目次

  1. タバコをよく吸う人は、薄毛になりやすいって本当...?
  2. タバコは薄毛だけでなく全身に影響を与える
  3. タバコと男性ホルモンの増加による薄毛
  4. タバコによる血行不良と薄毛
  5. タバコによるビタミンCの破壊と薄毛
  6. タバコのニコチンによる悪玉コレステロールの増加と薄毛
  7. タバコ、禁煙すれば薄毛にはならない?
  8. 無理のない禁煙で薄毛対策を!
  9. 頭皮を健やかに保ちたい方は
  10. クリニックで相談してみよう!
タバコの有害物質
タバコの有害物質

たくさんありますね....

体に悪いとはわかっていても、なかなか辞められないタバコ

でもタバコのせいで薄毛になると聞くとちょっとドキっとしませんか?

タバコの喫煙はさまざまな影響を体に及ぼします。

たばこの喫煙とともに取り込まれる有害物質の一部は、そのまま体に蓄積されてしまいます。

有害物質は内臓器官に限る事ではなく、薄毛になるなどの外見にも影響を及ぼすのです。

タバコが体に与える影響

タバコが体に与える影響

脱毛も怖いですが他にもたくさん…

タバコにはニコチン、シアン化水素をはじめとした有害物質がたくさん。喫煙をすれば一酸化炭素も取り込むことになります。

これらは体内に蓄積されるものも多く、健康に悪影響を与えます。肺ガンを筆頭に、ガンになりやすいことはよく耳にしますが、心筋梗塞や胃潰瘍、歯周病とも関連があるようです。

さらに肌・毛髪にも影響が出ます。 今回は具体的に薄毛につながるメカニズムをご紹介します。

喫煙は男性ホルモンの分泌量を30%ほど増加させるようです。

男性ホルモンは直接の薄毛の原因ではありませんが、深いつながりがあります。

直接の原因となるジヒドロテストロンの量も喫煙者はタバコを吸わない人に比べ、高いという研究結果もありますので、やはり控えた方がよいでしょう。

男性ホルモンによる薄毛は遺伝性なので、特に親類に薄毛の方がいる場合はタバコでの薄毛には注意が必要です。

タバコによる薄毛は、有害物質による血行不良が大きな原因。

タバコを吸うと血圧が上昇すると聞いたことはありませんか?

それはニコチンの作用で末梢血管が収縮するためです。

血管が収縮してしまうと血行不良になり、頭皮に必要な栄養も届きにくくなってしまいます。 そのため髪の毛にも栄養がいかず、薄毛になってしまうといわれています。

ビタミンCは栄養の吸収を促進し、ビタミンEは血行を改善する効果があります。

つまり頭皮に適切に栄養を運び、毛髪環境に良い影響を与えます。

しかし、タバコ成分のニコチンは、体内のビタミンCを破壊するのです。

ビタミンCの破壊によりビタミンEの吸収率が落ちます。

結果、血行不良を起こしてしまいます。

さらにビタミン不足は体全体の疲労・倦怠感につながり、ストレスになる可能性も…!

血行不良もストレスも薄毛の天敵です!

また、ニコチンは中性脂肪の合成を促進するため、血液中の悪玉コレステロールが増加します。悪玉コレステロールは動脈硬化を引き起こし、やはり毛細血管まで栄養を運びにくくなってしまいます。

つまり、頭皮・毛根まで栄養が届けられなくなってしまうのです。

とすれば、禁煙すれば問題はないのですが、急な禁煙は、ニコチン不足になりイライラしてしまいます。

それもまたストレスになってしまいます。

ストレスは薄毛対策の天敵です。

無理のない禁煙が必要となります。

電子タバコもいいですね

電子タバコもいいですね

吸わなくてはつらい時は無理せずに…

タバコはさまざまな方面から薄毛・抜け毛に影響を与えます。 とはいえ、急な禁煙はストレスを抱えてしまいます。

過度はストレスは、かえって薄毛を悪化させてしまう可能性もありますので、無理な禁煙は危険です。 まずは電子タバコなどを利用したり、1日1本ずつ数を減らすなど、無理なく完全禁煙に向かいましょう!

完全に禁煙ができたら、だいたい3日を過ぎた頃からニコチンが体から完全に抜け、身体によい変化が出てくるそうです。

まずは3日間頑張ってみましょう!

頭皮や毛髪には良くないとわかっていてもタバコは簡単にやめられるものではないと言います。

今後頭皮や毛髪のためにタバコをやめるつもりだという方も、いまのうちから頭皮や毛髪のケアを始めてはいかがでしょうか?

育毛剤には頭皮を健やかに保ち、育毛を促進するはたらきがあります。

ハゲラボで人気の医薬部外品の育毛剤のチャップアップをご紹介しますので、気になる方はぜひ公式サイトをご覧ください。

無添加・無香料で使い心地のやさしい育毛剤です。

もしお住まいの地域にクリニックがある場合は、専門知識の豊富なドクターに相談してみるのもいいかもしれません。

確かに髪には良い影響を与えないタバコですが、簡単にやめられないのも現実。

ご自身の毛髪の状態とあわせて相談してみるのもいいかもしれません。

髪に関するお悩みや疑問を直接医師に聞いて解消したい方は、クリニックでご相談されてはいかがでしょうか?

頭皮、毛髪のより良い環境のため、ストレスの軽減や減煙・禁煙などの生活改善が望ましいとは言いつつ、実現はなかなか難しいものです。

自分で出来る頭皮・毛髪のケアをしっかり取り入れつつ、クリニックに相談して対策を検討してみてはいかがでしょうか。


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。詳しくはこちらをご覧ください。