目次

  1. 若いのにAGA…!?若ハゲに予防や対策方法はあるの?
  2. 若ハゲの原因、AGAはどうして起こるの?
  3. 今すぐ始めたい、AGAによる若ハゲの予防・対策方法7選
  4. 【番外編】他にもこんな若ハゲ対策方法が!
  5. 若ハゲの悩みは早めの対策で解決しよう!

「若いうちからハゲることはないだろう」

そんな風に考えている人は、大間違い。

若くてもAGAによる薄毛、つまり若ハゲを発症することはあります。

今は大丈夫でも、最近抜け毛が多い‥と感じる人は、積極的に予防・対策をしていくと安心です。

そこで今回の記事では、若ハゲの予防と対策方法をご紹介!

まずは若ハゲの原因から一緒に見ていきましょう。

若いのに抜け毛が…
若いのに抜け毛が…

若くてもハゲるAGAの原因って?

若ハゲの予防・対策をするためには、原因をしっかり把握することが大切です。

まずは若ハゲ(AGA)が発症・進行するメカニズムを見ていきましょう。

若ハゲ=AGA!薄毛はどうやって進行するの?

AGAの代表的な原因としてあげられるのが、ジヒドロテストステロン(DHT)という悪玉ホルモン。

下記の順序で抜け毛を引き起こし、薄毛を進行させていくんですよ。

  • 1. 男性ホルモンのテストステロンが、Ⅱ型5αリダクターゼという還元酵素と結びつく事で、DHTに変換される
  • 2. DHTが毛乳頭の中にある受容体に結びつくと、毛髪の成長を阻害する作用をする
  • 3. 成長を抑制された毛髪は、太く長くなる前に成長が止まり、抜けてしまう

本来数年かけて育つべき髪の毛が、数ヶ月の成長で抜けてしまうのです。

そのため、次第に髪が細くなり、量が減ってきて、薄毛の状態になるのです。

どうして悪玉ホルモンDHTが増えるの?

上記で説明したジヒドロテストステロン(DHT)が増加する原因は、加齢、食生活、生活週間にあると言われています。

若くして薄毛になるのは加齢のためではありませんから、原因は食生活・生活週間の乱れによるところが大きい可能性がありますね。

では原因を知った上で、AGA予防・対策にはどのような打ち手が考えられるのでしょうか?

続いて解説していきます。

上記で説明したように、AGAの原因はDHTによるもの。

このDHTを発生・増加させないために、食生活・生活習慣等に対するアプローチが必要です。

下記の若ハゲの予防・対策方法7つを参考に、AGA対策を始めましょう。

1. 食生活の見直し

乱れた食生活を続けていると、髪の成長に必要な栄養素が不足してしまうことがあります。

健康な髪を育てるためには、栄養バランスの整った食事をすることが必要ですが、特に下記の3つの栄養素を積極的に取り入れましょう。

  • タンパク質
  • 亜鉛
  • イソフラボン

タンパク質は、毛髪に約90%を構成する成分で、肉や魚、卵、牛乳などに多く含まれています。

髪のベース作りのためにもしっかり補給しましょう。

さらに、亜鉛とイソフラボンには、DHTの生成を抑制する作用があると言われています。

亜鉛を多く含む牡蠣などの魚介類や肉類、イソフラボンを含む大豆製品も意識して取り入れたいですね。

毎日の食事から摂るのが難しければ、サプリメントを利用するなど、工夫してみてください。   

2. 生活習慣の改善

若ハゲを予防するには食事だけでなく、生活習慣も見直すことが大切。

  • 睡眠不足
  • 喫煙
  • 過度な飲酒
  • 運動不足

上の4つは、身体の血行不良を引き起こす原因になることがわかっています。

身体が血行不良になれば、当然、頭皮の血流も悪くなりますね。

すると、血液によって髪へ運ばれる栄養も不足するので、健康な髪の成長が滞り、薄毛に繋がることも…。

若ハゲを予防・改善したいなら、睡眠をしっかり取り、体を良く動かすことを心がけましょう。

タバコを吸う習慣のある人は本数を減らし、できれば禁煙したいものですね。

お酒が好きな人は、1日2缶など、飲む本数を事前に決めておくといいですよ。

3. ストレスを発散する

過度なストレスもAGAを悪化させることがあります。

ストレスが薄毛に繋がるメカニズムは次の通り。

まず、ストレスを感じると、体や神経を緊張させる交感神経が、リラックスさせる副交感神経に対して優位になります。

そうなると末端の血管が収縮するため、頭皮への血流量も下がってしまうのです。

頭皮への血流が減ると、髪の成長のための栄養が届かなくなるのは先にご説明した通り。

頭皮に栄養をしっかり届けるためには、ストレスを溜めないようにする必要がありますね。

適度に休みを取ってリフレッシュしたり、ゆっくりお風呂に浸かったりと、自分にあったストレス解消法を探してみましょう。

4. シャンプー方法を見直す

シャンプーの仕方が悪くても、若ハゲの原因になることがあるんです。

面倒だからとあまり洗わなかったり、乱雑な洗い方をしていませんか?

そんなシャンプーの仕方を続けていると、頭皮の毛穴に落としきれなかった皮脂や汚れが詰まってしまい、血行不良を招いてしまいます。

さらには、頭皮が炎症を起こし、頭皮環境が悪化することも‥。

シャンプーは丁寧に、きちんと皮脂や汚れを落とすことを意識して行うと、頭皮環境が整い、若ハゲ防止にもなりますよ。

5. 頭皮マッサージをする

若ハゲ対策には、頭皮の血行を良くすることが重要と上記でお伝えしました。

その頭皮の血行を良くするのに効果的な方法が、頭皮マッサージです。

マッサージのコツは、こちらの3点。

  • 指の腹を使い、爪で頭皮を傷つけない
  • 気持ち良いと思える力で行う
  • 毎日欠かさず続ける

毎日継続するのは難しいと思うかもしれませんが、その場合はシャンプーしながら行うのがおすすめ。

洗いながら頭皮をマッサージすることを習慣づければ、無理なく続けられますよ。

頭皮マッサージについて詳しく知りたい方は、以下の記事をチェックしてみてくださいね!

6. 育毛剤を使用する

次におすすめする若ハゲ対策法は、育毛剤の使用です。

「育毛剤なんてまだ早い!」

「若いのに育毛剤なんて、抵抗がある…」

このように感じる人もいるかもしれませんね。

しかし育毛剤は、使い続けることで頭皮環境を改善し、健康な髪の成長や発毛を手助けするもの。

若ハゲのサインを感じたら早めに使い始めると、それ以上の進行を防ぐことも可能です。

また、使用に抵抗がある場合ですが、これは「周囲に育毛剤を使っているとバレるのが嫌」という部分が大きいのでは?

しかし最近では、一見して育毛剤とわからない商品が多くなっています。

ボトルに「育毛剤」とあからさまに表示されていないものや、化粧品のようなおしゃれな商品も。

そういった商品を選べば、家族や友人に見られてもバレにくいので、抵抗も少なくなるのではないでしょうか。

7. AGA専門クリニックに相談する

最後におすすめする若ハゲの予防・対策法は、AGA専門クリニックの受診です。

専門クリニックでは薄毛予防としての治療も可能で、今から予防したい!といった相談も受け付けてくれます。

もちろん、本格的な治療を受けたい場合にも最適。

AGA治療に特化しているため治療メニューが豊富で、予算や好みに合わせてアレンジしてもらうことも可能です。

クリニックは費用が心配という人もいるかと思いますが、AGA治療薬の処方だけなど、安価で済む治療メニューもありますよ。

無料でのカウンセリング・メール相談を受け付けているクリニックもありますので、気軽に相談してみてはいかがでしょうか。

8. スカルプエッセンスを使用する

丈夫な毛を育てるには、土台である頭皮をしっかりする必要があるのは想像がつきますよね。

あなたは頭皮の皮脂が多かったり、逆に乾燥しがちだったり、フケかゆみが出ていたりしませんか?

そういったトラブルは、頭皮が不健康な証拠です。
上に生えている毛が細かったり少なかったりするのは、そういったトラブルによる影響でしょう。

頭皮環境を良くするのに、スカルプエッセンスをおすすめ。

最近では薄毛対策として、育毛剤でなくスカルプエッセンスを使用する人が多いみたいです。

おすすめ商品を紹介しますので気になる人はチェックしてみてください!

"こちらでは、化粧品(スカルプエッセンス)の分類である『フィンジア』をご紹介。

このフィンジアには、「キャピキシル」「ピディオキシジル」といった、業界で話題の新成分を限界濃度で配合しています。

実は、これらの成分は育毛剤には入っていません。
ですので、育毛剤ではなくあえて化粧品のフィンジアを選ぶ人が多いのです。   さらに、これらの成分を奥まで浸透させるため、「カプサイシン」という成分も配合されています。

奥までしっかり浸透し、頭皮の環境改善や、髪にハリ・コシを与える効果などが期待されます。

薄毛対策として、新成分が凝縮された商品を使いたい人におすすめです!

"

辛い若ハゲ、なんとかしたい…
辛い若ハゲ、なんとかしたい…

あまり悩んで辛い時は、とりあえずの対処法で乗り切ろう

ここまで、若ハゲを予防・改善するための対策方法をご紹介してきました。

どれもおすすめの方法ですが、残念ながら、すぐにフサフサになるような即効性はありません。

でも、今すぐにでも何とかしたいというのが、若ハゲの悩みですよね。

そこで、根本的に若ハゲを解決する方法ではありませんが、とりあえずできる対処方法をご紹介します。

  • ウィッグや帽子を活用
  • 薄毛でもかっこいい有名人の髪型を真似してみる

ウィッグや帽子は、人に会う時に髪の毛が気になって自信が持てないという人におすすめ。

特に帽子は手軽に使えて、トライしやすいのではないでしょうか。

さらに、 薄毛でも素敵に見える髪型を研究してみるのも良いですね。

有名人のヘアスタイルを真似するなど、美容師さんに率直に相談するのも一案です。

今回は、若ハゲの対策方法を7つご紹介しました。

最後に簡単におさらいして見ていきましょう。

  • 食生活の見直し
  • 生活習慣の改善
  • ストレスを発散する
  • シャンプー方法を見直す
  • 頭皮マッサージをする
  • 育毛剤を使用する
  • AGA専門クリニックに相談する

AGAは放置していても治りません。

しかし、対策法をいくつかでも実践していけば、進行を食い止めることは可能です。

将来の髪の毛のためにも、早めに対策を始めてくださいね!