、洗い方が雑だとシャンプーの成分が皮膚に残ったままとなり、毛穴詰まりの原因になってしまいます。

頭皮にできる痛い吹き出物の原因②皮脂の過剰な分泌

皮脂が過剰に分泌される事で毛穴が詰まってしまうと吹き出物の原因になります。 皮脂や汚れを落とそうと一日に何度もシャンプーをすると、皮膚が乾燥し、余計に皮脂を分泌しようとして逆に毛穴を詰まらせてしまいます。

何らかの原因でホルモンバランスが崩れた時も皮脂が過剰に分泌されるので要注意です。ホルモンバランスが崩れる原因は様々で、生活習慣の乱れやストレスなどがあります。

頭皮にできる痛い吹き出物の原因③ターンオーバーの乱れ

若いころに比べて頭皮に吹き出物が出やすく、また治りにくいと感じるのは、肌のターンオーバーが乱れて来るからです。通常であれば古い角質が新しい細胞によって押し出され奇麗な皮膚を保てるのですが、ターンオーバーが乱れると古い角質が蓄積され毛穴詰まりの原因になります。

ターンオーバーが乱れる原因は生活習慣の乱れやストレスなどがあります。

吹き出物って潰したくなりますよね。 潰して膿などの悪いものを出した方が早く治る気がしますが、そこはぐっと我慢しましょう。

吹き出物はかまわないのが鉄則

吹き出物はかまわないのが鉄則

頭皮に出来た吹き出物は大きくて痛い事が多いので潰したくなりますが、がまんしてそのまま見守って下さい。

頭皮にできた痛い吹き出物は潰すのはNG!

頭皮に出来た痛い吹き出物は潰すのはやめましょう。炎症を起こしている皮膚への刺激になる他、さらに雑菌が繁殖しやすい状況を作ってしまうことになりかねません。

頭皮は目で確認出来ない場所なのでブラッシングやシャンプーをする際は潰さないように慎重にケアして下さい。

手で触らないようにする。

気になって触ってしまうこともあると思いますが、吹き出物を手で触ると更に悪化してしまう可能性があります。

手は色んなものを触ったりするので指や爪に色んな菌が付着しています。 菌が付いた手で吹き出物を触るとなかなか治らなかったり、跡が残ってしまう等、のちのち後悔してしまう事態になります。

手を綺麗に洗っても吹き出物を触ること自体刺激になるだけなのでどんな状況でも触るのはやめましょう。

ヘアケア剤は中止し、清潔に。

ヘアケア剤も頭皮への刺激になりますので一旦中止しましょう。 ヘアケア剤はトリートメントや育毛剤、スタイリングに使うワックスやスプレー等の事です。

毎日ヘアケア剤を使っている人は、吹き出物の原因がヘアケア剤ということも考えられますので、使っているヘアケア剤が自分に合っているか見直した方がいいかもしれません。

寝具を取り換える

人は寝ている間に大量の汗をかきます。その汗が寝具に染み込んで菌が繁殖していることも多いのです。 せっかくシャンプーをして頭皮を綺麗にしても夜中に雑菌だらけの寝具で寝ていては吹き出物が悪化するばかりです。

寝具を頻繁に変えない人はまず、寝具を取り変えて、これからも頻繁に交換することを心がけましょう。

頭皮に出来る吹き出物は痛いので出来ないように予防したいですね。

吹き出物を作らないようにするにはまず何から始めればいいのでしょうか。

頭皮に吹き出物が出来ると厄介です

頭皮に吹き出物が出来ると厄介です

出来てしまった吹き出物は痛いし気になるし、厄介でしかありません。出来ないように予防しましょう。

規則正しい生活でホルモンバランスを整える

生活習慣の乱れによりホルモンバランスが崩れ、皮脂が過剰分泌されてしまうことで吹き出物が出来ることもしばしば。 その為、まずは生活習慣を見直してみましょう。

睡眠をしっかり取り、バランスのとれた食生活を送り、程よい運動でストレスも発散しましょう。 過度なダイエットやタバコもホルモンバランスを崩す原因になる可能性があるので出来る限りやめましょう。

頭皮の汚れやヘアケア剤をしっかり落とす

シャンプーをする前にブラッシングをしてその後お湯で十分に予洗いしましょう。 シャンプーをする際は泡でやさしく洗っていきます。 シャンプー後、リンスやコンディショナーを使う場合は、しっかり洗い流すことを心がけましょう。

また、朝シャンする事が日課になっている人は今日から夜シャンプーするようにして下さい。 日中、髪の毛や頭皮に溜まった汚れや皮脂をそのままに寝ると、肌のターンオーバーも乱れ、頭皮からの発汗も出来ずに毛穴が苦しい状態になります。 それこそ吹き出物が出来る原因になる可能性があります。

肌をひっかいたり刺激を与えない

吹き出物はかゆみより痛みを伴うので掻き毟ることはなくても気になって触っていたらひっかいてしまったなんて事がないようにしましょう。 触らず刺激を与えないのが早く治す近道です。

吹き出物が出来ている頭皮は弱っていたり過敏になっています。 いつもなら大丈夫なヘアケアも中止したり、シャンプーを天然成分のものに変えてみるなど刺激を与えないようにしましょう。

頭皮の吹き出物が出来る原因は様々ですが、頭皮の為に行うシャンプーが原因かも知れないなんてちょっとショックでしたね。

自分の頭皮にはなぜ吹き出物が出来るのか、原因を探ったうえで対策していきましょう。


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。詳しくはこちらをご覧ください。