目次

  1. カプサイシンやイソフラボンの育毛効果を知ろう。
  2. カプサイシンとは?
  3. イソフラボンとは?
  4. カプサイシンとイソフラボンはなにがちがうの?
  5. イソフラボンの効果について
  6. カプサイシンやイソフラボンはどういう人に効果的?

よく育毛剤の成分としても取り扱われているカプサイシンイソフラボン。 実際にはどんな効果があるのでしょうか?

今回はカプサイシンやイソフラボンがどのようなものなのか、育毛にどんな効果があるのかを説明していきます!

カプサイシンは唐辛子に含まれる辛味成分です。 エネルギーの代謝に関係するホルモンの分泌を促進することで脂肪を燃焼し、肥満を予防する効果があると言われています。

またエネルギーの代謝を活発にさせることで、体を温め血行を促進させる効果もあります。他にもカプサイシンには疲労回復や便秘の解消、高血圧の予防などさまざまな効果があるんです!

唐辛子を食べた時に汗をかきますよね。 あれは主にカプサイシンの働きによるものなんです。

カプサイシンの摂取の仕方
カプサイシンの摂取の仕方

カプサイシンは主に唐辛子に含まれている成分なので唐辛子を食べることでカプサイシンを摂取することができます。また辛いものが苦手な人でもサプリメントで摂取することが可能です。

イソフラボンは主に大豆胚芽に含まれているポリフェノールの一つです。 現在では15種類のイソフラボンが発見されています。ポリフェノールは植物に含まれる色素や苦味、アク、渋みなどの成分で健康や美容には欠かせない成分だと言われています。

イソフラボンは女性ホルモンに科学的構造がよく似ているため、イソフラボンを摂取することで女性ホルモンと同じような働きをしてくれます。 その結果、血液系の病気の予防や悪玉コレステロールを減らし**血流を良くする効果を発揮してくれるんです!

イソフラボンの摂取の仕方
イソフラボンの摂取の仕方

イソフラボンは主に大豆に含まれている成分となるため大豆を使用している豆腐や味噌などを食べることで摂取できます。またイソフラボンもサプリメントが販売されています。

育毛を促すために必要不可欠なIGF-1という成分を作る為には、CGRPという物質が必要となります。

このCGRPを作り出すことが出来るのは、現段階ではイソフラボンしかないと言われています。カプサイシンはこのCGRPを作り出すことは出来ませんが、CGRPの生成を促進させる効果があるとされています。

イソフラボンとカプサイシンの成分
イソフラボンとカプサイシンの成分

このようにイソフラボンとカプサイシンの成分はそれぞれ違った働きをしていますが、それぞれの働きが組み合わさることで育毛に効果的だと言われています。

① 頭皮の血行を良くする

カプサイシンには新陳代謝を活発にさせる効果があります。新陳代謝が活発になることで、全身の血流が良くなります。

そのため血行不良になりやすい頭皮の血行を促進させることが可能となるんです。新鮮な酸素や十分な栄養は、髪の毛の生成に必要不可欠です!それらをしっかりと頭皮に行きわたるようすることで、健康で丈夫な髪の毛の育毛に繋がるんです。

毛母細胞働きをサポートする

新陳代謝が活発になることで、体内にある老廃物を積極的に排除する効果も期待できます。これは身体だけではなく頭皮も同じです。

毛穴に詰まってしまっている必要のない皮脂や老廃物は、排除されることで毛穴の詰りをなくし健康な状態を保てるようになります。

毛穴が綺麗になることで健康な髪の毛が生成できる!
毛穴が綺麗になることで健康な髪の毛が生成できる!

毛穴に詰まっている皮脂や老廃物を除去することで、健康な髪の毛をしっかりと成長させることができます。また、成長期の髪の毛が抜けてしまうのを防ぎます。

③ 知覚神経を刺激する

知覚神経を刺激すると、毛母細胞で髪の毛を生成するために必要となるCGRPの働きが活発になります。

カプサイシンにはCGRPを生成することは出来ませんが、CGRPの働きをサポートする役目があるのでより効果をアップさせてくれるんです。

① 髪の毛の主成分が豊富に含まれている

イソフラボンには、髪の毛の主成分となる植物性のタンパク質が豊富に含まれています。タンパク質が不足してしまうと健康な髪の毛を生成することが出来なくなり、細く弱い髪の毛になってしまったり、髪の毛が抜けても新たに髪の毛が生成できなくなってしまいます。

しかしイソフラボンで補給することで、タンパク質が不足することがなくなり健康な髪の毛が生成出来ることが期待されます。

② 太くて丈夫な髪の毛を生成する

女性の髪の毛は男性に比べて太くて丈夫になっています。これは女性ホルモンの働きによるものです。

女性ホルモンが少ない男性は女性に比べて細い髪の毛となりますが、イソフラボンには女性ホルモンと同じような働きがあるので太くて丈夫な髪の毛を生成することが出来るようになります。

女性ホルモンは丈夫な髪の毛を生成するためには欠かせない!!
女性ホルモンは丈夫な髪の毛を生成するためには欠かせない!!

女性ホルモンは丈夫な髪の毛を生成するためには、欠かせないホルモンです。また過剰にイソフラボンを摂取しなければ、副作用などの心配もありません。

③ 男性ホルモンの生成を制御する

男性ホルモンが過剰に生成されてしまう事で、抜け毛の原因となるDHTが生成されやすくなってしまいます。しかしイソフラボンには女性ホルモンと同様の働きがある為、男性ホルモンの生成を制御させることが出来ます。

男性ホルモンが少なくなることで抜け毛の原因となるDHTはもちろんですが、DHTを生成する5αリダクターゼを制御することも可能となります。

④ CGRPを生成する

カプサイシンはCGRPの働きをサポートすることしか出来ませんが、イソフラボンはCGRPを作り出すことが可能です。現段階ではCGRPを生成することが出来るのはイソフラボンだけだと言われています。

CGRPと作り出すことで、毛母細胞に育毛を促す働きをしているIGF-1を十分に作ることができるようになります。

CGRPを生成、促進させるために
CGRPを生成、促進させるために

イソフラボンはCGRPを生成することが出来ます。またカプサイシンはCGRPの働きを活発にさせる効果があります。そのためイソフラボンでCGRPを生成して、カプサイシンで働きを活発にさせることで更に育毛の効果を期待できると言われています。

⑤ 血行を促進させる

イソフラボンに含まれてる「ビオチン」は、毛細血管を拡張させる働きがあります。そのため頭皮の血行不良が改善され、頭皮にも十分な酸素や栄養が行きわたるようになります。

カプサイシンは新陳代謝を活発にさせて血行を促進させ、イソフラボンは血管を拡張して血行を促進させます。

① 新陳代謝が悪くなっている人

新陳代謝が悪くなっていることが原因で血行不良を引き起こしている人は、カプサイシンをおすすめします!カプサイシンを使用することで全身の新陳代謝を活発にし、血行の促進を行うことが出来るんです。

同じ血行の促進効果があるイソフラボンは毛細血管を拡張させるため、新陳代謝をあげる根本的な改善にはなりません

② 高血圧の人

高血圧気味の人はカプサイシンを使用することで、育毛の効果だけではなく高血圧の予防を行うことが出来ます。最近血圧が高くなってきている、高血圧の心配のある人はカプサイシンを使用することをおすすめします。

また過度に疲労が溜まっている人もホルモンバランスが乱れている可能性があるので、疲労回復効果のあるカプサイシンを使用するといいでしょう。辛いものが好きな人はカプサイシンを料理からたくさん摂取することが出来るので良いですね。

唐辛子でカプサイシンを摂取する
唐辛子でカプサイシンを摂取する

辛いものが大好物だという人は唐辛子をたくさん使用している料理からカプサイシンを摂取することが出来るので、無理なくたくさんのカプサイシンを体内に取り入れることが出来ます。

③ 男性ホルモンが多い人

男性ホルモンが多い人はイソフラボンを使用することで、抜け毛の根本的な原因を改善させることが出来ます。

男性ホルモンの5αリダクターゼを制御させる治療薬もありますが、場合によっては副作用が起こることもあります。そういった副作用が心配な人は、イソフラボンで改善させることが出来るのでおすすめです。

④ 髪の毛が細くなっていることで薄毛に見える人

抜け毛はそこまでひどくないけど、全体の髪の毛が細く弱くなってしまって薄毛に見えている…という人は、女性ホルモンと同じ働きがあるイソフラボンを使用することをおすすめします。

特に女性の人は女性ホルモンが乱れるとこのような症状になりやすいので、イソフラボンで予防しましょう!

産後はホルモンバランスが乱れやすい
産後はホルモンバランスが乱れやすい

妊娠中に増加していた女性ホルモンが出産を終えることで一気に低下し、女性ホルモンの乱れによる抜け毛が多くなってしまうのが産後です。このような時にはイソフラボンで女性ホルモンの乱れを解消することが出来るので、抜け毛が改善されることがあります。

⑤ 栄養不足の人

栄養不足が原因で髪の毛の主成分である植物性タンパク質が不足し、健康な髪の毛を生成できなくなってしまっている人はイソフラボンを摂取しましょう!

イソフラボンで十分なタンパク質を体内に取り入れることができるようになります。


※1.記事の内容は、効能効果または安全性を保証するものではありません。

サイトの情報を利用し判断・行動する場合は、医師や薬剤師等のしかるべき資格を有する専門家にご相談し、ご自身の責任の上で行ってください。

※2.記事内の製品・サービスは、この記事に訪れた読者の方に最も適切だと判断したものを紹介しております。詳しくはこちらをご覧ください。