目次

  1. AGAの事前予防は5αリダクターゼの予防から
  2. AGAの元凶!1型・2型の5αリダクターゼってなに?
  3. 1型5αリダクターゼとは?
  4. 2型5αリダクターゼとは?
  5. こんな人は1型・2型5αリダクターゼによってAGAになりやすい!
  6. AGAを防ぐ!1型・2型5αリダクターゼの抑制方法まとめ
  7. AGAは治療には1型・2型の5αリダクターゼの抑制が肝です!

AGAの原因である1型、2型5αリダクターゼというものがあるのをご存知ですか?

少しでも薄毛やハゲについて調べたことのある人なら聞いたことのある単語だと思います。

でも、調べてみても難しくてよく分からないという感想を持つ方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、AGAの事前予防として大切な1型、2型5αリダクターゼについて分かりやすく解説したいと思います。

まずは薄毛対策として敵の事を知ることから始めましょう!

薄毛で困るその前に
薄毛で困るその前に

1型、2型5αリダクターゼについて知ることから始めましょう。

そもそも5αリダクターゼとはどのようなものでしょうか?

5αリダクターゼは男性ホルモンであるテストステロンをAGAの原因である強力な男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)に変換する酵素の事です。

つまり、AGAを引き起こしている一因なのですね。

この5αリダクターゼには1型と2型があり、多くの場合は2型5αリダクターゼが原因でAGAを引き起こしています

もっと詳しいことを1型、2型に分けて説明していきますね。

1型5αリダクターゼの特徴

1型5αリダクターゼは全身の皮脂腺というところに分布しています。

頭で言うと、後頭部前頭部に存在が確認されているんです。

こちらの方はAGAの原因である可能性はあるものの、2型よりは可能性が低いということが最近の研究で分かってきました。

とはいえ、1型5αリダクターゼもAGAには関与しているため、後頭部にもAGAの影響が出た場合は1型が原因のAGAである可能性があります。

1型5αリダクターゼがAGAを引き起こすメカニズム

1型5αリダクターゼがAGAを引き起こすメカニズムです。

男性ホルモンであるテストステロンが皮脂腺に存在する1型5αリダクターゼと結びつくことでより強力な男性ホルモンDHTに変換されます。

簡単に示すと、以下の通りです。

テストステロン + 1型5αリダクターゼ(皮脂腺) → DHT

これによりできたDHTが毛乳頭にある受容体にくっつき、働きかけることで髪の毛を作らないというように信号が出され、AGAになると言われているんですね。

2型5αリダクターゼの特徴

2型5αリダクターゼは毛乳頭という髪を作るところに分布しています。

頭で言うと、頭頂部前頭部に存在が確認されているんです。

ですから、AGAに典型的な頭頂部と前頭部の薄毛は2型5αリダクターゼが影響を与えていると考えられます。

2型5αリダクターゼがAGAを引き起こすメカニズム

2型5αリダクターゼがAGAを引き起こすメカニズムです。

こちらもメカニズムとしては1型5αリダクターゼとほぼ同じです。

大きな違いは、男性ホルモンであるテストステロンが毛乳頭に存在する2型5αリダクターゼと結びつくことです。

テストステロン + 2型5αリダクターゼ(毛乳頭) → DHT

2型5αリダクターゼはもともと毛乳頭に存在していますので、DHTがくっつく受容体がすぐそばにあります

そのため、AGAに関与している割合としては2型5αリダクターゼの方が高いと考えられます。

1型、2型5αリダクターゼがAGAを引き起こすメカニズムについて見てきました。

メカニズム自体はなんとなく分かったものの、それらが原因でAGAになりやすい人とはどのような人なのでしょうか?

次は1型、2型5αリダクターゼが原因でAGAになりやすい人の特徴をお話しします。

体毛が濃い人

まずは何といってもAGAをもっとも引き起こしやすい2型5αリダクターゼの分泌が多い人です。

2型5αリダクターゼは毛乳頭に存在するんでしたね。

ですから、2型5αリダクターゼは髭や体毛が濃い人の方が分泌が多いと考えられています。

もし自分が人よりも体毛が濃い方だと思う場合はもしかしたら2型の5αリダクターゼの分泌する割合が人より高いかもしれません。

肌が脂っぽい人

次に1型5αリダクターゼの分泌が多い人です。

1型5αリダクターゼは皮脂腺に存在しますね。

ですから、1型5αリダクターゼは肌が脂っぽい人の方が分泌が多いと考えられます。

もし、自分が人よりも肌が脂っぽい、ニキビがよくできるという場合は1型5αリダクターゼが分泌される割合が高いかもしれません。

ニキビが多い、肌がテカテカしている
ニキビが多い、肌がテカテカしている

脂っぽい肌の人は1型の方に注意しましょう。

1型、2型5αリダクターゼが原因でAGAになりやすい人を紹介しました。

中には自分が当てはまっているかもしれないと不安になった方もいらっしゃるかもしれません。

でも、大丈夫です。 万が一当てはまっていても、早期から対策を取れば、AGAになることを防ぐこともできるかもしれません。

そこで、ここからは1型、2型5αリダクターゼを抑制する方法をご紹介したいと思います。

①亜鉛を摂取する

亜鉛にはタンパク質を分解して髪の毛や筋肉などの組織に変える働きがあります。

つまり、育毛・発毛に欠かせない成分だということです。 それだけでなく、亜鉛にはなんと5αリダクターゼの活性を抑制する働きがあることが分かっています。

ですから、亜鉛を多く含む食品を食べる事で内側から5αリダクターゼを抑制することができるかもしれないのです。

②大豆製品を摂取する

大豆製品には5αリダクターゼを抑制する働きのあるイソフラボンがたくさん含まれています。

イソフラボンはAGAを抑制する女性ホルモンを補助する役割があるので、そうした効果が見られると考えられています。

また、髪の毛を作る成分であるタンパク質も豊富に含まれているのでしっかり食べると良いでしょう。

大豆製品もしっかりとれるバランスの良い食事を
大豆製品もしっかりとれるバランスの良い食事を

大豆の力をしっかりと発揮させるにはバランスの良い食事が重要です。

③育毛剤も併用する

亜鉛や大豆製品といった食品からも5αリダクターゼを抑制する成分は摂取することができます。

さらにそこに育毛剤を併用することもおすすめです。

近年、薄毛についての研究が進み、様々な育毛剤が販売されています。

中でもハゲラボでは、無添加・無香料の育毛剤をオススメしています。

育毛剤の使用を検討される際は是非チェックしてみてくださいね!

AGAを引き起こす、1型、2型5αリダクターゼについてのお話でした。

いかがでしたか?

少し難しい話ではありますが、とりあえず、5αリダクターゼは抑制しなければいけないと思っていただけると良いと思います。

育毛剤にはそうした抑制成分がしっかりと配合されていますので、何をしたらいいかと悩む場合には利用をおススメします。

AGAを進行させないためにも早い対策を取っていきましょう。