目次

  1. あなたはAGAにならないと言い切れますか…!?
  2. AGAってそもそもなに?
  3. AGAの原因は..?
  4. AGAになりやすいのはこんな人!
  5. AGAの予防方法は?
  6. AGAの予防に関する動画を紹介!
  7. AGAをしっかりと予防しよう!
  8. AGAの記事を多く取り揃えています!
  9. AGAの関連記事はこちら
若いからまだ大丈夫...??
若いからまだ大丈夫...??

あなたの髪の将来、大丈夫ですか?

その質問に自信をもって「はい!」と答えられる方は多くないと思います。

それもそのはず。成人男性の5人に1人AGAだと言います。

いま薄毛で悩んでいる方はAGAの可能性が高いですし、薄毛に悩んでいない方でもAGAになる可能性が…。

そこで、AGAに関する原因や予防策をまとめてみました!

AGA(Androgenetic Alopecia)とは日本語で"男性型脱毛症"のこと。実は同じような症状は女性にも表れることがあり、その場合はFAGA(女性男性型脱毛症)といいます。

AGAの代表的な症状は、男性の髪が思春期を過ぎてからだんだんと薄くなってきてしまうというもの。

恐ろしいことに、このAGAは前頭部頭頂部額の生え際…など、部分的に徐々にハゲていく、進行性の症状なのです。

そのため、「なんとなくハゲてきたかな...?」と悩む時間も多く、なかなか育毛に踏み切れない人も。

特に早い人は10代、20代からAGAの症状が出てきます。早め早めの対策が肝心なのです。

気づいたらあなたも…
気づいたらあなたも…

AGAにならないために、予防したいですね

そもそも、AGAって何が原因で起こるのでしょうか。

ヘアカラーなどの物理的要因?それともストレスなどの精神的要因でしょうか?

AGAの直接の原因をみていきましょう!

原因は…男性ホルモン!?

実は、一般的にAGAの原因は"男性ホルモンテストステロン"と言われています。

男性が男性であるために必要なホルモンが原因だなんて、とても悲しいですよね。

しかし、"男性ホルモン(テストステロン)そのもの"が"直接の原因ではない"というのです!

それは、いったいどういうことなのでしょうか?

脱毛を促進させてしまう成分「ジヒドロテストステロン(DHT)」

"[ジヒドロテストステロン(DHT)]"…聞きなれない言葉ですよね。

実はこのDHT、男性ホルモンの「テストステロン」という物質が"5αリダクターゼ"という物質によって変化したものなんです。。

DHTは、毛包に影響を与え、正常なヘアサイクルを乱します。

髪の毛の成長期が短くなり、休止期が長くなってしまうのです!

これにより髪の毛は細くなり、脱毛を促進させ、AGAの発症となります。 わかりやすくまとめると、

男性ホルモン(テストステロン)+5αリダクターゼ⇒ジヒドロテストステロン生成⇒AGA発症

ということなのです!

歳は関係ありません

歳は関係ありません

若いから大丈夫!…ではないのです

上記でAGAの原因がジヒドロテストステロンであるとわかったかと思います。

では、どのような人がAGAになりやすいのでしょう。

自分は平気と思っていても、他人事ではないかもしれませんよ!?

①血縁にハゲ・薄毛の人がいる人

AGAの原因であるジヒドロテストステロンの元である"男性ホルモン"と"5αリダクターゼ"は体内で生成されるものです。

この体質は遺伝することがわかっています。

つまり、血縁の方にAGAによるハゲ・薄毛の人がいるということは、"男性ホルモン"と"5αリダクターゼ"を多く生成する体質である可能性があるのです。

②ホルモンバランスが崩れている人

男性ホルモンの分泌量に影響する原因として、ホルモンバランスの崩れがあります。

飲み会での飲酒・慢性的な睡眠不足・仕事や家庭のストレス・偏った食事…などが、ホルモンバランスに影響し、男性ホルモンが優勢となってしまいます。

現在では、医療機関でホルモンバランスを計測することもできるようなので、気になる方は一度検査してみてはいかがでしょうか。

③皮脂肌(オイリー肌)の人

頭皮の状態が脂っぽい方は、ジヒドロテストステロンの影響で皮脂腺の分泌性が過度に高まってしまっているのです。

皮脂肌は雑菌の繁殖につながり、ひどくなると抜け毛にもつながります。

ジヒドテストロン以外の原因としては、食事の際の脂質の取りすぎがあります。

シャンプーのやりすぎなどによって皮脂が過剰に除去され、頭皮が皮脂が足りないと勘違いしてしまい、また皮脂を過剰に分泌してしまっていることもあります。

AGAになりやすい人は、いつなってしまうのか気が気じゃないですよね。 できれば予防したい!そう思うのは当たり前です。

では、具体的にAGAを予防するためにはどのような対策を講じる必要があるのでしょうか。

誰にでも効果が発揮されるわけではありませんが、主な予防法を3つまとめてみました!

バランスの良い食事をとる

髪を健康に保つためには、大豆・イモ類に含まれるタンパク質、緑黄色野菜・果物に含まれるビタミン類・根菜や海藻類に含まれるミネラル類の摂取が欠かせません。

また、5αリダクターゼを抑制すると言われる亜鉛ノコギリヤシエキスを摂取することも効果的です。

亜鉛は主に緑黄色野菜やカキに含まれます。 ノコギリヤシエキスはサプリメントで摂取できますが、他の栄養素も足りないと感じたときにはサプリメントで補うのもよいかもしれません。

健康を考えたメニューを

健康を考えたメニューを

様々な栄養素をバランスよく取りましょう

有酸素運動をする

実は、髪は夜寝ている間に伸びやすいとされています。 日中よりも寝ているときのほうが、頭皮に血が流れやすいためです。

しっかりと睡眠をとることで、頭皮に必要な栄養が供給され、その結果、頭皮の環境がよくなり髪の成長が促進されるのです。

適度な運動をすると、血の巡りがよくなるだけでなく、程よい疲労感が良い睡眠を促してくれます。

ウォーキングなどの有酸素運動を30分以上を目安に行ってください。

緑の中で有酸素運動

緑の中で有酸素運動

気分転換にもなりますね

育毛剤を使ってみる

育毛をしたいなら、育毛剤を使うのが効果的だと言われています。

自分にあった育毛剤を使うのがとても大切なんです。

是非一度、自分にあったものを探し当て、試してみてくださいね。

ハゲラボでは、無添加・無香料の育毛剤をオススメしています。

ストレスを溜めない

現代社会において"ストレス"とは切っては切れない関係ですので、なかなかストレスを溜めないのは難しいかも知れません。

なので、自分の趣味に没頭したり、緑の中を散歩してみたり、音楽を聞きながらコーヒーを飲んでみたり…と、自分なりのストレス発散法で発散させましょう。

中には飲酒や喫煙でストレスを発散させる方がいますが、アルコールやタバコは内臓を傷めたり、体内のビタミンを壊してしまいます。

極力、お酒やタバコは控えるようにしましょう。

自宅などで音楽鑑賞

自宅などで音楽鑑賞

仕事などを忘れてリラックスしましょう

AGAの主な予防方法を見てきました。

どれも意外と簡単な方法ではありますが、直接髪に触れ、毎日行う行為…ずばりシャンプーのやり方ひとつでAGAを予防できたらいいと思いませんか?

そこで、AGA予防につながるシャンプーのやり方を動画でご紹介します!

【ハゲ・育毛・発毛回復動画】正しいシャンプーの仕方

お風呂の際にぜひ実践してみてください!

AGAは遺伝によるところが大きいです。

自分は遺伝しているのだろうか...と不安に思うなら、遺伝子検査をしてくれる病院は今は多数ありますので検査してもらうとよいでしょう。

AGAに悩まされる前に日常の中でできる予防法を取り入れてみてはいかがでしょうか。

髪の心配をしなくてもいい人生がきっと待っています!

ハゲラボではAGAの記事を多く取り揃えているので、興味があるものがあれば是非ご覧になってみてください。

ハゲラボと一緒にAGAを解決していきましょう!

【泣ける】AGAの体験記まとめ3選(ブログ・日記)

【超おすすめ】AGA対策もできるサプリメント5選〜絶対ハゲないために〜

AGAに効く育毛剤10選!【決定版】〜若ハゲ本気改善〜


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。詳しくはこちらをご覧ください。