目次

  1. 薄毛対策は早めに行うべき…?
  2. AGAによる薄毛は特に早めの対策を!その理由とは
  3. 早めに行うべき《薄毛の対策法》
  4. 薄毛は早めの対策を!正しいケアで頭皮や髪の毛を健やかに保つ

薄毛に悩んでいるみなさん、対策を始めていますか?

もし、「まだ対策していない」という方には、早めに対策することを強くおすすめします。

薄毛の原因は、ストレスや頭皮環境の悪化など、さまざまです。
中でも、日本人男性の薄毛の原因として最も多いのが「AGA(男性型脱毛症)」によるヘアサイクルの乱れ

このAGAは、特に早めに対策を行う必要があるんですよ。

この記事では、

  • どうして早めに対策が必要なのか
  • 具体的にどのように薄毛対策すればいいのか

という点について、詳しく解説していきますので、ぜひ薄毛対策にお役立てください!

「AGAは、なぜ特に早めの対策をするべきなのか」

こちらを理解するためには、まずAGAになってしまうメカニズムを知っておく必要があります。

AGAによって薄毛になってしまう理由や、そこから見えてくる早めの対策の重要性について、説明いたします。

AGAによって薄毛になる理由

AGAを引き起こす大きな原因は、男性ホルモンの変化です。
男性ホルモンのテストステロンは5αリダクターゼという酵素と結合すると、DHT(ジヒドロテストステロン)という男性ホルモンに変化します。

このDHTが毛乳頭細胞に作用することで、ヘアサイクル(髪の生まれ変わりの周期)の乱れを引き起こすのです。

髪は、通常毛が生えて太く長く成長し、次第に抜け落ちて新しい髪が生えてくる…というサイクルを繰り返しています。
しかし、ヘアサイクルが乱れると髪が十分成長しきる前に髪が抜けてしまったり、弱々しい髪しか生えてこなくなったりするのです。

これが、AGAによって薄毛・抜け毛が引き起こされる原因です。

AGAによる薄毛は“進行性”なので、早めの対処が必要!

AGAは、「生活習慣の乱れ」や「頭皮環境の悪化」によっても誘発されますが、基本的には先ほど説明したように男性ホルモンの変化など、自然な体の変化によって起こる薄毛です。
なので、「何かしらの対処をすれば“完治”する」ものではありません

そのため、AGAは進行性の脱毛症と言われています。

生活習慣の乱れや頭皮環境の悪化など、AGA以外の原因による薄毛は、大元の原因さえ治せば薄毛も解消されるので“一時的”であるのに対し、AGAは進行性であるため、放っておくとどんどん薄毛が進行していってしまうのです。

これを未然に防ぐために、また、食い止めるためには、できるだけ早め早めに対策しなければいけません。

「AGAによる薄毛は早めに対策を」とお伝えしました。

しかし、AGAだけではなく、どのようなことが要因であるにしろ、困った抜け毛や薄毛の悩みはできるだけ早めに対処するに越したことはありませんよね。

ここでは、AGAだけにこだわらず、冒頭でお伝えしたような「ストレス」や「頭皮環境の悪化」など、薄毛を誘発するさまざまな要因を改善するための対策を紹介していきます。

まず、薄毛を引き起こす要因は、以下の4つです。

  • ①生活習慣の乱れ
  • ②栄養バランスの悪い食事
  • ③正しくないシャンプー習慣
  • ④頭皮のお手入れ不足
  • ⑤DHT(ジヒドロテストステロン)の生成

それでは、これらの問題を解決するためには、どのような対策を行うべきなのか見ていきましょう!

簡単なものばかりなので、 「薄毛というほどでもないが、最近抜け毛が気になりだした」という方も手軽に始められますし、「薄毛の進行を食い止めたい」と感じている方にもおすすめです。

①生活習慣の乱れの対策

まずは、生活習慣の乱れを改善するための対策をご紹介します。

  • 睡眠不足
  • 過度な飲酒・喫煙
  • ストレス

これらは、髪や頭皮に悪い影響を与え、薄毛を促進させてしまう可能性があります。

睡眠不足は、髪の成長に不可欠な成長ホルモンの分泌量を減らしてしまうだけでなく、ホルモンバランスを乱し血行不良を引き起こすことも…。

質の良い睡眠を確保するためにも、睡眠時間はしっかり6〜8時間とり、スマホをいじったりテレビを観たりと、脳を活性化させてしまうような行動はできるだけ寝る前に行わないように心がけましょう。

また、過度な飲酒・喫煙・ストレスも血管を収縮させ、血行不良を引き起こす恐れがありますので、髪や頭皮の健康にとっては大敵。

髪の成長にはさまざまな栄養が必要ですが、その栄養を頭皮まで運んでいるのは血液です。

血液のめぐりが悪いと、頭皮まで栄養が行き届かなくなってしまいます。

飲酒は適度に抑え、できればタバコは徐々に本数を減らして止めるための準備を始めるべきでしょう。

ストレスは、軽い運動や没頭できる趣味を見つけて、時折発散してあげられると良いですね!

生活習慣の乱れは早めに改善しておきましょう。

②栄養バランスの悪い食事の対策

栄養バランスの悪い食事は、抜け毛や薄毛を助長してしまいます。

髪の毛の原材料といえば、タンパク質の一種であるケラチン。
このケラチンの合成には、さまざまな栄養素が関係しています。

例えば、食べ物から取り込んだタンパク質を一度アミノ酸に分解する際にはビタミンが、また、アミノ酸をケラチンに再合成する際に亜鉛が必要になる…など。

だからこそ、健やかな髪の毛や頭皮を保つためには、栄養バランスのいい食事をとる必要があるのです。

髪にとって特に重要な栄養素やその栄養素を摂取できる食材、調理法などを詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてくださいね!

③正しくないシャンプー習慣の対策

間違ったシャンプー選びやシャンプーのやり方など、正しくないシャンプー習慣も、抜け毛や薄毛につながってしまいます。

シャンプーは、物によって洗浄力や含まれている洗浄成分も違います。
ご自身の頭皮に合わないシャンプーを使い続けていると、

  • 洗浄力が強すぎて必要な皮脂や常在菌まで取り除いてしまう
  • 洗浄力が弱すぎて汚れや余計な油分がしっかり落とせない

このような状態になり、頭皮の炎症を招いてしまうのです。

正しく洗えていない場合でも、以上のようなトラブルが起きる危険があります。

薄毛について悩んでいるなら、自分にあったシャンプーを選んで、正しくシャンプーすることを心がけましょう!

シャンプーの選び方やシャンプーのやり方について知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

④頭皮のお手入れ不足の対策

顔や体と違って、不足しがちな頭皮のお手入れ
これも、頭皮トラブルを招き、薄毛を助長する可能性があります。

  • 頭皮マッサージ
  • 育毛剤の使用

などの頭皮ケアを積極的に取り入れていきましょう!

頭皮マッサージは、頭皮の血行を良くする効果が期待できます。

マッサージによって頭皮の血行がよくなると、頭皮に栄養が運ばれやすくなります。

1日5分のマッサージを毎日続けることで、頭皮環境の改善につながりますので、ぜひお試しください。

マッサージの際は、爪を立てずに、指の腹で優しく行いましょうね。

頭皮マッサージの正しい手順やポイントについては、写真付きで解説している記事をチェックしてみてください。


そして、育毛剤は今ある髪の健やかな成長をサポートし、抜け毛を予防する働きがあるので、まさに早めの対策にうってつけのアイテムです。

しかし、初めて育毛剤を使用する方は、具体的にどんな育毛剤を選べばいいのか分かりませんよね。

そこで、今回は2種類の育毛剤を紹介しますので、ぜひお買い物の参考にしてください。

⑤発毛薬を服用する(DHTを抑制)

DHT(ジヒドロテストステロン)がAGAを発症する主な原因だとお伝えさせていただきました。

このDHTを抑制するための対策として、発毛薬を服用することは有効な手段です。

発毛薬の中でも、フィナステリドを主成分としたプロペシアであれば、DHTの生成を抑制してくれます。 このプロペシアは医薬品のため、クリニックでしか処方されていません。

また、医薬品であることからも、比較的人体への影響が緩和な育毛剤と比べ、副作用の恐れもあります。

中には「安価に手に入るから」といった理由で個人輸入に手を伸ばしてしまう人もいらっしゃいますが、偽薬を手にしてしまい、服用後に重篤な副作用に見舞われる恐れもあります。

ですので、発毛薬の処方を検討されている方は、かならずクリニックで医師にご相談のもと、処方いただくようお願いいたします。

今回、薄毛対策を早めに行うべき理由について、ご紹介してきました!

どんなことが原因でも早めに薄毛対策できることが理想的ですが、特にAGAによる薄毛は、放っておくと進行してしまうので迅速な対処が必要です。

対策法は、生活習慣や食生活・シャンプーの見直し、頭皮のお手入れなど、今日から生活に取り入れられるようなものばかりなので、「早めに対策しよう!」と思いたったその日から、健やかな髪や頭皮の状態を目指せますよ。

できることから、一つずつ始めてみてはいかがでしょうか。