目次

  1. 女性の薄毛には、何が効果的か?
  2. 女性の薄毛治療には漢方がおすすめ?
  3. 女性の薄毛に対する漢方の効果は?
  4. 【厳選】おすすめの漢方を紹介!女性の治療に効く!
  5. 女性の薄毛治療に効果的な漢方の飲み方
  6. 女性の薄毛治療に漢方の服用を検討してみては?
  7. もっと効率的に改善したい方は!

女性の皆さん、薄毛対策には何を使っていますか? 最近では様々な女性の薄毛治療薬がでてきています。 今回は近年、女性の薄毛治療で効果があると言われてる漢方について書きたいと思います。 なぜ漢方が薄毛治療におすすめなのか。女性で薄毛に悩んでいる皆さん、ぜひ読んでみてください!

漢方の効果とは!?
漢方の効果とは!?

漢方で薄毛を治したい。。

なぜ薄毛には、漢方がおすすめなのか。 その前に、腎という言葉をご存知でしょうか?ここで説明する腎とは、西洋医学でいう「腎臓」の役割だけではなく、中医学でいう全身の健康に関することを示します。

腎が弱いと女性にとってだいじなホルモンバランスが崩れたり、血流が悪くなったりして薄毛の原因となります。

漢方は、その弱まった腎を強くし、薄毛の元となる原因を改善する効果があります。

薄毛に悩んでいる女性に対してそれぞれの症状と漢方をのむと、どのような効果があるのか?例としてその症状に効果がある漢方の名前なども取り上げてまとめています。

①髪の毛を太くする

髪の毛が細くなる現象はどこから来ているのでしょう?

中医学では、血虚と呼ばれるものがあります。

血虚とは、体内で血がうまく作られず血液不足になり血液循環が悪くなることです。

血液のめぐりを良くする成分を含んだ漢方を飲むことで血液循環をよくし髪の毛を太くすることができます。

主な漢方 例)婦宝当帰膠B(フホウトウキコウB)、参茸補血丸など

②頭皮のベタベタをなくす

頭皮のベタベタの原因は、湿熱と言われています。

湿熱は、頭皮の毛穴に油がたまり薄毛、抜け毛の原因となります。

オウゴンという生薬が入った漢方を飲むと体と皮膚の熱をとり、薄毛を防ぐことができます。

主な漢方 例)瀉火利湿顆粒(シャカリシツカリュウ)、黄連解毒湯

ベタベタは気になる。。
ベタベタは気になる。。

漢方で髪の毛のベタベタを解決しましょう!

これからそれぞれの効果にあった漢方を紹介します!自分の症状をしっかり理解し、適切な漢方を処方しましょう。

イスクラ婦宝当帰膠B

  • 容量と値段 300ml
  • 製造会社 イスクラ産業
  • 主な有効成分  トウキ、ブクリョウ、 オウギ、 カンゾウ、 ジオウ、 センキュウ、シャクヤク トウジン、アキョウ

  • 簡単な特徴  トウキが全体の70%含まれている

  • 効果が期待できる症状  更年期障害  貧血

  • 下記の場合は、服用を中止してください。  服用後一ヶ月症状がよくならない場合。

「イスクラ婦宝当帰膠」は生薬(9種類)を配合したシロップ剤です。

イスクラ婦宝当帰膠Bの大半を当帰(トウキ)という成分が占めています。

このトウキという成分は、薄毛対策にとって必要不可欠な血流改善の効果が期待できます。 凝り固まった頭皮を育毛に適した環境に整える手助けをしてくれます!

イスクラ瀉火利湿顆粒(イスクラシャカリシツカリュウ)

  • 容量と値段  90包
  • 製造会社 イスクラ産業
  • 主な有効成分  トウキジオウ、モクツウ、オウゴン、タクシャ、シャゼンシ、リュウタン、サンシシ  カンゾウ

  • 効果のある症状/効果が期待できる人の特徴  湿熱  下腹部に熱や痛みがある方  

  • この症状がでたら直ちに服用を中止してください。  発疹・発赤、かゆみ、食欲不振、胃部不快感

「イスクラ瀉火利湿顆粒」は,リュウタン,オウゴンなど9種類の植物性生薬から構成されます。オウゴンという生薬が入っていて、血液の循環をよくしてくれます。

湿熱しやすい方はオウゴンの生薬が入っている漢方がおすすめです。

東西オイスター

  • 容量と値段  150粒入り  8,500円(税別)

  • 製造会社  東西薬局

  • 主な有効成分  タンパク質、亜鉛、ビタミンB、ビタミンC、ビタミンE

  • 簡単な特徴  薄毛治療に重要な栄養成分が様々入っている。

  • 効果が期待できる人の特徴  薄毛で困っている方  脱毛が多い方

    • 服用後  万が一体質に合わないと思ったら直ちに服用を中止してください。

亜鉛はタンパク質を髪の毛に合成する要素を持ちます。

また、亜鉛を大量に含んだ食べ物としてカキは有名ですね。

東西オイスターは良質な牡蠣から抽出した牡蠣肉エキスで作られています。

東西オイスターをのんで薄毛対策をしましょう。

漢方の飲み方には2種類あります。 - 生薬を煎じて飲む煎じ薬。 - 煎じ薬を濃縮し錠剤などでのむエキス剤などがあります。

エキス剤より煎じぐすりの方が効果があるので、できるだけ煎じ薬のほうがいいと考えられています。 煎じ薬が苦すぎて飲めない方や、煎じ薬を作るのが面倒と考える方は、エキス剤などがオススメです。

煎じ薬(せんじやく)の飲み方!

煎じ薬は生薬を煮出して作っていきます。

生薬とは、漢方の原料となるものを乾燥や細く粉末にしたものです。 その生薬を鍋や、やかんにいれて煎じます。(下の写真を見てみてください) 600mlの水を入れると40分後に300mlくらいになります。 このやり方を常煎法(じょうせんぽう)といいます。

煎じ薬を利用するにあたってのポイント

飲むタイミングですができるだけ他の飲食物との混合は避けたいので食前の一時間前か食間などがベストでしょう。

煎じる量については、600mlの水に生薬をいれて煎じたとき大体煎じた水が300mlぐらいに減るまで煎じてください。

お使いのコンロなどは火力が異なると思うのできちんと飲む為にもきをつけるのがポイントですね。

漢方を飲む時の注意

漢方には副作用もあります。誤った飲み方をすると副作用に悩まされたりします。

自分の考えで安全だと思ってのむと、激しい腹痛や体調を崩したりすることがあるので気をつけましょう。

お医者さんと相談し、決められた分だけきちんと飲みましょう。

相性を確かめるために始めは少量で試してみるのもオススメします。

漢方は、薄毛の原因である血流が悪くなるといった症状を腎の強化によって治療できます。しかし飲み方や相性などもあるので気をつけてのむことをおすすめします。

女性で薄毛に悩んでいるなら、漢方で健康的に薄毛の悩みを解消していくのをおすすめします。

漢方薬での脱毛予防にプラスして、育毛剤で追い打ち薄毛対策をしてみてはいかがでしょうか?

内側と外側から徹底的ににアプローチすれば、育毛効果を期待できるはずですよ!

ヘアラボ一押しの育毛剤【ベルタ育毛剤】をご紹介しますので、 気になった方はぜひ詳細を公式サイトからチェックしてみてくださいね。

「他にも育毛剤を見てみたい」という方は、ランキングにも目を通してください!