目次

  1. ミノキシジルは最強の「対ハゲ薬」!?
  2. ミノキシジル系の発毛剤を厳選してみました
  3. ミノキシジル系発毛剤の効果は?
  4. 【厳選】ミノキシジル系発毛剤を徹底比較!
  5. ミノキシジル系発毛剤の使用方法
  6. 実は、ミノキシジル系発毛剤はこんなところが怖い!
  7. 全体のまとめ!!

※記事内のランキングは当サイトにおける商品ごとの「売上本数」と「閲覧回数」、検索エンジン上での検索回数の3つのデータを独自で算出した数値を基にそれぞれの読者に適していると判断したものを紹介しております。効果・効能を保証するものではありませんので、実際のご購入の際は各発毛剤会社のサイトや規約等をご確認の上、ご自身でご判断ください。


ミノキシジルは発毛成分として分類されています。

学会でも高いランクで認められており、効果が期待できる薬の1つです。

そんな妙薬ともいえるミノキシジルですが、世間で言われているほどの確かな効果は 期待できるのか、またその裏に潜んでいるリスクに対してはどのような見解があるのでしょうか?

発毛剤ミノキシジル
発毛剤ミノキシジル

発毛効果があることから、発毛剤とも呼ばれるミノキシジル。

ミノキシジル系の発毛剤って内服用、塗布用など様々なものがありますよね。一体どれを使ったらいいのかわからないという人は多いのではないでしょうか。

発毛剤によって成分の含有率などが違ったり、それによっても効果も違ってきます。 せっかく使うなら自分に合ったものを使いたいですよね!

そこで多くあるミノキシジルの中から、厳選してオススメのものをピックアップしてみました。

ミノキシジルの種類は様々
ミノキシジルの種類は様々

ミノキシジルには内服用、塗布用などの種類がある。

ミノキシジル発毛剤は血圧を下げる薬として開発されましたが 発毛効果があることがわかり、発毛剤として使われるようになりました。

他の発毛剤よりも効果が高い反面副作用が出る可能性もあります。

①発毛作用

ミノキシジル系発毛剤が他の発毛剤と違うのは、発毛効果があるということです。

元々血管を拡張させる薬として作られたこともあり、血管が広がれば血液循環が良くなり 毛根にも栄養が行き届きやすくなり、その結果発毛しやすい頭皮環境になります。

内服用の薬の場合、体毛までが濃くなってしまうという副作用が起こる可能性もあるようです。

②抜け毛の減少

ミノキシジル発毛剤は、抜け毛が減ってくるというのも効果の一つです。

継続して使用していると、次第に抜け毛の量も少なくなってくる効果が期待されます。

生えているかどうかはわからない、という人も抜け落ちる髪の毛の量が 少なくなっていれば、効果にも期待が持てます。

お風呂などで抜け毛の量に注目して、効果があるのかを観察することも1つの方法ですね。

抜け毛の量を観察する
抜け毛の量を観察する

抜け毛が少なくなっていれば効果が表れている!?

③髪の健康度がアップ

髪の毛のツヤ、コシなど、ボリュームなどがアップにも効果が期待できます。

髪のツヤ、コシがあるかというのは少々分かりにくいかもしれませんが、 髪が黒々としている、しんなりとしているのではなくシャキッとした感覚があれば効果が出始める方もいるそうです。

ミノキシジル系の発毛剤は種類も様々。 その商品の中にミノキシジルが含まれる割合でも効果に違いある場合もあります。

内服用〜塗布用まで、特徴などを踏まえてご紹介します!

ミノキシジルの含有率が高いことが、そのまま有効であるとは限りません。

①リアップX5プラス

発毛効果があるミノキシジル成分の量がちがいます。 リアッププラスはミノキシジル1%、 リアップ×5はミノキシジル5%です。 当然含有量が多いリアップ×5のほうが期待できます。

リアッププラスとリアップX5だったら、やっぱりX5の方が効果はあるんです... - Yahoo!知恵袋

主人は頭頂部、つむじあたりが薄くなるタイプでして、光があたると可哀想な状態でしたが、X5を使用してからはそこが70%ほど埋まりました。

ハゲ・薄毛。リアップとリアップx5、含有量が違うのはわかり... - Yahoo!知恵袋

ミノキシジル発毛剤のなかでもおなじみの商品、リアップ。 このシリーズは発毛効果が認められている製品で、初期商品と比べてミノキシジルが5%配合となり、効果もさらにアップしています。

直接塗布することで毛包を大きく成長させることで毛髪を太く成長させ、 新しい髪の毛を生やすことに加え、今ある髪の毛を強くする効果も期待できます。

こういう人におすすめ

⑴遺伝による薄毛で、徐々に薄毛が進行する壮年性脱毛症の方に適しています。

⑵塗布するタイプですので、内服するタイプの薬が苦手な方にはリアップX5が使いやすいです。

②ロゲイン

ロゲイン(Rogaine)は、アメリカのPfizer(ファイザー)社が開発し、現在はジョンソン&ジョンソン社から発売され欧米、アジアで最もポピュラーとなっている育毛剤です。

ロゲイン5%の使用方法についてですが、夜、洗髪後に1mlを1回頭頂... - Yahoo!知恵袋

効果はあると思います。実際に私の場合は生え際部分が改善されたので非常に助かっています。目に見えて効果が現れるには3から4ヶ月くらいかかってくるかと、、、。

【本気で悩んでいます。】若ハゲにカークランドのロゲイン ミノ... - Yahoo!知恵袋

このミノキシジル発毛剤は、アメリカの製薬会社が販売しています。

ミノキシジルを5%配合した海外でロングセラーの発毛剤です。

日本ではリアップなどが同じ商品に当たりますが、リアップが発売される前から 日本でも知名度があり広く知られています。

スペック的にはリアップとほとんど変わりはありませんが、値段が安いことががメリットです。

海外からの輸入品ですので、日本で未承認の薬を使用する際のリスクがあることを 覚えておくことも大切です。

こういう人におすすめ

ミノキシジル系発毛剤のリアップを使用したいが、値段がネックになっている方。 ロゲインはリアップよりも値段が安いので、続けて使用しやすい点があります。

③ポラリスシリーズ

ポラリス

ミノキシジル含有濃度が5%〜16%までとラインナップが豊富。

このミノキシジル発毛剤は、AGA(男性型脱毛症)を改善する目的で開発されました。

ラインナップが豊富で、その違いはミノキシジルの含有濃度や有効成分の違いによるものです。

皮膚から吸収されにくいミノキシジルを、吸収しやすいようミクロ化することで 毛乳頭細胞まで成分が浸透しやすいよう開発されています。

非常に効果が高い反面、頭皮の痒みなどの副作用もでやすかったりするようです。 海外製ということもあり副作用などのリスクを覚えておくと良いでしょう。

こういう人におすすめ

⑴M字ハゲやAGA(男性型脱毛症)で悩んでいる方。

⑵他の発毛剤や発毛剤で効果がなかった方。

④ミノキシジルタブレット

ミノキシジルタブレット
ミノキシジルタブレット

内服用のミノキシジル薬。 直接体内に摂取することで塗布薬よりも効果が出やすい。

このミノキシジル発毛剤は、内服することで成分が直接体内から働きかけるので、塗布タイプと比べて吸収が良く 効果が高いことが特徴としてあげられます。 M字ハゲや頭頂部から広がる薄毛など、どんなタイプの薄毛にも使用が可能です。

こちらは経口摂取することで効果が高い反面、体毛まで濃くなってしまう可能性があることが副作用としてあげられますので注意が必要です。

ミノキシジルタブレットの副作用についてはこちらを参考に!

こういう人におすすめ

⑴塗布薬で効果を感じられなかった方。

⑵直接皮膚に塗るタイプのベタ付きが苦手という方。

⑤ジェンヘアー

ジェンヘアー
ジェンヘアー

においやベタ付きが少ないので使いやすい。

ポラリスより臭くないみたいですし、値段も安いみたいですから試すならジェンヘアーかなと個人的には思います。

ジェンヘアー15%とポラリスNR-11とでは、どちらの方がM字ハゲに効く育毛剤です... - Yahoo!知恵袋

塗布タイプのミノキシジル配合発毛剤の多くは独特なにおいや、ベタいつたりと使用感があまり良くないことがあります。

ジェンヘアーは不快な使用感が少なく、比較的使いやすいという理由で愛用している方が多くいます。 ミノキシジルも15%配合されているラインナップもあります。

こういう人におすすめ

⑴ポラリスなどの、ベタ付き感や独特なにおいが苦手な方。

⑵高濃度のミノキシジル発毛剤を試してみたい方。

⑥スペクトラルDNC

スペクトラルDNC
スペクトラルDNC

ミノキシジルとアミネキシルを配合している。

ミノキシジル5%とアミネキシルという成分を配合した発毛剤です。 アミネキシルとは薄毛の原因である男性ホルモンを抑制し、血行を促進する作用がある 成分です。

他にも天然ハーブやクッパーペプチド、レチノールといった発毛に効果の高い成分が配合され、発毛効果を高めているようです。

⑦ロニテン

ロニテン
ロニテン

ミノキシジルタブレットと同様の内服用のミノキシジル薬。

内服用ミノキシジル薬では代表的な医療薬です。 血管を拡張させ血行を良くすることで塗布タイプのミノキシジル薬よりも発毛効果が高いことが期待できます。 髪の生え際など、毛穴が収縮しやすい箇所への効果が期待できる発毛剤です。

こちらも体毛が濃くなったり、動悸などが発生するリスクもありますので理解した上での使用が必要となります。

ミノキシジル系の発毛剤は効果が強い反面、副作用に注意が必要な薬でもあります。 海外から取り寄せて使用するものも多く、安全に使用するには用途に応じた適切な使用法が求められます。

①使い方の手順1

液体タイプの場合、付属のスポイト、スプレーなどで直接塗布することができます。 1mlを朝と夕方の1日2回を気になる箇所に塗布し、軽くマッサージします。

直接塗布する
直接塗布する

軽くマッサージすると効果的。

②使い方の手順2

内服薬としてのタブレットタイプもあります。

フェナステリドというAGAの原因であるジヒドロテストステロンの生成を抑制するお薬との併用で、発毛と育毛の促進が期待できます。

内服薬としてのミノキシジル
内服薬としてのミノキシジル

他の育毛剤との併用で更なる効果を!

③使い方の手順3

ミノキシジルは1日で最大10mgまでは服用できます。 最初は2.5mgくらいで試して、効果が感じられないようであれば10mgを試してみると良いでしょう。

1日10mgまで使用可能
1日10mgまで使用可能

ミノキシジルの服用には制限がある。

利用の際のポイント

ミノキシジルは効果が高い反面体への負担もありますので、はじめから高含有量の薬の使用は避けた方が良いでしょう。

服用回数を上手に分けるなどの工夫をすることで副作用のリスクを減らすことがポイントになります。

利用にあたっての注意

効果が高いからといっていきなり高含有量を服用したりするのは避けるべきです。

副作用が出やすいということもあり、ひどい場合には死に至ってしまうというケースもありますので、使用量をきちんと守ることがとても大切です。

ミノキシジルはその効果の代償として様々な危険性をはらんでいます。

副作用として他の部位の毛が濃くなる多毛症、フケやニキビの発生、 血管拡張による低血圧、性的不能などの生殖器系への副作用などがあります。

※発毛剤の副作用に関しては諸説あり、ヘアラボでは「具体的な症状に関する保証はできないが、副作用が起こりうる可能性は十分にある」というスタンスを取っています。利用の判断を行う場合は、まず専門のお医者様に相談しましょう。

このように副作用に対して未知の部分も多くあり、効果の高さだけに注目することは とても危険であり、積極的にお勧めできるお薬とは言い難い一面があります。

ミノキシジルのメリット、デメリットを様々な視点からお伝えしてきました。

効果的なお薬は諸刃の剣とも言えますが、上手に使うことでその効果の恩恵にあずかることができます。

使用法をきちんと守って、効果的な薄毛対策をしていきましょう!