目次

  1. AGA治療の費用ってどれくらいかかるの?
  2. AGA治療は治療法ごとに費用が大きく変わる!
  3. AGA治療の費用:内服薬
  4. AGA治療の費用:外用薬
  5. AGA治療の費用:育毛メソセラピー
  6. AGA治療の費用:HARG療法
  7. AGA治療の費用:植毛
  8. 【総まとめ】今回ご紹介したAGA治療の費用を一覧でチェック!
  9. そもそも… AGA治療は保険適応外!?
  10. AGA治療を受けるなら、まずは無料カウンセリングへ!
  11. あまり費用をかけず薄毛対策をしたい方には、育毛剤もおすすめ
  12. AGA治療は費用も大事!相場を把握して自分にあった薄毛治療を!

薄毛が気になり、AGA治療を検討している方も多いはず。

ただ治療というと、やはり気になるのがその費用!

「病院で高額な請求をされたら、どうしよう…」という不安もありますよね。

そこで今回はAGAの治療法ごとの費用の相場(注1)についてまとめました。

AGA治療をお考えの方、費用に不安がある方必見です!

注1:調査方法は記事後半に記載しています。

AGA治療といっても、その方法はさまざま。

また、治療法が変わればかかる費用も大きく変わってきます。

そこで今回はAGA治療を行うクリニックや皮膚科で主に行われている治療法ごとの費用を調査。

AGA治療で主に用いられる方法がこちらです。

<AGA治療法の種類>

  • 内服薬
  • 外用薬
  • 育毛メソセラピー
  • HARG療法
  • 植毛

それでは、順番にこれらの治療の概要と、それぞれにかかる費用(注1)を紹介していきましょう。

クリニックや皮膚科で行なってもらえる治療の費用を一気に見たいという方はこちらから、AGAの治療費用一覧をご覧ください。

注1:今回ご紹介する費用は、治療にかかる費用のため、別途診察費用がかかる場合がございます。詳しくはクリニックに直接お問い合わせください。

内服薬による治療とは?

AGAには内服薬によって、薄毛の進行を遅らせたり、発毛を促す治療があります。

AGAに効果的とされる内服薬は、薄毛に対するアプローチの仕方や効果が異なる代表的なものが3種類。

  • プロペシア
    薄毛や抜け毛の原因一つ、男性ホルモンのDHTを生成する2型5αリダクターゼの活動を、主成分フィナステリドが抑制。脱毛を防止し、発毛させる効果があります。

  • ザガーロ
    プロペシアが2型5αリダクターゼの生成を抑制するのに対し、ザガーロは1型2型両方の5αリダクターゼを抑制。プロペシアより大きな脱毛防止・発毛効果が期待されています。

  • ミノキシジルタブレット
    血管の拡張作用があり、頭皮の血行を促進。髪に必要な栄養を届け、発毛を促進する効果があります。

これらの内服薬は、病院で処方してもらえますし、個人輸入して入手することもできます。

内服薬の費用の相場

気になる内服薬の費用の相場ですが、薬の種類によって異なり、病院で処方される場合と個人輸入で入手するのとでも違いがでてきます。

さらにプロペシアにはジェネリックの医薬品もあるため、そちらも合わせてご紹介します。

まずは、処方された場合の相場からみていきましょう。

■処方される場合

多くの病院では内服薬を処方する際、初回と2回目以降で価格が変わるようです。
それぞれ、1か月分で比べてみましょう。

  • プロペシア錠
    初回処方:約5,000~6,000円
    2回目以降:約7,000円

  • フィナステリド錠(プロペシアのジェネリック)
    初回処方:約4,000~5,000円
    2回目以降:約6,000円

  • ザガーロ
    初回処方:約5,000円
    2回目以降:約8,000~10,000円

  • ミノキシジルタブレット
    初回から:約10,000円

プロペシアとザガーロがほぼ同じくらいの費用となり、ジェネリック医薬品となると少し値段が下がるようです。

病院で処方される場合、ミノキシジルタブレットの費用が高いようでした。

■個人輸入の場合

個人輸入の場合、同じ量の薬であっても病院での処方とは違って費用を安く抑えることができます。
ただ、輸入する地域によって価格の幅も大きいので、およその費用を紹介します。

  • プロペシア錠
    約5,000円

  • フィナステリド錠
    約3,000円

  • ザガーロ
    約5000円

  • ミノキシジルタブレット
    約4,000円

個人輸入でAGA治療薬を入手すると、病院での処方と比べて安いのがわかります。

しかし、個人輸入での取引は、すべて自己責任
模造品が出回っている可能性もありますし、副作用が出たとしてもすぐに医師に相談するのが難しくなってしまいます。

このようなことから、ヘアラボでは個人輸入は推奨しておりません。
薄毛や抜け毛などAGA治療は、医師の診断のもと行いましょう。

個人輸入にいつて、詳しくはヘアラボポリシーをご覧ください。

外用薬による治療とは?

AGAの治療の場合、外用薬(発毛剤)を用いることもあります。

頭皮に直接使用するタイプの薬で、病院では上記の内服薬で説明した、ミノキシジルが含まれているものが処方されるケースが多いようです。

また、市販品でも手に入れることが可能で、ミノキシジルが配合されている「リアップ」も有名ですね。

病院と市販品での相場をみてみましょう。

外用薬の治療費の相場

それでは、AGA治療で使用される外用薬の治療費の相場を、処方される場合と市販品のリアップで、それぞれみてみましょう。

■処方される場合

処方される外用薬は、病院独自の配合で作られたオリジナルの外用薬を処方されることが多くあります。

相場は以下の通り。

  • 1か月分:約15,000~18,000円

■市販の発毛剤の場合

市販の発毛剤リアップにも種類がありますが、ここではミノキシジル5%が配合されている、「リアップX5プラス」の相場をご紹介します。

  • 1か月分:約7,000~8,000円

外用薬は、病院での処方だと、リアップの倍ほどの費用がかかることがわかります。
成分も違いはありますので簡単に比べることは難しいですが、やはり市販品のほうが費用は抑えることができるようですね。

育毛メソセラピーによる治療とは?

育毛メソセラピーとは、発毛や育毛に必要な成分を直接頭皮に注入する治療法です。

内服薬と併用することもあり、クリニックなどでは育毛メソセラピーと共に内服薬の処方を行なう場合が多いようです。

治療法としては、針を使って頭皮に注射する方法や、レーザーなどを使い注入する方法があり、詳細な方法はクリニックによって異なるので、どんな方法を用いているかは各クリニックにお問い合わせくださいね。

育毛メソセラピーの治療費の相場

育毛メソセラピーの治療費の相場を調べてみると、病院によって費用は幅があることがわかりました。

それは、先ほどお伝えしたようにクリニックによって詳細な方法が異なるため。

針を使用するかどうかで大きく変わるようなので、費用の相場は2つのパターンに分けてご紹介します。

  • 育毛メソセラピー(針使用)
    1回:約70,000~80,000円

  • 育毛メソセラピー(針使用なし)
    1回:約20,000円

針を使用するかどうかで、倍近く費用が異なることがわかります。

HARG療法とは?

HARG(ハーグ)療法とは、Hair Re-generative Therapyの略。

毛髪再生療法として、注目されている治療法です。

幹細胞という万能細胞から抽出された成長因子を直接頭皮に注入することで、発毛機能の再生を試みる治療法。

細胞が活性化され、成長因子が分泌されるので、発毛効果の継続が期待できます。

HARG療法の費用の相場

HARG療法は、薄毛や脱毛の範囲によって費用が変わります。
ここでは、全体的に行う場合の費用の相場をご紹介します。

  • HARG療法
    1回:約150,000円

HARG療法は1回で終了できる方もいますが、薄毛や抜け毛の症状によって月に1度、半年ほどを目安にしている病院もあるようです。
キャンペーンや、病院独自のプランなどで費用が抑えられることもあるようなので、まずは病院に相談してみましょう。

ただ、調べている中で激安費用でHARG療法ができる病院などもありましたが、濃度の低い成分を使用している可能性があるので、注意も必要です。

植毛による治療とは?

植毛は、発毛や育毛が難しくなった箇所に髪の毛を移植する治療。

薄くない部分の髪の毛を、薄毛部分に移植する自毛植毛と、人工的に作られた髪を植える人工毛植毛があります。

気になる箇所の髪を短期的に増やせるのがメリットです。

植毛の費用の相場

植毛の費用は自毛植毛と人工毛植毛によって異なり、植毛する本数によっても費用が変わります。

頭頂部や前頭部で1000本くらいとなるようです。
この場合の費用の相場をご紹介します。

  • 自毛植毛1000本
    約900,000円~1,000,000円
  • 人工毛植毛1000本
    約260,000円

かなり高額になりますが、植毛する部分が少なければ少ないほど、費用も安くなるので病院に相談するのがよいでしょう。

ここまでAGA治療の方法ごとに、治療費の相場をみてきました。

こちらでは、今回ご紹介した中でAGA治療を行なうクリニックで受けることができる治療についての費用をまとめました。

市販や個人輸入によるものは入っていませんが、AGA治療費の相場の参考にしてみてください。

治療法 詳細 費用の相場
内服薬 プロペシア 初回
5,000~6,000円
2回目以降
7,000円
フィナステリド錠 初回
4,000~5,000円
2回目以降
6,000円
ザガーロ 初回
5,000円
2回目以降
8,000~10,000円
ミノキシジルタブレット 10,000円
外用薬 独自処方 15,000~18,000円
育毛メソセラピー (針使用) 1回
70,000~80,000円
(針使用なし) 1回
20,000円
HARG療法 1回
150,000円
植毛 自毛植毛 1000本
900,000円~1,000,000円
人工毛植毛 1000本
260,000円

AGAによる抜け毛や薄毛の治療は、保険適応外となります。

それは、厚生労働省がAGA治療を医療保険の適応としておらず、美容整形と同じ分類にしているため。
ハゲたからといって、生命には関係ないですよね。
薄毛や抜け毛を治療するのは、目を二重にしたいなどと同じく、見た目を目的に治療するものに含まれるのです。

ここまでご紹介した内服薬や植毛、またHARG治療といったAGAの治療は、保険適応外であることを覚えておきましょう。

AGA治療は、保険適応外だとお伝えしました。
しかし、薄毛が気になるから治療を受けたいという方も多いはず。

AGA治療を受けたいという方は、まずはAGA治療を行なっているクリニックの無料カウンセリングにいくのがおすすめです。

カウンセリングの中で、自分の薄毛の進行度合いにあった治療法や、実際の費用の詳細を聞くこともできます。

CMで有名なAGAスキンクリニックでも無料カウンセリングを受け付けています。

薄毛治療を受けたい!
一度相談だけでもしてみたい!

という方は、ぜひ公式ホームページをチェックしてみてくださいね。

薄毛や抜け毛のAGA治療について、ご紹介してきました。

しかし…

「まだクリニックで治療するほど薄毛が進行しているわけではない
「費用はかけられないから現状維持だけでもしたい

こういった方も多いはず。

そんな人におすすめしたいのは育毛剤というアイテムです。

育毛剤のおすすめポイントは…

育毛剤は、今ある毛を丈夫に育て抜け毛を予防する効果が正式に認められています。

これは、血行促進や頭皮環境改善に役立つ有効成分が配合されているためです。

そして、育毛剤は発毛剤などと違って、医薬部外品であるのも大きなポイント。

医薬部外品であることは、人体への影響が少ない証拠です。

しっかり効果が認められながら、多くの人にとって使いやすいアイテムなんです。
(当然、効果がある・ないは人によってさまざまです)

みんなが選ぶ育毛剤はこれ!

いかがでしたか?

AGA治療といっても、さまざまな治療法があり、それぞれの費用も異なります。

相場が安いものでも1か月5000円ほど。
ただ、これは薬の処方にかかる費用なので、その他の診察費用が別途かかる場合も。

詳しい費用については、無料カウンセリングなどでしっかり確認した方がよさそうです。

ただ、費用はかかるとはいえAGA治療によって、薄毛を改善させることもできる時代。
薄毛が気になる方は、お財布と相談しながら薄毛治療を検討してみるのも良いかもしれませんね。