目次

  1. 薄毛に良くないものばかり食べていませんか...?
  2. 薄毛対策に効く食べ物10選を紹介!
  3. 薄毛対策に効く食べ物の共通点は...?
  4. 忙しい人やダイエット中の人はサプリメントがおすすめ!
  5. 薄毛対策に効く、おすすめのメニューはこちら!
  6. 【食べても無駄...?】こういう人には薄毛対策にならないかも
  7. サプリの栄養サポートが薄毛対策に人気
  8. 薄毛対策に良い食べ物について動画でもっと詳しく知ろう
  9. 薄毛対策の為に、毎日の食事の見直しを。

忙しい毎日を過ごしていると食事が面倒に感じてしまって、ついカップラーメンを買ったり、ファストフードで済ませたり。

普段は特に意識することの無い食事のメニューですが、食べ物は私たちの体の素となる大切なものです。

私たちが毎日とる食べ物から体が作られます。それは髪の毛も同様です。

カップラーメンやファストフードから作られる髪の毛が果たして丈夫でしょうか?

薄毛になる前に、食生活の改善を考えてみませんか?

食事は髪の素となります。
食事は髪の素となります。

手軽に美味しく食べられるファストフード。しかしこれが髪の素になると考えると、毎日食べるのはちょっと躊躇してしましますね。

私たちが毎日口にする物から髪の毛が作られていきます。 薄毛対策には毎日の食事がとても大切なのです。

特に薄毛対策に良い!とされる食べ物をご紹介します。

⑴納豆

薄毛対策にいい食べ物には納豆が挙げられます。

納豆は、髪の素となるタンパク質を多く含み、大豆に含まれるイソフラボンは薄毛の原因となる男性ホルモン「テストステロン」の分泌を抑制します。

大豆には、皮膚の新陳代謝を促すビタミンB2も含まれるため、頭皮の環境改善にも役立ちます。

また、納豆だけに含まれる「ナットウキナーゼ」という栄養素には、血液をサラサラにする効果が有ると言われています。

血液がサラサラになることで頭皮の血行促進が期待できます。

⑵牡蠣(生)

生牡蠣も、薄毛対策に効果があるといわれています。

髪の主成分はタンパク質ですが、亜鉛が不足すると上手く生成されないようなこともあるようです。つまりタンパク質だけでなく亜鉛もしっかり摂取することが大切です。

亜鉛は牛肉、豚レバー、魚介類などに多く含まれますが、特に生牡蠣は群を抜いて亜鉛を多く含んでいます。

亜鉛は日頃摂取しにくく、特に男性に欠乏しやすい栄養素と言われています。 髪の生成に必要な栄養素ですので、食べ物から意識して摂るように心がけましょう。

生牡蠣
生牡蠣

生牡蠣は亜鉛を多く含む薄毛対策に効果的な食べ物です。ただし食べ過ぎには注意しましょう。

⑶レバー

レバーは「栄養の宝庫」と言われる食べ物で、髪の主成分であるタンパク質を含むのはもちろん、頭皮の環境を良くするビタミンを多く含んでいます。

頭皮の新陳代謝を高めるビタミンB群、細胞分裂を正常化することで頭皮の環境を良く保つ働きのあるビタミンAが多く含まれています。

つまり髪が丈夫に育つための頭皮の環境を作ってくれる素となります。

またビタミンB2には皮脂の分泌を抑制する働きが有りますので、皮脂で頭皮がベトベトになっている方にはおすすめです。

⑷高野豆腐

高野豆腐は、髪の主成分であるタンパク質が含まれる食べ物で、そのタンパク質が髪の毛になるのに必要な亜鉛も含まれています。

ほかにも、薄毛の原因となる男性ホルモンの分泌を抑えるイソフラボン、毛細血管を拡張し栄養を運ぶ血液が行き渡るよう促すビタミンEが含まれます。

日頃摂取しにくい亜鉛を含みますし、またイソフラボンは女性ホルモンの代わりをしてくれます。

閉経による女性ホルモンの減少からホルモンバランスが乱れがちな40歳以上の女性におすすめです。

高野豆腐
高野豆腐

髪の主成分である「タンパク質」と、男性ホルモンの分泌を抑制する「イソフラボン」を多く含み、日頃摂取しづらい「亜鉛」も含んでいる栄養満点の食べ物!

⑸焼きのり

実は焼きのりには、野菜や果物に匹敵するビタミンCが含まれています。

ビタミンCはコラーゲンの生成に必要で、丈夫な血管や頭皮の素となります。

また抗ストレスホルモンである副腎皮質ホルモンの合成を促進しますので、ストレスからの抜け毛対策にも効果が期待できると言われています。

ビタミンAやビタミンB2も含まれ、薄毛対策に適した食べ物と言えるでしょう。

⑹緑黄色野菜

緑黄色野菜は、髪に必要なビタミンを豊富に含んでいる食べ物です。

頭皮の健康を保つビタミンA,頭皮の新陳代謝を促すビタミンB2などが多く含まれています。

これらは油で炒めると吸収率が上がるので、効果的に摂取することができます。

ビタミンAで血行を良くして抜け毛を減らし、ビタミンB2で皮脂の分泌を抑制し頭皮の新陳代謝を高めてくれるそうです。

こういった働きにより髪に良い頭皮の環境を作ることが期待できます。

緑黄色野菜
緑黄色野菜

緑黄色野菜には髪に必要なビタミンが豊富に含まれています。

⑺ナッツ類

ナッツ類には、髪の毛の主成分であるタンパク質が多く含まれています。 また、ビタミンEなど髪の毛の成長に必要な栄養分も含まれているんですよ。

ビタミンEは、毛細血管を広げることで血行を良くしてくれる効果が期待できます。

血行が良くなることで、血液の循環が悪い頭皮では届きにくかった必要な栄養素を頭皮までしっかり届けられるようになるので、薄毛対策にはぴったりの食材なんです!

⑻柑橘類

レモンやグァバなどの柑橘類は、良く言われているようにビタミンCが多く含まれている食べ物です。

ビタミンCは、髪にハリやツヤを与えるコラーゲンの生成を助けます。 コラーゲンが生成されることによって血管や頭皮が丈夫になり、髪が抜けにくい環境を作ります。

また、抗ストレスホルモンの分泌を促します。

柑橘類
柑橘類

ビタミンCを多く含む柑橘類はコラーゲンの生成を助け、髪にハリやツヤを与えます。

⑼いわし

いわしは、低カロリーなのに栄養価が高いといわれている魚です。

髪を作るのに必要となるタンパク質亜鉛や頭皮の新陳代謝を促してくれるビタミンB6がバランスよく含まれています。

大衆魚であるいわしは安価で買えることも魅力ですね。

(10)乳製品

乳製品
乳製品

タンパク質を摂取できる食材の代表格。ビタミンB群も多く含んでいます。

薄毛対策に良いとされている食べ物を並べると見えてくることは

髪そのものとなる栄養素を含んでいるということと

髪が抜けにくい頭皮の環境を作ってくれる栄養素が含まれている

ということです。

この2点のいずれか、もしくは両方を満たしている食べ物を使った食事が、薄毛対策に適した食事と言えそうです。

毎日の食事であまり意識していなかったかもしれませんが、今後は以下の共通点を踏まえた食べ物を積極的に取り入れたメニューを考えてみてはいかがでしょうか。

①共通点1 髪の主成分である「タンパク質」を含む ②共通点2 タンパク質が髪になるのを助ける「亜鉛」を含む ③共通点3 頭皮の新陳代謝を高める「ビタミンB群」を含む ④共通点4 頭皮の健康を保つなどの「ビタミンA,C、E」を含む

薄毛対策に良い食事の共通点って?
薄毛対策に良い食事の共通点って?

これまであまり意識していなかった食事のメニューにも、今後は気を使ってまいりましょう。

ここまでおすすめの食品や栄養素を紹介しました。

しかし必要な栄養素を充分に摂取しようと試みると、食事の量が多くなってしまうことがよくあります。

料理する時間がない人、ダイエット中の人にとっては大問題ですよね。

そこでサプリメントをおすすめします。

自分に足りない栄養素をピンポイントで、短時間で補うことが可能です。

薄毛対策に効く食べ物の共通点が分かれば、次はその食べ物を使ったメニューを考えてみましょう。

ただ単に「薄毛対策に良いから」と摂取するだけでなく、美味しく食べられるメニューをご紹介いたします。

①牡蠣入りシーフードカレー

牡蠣は生のままでとることが理想ですが、ここではエビやイカと一緒に油で炒めて食べてください。

エビ、イカの魚介類にも髪の主成分となるタンパク質が含まれていて、牡蠣にはタンパク質が髪になるのを助ける亜鉛が含まれます。

カレーですので、緑黄色野菜をたっぷり入れて頭皮の環境に良いビタミンを摂取することもできます。

まさに美味しく薄毛対策ができるメニューです!

②いわし定食

タンパク質、亜鉛、ビタミンB6を含むいわしを中心に、タンパク質、イソフラボン、ビタミンEを含む高野豆腐や、コラーゲンを含むおくらなどと一緒になった和食メニューです。

納豆を含めるとより良いでしょう。

納豆
納豆

お好みで納豆を加えるとさらに薄毛対策に良いメニューになります。

③かぼちゃのミルク煮

ビタミン豊富な緑黄色野菜であるかぼちゃを、タンパク質を多く含むミルクで蒸します。

かぼちゃの甘みとミルクのまろやかさでやさしい味わいに仕上がります。

いくら「薄毛対策に良い!」と言われる食べ物をおいしく食事に取り入れても、他に薄毛になりやすい原因があると、なかなか効果は期待できません。

例えば、シャンプーをする時に爪を立ててゴシゴシ洗ったり、シャワーの温度が熱すぎると、頭皮が傷付いて抜け毛や薄毛の原因になります。

また、肥満運動不足は血行を悪くし頭皮に栄養が行き渡るのを阻害します。

睡眠不足などのストレスも、抜け毛や薄毛の原因になります。

これらに当てはまる方は、食事だけでなく生活習慣を見直す必要があるかもしれません!

シャンプーの際に頭皮を傷付けている人運動不足で肥満体型の人睡眠不足などストレスを抱えている人

薄毛対策に向いた食べ物を食べる事とプラスαでサプリメント摂取することもおすすめです。 ただし、サプリに頼りすぎてしまうのはNGです。 食事を基準としてサポートとしてサプリメントを服用する事を頭に置いておきましょう。 以下でご紹介するサプリメントは、口コミ人気も高いのでおすすめです! 是非、一度トライしてみてくださいね。

男性に人気 フェルサ

こちらはハゲラボで人気のサプリフェルサです。

今あるものを維持し、育てる事にこだわった商品です。

最近注目のノコギリヤシやミレットエキスといった自然由来の成分が配合されています。 

また亜鉛、ビタミンB群なども豊富に入っています。

1日2粒、通常1個6,200円。

毎月先着300名限定で、1個買うともう1個プレゼントというキャンペーンをやっているそうですよ。

30日間返金保証があるので、お試ししたいという方におすすめのサプリです。

一度チェックしてみてください。

女性に人気

女性におすすめのサプリはこちら。

育毛剤やシャンプーで人気の会社から製造されたマイナチュレサプリ。 髪のボリュームアップをサポーとするために以下の成分が配合されています。   - 食生活で不足しがちな栄養素 - 美容を目的としたたんぱく質・植物エキス - 体内環境を整えるための植物酵素・ビタミン・ミネラル

1日3粒の1ヶ月分で通常価格 6,523円(税・送料別)です。

女性対象にこだわって製造されたこのマイナチュレサプリ、気になった方はチェックしてみてください。

ここまで、薄毛対策に効果のあると言われている食べ物や、それを使った食事をご紹介してきました。

さらに詳しく知りたい方のために、おすすめの動画をご紹介します。 薄毛対策に毎日の食事を見直す大切さから、具体的な髪に良いとされる食べ物やその調法など、視覚的に理解することができますよ。

食事でできる薄毛対策の方法

薄毛対策に良い食事の種類や調理方法などを紹介しています。

髪の素は食事から得られます。

薄毛対策を真剣に考えると、毎日の食事を見直すことが大切でしょう。

そのために、髪の素となる「タンパク質」、タンパク質が髪になるのを助ける「亜鉛」、頭皮の環境を良くする「ビタミンB群」、頭皮の健康を促進する「ビタミンA,C、E」を摂るようにしましょう。

いくら薄毛対策に良い食事を摂っても、食事以外の所に薄毛の原因が有れば効果は期待できません。

食事の改善と共に悪い生活習慣を改善できれば、あなたの髪の毛はより長く健康でいてくれるでしょう。

ハゲラボでは食べ物と薄毛の関係性を他の記事や特集でも扱っています。

興味のあるひとはぜひご覧になって下さいね。

食べると生える!?薄毛と食べ物の関係を徹底解説


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。詳しくはこちらをご覧ください。