目次

  1. 薄毛治療ってどんな方法があるの...?
  2. 【進行度&目的別】まずは薄毛治療が自分に合っているかチェック
  3. 薄毛治療法①:「発毛剤」による発毛治療
  4. 薄毛治療法②:「メソセラピー」による発毛治療
  5. 薄毛治療法③:「幹細胞再生治療」による発毛治療
  6. 薄毛治療法④:「植毛手術」
  7. 薄毛治療ではなく自分でできる「育毛対策」をしたい方はこちら
  8. 【まとめ】今回ご紹介した薄毛治療一覧
  9. 薄毛治療の関連記事はこちら

薄毛で悩んでいる皆さん、どんな治療法を知っていますか? 病院、クリニック、育毛剤、薬、食べ物、シャンプー… ヘアラボをいつもご覧になっている皆さんは色々知っているかもしれないですよね。

しかし、あなたの知らない治療法はまだまだ存在しているんですよ。 この記事では、皆さんもまだきっと知らない、最新技術を駆使した治療法を紹介していきますね。

さて、最新の薄毛治療をご紹介する前に、まずは薄毛治療の目的を確認し、どんな人に合っているのか把握しておきましょう。

そもそも薄毛"治療"とはどんなもの?

薄毛治療とは、医薬品などを使って新たな髪を生やす発毛治療や、頭皮に毛根を移植する植毛手術といった医師が行う医療行為を指します。

市販で販売されている育毛剤で自宅で行える育毛対策は薄毛"治療"には含まれません。

【進行度&目的別】あなたは発毛?植毛?それとも育毛?

薄毛治療(発毛・植毛)を行うべきか育毛対策を行うべきかは、薄毛進行度対策の目的という2つの軸で選択することがおすすめです。

以下、薄毛進行度順にご紹介します。

<①こんな人なら「育毛対策」を>

  • 薄毛進行度
     以下の画像と同程度
  • 対策の目的
     医薬品を使わず、自宅でできる対策をしたい
     今ある髪の毛を育て、抜け毛を減らしたい

「>>本記事の後半」でも育毛対策について解説しています。

薄毛進行度の代表的な分類方法「ハミルトン・ノーウッド分類」
薄毛進行度の代表的な分類方法「ハミルトン・ノーウッド分類」

レベル1~レベル7まで分類されます

<②こんな人なら「発毛治療」を>

  • 薄毛進行度
     以下の画像と同程度
  • 対策の目的
     医薬品などを使い、医師の指示のもと対策したい
     新たな髪の毛を生やしたい
薄毛進行度の代表的な分類方法「ハミルトン・ノーウッド分類」
薄毛進行度の代表的な分類方法「ハミルトン・ノーウッド分類」

レベル1~レベル7まで分類されます

<③こんな人なら「植毛手術」を>

  • 薄毛進行度
     以下の画像と同程度
  • 対策の目的
     育毛対策や発毛治療を実行しても効果を得られなかった
     手術によって頭皮に毛根を移植して髪を生やしたい
薄毛進行度の代表的な分類方法「ハミルトン・ノーウッド分類」
薄毛進行度の代表的な分類方法「ハミルトン・ノーウッド分類」

レベル1~レベル7まで分類されます

今回ご紹介する薄毛治療は以下の4つ

今回は最新の情報から、以下の4つの薄毛治療をご紹介します。

全てクリニックや病院で医師によって行われる治療で、①~③が発毛治療④が植毛手術です。

それでは早速、それぞれの特徴を解説していきます。

まずは、薄毛治療を検討している人なら、既にご存知かもしれませんが、発毛剤を用いた発毛治療をご紹介。

主にミノキシジルフィナステリドといった医薬品が使用されます。

飲み薬や塗薬などの形で処方されることが多く、クリニックによって異なります。

ミノキシジルには血管を拡張して血行促進する効果を、フィナステリドには男性のAGAという脱毛症を抑制する効果を期待することができます。

ただし、医薬品ということもあり副作用のリスクに注意。

ミノキシジルには多毛や血圧低下、フィナステリドには勃起不全や性欲減退などの恐れがあるので、よくクリニックの先生に相談してから使用を決めましょう。 ※フィナステリドは女性の使用を禁止されています。

市販で購入できる発毛剤もあります

そんな副作用のある発毛剤ですが、薬剤師による確認を経て、ドラッグストアやamazonで購入できるものもあります。

大正製薬が販売している「リアップ」シリーズなどです。

発毛効果が認められたミノキシジルが配合されています。

もちろん、使用上の注意や副作用などを十分にチェックしてくださいね。

次に紹介する薄毛治療は「メソセラピー」による発毛。

メソセラピーとは、クリニックが独自で作っている発毛薬を注射で直接頭皮に注入していく方法です。

こう聞くと「なんだかとても痛そう...」と思われるかもしれませんが、とても細い針を使用したり頭皮を冷却したりすることで痛みを軽減しています。

金額は自身の薄毛の進行度やプランの内容によって異なりますので、実際に相談してみることがおすすめ。

特に、最近のクリニックは無料カウンセリングを実施しているところが多いので、お気軽に訪ねてみてくださいね。

3つ目の紹介するのは「幹細胞再生医療」

よくニュース等で取り上げられることが多いES細胞やIPS細胞などの一種で、「細胞を生み出す細胞」の基となる細胞です。

人間は約60兆個の細胞でできていますが(参照1)、幹細胞は新しい細胞を生み出すと同時に自らもまた幹細胞として分裂し、体の傷んでいる部分を修復したりします。

クリニックで行うAGA治療としての幹細胞を用いた再生治療は、独自に調合した幹細胞成長因子を散布することで、体の中にある幹細胞を成長させて発毛を期待する治療法。

こちらに関しても、自身の薄毛の進行度や治療プランによって料金は変わってくるので、無料カウンセリングで相談してみることをおすすめします。

最後に紹介する薄毛治療は「植毛」です。

ここまで紹介してきた3つの薄毛治療法は全て、髪を生やす発毛治療だったの対し、植毛は直接髪の毛を移植する手術

自分の髪の毛を移植する自毛植毛化学繊維の毛を移植する人工毛植毛があり、主流なのは自毛植毛です。

自身の毛髪の中でまだ髪が生えている後頭部や側頭部の毛根を、髪が薄くなっている前頭部や頭頂部へ移植します。

ただし、日本皮膚科学会が発表しているAGAガイドラインでは、植毛は失敗するリスクもあるため、発毛治療を実行しても期待していた効果を得られず、他の手段が無い方に推奨しています。

ここまで、4つの薄毛治療をご紹介してきました。

それぞれ異なる特徴がありますので、自身に合うと思ったものをチェックしてみてくださいね。

ただ、薄毛治療は医薬品を使用したり手術を行ったりしますので、副作用や失敗するケースが怖いと感じる方もいらっしゃるかと思います。

そこで、発毛や植毛ではなく育毛対策もご紹介。

育毛対策とは、今ある髪の毛を育て、抜け毛を防ぐことを目的とした対策で、*厚生労働省に育毛効果を認められた育毛剤を使用します。

育毛剤は医薬部外品ですので医薬品のような副作用のリスクはほぼありません。

通販で気軽に購入することができますので、幅広い年代の方に愛用されています。

おすすめの育毛剤は「チャップアップ」

ヘアラボとしておすすめしたい育毛剤は「チャップアップ」

  • 3種の有効成分+約60種の厳選成分
  • 無添加・無香料
  • 7,400円(税込)
  • 永久全額返金保証
  • プライバシー梱包

毎日5万人近く訪れるヘアラボの読者さん達が一番購入していて、3種類の有効成分と60種類の厳選成分が配合。

髪の毛を育て、抜け毛を減らす効果を期待することができます。

他の育毛剤は30日間の返金保証が多い中、「永久」全額返金保証を提供していることからも品質への自信が伺えます。

また、家族などにバレたくない方のために、梱包しているダンボールは育毛剤が入っていると分からないようになっているんですよ。

いかがでしたでしょうか?

最新の情報をもとに4つの薄毛治療を解説してきました。

興味のある薄毛治療法は見つかったでしょうか?

もし何か気になることがあれば、一番早いのは直接聞いてしまうことだと思いますので、ぜひ無料カウンセリングなど活用してみてくださいね。

女性が利用できない薄毛治療などもありますので、よく相談をしましょうね。