目次

  1. 頭皮が乾燥して困っていませんか?
  2. 頭皮の乾燥には化粧水を使えばいいって本当...?
  3. 具体的に化粧水は頭皮の乾燥にどのような効果がある?
  4. 頭皮の乾燥を防げ!化粧水は【特に】こんな人にオススメ!
  5. おすすめの化粧水商品まとめ!
  6. 薄毛・ハゲの原因となる頭皮の乾燥を化粧水で予防しよう!

あなたは頭皮の乾燥によるトラブルに困っていませんか? 肌と同じで、頭皮の乾燥はさまざまなトラブルを招きます。

肌であれば化粧水を使われる方も多いと思いますが、頭皮に化粧水を使うことはよいのでしょうか?

どうして頭皮の乾燥が起こるのか、どうしたら頭皮の乾燥は防げるのかとあわせて考えていきたいと思います。

頭皮も顔や身体と同じ皮膚です。

顔や身体が乾燥したら化粧水で保湿するように、頭皮も化粧水で保湿してもいいような気がしますよね。

頭皮にも化粧品を!
頭皮にも化粧品を!

顔を保湿するように、頭皮にも化粧水で保湿してOKなんです

 では、化粧水を使うと頭皮の乾燥にどのような効果が表れるのでしょうか?すぐに効果は表れなくても、続けることで実感できるはずです。

【一番重要】水分補い保湿をする

まず、化粧水には、肌の水分を補い、とどまらせることで肌を保湿する効果があります。

乾燥でカサカサになった頭皮に、しっかりと水分を与えるのは非常に重要ですね。

きれいな髪、憧れませんか?
きれいな髪、憧れませんか?

地肌を健康に保ち、きれいな髪を育てましょう。

 地肌が乾燥するにはさまざまな原因があり、症状が現れます。あなたは次のことに思い当たりませんか?

1. 乾燥肌の人

まさにそのままの意味ですが、乾燥肌の方には化粧水の使用をオススメします。 この後に述べる紫外線などの外的要因がなくとも、すでに頭皮が乾燥しているからです。

化粧水で頭皮をしっとりとした状態に保ちましょう。

2. 血行不良な人

血行不良が乾燥肌を引き起こします。 肌表面の温度が下がると肌へ栄養を送る毛細血管の働きが悪くなり、乾燥するので肌トラブルの原因となります。 血行不良は薄毛の元。乾燥していたら薄毛にも気をつけたほうがいいかも!

血行不良にはマッサージが効果的です。その際に化粧水も合わせて使えば更に効果的!

3 紫外線を浴びることが多い人

服で覆われるカラダと違い、頭部はどうしても太陽からの紫外線を多く浴びやすい場所です。 紫外線には肌を乾燥させる作用があるため、外出が多い方はそれだけリスクが高くなります。

紫外線を必要以上に浴びない紫外線対策を忘れずに行いましょう。 具体的には日傘や帽子をかぶるといった対策があげられます。

もちろんそうした対策をした上で、化粧水で頭皮をしっとりとした状態に保ちたいところです。

怖い紫外線
怖い紫外線

少しだけと思っていても、紫外線対策は忘れずに!

 あなたも頭皮の乾燥を防ぐために化粧水を使ってみませんか?自分の肌質に合ったものを使うのが一番ですが、おすすめのものを紹介しますので気に入ったものがあれば試してみてください。

1. すこやか地肌 

すこやか地肌

2015年のモンドセレクション銀賞を受賞した化粧品。

最初に紹介するのは「すこやか地肌」。多くの女性雑誌にも取り上げられた人気商品です。

厳選した5つの保湿成分が頭皮に潤いを与えるのが特徴。

初回の価格は1,980円でとてもお手頃となっています。(2017年5月時点)

また、45日間全額返金保証付きというのも初心者にとっては嬉しいポイントですね。

2. ハホニコハッピーライフヘマシルク 頭皮の化粧水

ハホニコハッピーライフヘマシルク

頭皮のための保湿用化粧水

次に紹介するのは、ハホニコハッピーライフヘマシルク。

ペパーミントとラベンダーの清涼感のある香りが特徴的な化粧水で、2,800円から購入が可能です。

製品は自社国内の工場で製造されており、空気や水などにもこだわった製造環境とのこと。

使い慣れているamazonや楽天でも購入が可能なのも嬉しいですよね。

気になる方はぜひ一度チェックを!

頭皮が乾燥すると、痒みやフケといった肌のトラブルが起きやすくなります。

そうならないためにも、地肌の乾燥を感じたら早めに化粧水で保湿対策を始めましょう。

ハゲラボでは髪や頭皮のトラブルの対策を多数紹介しているので、是非そちらも参考にしてくださいね!


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。詳しくはこちらをご覧ください。