目次

  1. 手軽に育毛できる方法ないかな...。
  2. コラーゲンに育毛効果があるって本当...?
  3. 具体的にコラーゲンは、どのような育毛効果があるとされているの?
  4. こんな人にオススメ!
  5. 育毛効果を発揮できるコラーゲンの摂取の仕方
  6. 育毛効果が期待できるのコラーゲン商品まとめ!
  7. コラーゲンで育毛効果を実感してみては?
手軽で効果のある育毛方法って...?
手軽で効果のある育毛方法って...?

最近薄毛・ハゲが気になってきてる...。でも、育毛剤を購入したり、薄毛治療をがっつりと行うのは気がひける...。あるいは、育毛に効果のあることであれば何でもしたい...!こんなこと思ったことありませんか? もっと気軽に手軽に、育毛・発毛効果が実感できるものがあれば、最高ですよね。

でも...そんな都合のいいものはない!とおっしゃる方もいると思います。 ただ、そうやって決めつけてしまう前に、コラーゲンの育毛効果の可能性について知ってください。 もしかすると、コラーゲンがあなたの薄毛・ハゲの悩みを解消してくれるかもしれませんよ...。

コラーゲンという言葉から、女性のための美肌のためのイメージがすぐに頭に浮かぶ方は多いのではないでしょうか。そもそもコラーゲンと育毛ってどういった関係があるのでしょうか? 皆さん、忘れていませんか?実は、頭皮も立派な肌なんですよ。肌に良いものは、もちろん頭皮にも効果抜群なはず!実際にコラーゲンを経口摂取し続けた結果、髪の毛が太くなった等の育毛効果があるという情報もあります。

しかし、一方で、コラーゲンを直接経口摂取しても、胃酸でアミノ酸などに分解されてしまい、体内では、コラーゲンそのものとして吸収されないので、摂取しても意味はないという意見も。 果たしてコラーゲンには育毛効果があるのか、ないのか。 育毛効果があるとすれば、どうやって?コラーゲンと育毛効果について調べてみました。

薄毛で悩んでいたのに、、、
薄毛で悩んでいたのに、、、

コラーゲンを摂取するようになったら、髪が増えてきた!?

そもそも、「コラーゲン」って何でしょう? コラーゲンはタンパク質の一つで、人間の身体の中にある皮膚や骨、軟骨、腱、内臓、血管などあらゆる部位に広く存在しています。 コラーゲンの主な働き方は、細胞同士をくっつけて体の土台を作ったり、酸素や栄養素を受け渡すなどの新陳代謝の役割を担ったりしています。 そして、髪の毛が生えているのは表皮のすぐ下にある真皮。 真皮には、約70~80%のコラーゲンが占めており、真皮の支柱のような働きをしています。 では、そのコラーゲンが具体的に髪の毛にどのような影響を与えると期待されているのかについて書いていきますね。

⑴細い髪質から太い髪質に変化する

毛根の根っこである「毛乳頭」、「毛母細胞」は、コラーゲンが大部分を占める真皮に根を下ろしています。血流に乗って酸素や栄養素が真皮層に届くとコラーゲンが細胞と細胞との栄養の受け渡しの役割を果たして、「毛乳頭」、「毛母細胞」が刺激されます。 このようにして十分な栄養を受け取り、活性化された「毛乳頭」、「毛母細胞」は太い髪の毛を作り出すことが期待されます。

⑵抜け毛が減る

コラーゲンは、真皮の中にある 繊維芽細胞という細胞で分解・合成され、毎日作られています。 コラーゲンが不足すると真皮の新陳代謝も落ちてしまい、コラーゲンの質も低下し、肌の弾力性が失われてしまいます。 そうなると髪の毛の土台でもある真皮の中がスカスカになってしまい、髪の毛が抜けやすい状況になってしまうそうです。 真皮内で毎日良質なコラーゲンが生成され、弾力性が戻ると、髪の毛もしっかりと根を張ることが出来、抜け毛が減っていくことが期待できます。

⑶髪の毛にツヤがでてきて、白髪が黒髪に生え変わる

髪の毛は、毎日かかさず真皮層にあるコラーゲンから栄養分を摂取しています。 毛乳頭に栄養が届くと毛母細胞の分裂が活発化し、色素細胞が色素を供給して黒い髪の毛へと成長させてくれます。 つまり、真皮層のコラーゲンが元気でたっぷりあれば、毛髪の栄養分が十分に供給されるため、髪の毛にツヤが出てきて、白髪が黒髪に生え変わっていくようになると期待されるのです。

髪があんなに痩せていたのに…!
髪があんなに痩せていたのに…!

つやが戻ってきた…!

普段、コラーゲンは真皮の中にある 繊維芽細胞で毎日分解と合成を繰り返しながら生成されているものなのですが、ある理由でコラーゲンが減少してしまう方々がいます。次に特にコラーゲン摂取をお勧めしたい方々について、紹介していきます。

当てはまるかも?と思ってしまった方は、ぜひともコラーゲン摂取を積極的にとるように心がけてみてください。

①40歳以上の人

40歳をピークにコラーゲンを合成する繊維芽細胞の能力は、急激に低下していくと言われています。 更に、コラーゲンを作り出す能力は20代に比べると40代では約半分に低下してしまうそうです。 コラーゲンが減ってしまうと、頭皮の新陳代謝も緩やかになってしまい、頭皮の弾力性が徐々に失われ、頭皮に行き渡る栄養素も少なくなって、髪が細くなったり、抜け毛になりやすくなったりします。

顔のシワや髪の毛が気になり始めたら、、、
顔のシワや髪の毛が気になり始めたら、、、

コラーゲンをちゃんと摂っていかなくっちゃ。

②紫外線を浴びる機会が多い人

紫外線を多く浴びてしまった頭皮は、乾燥し炎症を起こしてしまいます。 紫外線を浴びてしまった皮膚内部では、活性酸素が発生します。そうなると真皮にあるコラーゲンも酸化し、ダメージを受けてしまいます。 すると正常な構造でなく、不自然な結びつきが増えて固くなり、新陳代謝が鈍ってきます。 そうなると弾力が落ちてしまい、健康な頭皮からほど遠くなってしまいます。

日差しの強い日は、
日差しの強い日は、

帽子などを必ずかぶって、頭皮を保護しましょう。

③揚げ物など高カロリーの食事が好きな人

脂肪の取りすぎは、コラーゲンの合成を低下させてしまうとか。 下記に東京農業大学応用生物科学部の大石祐一教授の見解を紹介いたします。 また、脂っこい食事ばかりが続くのは、頭皮がべたつくことで頭皮環境も悪くなるので、取りすぎには注意してください。

揚げ物などの高脂肪食をとり過ぎると、善玉ホルモンのアディポネクチンが減少して、「コラーゲンやヒアルロン酸の合成を低下させる」と大石教授。さらに、糖分のとり過ぎで血中に高血糖の状態が続くと「コラーゲンが糖化という異常たんぱく質に変化してしまう」(大石教授)ことに。佐藤教授も糖化について注意を促す。

 「コラーゲン中のアルギニンが糖化されると、そこに結合するはずの線維芽細胞が結合できなくなり、張力が保てず肌のハリがなくなる。線維芽細胞も弱ってしまう」と説明する。

髪や爪にも効果 コラーゲン、そのとり方はNG  日経ヘルス
気がつくと、
気がつくと、

揚げ物ばっかりの食事になっていませんか?

コラーゲンが含まれている食材といえば、フカフレ、軟骨、手羽先、豚足、鶏皮などが挙げられるのですが、これらを食べさえすればコラーゲンを摂取している気分になっていませんか?実は、食べ物に含まれているコラーゲンは大きな分子で構成されており、体内に吸収されにくいのです。また、巷にはたくさんのコラーゲンの商品が出回っています。その中で、育毛効果を発揮できるコラーゲンの摂取方法について、見つけてきましたのでご紹介しますね。

⑴ビタミンCと一緒に摂取

体内でコラーゲンの再合成をするためには、ビタミンCが大事と言われています。 なぜなら、ビタミンCはコラーゲンの再合成に必要な酵素を補給し、コラーゲンの吸収を助ける働きがあるからです。 いくらコラーゲンを摂取しても、ビタミンCがないと正常なコラーゲンの再合成が上手く行われなくなってしまい、せっかく摂取したコラーゲンも無駄になってしまうかもしれません。 なので、コラーゲンと一緒にビタミンCを摂取するように心がけましょう。また、ビタミンCには、活性酸素を除去し、肌が酸化し傷つけられるのを防ぐ役割もあります。

⑵低分子コラーゲンが入っているものを選ぶ

体内に吸収されやすいのは
体内に吸収されやすいのは

コラーゲンのサプリメントやドリンクを選ぶ時は、海洋性コラーゲンの入っているものがお勧め♪

通常のコラーゲンは、分子量が大きいので、一度分解され、アミノ酸になってしまいます。つまり、いくら摂取しても体内へ吸収されることはありません。しかし低分子コラーゲンと言われるものは、分子量は1万以下と言われており、体内にすぐに吸収することが出来るようになっています。また、豚などから取れる動物性コラーゲンとフカヒレなどからとれる海洋性コラーゲンとでは、海洋性コラーゲンの方が分子量が小さいので、より体内に吸収されやすいと言われています。

⑶寝る前に摂取する

コラーゲンの効果を最大限に発揮できるのは、就寝時です。 なぜなら、22時~2時までの間に寝ると、成長ホルモンの分泌が活発になり体の細胞組織の新陳代謝が活発になる効果があるとされています。 つまり、コラーゲンも22時〜2時に多く生成されると考えられているのです。 なので、寝る前にコラーゲンを摂取しておくと、成長ホルモンの活発化と重なり、コラーゲンの生成に効果的に作用すると期待が持てます。 普段から規則正しい生活を心がけていくようにしましょう。

ちまたには、コラーゲンの入っている商品が山のようにあるのですが、その中から、「育毛効果が期待できるコラーゲン」が入っている商品を厳選して3つご紹介いたします。

①アスタリフト ドリンクピュアコラーゲン

アスタリフト ドリンク ピュアコラーゲンには、

コラーゲンと共に成長ホルモンの分泌を促進する「オルニチン」も配合されてます。

主成分は、低分子フィッシュコラーゲン 10000mg、オルニチン 400mg 、ビタミンC 250mgなどです。 この中で、しじみなどに含まれている成分のオルニチンは、成長ホルモンの分泌を促す働きがあるそうです。 成長ホルモンの分泌が増加することによって、コラーゲンの再合成が促され、コラーゲン増加が期待されます。 コラーゲンの増加によって、髪の主成分であるケラチンという細胞がより活発に生成され、育毛効果へとつながる可能性があります。

オルニチンについての詳しい情報はこちらの記事をご覧ください。 【しじみエキス...】オルニチンの育毛効果まとめ

②Boston サプリメント

Bostonのサプリメントには、

育毛に特化した成分がたくさん♪

主成分は、ノコギリヤシ種子オイル、フィッシュコラーゲンペプチド、酵母(亜鉛含有)、ケラチン加水分解物、コエンザイムQ10、抽出ビタミンE、ビタミンB6、葉酸、L-リジン、ビタミンB12、大豆抽出物(イソフラボン含有)など。 髪の毛に良いとされる栄養素がぎゅっとつまっています。 中でも、ノコギリヤシには、脱毛の原因のひとつである男性ホルモンを「抑制させる働き」があるとされていて、また髪の毛の成長に欠かせないと言われる三大栄養素がタンパク質・ビタミン・ミネラル(亜鉛)がバランス良く入っています。

ノコギリヤシについてはこちらの記事もチェック 【ノコギリヤシ】と【亜鉛】は併用すると育毛効果が期待できる?!

③フラコラ プレミアム

フラコラ プレミアムには、プランセンタが入ってます♪

プラセンタは、女性だけではなく、男性にも効果があります。

コラーゲンが吸収されやすいように、低分子化されたフィッシュコラーゲンを配合しています。 他にも、ビタミンC:1000mg、プラセンタエキス濃縮粉末:500㎎(プラセンタエキス換算15000㎎)、コエンザエムQ10:30㎎などが入っています。この中の「コエンザイムQ10」は人間の細胞内のミトコンドリアにあり、毛髪を作り出す時に必要となる毛乳頭細胞や毛母細胞、表皮細胞などにも多く存在しています。また、プラセンタは女性の胎盤に含まれている豊富なアミノ酸には、ホルモンのバランスを整えて、心地よい睡眠へ導くことが出来ますし、免疫力を強くする作用があるので、ストレスにも強くなるといわれています。 低カロリーかつ、ノンカフェインなので夜に飲むのにオススメです。 コラーゲン吸収のゴールデンタイムの前に、飲んでみては?

いかがでしたか? コラーゲンを体内に吸収しやすい形で摂取していくと、髪の毛が太くなったり、抜け毛がなくなったり、つやが出てきたりと育毛効果が期待できることが分かりましたね。 また、コラーゲンを摂取することで、お肌の若返り効果やひざの痛みなどにも効果あるそうです。

コラーゲンだけではなかなか薄毛対策の前進は難しそうですが、髪にとって良いとされる効果がたくさんあるようなので、是非試してみてください。