目次

  1. 「一大事!!ヘアカラーするとハゲる?」そうなりたくない方、必見です!!
  2. みんなヘアカラーをしている!
  3. ヘアカラーでハゲる?その原因は?
  4. こんな人は要注意!
  5. ハゲないための対策方法まとめ
  6. ヘアカラーについての動画でもっと多くの知識を
  7. 自分の身は自分で守って、オシャレをたのしみましょう!!

「ヘアカラーをしたら髪の毛が抜けてしまった…!!」 なんていう経験ありませんか。 実は、ヘアカラーの方法にポイントが! 楽しむつもりが悲しいことにならないように、是非これを読んで参考にされてみてくださいね!

『ヘアカラーするとハゲるの?ハゲないためにどうすればいい?』
『ヘアカラーするとハゲるの?ハゲないためにどうすればいい?』

ヘアカラ―するとハゲるっていう噂はホント? ハゲたくないなら、ヘアカラーをやめなきゃいけないのかな…

「ヘアカラー」年齢層問わず人気ですよね。 色も選べて、可愛く、オシャレには欠かせないアイテムみたいなものかもしれません。20代では約7割の人がヘアカラーをしているそうです。 また、白髪染めをする人は50代が一番多いそうです。 ヘアカラーや白髪染めをする人を合わせると全体で半分以上の人がなんらかのカラーをしているといわれています。 カラーは、見た目を変えるポイントになっているようですね。

「ヘアカラーはもう定番に!!」
「ヘアカラーはもう定番に!!」

若年層から高年層まで、ヘアカラーはもう一般的。個性を出すひとつとして、みなさん楽しまれていますね。

ヘアカラー…いろんな年代でオシャレとして広がっているようですね。 しかし! 「楽しむはずのヘアカラーでハゲてしまうことがある!!」といわれています。 ヘアカラーでのハゲの原因は大きく分けて3つ。 どんなことが原因になっているのかご説明しますので、ご自身の今までのご経験があてはまっていないか是非照らし合わせてみてください!!

⑴カラーリングするときに、頭皮まで薬剤を塗る

ヘアカラーで怖いのは、頭皮に薬剤がついてしまうことです。 ヒリヒリしたりする「炎症」などがでた場合は頭皮が悲鳴をあげている状態といってもいいかもしれません。

(2)抜け毛が増えてしまう

薬剤がついてしまうと、毛穴がふさがってしまい呼吸ができなくなります。 毛穴も呼吸ができなければ、抜け毛が増えてしまいます。

⑶新しい髪が生えてこない

つまった毛穴には栄養が入っていきませんから、新しい髪の毛も育ちませんよね。 結果その部分が毛髪のない状態になってしまうので、「カラーでハゲた」という風に捉えられてしまうのです。

『どうしてヘアカラーでハゲるの?』
『どうしてヘアカラーでハゲるの?』

適切なヘアカラーをしていない可能性が原因の一つかもしれません。

ヘアカラーでハゲてしまった…という人には原因があるようです。 なにが原因となっているのか、ご紹介したいと思います。 もしかしたら、心当たりのあることもあるかもしれません!!

⑴よくカラーリングする人

カラーリングをすることが直接「ハゲ」にはならないのですが、 確実に毛髪にはダメージになっています。 なので、短いスパンで何度もカラーしているとダメージが大きくなり、頭皮に影響がでてこない…とはいいきれなくなります。

⑵自分でカラーリングする人

頭皮に薬剤…が最大の問題です! なので、自分ですることで、どうしても頭皮に薬剤が付きがちに。 要注意です!

『セルフカラーリングは要注意!』
『セルフカラーリングは要注意!』

頭皮にカラー薬剤は絶対NG! セルフカラーリングはリスク高いかも!

カラーリングを楽しんでいくためにも、カラーリングのポイントをつかんでおく必要がありますね。 基本的なことばかりなので、頭の中に入れておくとカラーをするときの参考になるかもしれません!

⑴カラーリングは適度な間隔をあけてするべし!

カラーリング自体が、「ハゲ」を引き起こす直接的な原因ではありません。 ですが、薬剤を髪につけるという意味では、それなりにダメージを与えてしまいます。 カラーリングの回数が多ければ多いほど、ダメージが増えるのは想像がつきますよね。 「やりすぎはNG×」ということです。 間隔をある程度空けるようにして、カラーリングを楽しみましょう!

⑵プロに委ねるべし!!

自宅でも今は手軽にできる「ヘアカラー」。 手ごろな値段で、自分で染めることができるので、ついついセルフカラーをしたくなりますが… セルフカラーだと、かなりの確率で「頭皮」に薬剤がついてしまう可能性があります。 鏡でしっかり見ながらでも、なかなか「薬剤は付けない!」と言い切れませんよね。 「頭皮に薬剤はNG×」 です。となると、美容師の腕にもよるのですが、プロにお任せするという意味で、 「美容室でカラーリング」をおススメします。 100%ではないかもしれませんが、気を付けてしてくれることは違いないと思います。

⑶カラーリングした後のケアを十分にするべし!!

ヘアカラーした後、数週間きちんとトリートメントなどのケアを継続すれば問題ないといわれています。 弱っている頭皮に栄養をいきわたらせる必要があるのです。 カラーリングするだけで終わってはいけないということですね。

『ハゲないために注意するべきこと!』
『ハゲないために注意するべきこと!』

カラーリングのせいでハゲないために、気を付けておきたいことをしっかり覚えておきましょう!!

「ヘアカラーの使い方」には注意する必要があることを述べてきましたが、さらに動画でチェックしてみてください!!

『ヘアカラ―などの危険性』

日常的になってきた「ヘアカラ―」。危険性も理解したうえで、正しく使ってオシャレを楽しみたいですね。

ヘアカラーが直接「ハゲ」にはつながらないというとが分かりましたよね。 ですが、ヘアカラーによるハゲの危険性は全くないわけではありません。 とにかく「頭皮に薬剤をつけない」ことを意識してください。 自分のことは自分でしっかり守りながら、ヘアカラーでオシャレをたのしんでくださいね!


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。詳しくはこちらをご覧ください。