目次

  1. ヘルメットで薄毛になるって本当?
  2. 【結論】ヘルメットが薄毛の原因になることもある
  3. 《ヘルメットによる薄毛》対策法3選
  4. ヘルメットによる薄毛、正しい対策で未然に防ごう

ヘルメットは薄毛や抜け毛の原因になる、なんて噂を聞いたことはありませんか?

普段から長時間ヘルメットを被る方からしたら、かなり気になる情報ですよね…。

「たしかになんとなく髪に悪そうだけど、実際どうなの?」とお思いの方のために、今回の記事では本当にヘルメットが頭頂部の薄毛の原因になるのかや、その対策についてご説明していきます。

ヘルメットが薄毛の原因になることは、あります。

具体的にご説明すると、ヘルメットに付着した頭皮の汚れや細菌によって、薄毛が引き起こされる可能性があるのです。

帽子内環境研究会によると、帽子やヘルメットを被って運動した場合、以下の事実が確認されています。

  • 内部の湿度や温度が大きく上がる

  • 頭皮の汚れや細菌が増加する

頭皮の細菌は湿気の多い場所を好むため、高温多湿なヘルメットや帽子の内部は繁殖には最適な環境。

そして、この細菌や汚れをそのままにしておくと、皮膚炎などを引き起こし頭皮環境が悪化することがあるのです。

髪の毛は頭皮の血流から栄養をもらって成長するので、頭皮環境が悪化すると髪の毛へ運ばれる栄養が不足し、抜け毛や薄毛の原因になります。

これが、ヘルメットや帽子による薄毛のメカニズムです。

なお、「帽子やヘルメットは、頭部の血行を悪くするから髪に良くない」という噂もありますが、これに関しては帽子内環境研究会の研究では否定されています。

ヘルメットによる“薄毛誘発”のメカニズムが分かったところで、対策をご紹介していきましょう。

  • 毎日寝る前にシャンプーする

  • ヘルメットを清潔に保つ

  • 育毛剤を使う

この対策方法は、ヘルメットだけでなく帽子による薄毛にも対策として活用できますので、ぜひチェックしてみてくださいね!

毎日寝る前にシャンプーする

先ほどご説明した通り、ヘルメットや帽子による薄毛の原因は汚れや細菌です。

そのため、まずはしっかりと洗髪することが大切。

仕事などで疲れていると、そのままベッドやソファーで寝てしまうこともあるかもしれませんが、頭皮環境の悪化の原因になるのでお気をつけください

今回は、ヘアラボおすすめの洗髪方法をご紹介するので、ぜひ実践してください。

  • ①お湯だけで素洗い
  • ②シャンプーをしっかり泡立てる
  • ③マッサージするように頭皮を洗う
  • ④しっかりとすすぎ流す

頭皮にやさしく、とは言えしっかりと洗い流すことが大切です。

詳しいポイントやコツに関しては、以下の記事を参考にしてみてください。

ヘルメット・帽子を清潔に保つ

不潔なヘルメットを被っていると、頭皮の汚れの原因になります。

なので、定期的に洗ったり、交換するのがおすすめですよ。

とはいえ、ヘルメットには衝撃の緩和剤などもついているので、不用意に洗うと機能に問題が起きるかもしれません

洗う場合は“注意表示”を確認した上で、分からないことはメーカーに問い合わせるようにしましょう。

また、きれいなタオルで拭くだけでも匂いや汚れはある程度抑えられるので、「洗うのが手間」という方はお試しください。

育毛剤を使う

ヘルメットによる薄毛の対策としては、育毛剤もおすすめです。

なぜなら、育毛剤には発毛促進・育毛・抜け毛予防効果が認められているほか、頭皮環境を整える効果も期待できるからです。

上で挙げた対策と同時に取り入れることで、よりしっかりと頭皮をケアできますよ。

「育毛剤は種類が多くて、どれがいいのか分からない」という方には、「チャップアップ」がおすすめ。

毎日4万人以上が訪れるヘアラボで、最も人気の育毛剤です。

もちろん効果は認められていますし、業界では珍しい永久返金保証もあります。

頭皮に合わなければ返金できるので、「最初の1本」で迷っている方は試す価値アリ。
気になる方は、公式サイトをチェックしてみてください。

ここまで、ヘルメットは薄毛の原因になるのかというテーマについてお伝えしてきましたが、いかがでしたか?

ヘルメットだけでなく、帽子もきちんとお手入れをしなければ、菌の繁殖によって薄毛が誘発されてしまうのです。

ですが、頭皮やヘルメットを清潔に保ち、育毛剤などでしっかり頭皮をケアすれば薄毛対策は可能。

噂に流されず、正しい知識を持って正しい対策をしていきましょう!