目次

  1. 前頭部が薄毛でも慌てるな!
  2. 気になる前頭部の薄毛...
  3. 前頭部の薄毛の原因は?
  4. こんな人は前頭部の薄毛に要注意!
  5. 前頭部の薄毛の対策方法10選!
  6. 前頭部の薄毛を今すぐなんとかしたい!おすすめのヘアスタイル
  7. まずは手軽な育毛剤から始めよう
  8. 前頭部の薄毛対策をして楽しい毎日を!

最近、おでこが広くなってきた。 気になるその症状、前頭部が薄毛が始まっているかもしれません! ショックで暗い毎日を送っていませんか?

でも慌てるのはまだ早い! ちゃんと原因を見極めて、きちんと対策をすれば改善できますよ。

「前頭部の薄毛はなぜ起こるのか?」 「どうやって対策すればいいか?」

こんな疑問に答えてみました。

前頭部が薄い?
前頭部が薄い?

前頭部が薄くなるには原因がある。

生え際がちょっとハゲてきた気がする。 そう思って鏡を何度も見てしまっていませんか? 特に若い男の人に多いようです。

どのようになってきたら、前頭部がヤバイ!という状況なんでしょうか? 大きく分けて2つあります。

  • 髪が細くなって、そのままどんどん痩せ細り、髪のカサが減る。
  • 髪が抜けてきて、本数が少なくなる。

ドライヤー中、前頭部の髪が20本以上抜ける、とか、髪の分け目や前頭部の地肌がよく見えてきた。そんな人は要注意です!

前頭部の薄毛はどういう状態なのかがわかったところで、今度は原因に触れてみたいと思います。

男性の薄毛は、AGAという症状であることがほとんどだそうです。 これは、ジヒドロテストロン(DHT)という男性ホルモン、別名「脱毛ホルモン」が作用することで起こります。(公式サイトより)

これにより抜け毛になるのですが、このDHTの受容体が多くいるのが前頭部・頭頂部だそうです。後頭部・側頭部はこのホルモンの影響を受けにくいため、薄毛はM字やO字に進行していきます。

前髪は前頭部・頭頂部の髪の毛ですから、薄毛の人は前髪も薄くなってしまうんですね。

では薄毛の原因を更に詳しく見ていきましょう。 大きく分けて3つです。 - 食生活 - 血行不良 - ストレス 以下、参考にして下さいね。

⑴食生活の乱れ

髪の毛が成長するには、タンパク質、亜鉛、ビタミン、カルシウム等たくさんの栄養素が必要になります。 この栄養素を摂取しないことで、薄毛が進行してしまっている可能性があるんです。

外食、お惣菜、コンビニ弁当、ファーストフード。 食べるのに困らないこの時代ですが、栄養は偏りがちです。 髪の毛にはよくないものもたくさん入っています。

代表的なものが「脂質」ですね。 ある程度の脂質は必要ですが、現代人は脂質を過剰摂取しがち。 脂身の多いお肉やクリームたっぷりのケーキは薄毛には危険です! 髪の毛の成長にいいとは言えません。

⑵血行不良

体の栄養素は血液で運ばれています。

血行が悪い場合はうまく血液が流れず、栄養も届きませんよね。 それは髪の毛も同じことだそうです。

⑶ストレス

ストレスは良くない、とよく言われますがどうしてか知っていますか? ストレスが溜まると、体の血管が収縮します。 そうすると、血液の流れが悪くなりますよね。

先ほどの(2)で述べたように、血行不良の場合、髪に栄養が行きません。 なので、ストレスも薄毛になりやすい原因となりえます。。

また、ストレスはホルモンバランスの乱れにもつながります。 男性ホルモンが優位になると、脱毛の原因であるDHTの影響が大きくなってしまいます。

何だかどんどん心配になってきたかもしれません。

前頭部が薄毛になりやすい人にはある特徴があります。

当てはまる人はこれから注意したほうがいいかもしれません。

⑴タバコを吸う人

タバコは、血管を収縮させるので、血行不良になりやすいです。 さっき書きましたが、血行不良になると、髪に栄養が行きにくくなるそうです。

⑵食生活が乱れている人

髪の成長にはたくさんの栄養が必要、と書きました。 食生活が偏っていると、髪が十分に成長できません。

(3)睡眠不足な人

髪は夜に一番良く成長します。 でも、睡眠が足りないとその時間がなくなってしまいます。 結果、薄毛の原因になってしまうんです。

寝不足で薄毛に
寝不足で薄毛に

睡眠時間が足りないと、髪が成長しづらいそうです。

前頭部の薄毛になりやすい人の特徴と、自分の頭皮の状態がわかりましたか?

あとは、その人それぞれに合わせた対策をすれば、前頭部の薄毛は改善の余地が見込めるそうです。

その人達に合わせた対策方法と、あともう1歩踏み込んだ対策方法もご用意しました。 全部で10個!

ぜひ、参考にしてみて下さいね。

(1)育毛剤を使用

▼ハゲラボ限定キャンペーン実施中!

薄毛になってきたら、まず皆さんがやることが育毛剤を買うということだと思います。

今やCMで見ない日はないですし、薬局でも手軽に買えますよね。

ですが、効果をなかなか実感できない、とか、自分にどれが合うのかわからない。 そんな人もたくさんいます。

ここで、ハゲラボ一押しの育毛剤【チャップアップ】を紹介しますね!

(2)大豆を食べる

男性ホルモンの働きを抑える、という点で、大豆がオススメです。 こちら、イソフラボンという成分がたっぷり入っています。 女性ホルモンと似た働きをするので、脱毛の敵・男性ホルモンを抑えるのに食べている人も多いそうです。

豆腐や納豆を1品追加するだけで、簡単に始められますね。 最近では豆乳飲料もあるので、摂取しやすいです。

⑶運動する

先ほど、ストレスも薄毛の原因になりうると書きました。 運動をすることで体の緊張状態をほぐすことができます。 そうすると、ストレスも発散されやすいんです。

血行も良くなりますので、軽い運動から始めましょう。 過度な運動は逆にストレスになりますので、気をつけましょう。

運動で薄毛を防ごう
運動で薄毛を防ごう

運動でストレスを解消して、薄毛を防ぐ

(4)きちんと寝る

睡眠を取らないと、ストレスが溜まります。 髪は夜に成長するので、ちゃんと働かせるために、きちんと十分な時間寝ることが大切になります。

睡眠を取ろう
睡眠を取ろう

睡眠時間をきちんと取って、髪を成長しやすくする

(5)バランスよく食べる

毎食、心がけてバランスよく食べましょう。 できれば自炊で、油は控えめに。

また、特定の栄養素ばかり摂取しても髪は成長しません。 いろんな栄養素を万遍なく摂るようにして下さい。

毎食きちんとした食事を
毎食きちんとした食事を

バランスよく食べて、髪に必要な栄養を確保

(6)ストレスを溜めない

前頭部の薄毛の原因の1つにストレスがあります。

ストレスを溜めることでホルモンがバランスを崩れてしまう可能性があるんですね。

「毎日イライラ...」 「仕事が終われば暴飲暴食...」

こんな生活を送っている人は要注意。

  • 気分転換を行う。
  • ゆっくり休める日をつくる。
  • お風呂に入る時間をしっかりとる
  • ストレスを溜めないような職場環境を選ぶ

などのストレス対策をして、前頭部の薄毛が進行しないように気をつけましょう。

(7)シャンプーを改善する

前頭部の薄毛対策としては、シャンプーの改善も挙げられます。

あなたのシャンプーは薄毛対策として最適だとお思いですか? もし不安に思ったら、たとえば

  • 前頭部の頭皮周辺は入念にマッサージしながら洗う
  • リンスやシャンプーの液体が直接前頭部につかないようにする
  • 朝シャンはやめて夜シャンにする

などの工夫を行っていくといいかもしれません。

(8)クリニックや専門医にいく

前頭部の薄毛がどうしても治らない場合、 最終的には、専門のクリニックや専門病院に相談することをおすすめしますよ。

やはり、向こうはプロの医師。 これまでの豊富な実績をもとに、皆さんの前頭部の悩みを解決してくれるかもしれません。

迷ったら即行動。ぜひ一度無料相談してみてください。

(9)増毛・植毛する

呑気に前頭部の薄毛対策や通院をしている時間はない。

こんな人達は、増毛や植毛をする方が多いです。

治療費はある程度かかりますが、最近では相談だけなら完全無料なんです。

自分の状況を正しく把握するためにも、一度、話を聞きに行ってもいいかもしれませんね。

(10)かつら/ウィッグをつける

とはいえ、植毛や増毛はハードルが高い...。

と思った方には「かつら・ウィッグ」の利用を強くおすすめします。

値段も手頃。しかも気軽に利用できます。

最近ではかつらの種類やウィッグの種類もすごくたくさんあります。

自分にあった商品を探してみてはいかがでしょうか?

前頭部の薄毛の対策方法をご紹介してきました。

取り組みやすそうなものをぜひ日常に取り入れてみてください。

とはいえ、どの対策をしても、 一日二日で髪の毛がはえてくるわけではありません

前頭部の薄毛対策は、すぐに効果が実感できなくても 「これで大丈夫だ」と信じて、辛抱強く続けることが必要になってきます。

でも、それでは困る、早くなんとかしたい、という方もいらっしゃることでしょう。

また、はげてきているわけでもないのに、 もともとおでこが広めで、「ハゲ」だと認識されがちな人もいますよね。

ハゲてないのにハゲだと思われるハゲじゃないからどんな対策をしても無駄… という悲しい思いをしていることでしょう。

そんな方にもおすすめの、 前頭部が薄い(おでこが広い)人にぴったりのヘアスタイルをご紹介します!

薄毛対策をするとともに、生えてくるまでの間はこれで乗り切りましょう!

M字ハゲや前頭部の薄毛には、 短髪やソフトモヒカン、ツーブロック、坊主、スキンヘッドなどがおすすめです。

驚いた方もいるかもしれませんね!

前頭部の薄毛を隠すために前髪を長めにしている方もいるのではないでしょうか。

前頭部の薄毛は、隠すよりも出す方が気づかれにくいです。

もちろん隠すことが出来るほど前髪が伸ばせるならば それも悪くはないのかもしれません。

でも、うすく長い前髪が不自然に感じられたり、 ふとおでこを見られた時にそのギャップに驚かれることもあるかもしれません。

そして、前髪で隠そう隠そうとすると、自然と下を向きがちになりますよね。 気持ちまで下向きになってしまうので、 できればおでこを大胆に出してしまいましょう!

頭頂部がしっかりある場合はソフトモヒカンなどで トップにボリュームを持ってくると前頭部の薄さが気になりません。

また、ツーブロックで即頭部を短くすると、対比で前髪は厚く見えます

全体的に短くしてしまうのも手。全ての髪の毛が立っていて均一に見えますよ!

美容院で薄毛の相談をしながら髪質、顔の形などにあわせて おしゃれで似合う髪型にしてみましょう!

その上で、薄毛対策に取り組んでくださいね。

薄毛対策は、日常の生活習慣を少し見直すだけでも十分効果がありそうですね。

でも、それだけじゃ不安・・・と思う人もいるでしょう。

自分でできる薄毛対策としては、まず育毛剤から始める方が多いそう。

この記事でご紹介した育毛剤【チャップアップ】なら、万が一効果が実感できなかった場合にも、返金保証がついていますので、育毛剤初心者の方でも安心です!

日々の生活習慣の改善と共に、育毛剤でしっかり頭皮ケアを行っていきましょう。

やっかいな前頭部の薄毛。 もちろん簡単ではありませんが、毎日の生活を見直すことで、改善できる部分はありそうですね。 しかも、どれも簡単に始めることができるものばかりです。

まずは一度、紹介した10つの対策方法の中で、できることから始めてみましょう。

きちんと前頭部の薄毛対策をして、楽しい毎日を送って下さいね。

前頭部の薄毛対策についてもっと知りたい人はこちら! 前頭部(生え際)の薄毛の原因と対策まとめ!