目次

  1. 頭皮が硬くて、髪が薄くなってきた?
  2. 頭皮が硬い=薄毛のサインって本当...!?
  3. なぜ頭皮が硬いと薄毛のサインなのか?
  4. こんな人は要注意!?
  5. 頭皮が硬いことで薄毛にならないために
  6. 頭皮が硬いことと、薄毛の関係についてもっと知りたい方は動画を参考に!
  7. 頭皮が硬い=薄毛のサインだと疑いましょう

最近、髪の毛が薄くなってきた気がする。 そう思って、ふと頭皮に手をやると、 硬くてびっくりしたことはありませんか?

頭皮の硬さは、薄毛のサインかもしれません。

でもまだ悩まないで! そのサインに気がついた今、できることはたくさんあります。

原因や対策について、詳しく調べてみました。 読んで参考にしてみて下さいね。

頭皮が硬くて薄毛?

頭皮が硬くて薄毛?

頭皮が硬いと思ったら、薄毛になりかけている!?

薄毛の原因の全てが頭皮の硬さ、というわけではありません。 ですが、頭皮の硬さによって、血行の状態や毛穴の状態がわかる、と言われています。

血行不良や毛穴が詰まっていると、ゆくゆくは薄毛になってきてしまう可能性があります。

ですから、頭皮の硬さは、薄毛になるかもしれない、という重要なサインなんですね。

頭皮が硬いと薄毛になる?

頭皮が硬いと薄毛になる?

頭皮が硬くて、気がついたら薄毛に

先ほど述べたように、頭皮の硬さで、頭皮の血行や毛細血管、毛穴の状態がどんな風になっているのかがわかるんです。

硬いと、それらの働きがうまく機能しないので、薄毛になってしまうかもしれないんですね。 では、それぞれについて詳しく見てみましょう。

①血行が悪い

頭皮は、頭蓋骨がどんどん大きくなることで、硬くなる、と言われています。 大人になっても頭蓋骨は、成長を続けるんです。

しかし、頭皮自体はもう大きく広がったりはしません。 頭蓋骨が大きくなることで、それを覆っている頭皮は、単に引っ張られるだけ。 皮は薄くなっていき、突っ張ったような状態、つまり硬く感じるようにになります。

そうなってしまうと、頭皮の血管が圧迫されます。 血行が悪くなってしまうんですね。

正常な人の頭皮は、柔軟性があるんです。 まずは、自分の頭皮を触って、確認することから始めてみて下さい。

②毛細血管の収縮ができていない

さて、血行が悪くなると続いて起きてしまうのは、髪に栄養が行き渡らない、ということ。 どういうことかと言いますと、血行不良により、毛細血管が上手く収縮できなくなります。

体に必要な栄養は、血液によって巡っていきます。 ですが、血管がうまく機能していないと、栄養は行き渡っていきませんよね。 髪にも同じことが言えます。

髪が成長するのに必要な栄養素が、髪に十分に行かない。 これが、薄毛の原因になってしまっているんです。

頭皮の毛細血管はどうなっている?

頭皮の毛細血管はどうなっている?

血行不良で頭皮の毛細血管が働いていない

③毛穴が詰まっている

3つ目は、毛穴が詰まっているから硬い、ということです。

汗、皮脂等の汚れが毛穴に溜まっている、なんてことはありませんか? そうなると、毛穴が上手く開閉できない状態になってしまいます。

毛穴が詰まっていると、いくらシャンプーしていても汚れが浮き上がって来ないといわれております。 毛穴が開きっぱなしのまま、汚れがどんどん溜まっていく。 そうすると、硬くなっていってしまうことが想像できますね。

この汚れを取らないと、いつまでたっても頭皮は硬いままかもしれませんよ!

原因がわかったところで、今度は対策です。 全ての人が頭皮が硬くなってしまうわけではありません。 注意しなければいけない人がいるんです。

こんな人は注意しましょう、というのをまとめてみました。 当てはまる人は気をつけましょう。

①忙しい人

仕事等が忙しい人は、要注意です。 十分な休息、睡眠は取れていますか?

体の成長に欠かせない成長ホルモンは、睡眠時間中に活発に働くと言われております。 睡眠不足だと、成長ホルモンが作用出来なくなってしまうようです。

また、十分休めていないと、ストレスも溜まりますよね。 このストレスも薄毛の敵なんですよ。

ストレスが溜まると、行動を活動的にさせる交感神経ばかりが働きます。 交感神経によって、血圧が上昇、そうすると血管が常に収縮し、血行不良になるんです。

忙しい人

忙しい人

忙しくて休めないと、ストレスが溜まり、血行不良に

②飲酒、喫煙の多い人

続いて、お酒をたくさん飲む人。 絶対飲んじゃダメ!というわけではありません。 量が問題なんです。

アルコールは肝臓で分解されると、「アセトアルデヒド」という毒性のあるものに変化します。 通常は、この後、体に害のない酢酸まで分解されます。

しかし、飲んだ量が多いと、酢酸まで分解が追いつきません。 アセトアルデヒドがたくさんできてしまうんですね。

このアセトアルデヒド、脱毛を促進するホルモンを増やす働きがあるんです。 厄介ですね!

また、喫煙者も要注意です。 髪の成長に必要な栄養素を壊したり、ニコチンによって血管を収縮させてしまったりするからです。

これを機に見直してみましょう。

お酒を飲む人、喫煙者

お酒を飲む人、喫煙者

飲み過ぎる人や吸い過ぎる人も注意

③食生活が乱れている人

3つ目は、食生活が乱れている人です。

髪の成長には、タンパク質やビタミン、亜鉛といった栄養素が必要になります。 これらが足りないと、薄毛になってしまうんですね。

毎日の食事、きちんと取っていますか? インスタント食品やファーストフード、お惣菜で済ませていませんか? こういったものは、油が多く、栄養が偏った傾向にあります。

バランスの良い食事を心がけてみましょう。

食生活が乱れている人

食生活が乱れている人

脂っこいものばかり食べていると、薄毛に

では、頭皮が硬くなって薄毛にならないようにする方法はあるんでしょうか?

育毛剤?専門の病院で治療?

それらに頼る前に、自分でできることがあります。 どれも簡単に始めることができますので、安心して下さい。 しかも、面倒くさくないので、三日坊主にならずに毎日続けることができますよ。

まずは、3つのことから始めてみましょう。

⑴生活習慣の見直し

正しい生活習慣を送ることで、頭皮環境は大幅に改善されます。

お酒やタバコの量を減らしたり、十分な睡眠を取ったり。 食事も毎食バランスよく食べるようにしましょう。

また、食事の時間も大切なポイントの一つです。

先程も述べたように、タンパク質は髪の成長に必要なもの。 ですが、消化には時間がかかると言われています。 効果的に働かせるためには、寝る時間の3時間前までに食事を終えておくようにしましょう。

規則正しい生活が大事

規則正しい生活が大事

規則正しい生活で、十分な休息を

⑵シャンプーを替える

2つ目は、今使っているシャンプーが本当に自分に合っているか、確かめてみましょう。

先ほど、皮脂が詰まると頭皮が硬くなりやすい可能性がある、と説明しました。 ですが、全く皮脂が無くなればいい、というわけではないんです。 本来、皮脂はあるべきもので、ある程度は必要なんです。

皮脂が極端に少なかったり、多すぎたりすると、バランスが悪くなります。 そうすると、頭皮の血行も悪くなってしまうんです。

市場に出回っているのは、石油系界面活性剤入りのシャンプーがほとんどです。 実はこのシャンプー、洗浄力が強すぎて、皮脂を取り過ぎる傾向にあります。

オススメは、アミノ酸系洗浄成分の入っているもの。 洗浄力は弱いですが、頭皮には優しいんですよ。

⑶マッサージをする

頭皮の血行を良くするには、マッサージも効果的です。 これをすれば、頭皮に柔軟性が出てきます。

注意なのが、フニャフニャになるまでやるのは絶対にやめて下さい。 柔らかければ大丈夫、というわけではないんです。

フニャフニャなのは、毛細血管が切れてしまっているかもしれません。 そうすると、栄養が行き渡りませんから、却って薄毛になってしまいます。 また、必ず指の腹を使って、シャンプー時、シャンプー後等、頭皮が潤っている状態でやるようにしましょう。

薄毛の改善のために、頭皮を柔らかくするためのリンパケアの動画を紹介いたします! これは女性の方が実践されているものですが、頭皮を柔らかくするためのリンパケアやマッサージは男性にもおすすめですよ。

薄毛改善リンパケア

自宅で簡単にできる、薄毛を改善するためのリンパケア方法です。特に女性、とありますが、男性もオススメです。

頭皮が硬いことに気がついた人は、ラッキーです。 薄毛のサインにいち早く気がついた、ということですから。

サインをキャッチしたら、対策はできるだけ早く始めましょう。

そうすることで、薄毛になるのを予防できます。


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。詳しくはこちらをご覧ください。